夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

久々にECを堪能

2014-02-27 17:07:34 | 日記・エッセイ・コラム

やっぱりギターはこうでなくっちゃ 5年ぶりに聴くエリック・クラプトン。

大阪城ホールへ着くと、えらく若いこんなポスターが

P1000001

40周年かぁ・・・・・私が初めてライヴで聴いたのは京都会館だったから、おそらく1977年じゃなかったかと思う。

でもあの時はカッコよかったというだけで、コンサート自体よく覚えてない 同時期にライヴに行ったデイヴ・メイスンのほうがはるかに良かったから。

その後1981年のライヴでほれ直して、あれ以来何度聴きに行ったやら。私的には1990年代半ばの Nothing But The Blues ツアーが一番好き。短いのを1曲どうぞ。

</object>
YouTube: Eric Clapton Someday After a While Live TV Recording

ちょうど今、ローリング・ストーンズも来日中とのことで、シニアロッカーたち、頑張ってますね~~~

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ 

コメント

日本のクリスチャンのお墓は

2014-02-24 19:49:00 | 日記・エッセイ・コラム

友達のご主人が58歳という若さで亡くなられて半年になります。気持ちも落ち着いたとのことで久しぶりにランチしました。

彼女の一家は全員モルモン教。ご主人は1年半の闘病生活(急性白血病)のうち、最後の数ヶ月はまだ日本語訳されていない教典を訳す日々を送り、最後はとても心穏やかに逝かれたそうです。宗教の役割はやっぱり死に臨んだ際なのかもしれません。

友達はキリスト教だと言ったけれど、モルモン教はキリスト教では異端とされているはずだとつれあい(私はよくわからない)。

埋葬はどうされたのか尋ねてみました。日本では墓地を持っている教会はあまりないように思うからです。10年以上前、二人の知り合い(一人はカトリック、もう一人はルーテル教)のお父様が亡くなられたとき、お墓は親族と同じお寺(仏教)だったと聞きました。

友達の場合もやはり、代々のお墓がある曹洞宗のお寺にしたとのこと。この際に先祖墓を全部ひとつにまとめ、まったく新しい墓石を立てたそうです。住職さんはモルモン教でも何も問題ないと受け入れてくれ、友達がデザインした墓石(上部に球体が乗っている)も、「ほぉー、変わったのができましたなぁ」とつぶやいただけ・・・・・寛容ですねー。

この寛容さが日本の宗教のいいところ? ちなみにアメリカのつれあいの家族の教区の教会で他の宗派の人を埋葬するなど考えられないといいます。

モルモン教に関しては関東の本部には墓地があるそうなので、他のキリスト教も持っているのかもしれません。でも地方では檀家になっているお寺がある場合、そこに埋葬するんですね。

ウチはつれあいも私も特に宗教を持たないし、お墓自体もいらないと考えています。私の亡き父は、どこの檀家でもない私を不憫に思ったらしく、実家の墓地の隣にウチ用の墓地を購入してくれていました。

私がこのことを知ったのは大好きだった父が亡くなってから。父の思いやりはとてもうれしかったし、山の斜面の眺めのいい墓地だけれど、私は辞退すると実家の兄に伝えました。

お墓は本当にいらないんです。遺灰をダイヤモンドのペンダントとか小さな置物にでもしてもらえればいい。月日が経って、それも忘れられ、なくなってしまえばそれでいい。遺言状にもダイヤモンドにしてくれる会社をちゃんと書いておいたんだけど、まだ潰れてないだろーな。アップデートしとかなくちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

コメント (2)

ジャンニ・スキッキは地獄落ち

2014-02-22 19:26:43 | オペラ

いやぁフィギュアスケート女子シングルは五輪らしいハイレベルの戦いでしたね。私的にはカロリーナ・コストナーに金メダル取ってほしかった(3-3のコンボがなかったというならキムヨナが金かな)

さて、ダンテ「神曲」の地獄落ちにジャンニ・スキッキが入ってると、今「神曲」を読んでるつれあいが言うんです。遺言の書き換えと裏切りの罪だそう 私も去年、ドレの「神曲」を読んだけれど、あれは完全版ではないので、この逸話は入ってなかった。

