夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

義仲寺@大津膳所

2018-07-07 11:26:25 | 国内旅行

オペラを観にびわ湖ホールへ行ったわけですが、ウチから日帰りしようと思えばできたんです。というのも、日本では午後3時開演(ヨーロッパでは午後7時か8時開演)。終わったのは午後6時半。これは遠くからでも日帰りで観に来ることができうるようにという配慮でしょう。

蒸し暑い季節に観光する気はなかったんだけど、夜遅く帰宅するのも嫌なのでホールの隣にあるホテルピアザに泊まりました。部屋から見る琵琶湖の夜明け

帰りは膳所(ぜぜ)駅まで歩いてみようかと、スマホで道順をチェックしたら、途中に義仲寺というのがある。

義仲って、もしかして木曽義仲のこと? とても小さなお寺なのでひょいと入ってくと呼び止められて拝観料300円

受付の説明によると、やはり木曽義仲の墓所だそう(この地で討ち死に)。義仲の名前は、私が小さな頃、祖母が独り言のようにいう話によく出てきたんです。尋常小学校で暗記したらしい。

義仲といえば、その片腕の巴御前。美しいうえに、めっぽう強い女武者。

受付の説明で驚いたのは、ここは松尾芭蕉の墓所でもある。 え?なんで? 義仲より500年も後の世に生きた芭蕉は義仲の大ファンだったそうな。自分が死んだら義仲の隣に埋葬するよう遺言したとのこと。

建物として興味深いのは翁堂。

天井絵は伊藤若冲が描いたそうだけど、ほとんどはがれてる。左右の壁上部には36俳人の人物画

たまたま通り道に寄っただけですが、風情あるところです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「イル・トロヴァトーレ」@... | トップ | 近所の土砂崩れ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (monk)
2018-07-09 23:34:58
しょっちゅうびわこホールに行ってる(練習で)し、ピアザにも行ったことあるけど、このお寺は知りませんでした!京都や奈良が近場にあるので、歴史で習ったことの史跡がそのへんにゴロゴロしてるんですが、ココは知らなかったし行ってみたいです。教えていただき、ありがとうございました!
Unknown (cachaca)
2018-07-10 11:21:29
monkさん
地震も豪雨も大丈夫でしたか?
大津ではコンサートもなさってるんですよね。

今回は新大阪から、行きは新快速で大津、帰りは膳所から普通に乗ったんです。JR西のおとなび割引が新大阪までなので。普通でも45分くらいと案外近いですね。

>京都や奈良が近場にあるので、歴史で習ったことの史跡がそのへんにゴロゴロしてる
そうですよねー。トシに連れて、興味がわきます。
義仲寺は本当に小さなお寺だし、義経のほうばかり注目されてるので私も含めて知らない人が多いんだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内旅行」カテゴリの最新記事