夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

ペット専用墓地

2019-02-18 15:28:33 | 日記・エッセイ・コラム

時々ウォーキングに出かける山中のお寺に、ペット専用の墓地が新設されているのに気が付きました。

墓地はまだ小さく、ペットのお墓はこれだけしかありません。

墓地の周りは丘なので、今後も増える余地は十分にあります。ここは日蓮宗のお寺ですが、他の宗派も造っているんでしょうか。

ちょうど地元のニュースで、市で唯一の斎場が再整備され、ペット専用の火葬場が併設されたと報道していました。さらに、仏具店では入り口のもっとも目に付く場所に、ペット専用のかわいらしい位牌や写真立てなどのコーナーが登場しているとのこと。家で毎日、亡きペットを偲びたいという人が増えているんだそうです。

一方で、市の広報には直葬10万円(人間ですよ)という広告が出るようになりました。墓じまいする人も多いといいますよね。亡き家族と亡きペットにかける思いと費用・・・・・亡きペットへのほうが大きい人が結構いるのかも。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

コメント

網膜細動脈瘤が消えた

2019-02-14 15:34:29 | 目の病気

1月末に行った網膜細動脈瘤の経過観察で、ほぼ消えていると言われました。8月末に指摘されてから丸5カ月です。じわじわとですが、なんとか消えてくれてよかった。

網膜細動脈瘤は私の理解では、消えずにしみ出した部分が広がるようなら、その部分をレーザーで治療するわけですが、レーザーで焼くことなので、焼いた網膜は死ぬ、つまり見えなくなるんです。私のようにすでに網膜がボロボロで点々と見えない部分があるのに、さらに見えない部分が増えるのは極力避けなければなりません。

さらに今回、主治医が話してくれたのは、死んだ部分を補おうと、網膜上に新生血管が出てくる場合があるそうです。こうなると、加齢黄斑変性と同じ治療になり、レーザーや眼内注射などまた大変な治療になります。

前回書いたように(ココ)、もしかすると「しなやかケア」が効いたのかもしれません。これからも続けるつもりですし、眼のサプリももちろん摂ってます。

とりあえず今回は落ち着いたので、ひと月ごとではなく、4カ月ごとの診察でいいでしょうとなりました。それなら夏ごろに2カ月くらいの旅行計画を立てようかと考え始めているところです。眼は徐々に悪くなるので、行けるうちに行っとかないと・・・と思う一方、面倒だなぁと思っている自分もいる。行き方が楽で面白そうなところはどこかなぁ。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

コメント

台湾新幹線の外国人割引はお得

2019-02-10 13:29:44 | 2019年1月台湾旅行

最後に台湾新幹線の外国人割引についてです。台湾では中国本土と同じく高鐵と書いてあります。今回ウチは予定を立てた時点で、台北→台南、台中→桃園空港の2回乗るのを決めていました。

検索するうち、外国人向けに2割引きのクーポンを販売している旅行社を見つけました。Eチケットでないのが不便だけれど、時間に余裕がある人にはお得です。オンラインで予約し、予約番号とパスポートを持って高鐵の駅(どこでもいい)の切符販売窓口へ行きます。予約の際には乗車する日にちだけ指定するようになっており、窓口で具体的な時間と座席を指定できます(座席指定せず自由席にしても差額は返金されない)。

ウチは台南で予定変更し、台南→台中にも乗ることにしたので、乗車3日前に予約しましたが問題なく買えました。また、乗車日より前にいったん自由席の切符を発行してもらっても(当日の時間が読めなかった)、当日乗車の直前に窓口で指定席に変更してもらえました。

なので、時間が読めない場合でも、前もって自由席切符を発行してもらいに駅まで行く必要はなく、当日乗車時点で座席指定で発行してもらうほうが手間が省けます。

ちょっと面倒なのは紙の切符なので自動改札は通れず、脇の人間がいる改札を通ること。

それと気を付けるべき点は、台南や台中などは、普通列車の駅と高鐵の駅がまったく別の場所にあること。台南では高鐵台南駅で降りてから、普通列車に乗り換えて、台南駅まで25分もかかるんです。

でもまぁ台湾の高鐵は日本の新幹線より安いです(中国本土ほど安くはないけど)。台北→台南は東京→名古屋より少し短いくらいですが、2割引きの指定席の値段が3843円なので元の値段といっても4800円。日本の半額くらい。2割引きの額がその手間に値するか?という考え方もあるでしょう。

では台南でつれあいが一人で出かけた(私が風邪で寝ていた日)に撮った写真で最後にします。ものすごく長い髭が異様ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

 

 

