夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

子供を潰した友達

2017-05-30 11:48:53 | 日記・エッセイ・コラム

ある友達J(アメリカ人)は娘にはピアノとバレエ、息子にはピアノ、水泳、アイスホッケーを習わせてました。子供への期待が高く、ピアノ教師は教え方が悪いと2度替えたほど。小学校の発表会や劇でも、保護者会役員だったJは自分の子は中心に置き、端っこに並ばせることは決してありませんでした。アメリカではリーダーシップはすごく重視されるんです。一度「そんなにこだわらなくてもいいじゃない?」と言ったら「小さい頃からの経験が将来効いてくるのよ」とのこと。 「でも世の中って大部分の人はたいした才能もなく、社会に追随して生きてるわけじゃない?」 「最初からそんな負け犬みたいなこと考えなくっていいの」 

中学からは私学へ入れ、さらに頑張らせていたところ、娘の態度が悪くなり、母親が大嫌いだと先生に漏らしたんですね。学校から一家でカウンセリングを受けるように言われた。カウンセリングを続けるうち、娘と息子に加えて、夫からもJへの不満が出てきた。「私がこれだけみんなのためにやってるのに誰も努力しないからこうなるのよ」と当時怒ってたもんです。結局離婚となり、娘も息子も相次いで私学をドロップアウトし、家を出て何年も音信不通になってしまいました。

その間アメリカの常で二人ともドラッグに溺れていたらしく、息子はお金欲しさに空き巣に入り、刑事沙汰になって行方が分かった。娘は赤ちゃんを産んだと連絡してきたものの、法廷で母親の資格なしと判断され、赤ちゃんの父親が親権を取ったという珍しいケース。この父親はJと同じ町に住んでいるので、Jとしては初孫によく会わせてもらってました。その孫が小学一年生になり、読解力が少し低いと指摘された。「この私の孫が読解力が低いなんて情けない。父親がまともな早期教育をさせなかったせいよ」と小学校へ乗り込んで行ったそう。この一件で、父親はJに孫を会わせなくなりました。

それから3年、Jの娘はまた赤ちゃんを産みました、別の男性と。今度も未婚だけれど、ドラッグ依存症から抜け出たようで、赤ちゃんは自分で育てるそうです。Jは今度ばかりは初孫と同じ失敗はさせないと、手ぐすね引いて待ってます。娘が干渉させるかどうかは疑問だけど。

Jにとって娘と息子の子育て経験は何をもたらしたんだろう? あんなにプッシュしないで自発性に任せ、ありのままを受け止めてやっていれば、少なくとも親子関係はもっとよかったんじゃないかと思います。でもそんなこと振り返りもせず前に進む姿はパワフルではあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
コメント (6)

オンライン酒屋でカード決済拒否される

2017-05-27 15:40:17 | 日記・エッセイ・コラム

ウチはほぼ毎日飲むカクテルに使うお酒をケース買いしてます。そろそろ在庫が少なくなってきたので、昨日2ケース注文したんです。だいたいいつも同じオンラインショップの酒屋を使ってます。

それなのにクレジットカードで支払おうとしたら、エラ~~~! え?なんで?と思ったものの、夜だったし、今朝まで待ってみました。酒屋からメールが届いていて、カード決済が拒否されたので、カード会社に問い合わせるか支払方法を変更してくださいとのこと。

決済拒否されたなんて、みっともない  使用限度額にはまだまだ余裕があるし、つい先週も2店のオンラインショップでちゃんと支払ったばかりなのに。

カード会社に問い合わせると、特にウチのカードに問題があるわけではないとのこと。じゃ、なんで? 「最近はオンラインでの不正使用が多くなっておりまして、セキュリティが厳しくなっているんです。セキュリティシステムがこれは怪しいと判断したら決済拒否になります」

「何を基準に怪しいと判断してるんです? この酒屋は何度も使ってるんですけど」 「機械が判断するので、具体的な基準は私どもにもわからないんですよ」 

「今後どうしたらいいですか?」 「確実に使いたいと思われるなら、前もってお電話くだされば・・・」 「え?使うたびにこうして電話するんですか?」 「確かに面倒ですよねえ・・・・使ってみてダメだったらお電話いただくということで・・・」 これ以上電話口担当者に言っても意味がないので電話を切り、とりあえず酒屋の支払いは代引きにしてもらいました。

つれあいと話したんですが、これってもしかすると酒屋だから? あるいは支払額が4万円近くだったから? それともその両方で、酒屋に4万円とは不道徳と判断された、とか? 

