夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

NYC脱出を考えている友達

2017-06-30 18:46:45 | 日記・エッセイ・コラム

4年ぶりに日本に帰省したと連絡をくれた友達に会ってきました。それほど親しくはないけれど35年ほど前からの付き合いです。彼女はもう30年近くニューヨークのソーホーに住んでます。パートナーのアメリカ人は、子供時代から親の仕事で外国暮らしが長かった人で、それほどアメリカに住むことにこだわりはなく、しかも仕事はどこでもできるウェブデザイナー。

彼女がこれまで帰省しても、アメリカ暮らしはどう?とか興味を示す人はほとんどいなかったのに、今回はトランプ大統領になって大変じゃない?と聞いてくる人が多いといいます。「でもNYCなどリベラルな人がほとんどだし、だいたい個人レベルで政権の変化など感じることはまずないのよね」と彼女。そりゃそんなもんですよ。

それでも、そろそろNYCを出たいと二人で考えているそうです。主な理由は、生活費が高すぎること。ランチでも二人で80ドルはするので、外食なんてめったにしない。また50代半ばともなれば医療保険の高さが半端ない。二人ともフリーランスなので全額自腹。でもアメリカで二人で150万円ほどというのは高くないですよ。

それにNYCも飽きたし、かといってアメリカ内で引っ越したいところもない。彼のほうは2か月ほどポルトガルに住んでみて気に入ったものの、もう少し生活費が安い東欧はどうかと考えてるそうです。

問題はビザ。フリーランスで労働ビザを取るのは難しい。リタイアメントビザには年齢がちょっと足りない。ジョージア(グルジア)は誰でもビザなし1年間だよというと、「それってどこ?」

そこで、日本をベースにして3か月間日本に住む案を考えてるそう。二人は結婚してないので、彼はそれ以上日本に住めないんです(必要なら結婚してもいいかとは思ってる)。

二人が調べたところによると、クロアチアとブルガリアはシェンゲン加盟国ではないので、それぞれ90日間で半年間。シェンゲンのポルトガルで90日間、日本の3か月で、合計1年間。今住んでいるソーホーのロフトは彼が所有しているので、売ればかなりのお金になるし、貸してもかなりの賃貸料が入ってくる。

と、まぁそんなふうに考えているそうですが、こういう話をしても誰も聞いてくれないとぼやいてました。ウチも2年ほど前にそんなことを考えた時期があったけど、やっぱり3か月ごとというのは移動が面倒だし、借家の短期賃貸料は1年間契約の3倍近くするんですよね。

でも計画を練るのは楽しそうです。じゃあ、次はヨーロッパで会おうよと言って別れました。 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント (4)

マイクロポアテープ、敏感肌は要注意

2017-06-28 18:05:33 | 日記・エッセイ・コラム

肥厚性瘢痕(ココ)がまたピリピリするようになってきました。上腕内側なので、半袖を着るようになってどうしても少しこすれるからです。9か月ぶりに形成外科へ。赤くぷっくり膨らんできた部分にはまたステロイドテープを貼るように言われました。少なくともこれからまた3か月間。

それとは別に、治ってるものの、まだ薄茶色の瘢痕にはマイクロポアテープ。名前の通り、細かい穴が開いていて、皮膚呼吸できるようになってるわけ。

肌色の医療用テープでガーゼなどをとめるのに使い、テープには何の薬剤も含まれてないんです。これをできるだけ長く貼り続ける。テープの周りがはがれかけてきたら、そこだけ新しく上から貼る。こうしていると、薄茶色の瘢痕がより早くきれいになるとのこと。

1週間ほど貼っていると、かぶれてきたので、お風呂の中でゆっくり全部はがしてみたら、赤くぶつぶつになってる。これなら貼る前のほうがよっぽどよかった。やっぱり敏感肌には、いくらマイクロポアでも、粘着物の刺激があるんでしょう。もう貼るのやーめた。肥厚性瘢痕になってる部分だけステロイドテープでいきます。

敏感肌の方、マイクロポアテープは医師に勧められても気を付けてくださいね。

ではお口直しに、イタリアンパセリとヒメヒオウギスイセン(両方ともウチの庭から)

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント

ボリショイのEチケットは記名式

2017-06-26 16:16:23 | 2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備

先週、ボリショイ劇場の2017-18年シーズンのオンラインチケットが発売になりました。ウチがモスクワにいる間に観ることができるのはオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」だけ。ボリショイ新館で「愛の妙薬」があるんだけれど、コンサート形式なのでやめときます。

ボリショイ劇場公式サイトでどういう席が残ってるか見ると、ほぼ3分の2は売れてます。どこもそうですが、おそらく公式発売の前にサブスクリプションの人や旅行会社が買ってるからでしょう。

ちなみに私が検索した限り、劇場チケット販売サイトが提示している価格は劇場公式サイトの3~4倍もします。これって、かつての外国人料金なんでしょうか? 確か14年にエストニアのタリンに滞在したとき、ちょっとサンクトに行くのはどうかと思って調べたら(行かなかったけど)、どの席にも2種類の値段が書いてあり、高いほうは外国人料金でした。今はそれはないようで、値段は1種類だけです。なので、買うなら公式サイトですね。言語は英語を選択でます。

「ボリス・ゴドゥノフ」は一番高い席でなくていいと思って、バルコニーのやや左寄り最前列にしました。席を選んで次のページに行くと、それぞれの席に座る人のフルネームを記入するようになってる。注意書きがあり、劇場に入るとき、チケットと身分証明(パスポートなど)の提示を求められることがあるとのこと。

購入して送信されてきたEチケットを見ると、本当にそれぞれのチケットにフルネームが記載されてます、ロシア文字とアルファベットの両方で。

これまでいろんな劇場で買ってきましたが、記名式のチケットは初めてです。サンクトのマリインスキーも記名式ではなかった。記名式だと、急に本人が行けなくなっても誰かに譲ることはできません。実は13年のプラハ・ロングステイでつれあいが大腿骨骨折したとき、彼のチケット(オペラの7公演ほど)が無駄になりかけました。そこでプラハの友達を通してそれらのチケットを無料で差し上げ、私は毎回違う人と一緒に観に行ったんですが、ボリショイではそういうことは無理ってことですね。

記名式とはかなり厳格ですよねー。チケットオークションなどで金儲けの対象にできないようにする意味もあるのかなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント

飛行機チェックイン方法は要チェック

2017-06-23 14:56:02 | 2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備

かつてはチェックインといえば空港の航空会社カウンターでするのが当たり前でした。しかし近年はコスト削減や電子機器の普及で、オンラインチェックインが普通になっています。しかも、やり方が航空会社によってまちまちなんです。14年にウチが初めて乗ったイージージェットなど、空港にチェックインカウンターそのものがない(ココ)。

この夏はヨーロッパ内で、Vueling、Ellinair、Aegean の3社で近距離乗るのでチェックインの方法を確かめました。 

Vuelingは、オンラインで購入した際にEチケットとともにボーディングパスも送信されてきました。こんなの初めて。購入時点でチェックインしているわけです。それをプリントアウトするかスマホに入れて空港のゲートへ行く。空港でもチェックインできるけれど、なんと出発時間の4時間前まで。それまでにチェックインしなければ、他の人に販売される。いくらなんでも4時間も前に空港に行く人はいないので、オンラインでやれと言ってるようなもの。

Ellinair と Aegean は空港にもチェックインカウンターとキオスクがあり、追加料金なし(これ、大事)で、出発時間の2時間前から40分前まで(Ellinair)、60分前から30分前まで(Aegean)。オンラインチェックインする場合は、出発時間の23時間前から3時間前まで(Ellinair)、48時間前から30分前まで(Aegean)。

オンラインチェックインの場合、2社ともプリントアウトでもスマホでも可能。これ、便利そうだけど、ウチのようにスマホがない人は困るんですよ。出発時間の23時間前に自宅にいるならプリントアウトできるけど、すでに旅行中だとそう簡単にいかない。ホテル滞在なら、オンラインチェックインして送信されたボーディングパスをUSBにでも落として、フロントデスクにプリントアウトしてもらえます。アパート滞在だと、近くのネットカフェを見つけて、そこでプリントアウトすることになります。結構手間でしょ?

そんならスマホ持てば何も問題ない? と思ったら、Wizz Air(英語なら冗談かと思える社名)は何が何でもプリントアウトなんだそう。スマホのまま空港へ行き、空港でプリントアウトできるサービスも見つからず、ゴネてもお願いしてもダメで、結局ボーディングパス発行代30ユーロ追加で払わされたという体験記を読みました。この人もWizz Airの公式サイトにプリントアウトが必要だと書いてあるのを後から読んだとのこと。

だから、前もって航空会社のチェックイン方法をチェックしないといけないんです。

そうそう、Ryan Air はとっくの昔にチェックインカウンターなしですが、さらに機内は自販機なんだそうです。キャビンアテンダントはおらず、飲み物も軽食も自販機で買え、と。。。。。

はぁ~昔はよかったなぁ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (8)

ひも付き帽子がない

2017-06-22 12:40:28 | 日記・エッセイ・コラム

旅行用にコンパクトにたためる帽子を見つけました。つばにワイヤが入っていて、日差しによって自在に角度をつけることもできるんだけど、ひもがない。エーゲ海は風が強いそうなんです。日本だって風が強い日はありますよ。

お店でひも付きはないんですか?と尋ねると、帽子クリップというのを勧められました。でもこれだと、帽子がよそに飛んでいかないようにというだけで、頭からは落ちます。頭に乗っているようにするにはひもが一番。ゴムひも付きはあるんだけど、つばが狭く、幼稚園児の帽子みたい。

そこで、縫物が好きでない私が自分でつけることにしました。無地のリボンかと思って買ったら、バイアステープ  ま、いいや・・・この辺、テキトーな私

これまたテキトーに、手でちょこちょこっと縫い付けて出来上がり~~~

頭から落ちなけりゃ、それでいいの。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント (2)