コメント

台湾で一番おいしかった食事とサービス料の基準

2019-02-07 14:04:27 | 2019年1月台湾旅行

一番おいしかったのはこれ(下の写真)。 名前がわからないんですが、韓国料理の鍋の一種です。台南三越の地下フードコートの韓国料理店なので、注文して受け取ったら自分でテーブルに持って行って食べるシステム。でもこの鍋だけは店内カウンターで接客してくれるんです。

付き出し3種類と肉(チキン、牛、豚、羊)を選べる。ご飯もついてる。私はチキン、つれあいは牛(下の写真)で、どちらも柔らかかったですよ

鍋の周りに出汁をどんどん継ぎ足してくれ、スープのように飲む。これがすっごくおいしい 人気なのも大いに納得。お値段は925円でサービス料なし。

台南ランディスホテルに6泊のうち2日間は私は風邪で寝てたこともあり、夕食は毎日お隣の三越で済ませました。日本のラーメン店、うどん店も行ったけれど、これが一番おいしかったですね。

地下のフードコートに加えて、6階がちょっとしたレストラン街になってます。といっても、マクドナルドやラーメン店も入ってる。その中にTGIフライデーズがあり、マクドが長蛇の列だったので、代わりに行ったわけ。

つれあいはここの定番リブアイを注文。日本では税抜き2980円のが、台湾ではサービス料がかかる前の値段が1050(3780円)。やっぱり日本より高いんです。ちなみにこの値段は台北のステーキハウス、ル・ブランとほぼ同じだけど、なんと、こっちのほうが柔らかくておいしかった

私は簡単に野菜スパゲティを頼みましたが、これも340(1225円)に加えてサービス料10%。高い。

不思議なのが自動課金のサービス料10%の仕組み。TGIFではかかるのに、同じフロアのラーメン店はかかりません。このラーメン店はフードコートではなく、1つの店舗であり、お客は席に着くだけで、ウエイトレスがすべて接客してくれるのは、TGIFと何ら変わりません。TGIFのほうが接客がよかったわけでもない。サービス料課金の基準は何なんでしょうね?

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

コメント (2)

台湾のレストランは高い

2019-02-05 13:49:50 | 2019年1月台湾旅行

帰国してから10日以上経つのにまだ風邪が治りきりません(トシかなぁ) そんななか眼科も行ったし・・・・・

さて、台湾では道端の麺類店などで食べるのは200~400円程度と安いですが、レストランは高いです。北投温泉に滞在中は朝食が中華ばかりだったので、外で食べるのはできれば中華以外にしたいとのつれあいの言い分を入れて、タイ料理とステーキハウスを試してみました。どちらもネットで評判がとてもいいレストラン。タイ料理はレモングラスという某モールに入っているお店。看板に鍋コースが1580(5800円),1880(6900円)とあるのは1人分の値段ですよ。これに消費税はかからないものの、10%サービス料が自動的にかかります。

ウチは少食なので880(3200円)のコースにしました。おいしかったのは最初のエビとマンゴーのサラダくらいでしたねー。トムヤムクンは辛さ控えめとお願いしたのに食べられないほどの辛さで、ウエイターがほとんどの人がそうなんですと笑いながら言うほど。サティもチキンにしてはかたいし、豆腐料理は甘すぎ(一般に台湾料理は甘い)。

    

二人でサービス料込み7100円は量を考えたら高すぎないけど、値段の割に満足感なし。タイ料理の並びには日本料理、中華があり、どちらも一人1500(5500円)~2000(7400円)でした(サービス料の前)。

モール内でない、大安区のはずれのちょっとさびれた地域にあるステーキハウス、ナンバー1の評判、ル・ブラン。メニューはステーキとロブスターだけ。満席でした。

ステーキハウスでは私は大抵フィレを頼むんですが、ここはプライムリブアイしかない。付いてくるのはポップオーバー(写真1枚目シュークリームの皮みたい)、スープまたはサラダ。つれあいと私と1つずつにし、スープもサラダもとてもおいしかったのでステーキも期待が高まります。

  

運ばれてきた10oz(380g)のプライムリブアイ。

お勧めの焼き加減はミディアムレアで、これはいけそうと思ったんです・・・が、ちょっとかたいんじゃない? 歯ごたえどころではなく、かなりカミカミしないと喉を通らない フィレじゃないのは分かってるけど、プライムリブといえば一応トップクラスの部位だし、その中でもアイなんでしょう? 純正アンガスビーフともうたってるのに、これぇ? 

しかも結構筋が多く、実際に食べたのは200gくらいで、あとは残しました(だから私は小さくてもフィレがいいの)。 たまたま当たったカットが悪かったのかもしれないけど、つれあいもあまりいい肉じゃないと言いました

何も飲み物はつかないのでグラスワインとコーヒーを足してサービス料込みで、二人で13000円。デザートもなしですよ。高い、と私は思いましたね。

次回は滞在中一番おいしかったお店です。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

 

コメント