夫婦で遊ぶ熟年ライフ

いたわり合って暮らせるか? 年の差・国際結婚夫婦

シーサンパンナとマンダレーへ

2019-11-13 15:25:58 | 日記・エッセイ・コラム

帯状疱疹は神経痛にならず治りそうなので、冬の旅行を決めました。この冬は久しぶりにオペラ目的で欧州ロングステイを考えていたんだけれど、オペラのスケジュールが今一つ気乗りしない。

そこで以前から行ってみたいと思っていたシーサンパンナに決めました。中国雲南省の南端、タイ族自治州です。春節を建水という古鎮で過ごしたあと、シーサンパンナでしばらくのんびりする予定。20度を超えるほど暖かいので、大腿骨骨折したつれあいの脚にもよさそう。

帰りに昆明近郊の石林と菜の花で有名な羅平に寄ろうかと思ってました。ところが、地図を見ると、シーサンパンナの真西にマンダレーがあるじゃないですか。 

マンダレーってなぜか森瑤子を思い出すんですよ。「・・・・・・マンダレーの夕陽とでもいきたいところだけれど・・・・・・」とかいう文章を覚えてるんです、どの本だったか忘れたけれど。

それで無性に行ってみたくなりました。つれあいに、行ってみない?と訊くと、どうやら米国人にもマンダレーって何かの歌に出てくるので知られているそうな。どうせベトナム戦争関連じゃないの?というと、コメディアンの歌だとか。 

ということで二人とも行ってみたいとなりました。昆明から2時間弱で直行便も飛んでるし、石林や菜の花よりも面白そう。ちなみにマンダレーはミヤンマーにあります。

日本人は20年9月までビザなしで行けるそうで、いろんな旅行会社がツアーを組んでます。私が知らなかっただけで、結構有名な観光地みたい。米国人も電子ビザが75ドルで取れるので、まぁ納得の範囲です。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

 

コメント

帯状疱疹を自然治癒に任せた人

2019-11-10 16:20:08 | 日記・エッセイ・コラム

ヘアカットに行くといつもの美容師さんが、2年前に帯状疱疹になったけど、自然に任せた、というか年末年始だったのでそうなってしまったというんです。

チクチクしだして水膨れになったので、帯状疱疹だとすぐわかったそう。美容師さんはお客さんからいろんな話を聞くから、帯状疱疹のことは知っていたんですね。

二の腕から脇腹・背中にかけて水膨れになったものの、年末年始で皮膚科は休診。寝転んでいられないほど痛みがひどいのでネット検索したら、ロキソニンは効きにくく、ノーシンなどの市販薬のほうがいいと出ていたそう。早速ドラッグストアで、それを買ってきて痛みを乗り切った。水膨れのほうはカットバンを貼っただけで、塗り薬は使わなかった。

年末年始休暇が終わっても仕事が忙しく、そのまま皮膚科へは行かずじまい。お客さんに、痛みが残って神経痛になるから、今からでも皮膚科に行ったほうがいいと言われたけれど、そのままになってしまった。水膨れがかさぶたになる頃には痛みも引いて、その後神経痛になることはなかったそう。良かったですねー。

水疱瘡と一緒なので、放っておいても自然治癒するってことかな。彼女は40代なので、まだ自然治癒力が高いからかもしれません。

わりとケロっとして話してくれたので、私のように心配しすぎはかえって良くないんだなと改めて自分の性格を反省。

ヘアカットから帰ってきたら、つれあいがチェリーセージの花束だといいました。庭の伸びすぎたのを始末しただけなんだけど

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

コメント

電子マネーの明細、確認する?

2019-11-07 15:15:42 | 日記・エッセイ・コラム

SMBC信託銀行は以前書いたように(ココ)、新しいカード GLOBAL PASS に切り替えるよう促しています。このカードは日本では電子マネー iD としても使えます。私にとっては初めての電子マネー。

カードが届いたので試しに使ってみました、百均で  330円の支払いに使ったところ、ちゃんと使えました。暗証番号は不要なんですね。つれあいのJALのマイレージカードがWAON一体型で、あれも暗証番号不要です。

ちなみに、日本ではクレジットカードをガソリンスタンドで使っても暗証番号不要なので、ちょっと不安になります。だって拾った人がすぐそのまま使えるじゃないですか。

ともあれ、ウチも電子マネーを使える環境になりました。で、思うんですが、皆さんは電子マネーの利用明細をオンラインで確認してるんでしょうか? 一般に、電子マネーを使うのは比較的少額の買い物ですよね。ここで330円、あそこで550円とか、ひと月使えば、結構こまごました金額が何10件と掲載されてくるでしょう。

