カバ社長の日記 caba note

壁画やオブジェの制作会社ビッグアートの社長日記。「面白くなければ人生じゃない」がモットーの熱い熱いカバ社長の物語です。

会社説明会で伝えたいこと

2011-06-27 22:13:44 | アートの求人
美大や美術・デザイン専門学校の新卒、既卒の方から、求人やインターンの問い合わせが毎年数多くあります。
アートに携わる求人が少ないこと。
中でも、実際に直接手で絵を描くとか造型物をつくる仕事となると極めて会社の数が少ないため、仕事の実態についての情報がほとんどないのが実情です。
まして地方の方にとっては、インターネット情報くらいしかなく、遠い存在なのだろうと察します。

あこがれだけで安易に応募される方も少なくありません。
そのため、ビッグアートでは求人、インターンに関わらず、まずは会社説明会に参加していただいております。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
確かに、
・絵画やデザインの技術や感性が生かせる。
・好きなものづくりができる。
・つくった作品が多くの人々に見られる。
・何年も、何十年も作品がまちに残っていく。
・作品によって店やまちが変わるダイナミックで夢のある仕事である。
などなど、ウォールアートはやりがいと達成感では一般の職業に比べて格別なものがあります。

しかしながら、求められる技術や品質、納期など高度で厳しいものです。
また、高いプロ意識や見識も求められます。
常に、自分を磨き高めるための自己投資が必要です。
つまり、この仕事を続けるには、不退転の強い覚悟と勇気が絶対条件です。

また、業界の現状と課題についてもよく理解しておかないと、目標を誤ってしまいます。

そのため、ビッグアートでは一般の会社説明会と比べ長時間(約6時間)の時間をさいて、社長自らプレゼンを行っています。

主な内容は、
・オリエンテーション・・・・30分
・参加者のポートフォリオ・プレゼン・・・・30分
・春日部市内の施工事例の見学・・・・2時間
・社長プレゼン(業界の現状と課題、今後の新事業について、将来のビジョン、求められる人材像など)・・・・3時間
・質疑応答

仕事の内容よりも、本当に理解していただきたいのは、会社の哲学と将来のビジョン。
つまり「仕事に対する姿勢」と「会社の向かう方向」についてです。

ビッグアートは、同業他社とは全く異なるコンセプトで仕事をしています。
一見同じように見える仕事でも、仕事についての価値観や取り組み方が異なると、全く別な職業と思えるほど変わります。
企業のコンセプトや理念が違うということは、仕事の評価基準が違うということ。
つまり、仕事のルールが違うのです。

誰のために、何のために仕事をするのか。
そのためには、どこに向かうのか。
会社とは、同じ方向を向く同士の集まりです。

私は、このことが仕事選び、会社選びで最も大事なことだと思います。

より高い夢や目標を実現するには、会社はより強烈な個性集団でなければなりません。
社長の価値観や夢に共鳴する人だけに入社してもらいたいのです。

エキサイティングで、熱い熱いビッグアートへようこそ!


ビッグアートの会社説明会に参加したい方はコチラから