夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

サマルカンドは美しかった@ウズベキスタン

2018-10-11 19:52:03 | 2018年10月ウズベキスタン旅行

サマルカンドにやっと行くことができました まずはおなじみのレギスタン(砂地の意味)広場。最初に断っておきますが、私は滅多に写真を撮らないので出来が良くありません。

サマルカンドはシルクロード交易の中間地として栄え、ティムール帝国時代は大規模なバザールだったそうです。その後、3つのメドレセ(神学校)が建てられた。現在はメドレセの建物の中はバザールとなっており、授業が行われるメドレセは別の場所です。

結婚写真を撮っているカップルが2組(ウズベキスタンでは若者が40%!) 日本と同じで西洋風のウェディングドレスが人気だそう。

このシェルドル・メドレセ(1636年)は、3つのメドレセのうち、2番目に建てられたもので偶像崇拝を否定するイスラム教には珍しく、ライオンと太陽のモザイク画。ガイドさんによると、シェルドルとはライオンの意味で、自分の権力を誇示したがった王様の指示に従わざるを得なかった建築家はのちに自殺したんだとか。

夕日に染まるレギスタン広場。

帰国したばかりなので、とりあえずここまで。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 新たに見つけたフレンチレス... | トップ | 繊細な黄金の内装@サマルカンド »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Chee)
2018-10-12 06:49:24
おおおおお!
建物の装飾、美しいですね。写真上手ですよ!
Unknown (cachaca)
2018-10-12 09:26:08
Cheeさん
イスラム建築の装飾は本当に美しいです。そしてとても繊細なんですよ。
Unknown (bunji_)
2018-10-12 23:27:04
もう行ってこられたんですね。
暑さはどうでしたか?
イスラム圏はやはりヨーロッパとは全然違いますね。
旅行記楽しみにしています。
Unknown (cachaca)
2018-10-13 20:29:18
bunji_さん
今回はお一人様限定ツアーに参加したので、あっという間の駆け足でした。なので、bunji_さんのお役に立てるかどうかわかりません。

>暑さはどうでしたか?
暑いどころか寒かったです。私はヒートテックの上に長袖Tシャツ、ウルトラライトダウンジャケット、その上にウインドブレーカー。日差しよけの手袋が寒さよけになりました(笑)。10~30度の幅があると言われていたので、厚手のダウンコートを持ってきている人もいたほどです。

>イスラム圏はやはりヨーロッパとは全然違いますね。
新鮮味がありますよ~~~。来年5月のイラン行きがさらに楽しみになりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2018年10月ウズベキスタン旅行」カテゴリの最新記事