ジャンニ・スキッキ」といえばプッチーニのオペラですが、「神曲」が元ネタだったとは 私は知りませんでした。

このオペラ、ちょうど明日深夜に放映される予定。ウチはライヴでは観たことがなく、10年ほど前のグラインドボーンの放映の録画だけ。プッチーニ唯一のコメディです。

美しいメロディのアリア「私のお父さん」は、オペラ好きでなくても耳にしたことがある人は多いでしょう。内容を知らずに聞くと、なんと可憐な娘、と思うんですが、実は駄々をこねてるワガママ娘の歌

</object>
YouTube: ジャンニ・スキッキより 私のお父さん プッチーニ作曲

イギリス映画「眺めのいい部屋(A Room with a View)」(先週ウチの古い録画で見たばかり)のタイトル曲にも使われてます。これもビクトリア調らしい表現などふっと笑える部分が散りばめられていておもしろい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ 

コメント

海外で手術すると後々こんな問題も

2014-02-19 19:09:33 | ロングステイ

つれあいが13年2月7日にプラハで大腿骨骨折手術を受けてから1年が過ぎました。最初は調子がよかったのに、13年10月中旬から坂や階段を登ると痛くなったりするので、髄内釘を抜く手術を医師に相談してきました。高齢者はしないほうがいいし、この程度の痛みが出るのは仕方ないといわれて、一応納得していたんです。

ところがやっぱりセカンドオピニオンがほしいと、今度は大学病院へ行ってきました。この医師は、高齢者は一般的にしないほうがいいけれど、本人がリスクを承知でする場合もあるとのこと。

一番のリスクは再骨折。1~5%で再骨折がある。そんなの低い確率じゃないですか、というと、医学的には高い確率なんだそう。他のリスクも聞いて、それでも抜き釘手術をしたいといったところ、意外な問題が・・・・・

この釘に合うドライバーが必要なんだけれど、日本では見たことがないタイプだなぁ。汎用で合うんだろうか?

プラハでもらったチェコ語診断書とその英訳を見せても、そこにはタイプは書いてないとのこと。プラハの医師は、あなたのトシなら一生抜く必要はないよ、と言ったし、ウチも釘のタイプを聞くなんて思いもしなかった。

直接プラハの病院に連絡して聞くしかないですね、と大学病院の医師。

うーん。。。。内心一抹の不安が・・・・・

というのも、海外旅行保険会社のパリ・オフィスがプラハの病院と連絡するのにかなり手こずったんです。何事を聞くにも、何度も連絡してやっと病院からの返事が来たらしい。

でも、大学病院側にハナからこんなことを話してネガティブな印象を与えたくはない。

万一、合うドライバーが日本にないとかの場合はどーなるんでしょう?

プラハに行って抜いてもらうとか・・・・・と笑いながら医師が答えた 

それならもうこのままでいい、とつれあい。痛みが出ても歩けないようなものではないので、ここは運を天に任せる。プラハから返事が来て、汎用ドライバーで合うとなれば手術する、そうでなければこれでいい。

そこで大学病院からプラハの病院へ問い合わせてもらうことになりました。どーなることやら・・・・・

皆さん、海外で体内に器具を入れるような手術をする場合、ちゃんと器具のタイプを聞いておきましょうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ 

コメント (8)

学術論文でも罵詈雑言を使うのね^^

2014-02-17 14:54:51 | 日記・エッセイ・コラム

先日、森博達著「日本書紀の謎を解く」(1999年)を買って読み始めました。言語学者の立場からの著書でなかなか興味深い。この方はNHKの「BS歴史館」と「遷宮」で何度かインタビューに登場していました。

おそらく反論が出ているんだろうなと検索してみると、おもしろいサイト

やっぱり強烈な批判論文が出ているらしい。この第3者の方のサイトに、森氏と批判の急先鋒らしい井上氏のやりとりの1回分が掲載されています。

私など門外漢ですから批判内容はわかりません  おもしろいと思ったのは、学術論文において罵詈雑言が使われるんだぁ ということ。

相手をインチキ、アマチュア、無知、走狗、妄想などといい、敵意があるとかアラ探しだとか、論文がアラばかりでできているとか・・・・・まるでケンカですね。

学術論文ってもっとドライに論点だけ書いた、感情の微塵も感じられないものかと思ってました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

コメント