Catch of the day

food planner cacoの日々もぎたてスピリッツ・・・

ネガティブ・ケイパビリティ

2019-11-03 17:19:11 | アーユルヴェーダ


アーユルヴェーダサロン ダーディマのご近所

慶応大学日吉キャンパスの夜がすごくイイ。

日が暮れると昼間とは違って

必要なものだけに灯りが落ちてくるからか

若い人の凝縮したようなエネルギーに満ちています。


トランペットの鳴り響き、歌、ベンチに独り座る影

キャンパスを歩きながらいろんなエネルギーが交差しているのを感じます。

立ち向かっていく時のポジティブも素敵だけど

夢を探し続ける切ない音や

答えが出ないもどかしい沈黙、孤独。

そんな時に耐え抜いたエネルギーから創造性が生まれる。


これをだんだん重ね、

経験値をあげていくと、

そんなエネルギーに

しなやかさや強かさがあることに気づき始める。

すぐに答えが出るよりはるかに満足のいく自分との出会い。

実はみんなこの経験値で創り上げていく。


これまでは早く答えが出せる人が優秀とされてきたかもしれません。

そういう人はそれでいいと思うし否定もしません。

個人的には最初の1行がなかなか書き出せない人にすごーく興味があります。

私がそうだから。


最近本屋さんで気になって読みはじめた

「ネガティブケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力」

帚木蓬生 (ははきぎ ほうせい)著 朝日新聞出版から出ています。

問題解決できない状態に耐え抜く力をいうんだそうです。

シェイクスピアもこのネガティブケイパビリティを有していたとのこと。


まだ読み終えていないのですが、

夜のキャンパスのなかを歩きながら少し感じたことが

バッグに入っている本とシンクロしていたような気がしました。


天は人の上に人を作らず・・・

そんな令和の時代にぴったりの理念を備えた高き偏差値のキャンパスよ。

ここからどんな人たちが巣立っていくんだろ。

ダーディマはこんなご近所のエネルギーを少し頂戴し

いつも強かにパワフルであります 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

アーユルヴェーダランキング


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へにほんブログ村


横浜市港北区 アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマ
www.dadima.jp 


 

この記事についてブログを書く
« 第1チャクラと土とグラウンデ... | トップ |   
最近の画像もっと見る