Catch of the day

food planner cacoの日々もぎたてスピリッツ・・・

2020年スタート

2020-01-05 01:42:21 | 美術館
2020年は芸術でスタート!

「ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」の絵画展へ。

年明けの横浜美術館で夫婦ゆったりとした時間を過ごしました。 

パリのオランジュリー美術館コレクションで

今から100年前にパリで活躍した画家たちのアート展。

すっかりパリを感じながら、

アートの中に季節の匂い、語り合う声、肌触り、温度など感性のアンテナを立てながら

ワクワクする時間でした。

おそらくパリ6区あたりに今も残る有名なカフェで

夜毎語り合い、酒に溺れ芸術を今に残してきたアーティストたち。

パトロンの存在もクローズアップされていました。


私がいつも興味深くなるのは

海外アーティストの作品で時々見かける未完成の線。

未完成のままかい・・・

完成を望まず、

「完成」が全てではないという哲学がそこにあると云います。


未完成の線でさえバランスよく仕上がっている作品が日本には多いといつも感じます。

たとえ個性の強い芸術家であっても生まれた国、

潜在レベルで「JAPAN」なわけです。

海外で活躍した日本アーティストの作品を見ると

日本での作品と海外で仕上げた作品の違いに興味深くなります。

海外を終の棲家とした藤田嗣治などはその極みかもしれません。

この日はレオナール・フジタではなく藤田嗣治としての作品と出会えました。

「完」という哲学に日本の伝統や縛りなどが色を通して伝わってくる気がします。

これをネガティブにジャッジしているわけではないです。


コントロールを感じたら、そこを離れ自分を活かせる場所を変えるのもよし。

海外へ出たものの芽が出ず、彷徨うこともあるかもしれない。

自分らしく表現できる場、しっくりとくる場を探し続けている時、

運気が停滞しているように感じる時があります。

自分の居場所を探すため前進しようとしている自分という存在に

先ず気づいてあげることですね。



美術館を出て暮れたみなとみらいのキーンと冷えた空気のなか

ホットな気分に。

この地球はまだまだビューティフルで、いろんな場所があり、いろんな驚きと可能性がある。


きっと良い年です、2020年も。

今年もよろしくお願いいたします。

 


ランキングに参加中です、クリックして応援お願い致します!

アーユルヴェーダランキング


ランキングに参加中です、クリックして応援お願い致します!
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村

横浜市港北区 アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマ
www.dadima.jp 


 

この記事についてブログを書く
« 良いお年を  | トップ | 200分の1の確率 »
最新の画像もっと見る