夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

緑のガスパッチョ

2014-06-30 20:19:10 | 食・レシピ

ガスパッチョといえば普通はトマトベースの赤色ですが、緑色のもあるんです。ベースはきゅうり。

スイミングの友達が畑で採れた大きなきゅうりをおすそ分けしてくれたのと、今年はウチでシラントロ(コリアンダー)がうまく育ったのとで、2年ぶりに作ってみたら、んん~~ん、美味しい (^-^)g"" 写真は食べ始めてから思いついて撮った(^^;;

P1060674

作り方は超簡単。材料を揃えてブレンダーにかけるだけ。

材料:きゅうり5本、ピーマン3個、玉ねぎ半個、ナチュラルヨーグルト3分1箱、刻んだシラントロ4分1カップ、ハラペーニョ1cmくらい、レモン大1個分ジュース、オリーブオイル・米酢・ベルモット4分1カップずつくらい、クミンパウダー・にんにく・塩・胡椒は適量

量はお好みで適当に(^O^)変えてください。できれば作ってから一晩冷蔵庫で寝かせたほうが味が馴染んでより美味しい。食べる時にクリームをほんの少し加えてもいい。

ウチでは夏はガスパッチョか野菜の冷製スープ(じゃがいもベース、人参ベース、セロリベースなど)が定番。冷製スープは煮る手間がかかるので、ガスパッチョのほうが手頃です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント (1)

ディドナート@シャンゼリゼ、ゲットしたが

2014-06-28 14:31:39 | 2014年夏欧州ロングステイ

ャンゼリゼ劇場の一般発売が6月27日開始したので、ジョイス・ディドナートのリサイタルを買った。プログラムが良さそうだし日にちも合うから、この劇場も見てもいいかなと思って。

ここのオンライン購入は事前に登録しなくてもいいシステムで、最初は便利だなと思ったんですが、購入ボタンを押してからはフランス語のみ。今どきたいていの劇場は少なくとも英語を用意しているのに、えらく不親切。

クレジットカード情報を入力するページだけ他の言語の選択できるボタンが出てきて、確か日本語もあった。ところがカード情報入力後はまたフランス語のみに戻ってしまうんです。部分的に他の言語を用意できるなら、全部したってよさそうなものなのに。

複雑なことが書いてあるわけではないけれど、やっぱりお金が関わることだし、購入後にチケットをどう手に入れるかなどきちんと理解しておきたい。つれあいがフランス語ができるので助かったけれど、私だけだったらオンライン翻訳を利用して確認しながらの作業になったと思う。

それを見越してか、ここは時間制限を課してない。普通は購入に15分程度の時間制限があるので、ノロノロしてるとタイムアウト。また最初からやり直しになったりするんですよねぇ。

フランス語が得意でない方は、前もって予行演習しておくのがいいかも。その時に、わからない部分を翻訳して書き留めておくとか。

案の定、チケットを送信してきたメールもフランス語のみ。しかもチケットはPDFではない。どこにあるのよー? あー、おそらくこれだな IMPRIMEZ VOS BILLETS ELECTRONIQUES やっとプリントアウトできました。

そういえば数日前、こんな記事が出てたよなぁ: 「観光客にもっと優しく」、フランス政府が苦言 (;´∀`)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント (2)

漫画家が大学学長に

2014-06-25 18:06:06 | 日記・エッセイ・コラム

録画して見た「英雄たちの選択:尼将軍の決断」に竹宮恵子が出ていて、肩書きに京都精華大学学長とあった。

やっと漫画家が大学の学長になる時代になったんだ 「BS歴史館」でも里中満智子が大阪芸術大学教授として出ていたし、それ以前もちばてつやなどが大学教授になっているはず。

竹宮恵子も里中満智子も絵柄が好きではないので、ほとんど読んだことはない。でも漫画家が大学学長になるというのは社会的に認められた意味でもあり、大いに歓迎します

子供の頃から漫画好きの私は、漫画が小説や映画より1ランク下に見られているのが不思議だった。昔から漫画は子供向けだの低俗だのといわれてきたが、小説だって映画だって低俗なものはたくさんある。漫画にも素晴らしい傑作がいくつもある。読みもしないで決めつけないでもらいたい。

考えてもください。1つの作品を仕上げるには漫画の方が多くの才能を要するんです。小説のようにストーリーとセリフを考えるだけでは足りない。シーンの背景から服装まで描き込まないといけない。登場人物の衣装デザインから色まで、小説では文章にしなくてもすむことでさえ描かないといけない。実在の場所や時代物ともなれば下調べだけでも膨大な資料と労力がいる。

