夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

網膜細動脈瘤で長期旅行が無理に

2018-09-20 17:30:35 | 目の病気

3週間ほど前の眼の定期検査で網膜に出血が見つかりました(ココ)。再検査で出血が広がっていればレーザーで治療するということで行ったところ、広がってはいないものの、消えてもいない。とりあえず今は小さな出血で場所も黄斑からは離れているので、もうしばらく様子を見ましょうとなりました。

病名は網膜細動脈瘤とのこと。私がネットで調べていた網膜静脈閉鎖症とは違います。眼にも動脈瘤ができるんだそうです。ただ私は高血圧でも糖尿でもないし、コレステロールも正常値内で特に動脈硬化を指摘されたこともないんです。

主治医に珍しいケースですねと言われた。おそらく私の網膜が強度近視のせいですでに超薄くなっているので、少しのことで血管にこぶができたりするんでしょうとのこと。血管しなやかサプリを始めるか。

次回の検査は1カ月後の10月中旬。その前のサマルカンドツアーは行っても大丈夫とのこと。もし10月にレーザー治療となったら、その後の診察スケジュールはどうなるのか尋ねました。レーザーの後は2~3週間後に診察、その後もしばらく1カ月ごとくらいになる。

つまり今後しばらくの間、1カ月以上の旅行は無理ということ。実は来年始めから2カ月半ほどスペイン南部とモロッコへ滞在する予定を立て始めていたんです。でも1カ月しか滞在できないなら、そんな遠くまで行くのは面倒。

この冬の滞在の主な理由はオペラではなく(スペインは1カ月いてもオペラは1作だけ)、つれあいの脚のために暖かい所に滞在すること。去年の冬はかなり脚が疼いていたから。1カ月なら台湾南部のほうが近くて便利だなとつれあいと相談しているところです。

もし10月中旬の検査で出血が引いていたとしても、それから1月初めの長期滞在のバケーションレンタルを探すのはかなり難しい。短期借りるならそうでもないけれど、同じ所を1カ月以上確保するには3〜4カ月前から予約しておかないと難しい。

つれあいは自分の脚との付き合い方は去年の冬でだいたい要領がつかめたから、今回は私の眼のほうが大事だと言ってくれてます。私もスペイン南部はすでに行ったし、以前に何度か書いたようにヨーロッパはもう食傷気味。オペラ目的でないとなればなおさら。モロッコもイランほど興味はないし(イランは来年5月に絶対行くぞ)。

それにしても、トシとともに病気などで長期旅行は難しくなるもんだなぁと思わされます。行きたいところがあるなら先延ばししないことです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

 

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 予想外に早く復旧する「はるか」 | トップ | 「サムライが死んだ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Chee)
2018-09-26 08:29:43
せっかくの長期旅行の計画ができないのは残念です…。早く安定してくるといいですね。サマルカンドは楽しんで来てください!台湾も良さげでしたよね。私から見たら、眼や脚の事があってもすごい行動的で素晴らしいご夫妻です。医療条件付き旅行というのも、新たな分野として、切り開いていってください!
Unknown (cachaca)
2018-09-26 13:18:55
Cheeさん
>医療条件付き旅行
車椅子でも参加可能なツアーというのは聞いたことがあります。
短期間行くなら、自分で全部手配するよりツアーも簡単でいいかと思い始めてます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

目の病気」カテゴリの最新記事