そのあとで試しに、エーゲ航空(この夏ギリシャで使う)を同じカードで予約してみることに。。。。。海外サイトだし、今回初めて買う航空会社です。うまくいくかな? なんの問題もなく、すんなり通るじゃないですか。支払額も酒屋と同じくらいです。

ということは金額の問題でもなく、購入歴があるかないかでもなく、国内サイトかどうかでもない・・・・・機械がランダムにやってるってことでしょうか? 利用者としては不便ですよねぇ。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント (2)

教会が増えている

2017-05-24 17:18:41 | 日記・エッセイ・コラム

公民館のヴォーカル講座のメンバーの一人はよそでゴスペル講座にも参加しているそうです。場所は市内の教会とのこと。そういえば、ここ10年くらいの間に教会がたくさんできてます。

カトリックではなく、何らかのプロテスタント教会。ゴスペルに行ってる人に何派なのか尋ねたら、「さぁ~?」 歌うだけなので特に宗派とか気にしてない様子。その人は3か所くらい別々の教会のゴスペル講座に通っているのに、キリスト教に改宗したわけではまったくないんですね。ただ歌いに行ってるだけ。

ウチがよくいくイタリアン・レストランも教会の敷地内にあるんだけれど、カトリックではありません(イタリアンなのに)。レストランの壁に教会の催しなどが貼ってあり、見ると英会話やゴスペル、クッキングなどいろんな講座があり、まるでカルチャースクール。オーナーシェフもキリスト教徒ではないそうで、単に場所を借りているだけとのこと。

ウチから1.5kmほどのところにも真新しい教会ができていて、時々、フリーマーケットなど催しのチラシが配られてきます。ここの牧師は30代と若く、ギター講座までやってる。教会の名前からして、エリック・クラプトンのファンではないかと・・・ 教会なので一応聖書とか礼拝のお誘いも書いてますが、講座などコミュニティ向けのほうに人が集まってるようです。

これってどういう現象なんでしょう? 人は何らかのつながりを求めるものですよね。そういうニーズがあるところへ、うまく教会が入り込んだということなんでしょうか?

日本なので、本来ならばお寺がコミュニティ向けのことをやってるべきでしょうが、昔ながらの檀家組織はなくなり、コミュニティはほったらかしです。お寺はお葬式と法事のビジネスといわれてもしょうがない。 

近所にお寺があっても住職なんて全然知らないし、お葬式が必要になって初めてお寺を探すという人が多いんじゃないでしょうか。お寺もコミュニティ向けのことをやり始めないと、人はどんどん教会に流れていくでしょう。今は改宗してなくても、教会でのコミュニティ活動が好きになるにつれ、いずれは改宗しお葬式も教会でという人が増えていくかもしれませんね。

さて下はズブロッカの空き瓶にポピーとヤツデです。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (4)

老けて見える肩から首の線

2017-05-21 14:14:58 | 日記・エッセイ・コラム

去年くらいから気が付いてることです。私と同年代(60~62才くらい)の友達の中に、すでに肩から首が前に出ている人が何人かいるんです。昨日ランチした友達もそう。

どう表現したらいいのかな? 横から見ると首が前に出ているというか曲がってる。背中も腰も曲がってないのに、首だけ前のめりになってる感じ。そして肩の上に贅肉がついて丸く盛り上がってる。これで一気に老けて見えてしまうんですよ。

みんな毎日だらだら過ごしてるわけではなく、フルタイムの仕事持ってる友達です。デスクワークばかりでもない仕事なのにああなるのは何も運動してないからでしょうか。ウォーキングさえしてないようです。

人のフリ見て我がフリ直せ

私も気を付けないといけません。私はメイクもしないし、両眼の黄斑前膜手術とそれによる長い間のストレスで、眉間や眼の周りのしわが多いことを十分自覚してます。だから姿勢だけでもあまり老けて見えないようにしたいと思ってます。

調べてみると、背筋と肩甲骨のあたりの筋力を鍛えたほうがいいそうです。具体的には腹ばいになっておへそより下に固い枕を当て、上半身を起こす。これは私はすでに毎朝の運動でやってますが、起こしたときに両腕をWの字になるように横に開くとさらにいいとのこと。水泳の平泳ぎですね。

60代になって運動を始めても十分効果が出るんです。ある友達はジムに毎週通い始め、トレーナーのプログラムに沿って運動してます。反復横跳びなど、ぐんぐん回数が上がってきているとのこと。

顔は無理だけど、姿勢だけでも若々しくしていたいもんです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント (2)

アスコルビン酸をお風呂に使ってみると

2017-05-18 17:23:10 | 日記・エッセイ・コラム

日本の水道水の塩素除去として、お風呂にアスコルビン酸(ビタミンC)を入れるようになってひと月経ちました。理由は私の肌のため(ココ)。

買ったのは一番小さな300gの粉末(700円)で、計量スプーンが付いてきます。1回約2gの使用量なので、まだまだ残ってます。

経過はどうか? あごの下の「はたけ」はほとんどなくなりました。ざらつきが少し残ってるだけ。ヨーロッパや中国滞在中の時のように完治までいかないのは、週1回の水泳のせいではないかと思います。プールの水は水道水以上に塩素濃度が高いですし、毎週1時間20分は浸かってますからねー。でもはたけのために水泳をやめるわけにはいきません。

もう一つ考えられるのは、日本の水道水から塩素を除去しても、地下水を使っている国の水道水に含まれるミネラル分がないからかも。

行きつけの美容師さんにこの話をしたら、アスコルビン酸のことはよく知ってました。アトピーの子供のために山の湧水(つまりミネラルウォーター)をポリタンクにたくさん汲んできて、その水を張ったお風呂に入れるとものすごく改善するというお客さんの話もしてくれました。やはり塩素を使った水道水が肌に悪いという人もいるということです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (2)