ネパール通信

ネパール人との離婚後の生活をウダウダと書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全身麻痺のセックス(授業にて)

2011年06月21日 | ネパール
頚椎骨折等で身体不随になってもエッチが出来るとの話を授業であった。
勿論、男性側の話である。

陰茎勃起はバイアグラや朝立ちなどを利用できる。
でも射精には至らないとの話があったが・・・・

ここで驚愕の事実が・・・

先生曰く、
なんと射精のボタンを作る事ができるとの事。
手術により、
電気的な刺激を体内の特定の部位に加える事の出来る装置を埋め込み、
「ここぞっ!」
って時に射精が出来るボタンを作れるとの事。


高橋名人だったらすごい事になりそうです。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« シーシェパードの悪行を何と... | トップ | もんじゅのニュースが大きく... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい (sata)
2011-06-22 01:54:20
それ、いいね。
射精介助 (Sureshの友人より)
2011-06-22 08:51:11
こんなのがあります。
http://www.whitehands.jp/menu1.html
Unknown (ねぱーるつうしん)
2011-06-25 09:29:23
そうそう、そのホワイトハンズさんの事しってます。そして、そのNPOさんが脱・処女童貞ツアーを企画してたって知ってますか?
参加費15万円!!!

コメントを投稿

ネパール」カテゴリの最新記事