そして調べたことを絵にできないといけないんですよ。映画なら、衣装やロケなどそれぞれの専門スタッフがやってくれるけれど、漫画家はそれを基本的に全部自分で描かなければならない。  

ここまで考えただけでも、漫画家の方がはるかに難しいことがわかります。やっと世の中も漫画家の偉大さに気づいてきたようでうれしい

そうはいっても、読者はどう思ってるかな。大学などで教鞭とるより、もっとガッツリした新作に力入れてほしいと思ってるかも。幸い私の好きな漫画家(大和和紀、青池保子)はまだまだ現役で、読者を楽しませてくれている。私より8才ほど年上の漫画家たちは年齢とともに描く内容と絵柄が変化してきており、同時代を生き読むことができたことに感謝。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント (2)

Way Off!でございました (^^;;

2014-06-23 18:23:40 | 日記・エッセイ・コラム

前々回の記事ですが、久方ぶりにBさんが畑に出ていたので、すぐさま声をかけました。

あのぅ、あそこになんかきれいなのを作られてますよね(Bさんは無言)。あれ、なんなんですか?

ああ、(見かけによらずはにかんで)ちょっとしたお墓なんだ。飼ってた小鳥が死んだんで葬ってやったんだよ。

そうなんですか、まぁかわいそうに(これ本音。私も以前小鳥飼ってたから)。でもあの七角形っていうのは・・・・・?

あれか。手乗り文鳥だったんでね、頭の形に似せてみたんだよ。。。。

 そう言われてみれば右下側の少しとんがってるところがクチバシかぁ。手乗り文鳥のクチバシはインコのような鍵型でなく、こんな形です。

疑念が晴れて、私もボタンインコ飼ってたんですよー、小鳥ってかわいいですよねーと少しの間話ができました。

いやぁ、それにしてもお恥ずかしい 私のトンチンカンもいいところ。陰陽師だのと疑ったりして・・・・・馬鹿という方が馬鹿、と反省した次第です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント

航空会社に対しても偏見

2014-06-22 15:07:19 | 日記・エッセイ・コラム

友達にこの夏は中国東方航空で行くと言ったら、え~っともろに嫌な顔をした。彼女は年に3回は2週間からひと月ずつ海外旅行する人で、米国系はもちろんのこと大韓航空もアシアナも乗るし、エアアジア、ジェットスター、イージージェット、ライアンといったLCCだって乗る。

その人が、「中国東方ってサービス悪いし、ガラも良くないって聞くよと」いう。「誰か乗った人から聞いたの?」と訊くと、「ううん、でもそんな噂じゃない。まぁビジネスクラスならそうじゃないかも」。

私も買う前に一応レビューを検索した。日本語だとアジア圏内で乗った人のレビューがほとんどで、確かにそんな意見が多かった。例外として、上海ーパリ(ウチもこれ)でビジネスに乗った一人は満足だったと書いていた。

一方、英語だと上海ー欧米便のレビューで、いくつか遅延の文句はあったものの、ほとんどが良かったと書いていた。この差はやっぱり日本人の中国への偏見じゃないかと思う。

これで思い出したんだけれど、5月にNYから一時帰国していた友達はもっと徹底していた。同居人のアメリカ人とスペイン人夫婦の3人は、唯一のNYー関空直行便であるチャイナエアライン(台湾)に乗ってきたのに、彼女だけANAでNYー成田、成田ー羽田バス、羽田ー地元空港で帰国。

私が3人に「チャイナエアラインはどうだった?」と訊いたら、「サービスも食事もとても良かったよ」と声を揃えた。彼らには日本人が中国に対して持っている偏見がないから。

それでも彼女は今後も乗るつもりはないという。「NYなら大韓航空が仁川乗り換えで地元空港まで飛んでるから便利よ」と勧めたけれど、「う~ん、ちょっと・・・・・」。これはもう合理性ではなく、やっぱり中国系と韓国系はいやだってことでしょう。

人それぞれです。私は乗り換え回数と乗り継ぎ時間の便利さが第一。その中で価格の安いのを選びます。そうするとウチのような地方空港からは大韓航空と中国東方航空が一番便利。大韓航空は今まで何度も乗ってみて満足してるし、中国東方航空も上海までは乗ったことがあり、何も不満はなかった。今度は長距離のパリまで実際に体験してみよう。

でもねー、LCCに乗ってサービスが悪いのどうのというのは自業自得でしょう、それだけ安いんだから。それと同じで、中国東方航空は大韓航空に比べてもかなり安いわけで、そのへんはちゃんと自覚してます。ウチが求めるのは足が伸ばせるビジネスを割安で、ですからね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント