カバ社長の日記 caba note

壁画やオブジェの制作会社ビッグアートの社長日記。「面白くなければ人生じゃない」がモットーの熱い熱いカバ社長の物語です。

どんな学校がこの仕事に向いてるの?

2008-08-12 20:57:39 | アートの求人
ビッグアートには、毎年100人以上の学生さんが会社説明会にやって来ます。

どんな学校を出てきた人がこの仕事に一番適しているのだろう、と長年見てきました。
絵を描くことが一番多いので「絵画科」?
立体造形も多いので、「彫刻科」?

ちょっと意外ですが、いずれも違うようです。
最近、美大や専門学校を訪ねて、どんな学科が当社の仕事内容に合うか就職課の方や講師の方と話し合うことがあります。
「ビッグアートさんの仕事内容ですと、デザイン性が強いのでグラフィックデザイン科かイラストレーション科でしょう。絵画系や彫刻系の学生はお客様とのコミュニケーション能力やデザイン能力に欠けるので無理だと思います」という答えがだいたい返ってきます。
私の感想も同じです。

ただ、もう少し広げるとすると、
・工芸科(木工、金工、陶芸など)
・プロダクトデザイン科
・ディスプレイデザイン科
・ファッションデザイン科
・テキスタイルデザイン科
でしょうか。

絵画科や彫刻科の学生は、アーチスト指向が高く、自己中的でお客様の立場に立った考え方が困難で、複眼的な視点も乏しくデザインが不得手な傾向が強いようです。

総じて言うと、デザイン系ということになります。

また、人とのコミュニケーションが好きで、ポジティブで明るい人。
人を楽しませることが好きな人。
打たれ強く、礼儀正しい人。
チームのメンバーとうまく連携したり、協調することができる人。
その意味では体育会系の人は大歓迎です。
特に柔道や剣道などの道系、サッカーやバレーボール、野球などのチームプレイ系ならなおベターです。

もちろんあくまでも傾向であり、いずれも例外は常にあるものですから、あまり深刻になる必要はありません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 集客につながらない看板は、... | トップ | 新入社員教育~掃除篇~ »
最近の画像もっと見る

アートの求人」カテゴリの最新記事