夫婦で遊ぶ熟年ライフ

年の差・国際結婚夫婦の長期旅行と静かな暮らし

「Holy Mother」

2022-07-19 14:13:27 | 音楽

週末、NHKBSでエリック・クラプトンの1986年のライブを放映してました。

私はクラプトンのファンですが、80年代はほとんど聴いてません。実はクリームもあまり好きでなく、70年代から聴くようになり、ライブにも行きました。

80年代はちょっと遠ざかり、90年代になってまた好きになり、ロイヤルアルバートホールまで何度も観に行ったもんです。

クラプトンはああ見えて、苦悩と苦難の人。 86年のライブでも「Holy Mother」が一番ギターがさえてると思います。心を揺さぶるようなギターソロ。 フィル・コリンズの最後のドラムも効いてる。 86年の歌詞付きの映像があったのでどうぞ。

 

Eric Clapton - Holy Mother (Subt Español e Inglés)

 

この曲はその後もよくライブで取り上げていて、2019年にもプレイしてます。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

PVアクセスランキング にほんブログ村


日本のゴーストホテル@ニューカレドニア

2022-07-16 16:08:28 | 2010年8月ニューカレドニア滞在

前回で最後にするつもりでしたが、1つぎょっとしたことを書いておきます。それは日本資本のリゾートホテルがゴースト化してたこと。 

ホテルがあるのは首都ヌメア(下写真の町)の右から細い陸続きで繋がった半島。 ウチが滞在したアンスバタはヌメアから左方向に下写真のずっと外。

ガイドブックにリゾートホテルと載ってたので見に行ったら閉館していてびっくり。 これが入口。

原住民風のコテージだけど、誰もおらず、ロープで封鎖してある。

水上コテージもある。

完全にゴースト化してる。

これ、2010年のこと。 おそらくバブル時代には大勢の日本人が来てたんでしょう、「天国に一番近い島」という本が売れてたし。

日本人が来なくなっても、他の観光客が来ればつぶれなかっただろうに・・・ウチが滞在したアンスバタはにぎわってるのに。 

よく見ると、砂浜は粘土状だし、海水も澄み切ってない。 日本の開発会社に見る目がなかったみたい。 場所が悪いので、バブル後、日本人が来なくなったらそれで終わって、ゴースト化したんだと思う。

下写真は雨の日のアンスバタ。 中央から右寄りの少し高い建物がウチが滞在したホテル。 こことゴーストホテルは車で1時間離れてる。

ニューカレドニア本島は海から少し離れると、こんな赤土。

動物園もあり、イグアナがいた。 滞在したホテルのすぐそばに水族館もある。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

PVアクセスランキング にほんブログ村


野性的なリフー@ニューカレドニア

2022-07-13 15:45:59 | 2010年8月ニューカレドニア滞在

リフー島はニューカレドニアの中でも野性的な離島です。ウヴェアよりも大きいのでレンタカーして島を回ってみました。 

地元の青年たちが飛び込みして遊んでるのに遭遇。

下写真が飛び込む直前。

ニュージーランドからのクルーズ船が入ってきた。

クルーズ船には上陸プログラムが組まれていて、地元民が踊りを披露。

地元民の家もクルーズ客観光用に建ててある。

余談ですが、こういうクルーズ、どこがいいんだろうと思うんですよ。大部分の時間を船で過ごし、団体で数時間だけ上陸して、お仕着せのプログラムを体験。 ま、人それぞれですね。 

これ、墓地です。

椰子の実ごろごろの浜辺。

椰子の実って髪の毛あるんですねー。つれあいが頭をくっつけた。

根っこの洞窟。

リフーで泊まったコテージ。

コテージの前は芝生から砂浜。

上写真の浜を夕方、左方向へ30分ほど歩くと、地元の人たちが飲み物の屋台を出してた。 何かのお酒だったけど、苦かったなぁ。

12年も前のニューカレドニア滞在の思い出。 もうこれくらいにしておきます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


天国に一番近い島で投網する人

2022-07-10 14:17:07 | 2010年8月ニューカレドニア滞在

「天国に一番近い島」といわれるニューカレドニアの離島ウヴェア。 この手つかずの美しさ。 

上写真の砂浜左端に人影見えます? 親子三人なんです。

近づいて話してみると、この入り江近くに住んでいて、魚を捕りに来たんだって。 写真撮ってもいい?と訊いたら、かまわないよと言って、魚を捕りに・・・。

食べる分だけ捕って帰っていった。 のどかだなぁ。 入り江ではウミガメやエイがたくさん泳いでる。

入り江の近くにある、パラディ・ド・ウヴェアに泊まった。

砂浜にコテージがひっそり点在。 8月はシーズンオフのせいか、人の気配がない。

上写真のベランダに寝転がって。

部屋の中から。 涼しくてエアコン不要、蚊もいない。

コテージのすぐ前は砂浜。 弧を描いて続く、美しい砂浜。 何もない贅沢。

上写真の反対方向。 きめの細かい絹のような砂。

サンセット。 波の音しか聞こえない。

天国に一番近い島といわれるに相応しい、美しい島です。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


「そうだ、 ニューカレドニアに行こう」

2022-07-07 14:23:57 | 2010年8月ニューカレドニア滞在

という広告メール(Trip.com)が来て、ニューカレドニア3週間滞在を思い出しました。2010年8月なのでブログ前のこと。 きれいな島だったなぁと写真を探すと、残ってました。

ニューカレドニアは南半球なので8月は涼しく、日本からの避暑にはもってこいなんですよ、直行便もあるし。

ヌメアが首都だけど、泊まるなら、ヌメアからちょっと離れたアンスバタの町がお勧め。 下写真、湾が2つあり、上がベイ・ド・シトロンで、下の大きいほうがアンスバタ。 中央の1つ高めの建物がウチが滞在したキッチン付きホテル。

部屋のバルコニーから毎日眺めるきれいなサンセット。

ポーランド人の友達夫婦が1週間、ウチとは反対側の部屋に泊まったんだけど、そっちはいつも強烈な貿易風が吹いていて、バルコニーに出られないからとウチによく遊びに来た。

部屋のバルコニーからキッチンとリビング方向。 ガラス戸に映ってるのは外の風景。

バルコニーから右方向の夜景。

アンスバタの湾はウチが滞在したホテルが一方の突端で、もう一方の突端まで歩いて30分ほど。 こんな海沿いをのんびり歩いていく。

アンスバタ湾の向こうにボートで15分くらいで行ける島があり、湾と島を往復するウィンドサーフィンがたくさん。

もう一方の突端に着くと、貿易風が吹き付けるので、こんなマリンスポーツをしてる人が結構いる。

3週間の滞在中、本島南半分をレンタカーで回ったり、飛行機で離島にも行きました。離島はさらに素朴な風景で癒されます。

途中道に迷ったりしたけど、つれあいがフランス語(公用語)が話せるので助かりました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

PVアクセスランキング にほんブログ村