夫婦で遊ぶ熟年ライフ

年の差・国際結婚夫婦の長期旅行と静かな暮らし

顔を洗わない

2021-10-25 15:57:35 | 日記・エッセイ・コラム

このところ顔を洗ってません・・・厳密に言うと、ぬるま湯でぴちゃぴちゃ流すだけ、しかも夜だけ。

アレルギー皮膚科の先生が、皮膚炎になっている部分は何も使わないのが一番というんです。私の場合、あご下から首なので、洗顔剤を使うと、どうしても首のほうへ流れてしまうんですよね。

なので、何も使わない、石鹸もだめ。 洗顔剤は液体にしろジェルにしろ粉にしろ、石鹸より余分な材料が入っているので、石鹸が最も刺激が少ない。 その石鹸すら使わない。

慣れるとそれで大丈夫。 私は若いころ化粧品でかぶれて以来、メイクをまったくしないので、お湯だけで汚れは十分落ちるんだそう。 洗顔剤は逆に皮脂を取りすぎるのでよくないと言われました。

ちょっと検索してみると、顔を洗わない美容法がいくつも出てます。ぬるま湯でぴちゃぴちゃどころか、まったく洗わないとか、蒸しタオルで軽く拭くだけとか。 それで肌がモチモチになると書いてる人もいる。

トシとともに皮脂の分泌量が落ちるので、顔だけでなく体もあまり洗わないほうがいいとも出てます。 まぁ何をやっても皮膚が丈夫な人は関係ないでしょうが、乾燥気味とかかゆみがあるとかいう人はお風呂に浸かるだけを試してみるのもいいかも。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

恐る恐る泳いでみる

2021-10-23 16:20:21 | 日記・エッセイ・コラム

顎下から首のアレルギー皮膚炎がやっと落ち着き始めました。どうやらプロトピック軟膏が効いてるようです。

ステロイドのリドメックス軟膏を2週間使い、炎症がなくなってきた時点で、プロトピックに変更。同時に抗ヒスタミンのデザレックスも服用してます。

週1回の水泳は、1か月間水中ウォーキングだけにしてきました。プールの塩素が悪いので、皮膚炎のある首から上はプールに浸けてはいけないんです。

やっと少しだけなら試してもいいと言われたので、プロペト(高純度ワセリン)を塗って保護し、25mを4回だけ(いつもの10分の1以下)泳ぐつもりで出かけました。

でもねー、一旦泳ぎ始めると、もうちょっとだけとなって、12回泳いでしまった どーなるかなー、悪化するかなー

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

石窯焼きピザ

2021-10-21 15:38:12 | 日記・エッセイ・コラム

スグラフィートの外壁があるピザ屋さんは Munchi's Pizzeria (牛窓)です。ピザは石窯焼き。

ピザ屋さんはウチの友達(ポーランド人アーティスト)の友達。牛窓には、よそから移住してきて古い家を改造しお店にしているケースがちらほらあります。ここもその一つで、なかなかいい雰囲気になってる。

ピザは7種類ほどあり、ウチが頼んだのはリコッタチーズのマルゲリータ(左半分)と自家製ベーコンと有機野菜(右半分)のハーフ&ハーフ。 リコッタのほうは生バジルとブラックオリーブが乗っていてとてもいい香り。 おいしかったので、リコッタをもう1枚食べた。

ピザの皮がすっごくモチモチなのに薄くて食べやすい。 石窯焼きのおこげも香ばしい。 

ここから港へは歩いて2分。 かつて「日本のエーゲ海」として売り出した時期もあったそうだけど、この景観ではねー。

エーゲ海にはミコノス島、ティノス島、サントリーニ島、クレタ島と行ったけど、景観の美しい観光向けの港と商業用の港は分かれてるんです。

海から丘へあがると、オリーブ園があり、そこからの景観はきれい。 水際のごちゃごちゃした景観が見えないからね。

この島々の景観はエーゲ海のよりきれいだと思う。 ローマからミコノス島へ飛んだとき、飛行機から見えるエーゲ海の島々に正直ギョッとした。 

島々は、緑ではなく、ごつごつした灰色のはげ山ばかり。 気候が違うんだなぁと思い知らされたわけ。 ただ、日本人の感覚では緑の島々が美しいと思えるんですよ。

安易に海外をまねて「日本の○○」などとやらんでいいの。 そんなのに税金使うより、日本の景観を美しく整えるほうが先決。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

スグラフィート(Sgraffito)

2021-10-19 14:35:01 | 日記・エッセイ・コラム

友達(ポーランド人アーティスト)がピザ屋さんの外壁に絵を描いたというので見に行ってきました。

細部を拡大。

ピザ屋さんが、写真撮るなら隣のコンクリート敷地には一歩も入らないでくださいというんです。隣から苦情があったんだって。

ピザ屋さんの入口。 ピザと古い建物を活用した内部は次回紹介します。

友達はこれまでカラフルな絵だったので、がらりと手法が変わってます。

スグラフィート(Sgraffito)というんだそう:2層の対照的な色からなる漆喰の、表面の湿った層を掻き落として線画を描く壁の装飾技法。

友達の壁画は下地が黒で上地が白。 白の上地をひっかいて黒を出してる。

こういうの、プラハでよく見かけました。プラハのはだまし絵のように立体感を出してるのが多かった。

スグラフィートは壺などにも使われたとのことで、それなら、クレタ島で見たミノア文明の壺もそうじゃないの? 紀元前3000年から紀元前1600年なのに、現代にも勝る高度な装飾技術に驚いたもんです(ココ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

パパイヤの花がやっと咲いた

2021-10-17 15:42:24 | 日記・エッセイ・コラム

ほら! かすかに甘い香りがする。 大きさは5センチくらい。

去年9月に種を植えて、今年7月につぼみがついたものの、全然咲きませんでした。少し膨らんではポロっと落ちるというのを何回か繰り返しただけ。

それが今回のつぼみは大きくなり、ついに咲きました。咲きそうなのがあと2つ。

ただ、パパイヤは雄花と雌花が分かれてるそうで、この3つの花は雄花のように見えるので、実はならないと思います。それに気温が急に下がったし・・・・・

背丈もつれあいの頭をとっくに超え、2m近くになってます。鉢植えでよくここまで大きくなったもんです。

虫が少ない裏庭で、木枯らしも吹き付けないけど、本州では寒くなると枯れてしまうそうです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント