カバ社長の日記 caba note

壁画やオブジェの制作会社ビッグアートの社長日記。「面白くなければ人生じゃない」がモットーの熱い熱いカバ社長の物語です。

自分の夢を、まわりの人に伝えよう!

2018-02-18 09:53:55 | カバ的アングル

自分の夢を言葉にする

あなたに夢はありますか?

それを、紙に書き出していますか?

言葉に出して言えますか?

まわりの誰かに話したことはありますか?

夢は心の中に秘めているだけでは、

なかなか実現できません。

最初から、すごい夢を持っている人なんていません。

夢の大小などはあまり気にする必要はありません。

まだ曖昧でハッキリ決まっていなくてもいいのです。

実現できるかどうかなど、あまり構える必要もありません。

自分の夢をまわりの人に話す

何度も何度も、紙に書いたり人に話していると

自分の腑に落ちるものと落ちないものが出てきて、

少しずつ修正され、明確になってきます。

私は、二十歳頃から夢を語ることが好きで、

身近な友人によく話していました。

大抵は現実性がなく、何度も挫折しました。

でも、人に話すことで頭の中が整理され、

行動に向かいやすくなります。

また、人に話すことで責任感とかプライドに火が付き、

モチベーションが長続きします。

自分の夢をできるだけ具体的に設定する

ただ、夢の内容に具体性がないと幻になってしまい、

行動に移りにくく、自然に消滅してしまします。

いつまでに、どの程度まで達成したいのか、

具体的な数字が入らないと意味がありません。

最初から数字に根拠などありません。

ただ、最初から達成できそうな数字では、

それは夢とはいいません。

目標が100なのか1,000なのかで、

達成する方法も覚悟も異なります。

自分が大きく成長したいとか、

今までの自分を大変革したいと望むのでしたら

簡単には達成できない高い目標でなければなりません。

もちろん最初からトントン拍子に成功するケースは少ないです。

上手くいかないときは、

  • 本当にやりたいことではなかった。
  • 目標設定に問題があった。
  • やり方に問題があった。
  • 自分の姿勢や心構えに問題があった。

など、振り返って検証し修正します。

簡単に諦めてはいけません。

自分の夢に向かっているときにワクワクしているか?

しかし、やる気が全然わいてこないのにだらだらやっても意味がありません。

その基準は、それと取り組んでいるときに、

ワクワクする気分になれるかどうかです。

取り組んでいるときにワクワクしないものは、

そもそも自分に合っていないし、結局長続きしません。

まわりの人に自分のやりたいことや目指していることを語り続けていると、

まわりの人が情報をくれたり、誰かを紹介してくれたりしてくれるようになります。

そのことで、新しい仲間ができたり、気づきがあったり、勇気づけられたりして

少しだけでも夢に近づいた感じが実感するようになります。

そこまで行ったらしめたものです。

だんだん楽しくなり、自然とそこに心も体も向くようになり

結果が出始めます。

そこから先はもう止まりません。

まわりの人から、「変わったね!」とか「目が輝いているよ」

などと言われ始め、自信もついてきます。

まずは、夢を文字や絵にして、

まわりの人に伝えることが夢の出発点です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたは、なぜここにいるの... | トップ |   
最近の画像もっと見る

カバ的アングル」カテゴリの最新記事