1種類の電子マネーでさえかなりの件数になりそうなのに、数種類も持ってる人は大変そう。

私はクレジットカードの明細はきちんと確認します。不正利用を経験してますからね。電子マネーの不正利用も可能と思うので、やはり確認したほうがよさそう。となると、持ってる電子マネーの種類が多くなるほど、確認の手間が増えるってこと

さてこのGLOBAL PASS デザインと色が  今までのプレスティア(右)のほうがよっぽどすっきりしてた。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

 

 

 

 

 

コメント

2週間たっても治りきらない帯状疱疹

2019-11-04 14:09:26 | 日記・エッセイ・コラム

しつこいですが、また帯状疱疹です。今日で、あきらかに水膨れとなってから丸2週間になりますが、まだ治りきってません。

通院は4日前が最後となり、7日間の抗ウィルス剤の治療が終わりました。帯状疱疹では口内ヘルペスなどと同じ抗ウイルス剤を2倍量も使うので、7日間と決まっているそうです。

水膨れは大体乾いてきたものの、いちばん密集していた(5個)部分がまだ水膨れのままで、中は化膿しているような色。皮膚科の先生が言うには、疱疹はかなり深いんだそう。それで、塗り薬を変えましょうと、ねっとりした白い塗り薬を処方してくれました。べったりと厚めに塗って、ガーゼで湿布。1日1回交換。シャワーで石鹸で洗う。

ビタミンB12は絶対に摂っておいたほうがいいからと4週間分もくれました。通院は何か悪化しない限り不要とのこと。

それからもう4日、確かによくなってきてはいますが、まだ乾いたかさぶたになってない。やっぱり、治療効果が高いといわれる最初の72時間を5日も過ぎてから皮膚科に行ったので遅いんだろうなぁ。

水泳に行けないのはもちろんのこと、温泉にも行けません。幸い、ピリピリ感はなくなったので近くのお寺にウォーキングに出かけたら、もうススキの季節ですね。

Count your blessings とつれあいに言われた。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

 

コメント

80歳までに3人に1人が帯状疱疹

2019-10-30 13:18:32 | 日記・エッセイ・コラム

皮膚科でもらったパンフレットにそう書いてあります。50歳代から急増するとのこと。

でも私はその病名を聞いたことありませんでした。水疱瘡が治ってもウイルスは神経細胞にずっと残ってて、再び神経を伝わって出てきたのが帯状疱疹なんです。

体の片側だけですが、頭から足先までどこにでも発症するとのことで、私の場合、水膨れが出ているのは左脚の膝から下です。一般に、出ている場所がものすごく痛いらしく、私も痛み止めのロキソプロフェンを1日3回もらってます。

経験者のブログを読むと、背中やお尻などに出ると、衣服や下着が触れるだけでものすごく痛く、何もできないし眠れないと書いてます。この痛みが水膨れが治っても残る場合があり、それが神経痛となり、薬があまり効かない痛みとのこと。私は幸い、時々チクチクする程度で痛くはない。ズボンを履いて歩いてもなんともない。

怖いのは、帯状疱疹が首から上に出た場合です。耳の中や眼の周り、頭皮に出ると、脳卒中、顔面麻痺、失明など・・・・・頭に出た人が受診したその場で点滴・入院になったとのブログも読みました。

その一方で、抗ウイルス薬で治療した場合は、脳卒中の発症リスクが約半分程度に低下することから、早期に抗ウイルス薬によるきちんとした治療を受けることの大切さも報告されているとのこと。

この情報を読んだ翌日、起きると左眼の奥や眼の周りがに違和感を感じたので、再診予約の1日前だったけれど、皮膚科へ。 「まず心配ないです、2カ所以上で出ることはめったにないですから」と言われ安心。違和感は消えました この辺、私の心配過剰(つまりストレス過敏)な性格が出てる。眼に関しては特にそう

帯状疱疹の治療は72時間以内に始めるのが効果的だそうです。できれば水膨れになる前がいい。前兆は皮膚のチクチク、ピリピリ感や痛み。私の場合、水膨れになってる左向う脛外側は痛みがあったんだけれど、ちょうど久々にヒールを履いたので、その筋肉痛だと思った。さらにブツブツが出て痒くなった時点では台湾でのこともあり、虫刺されと思った。それで皮膚科に行くのが遅れたんです。微熱が続き軽い頭痛もあったので、あれも前兆だったんです。

帯状疱疹を知っていたら、もっと早くピンときたはず。皆さんも気を付けてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

コメント