夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

沈丁花はダフネ!

2015-03-25 17:53:40 | いけばな

外出から帰ると、つれあいが沈丁花を生けてました。ウォーキング途中、近所の山裾で見つけたのを手折ったそうで、枝の皮のカールをいかしたのがご愛嬌

 

とてもいい香りだけど何の花?と訊く。 沈丁花は普通、生け花では使わないので英名を調べたこともなかった。早速検索してみてびっくり なんと、ダフネ(Daphne)

ダフネってギリシャ神話の女神かなんかじゃなかったっけ? オペラのタイトルにもあるし。。。。。ギリシャ神話ではアポロンの求愛から逃れるため月桂樹になったニンフとのこと。女神じゃないようです。

でもそれがどうして沈丁花??? 沈丁花という花名は「香木の沈香(ジンコウ)やスパイスにも用いられる丁子のように、花の香りがたかいことに由来」とのことですが、ダフネの由来は見つかりませんでした。 どなたかご存知でしょうか。

つれあいは同時に春先に咲くレンギョウを玄関にも生けてました。これは生け花によく使うので英名は知っていて、Forsythiaですね。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

コメント (2)

Nスペ「中国文明の謎」

2015-03-22 18:08:49 | 日記・エッセイ・コラム

再放映で3週全部見ましたが、とても興味深い内容でした(ココ トレーラーあり)。古代中国の歴史は司馬遷の「史記」に書かれているという程度のことしか知らないいし、「史記」は読んだこともない私です。

番組によると、「世界の『四大文明』の中で、エジプト、メソポタミア、インダスの文明は滅亡・断絶したが、唯一中国文明だけは、数千年にわたってほぼ同じ地域で同じ文明を維持してきた」・・・そう言われればそうですね。

内容のおもしろさも然ることながら、私がなるほどなぁと思ったのは、20世紀末に中国政府が発掘調査を国家プロジェクトとして立ち上げたという点。20世紀初頭に「史記」に記述された2代目王朝の殷墟が発掘されるも、その後の戦争・内乱でそれ以上の発掘はずっと中断。やっと経済的にも落ち着いた20世紀末になり、「史記」の最初に書かれている夏王朝が伝説か史実かを調べるためプロジェクトを立ち上げたというんです。おそらく国家をまとめるため、国民が共有できるアイデンティティを確立しようという目的もあるんでしょう。

発掘された夏王朝の宮殿のレイアウトが紫禁城とほぼ同じということに連綿と続く文明を感じます。その宮殿は王こそが権威であることを示すための宮廷儀礼の場として使われ、神による権威付けを必要としなかったというんです。これは日本の天皇の現人神と同じじゃないですか。そういえば御所の宮殿も中国の宮殿に似てるなぁ。

そして漢字も殷の時代から王が占いに用いていたそうで、甲骨文字は今でもちゃんと読めるとのこと。その頃からの文字が今も引き続き使われているんです、もちろん日本でも。 

発掘調査はまだまだ継続されており、今後が楽しみです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

コメント (2)

棕櫚は椰子

2015-03-20 16:19:26 | 日記・エッセイ・コラム

少し前、あるブロ友さんのところでウチに双子のヤシの木がありますと書いたんですが、あれ、シュロでした、ごめんなさいm(_ _)m たまたま庭師さんが来て話していて分かりました。

なんだ、違うのかぁと思って一応検索してみると、「シュロはヤシ目ヤシ科ヤシ属の総称である」とのこと(ココ)。 へぇ~、それじゃヤシで間違ってるわけじゃないのね。

ウチのは双子なんです。2階の食卓の窓からと裏庭(背後の家はよそ)

  

根元はこの通り

ウチが植えたわけではなく、買った土地にビワと山桜の木と一緒に、双子の状態で植わっていたんです。買った時は1mくらいの高さでした。

ウチの近所でもよく見かけます。歩いてほんの3分ほどの範囲にこれだけの家が植えているほど、ごく普通の庭木。

    

   

それに、谷にも何本も自生していて、西日本ではよく見る風景です。

   

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

 

 

コメント (4)

デジカメは高画質になりすぎた?

2015-03-17 15:58:28 | 日記・エッセイ・コラム

つれあいがデジカメを買い換えました(私は若い頃からカメラは興味がない)。プラハで買い換えたLumixが丸2年もしないうちに、レンズが出なくなったから。 デジカメはこれで5台目くらい。どれも数年で壊れてます。例外は1台目の一眼レフだけ。これは今でも使える。

修理すると1万円超えるし、どうせ2年ほどで壊れるのだから、今回は1万円ほどの安いのにしました。 このカメラ、メイクアップモードというのがついていて、肌の調子を自動調整するというんです。

そのモードで撮ったのをパソコンの画面で拡大し、普通モードで撮ったのと比べてみると・・・・・な~るほど。

普通モードでは、シミ・シワ・白髪までくっきり写ってるんです。かなり拡大してもぼやけずに見える メイクアップモードだと、それが薄らいで撮れている。

デジカメは年々、高画質になってますからねー。高画質になるってことは、古いカメラではきっちり写さなかったシミ・シワ・白髪がくっきりってことです。 

え~っ、私ってこんなにシミ・シワ・白髪の三重苦だったのーっ デジカメって高画質になりすぎたんじゃない? これなら古いやつの方がよかったぁと敬遠されるのを防ぐために、メーカーがメイクアップモードでぼかすという機能をつけたんじゃない?

そういうわけでこのモード、気に入ったんですが、なんと買った早々、電源スイッチが効かくなり、返品。その機種は色があとピンクしかなかったので、つれあいは別のメーカーの同価格帯のに換えてもらいました。そしたら、そのメーカーにはメイクアップモードがない。

心配しなくていいよ、とつれあい。どうせいつも画像に手を加えてるんだから、という。撮った写真はどれも、Iフォトなどで調整してるというんです。まったく今の時代、写真が実物だと思ったら大間違いですよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

コメント (4)

株式譲渡益の所得税も還付された

2015-03-14 18:18:44 | 日記・エッセイ・コラム

今日、所得税還付のお知らせが届きました。ひと月ほど前に書いたとおり、今年は初めて、株式譲渡益を確定申告してみたんです(ココ)。

申告の仕方が正しくないとか、訂正しろとか、電話がかかってくるかと思ってたけれど、ちゃんと申告したとおり、源泉徴収ありの特定口座で引かれていた額が全部還付されました。最初はやり方が分からず、面倒だったけれど、手間をかけた価値がありましたね。

まだあと少しプチプチ投資が残っているけれど、それらは源泉徴収なしの口座。どうせ少額だから、譲渡益(出たとしてですが)を年間20万円以下になるように売ってくと申告も課税も免れる、というわけです。

れでもうウチは確定申告とはおさらば  私は無職になったので一切関係なし。つれあいは年金が確定申告不要の額だし、保険がキライな性格で何もかけてないから、申告しても何も取り返せません。病気やケガで高額医療費を払って医療控除の対象になれば別ですが。。。。

さて、ウチから下った谷の梅が満開

それとヤツデの若葉とススキの枯れ葉

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

 

 


 

コメント (2)