カバ社長の日記 caba note

壁画やオブジェの制作会社ビッグアートの社長日記。「面白くなければ人生じゃない」がモットーの熱い熱いカバ社長の物語です。

MHKラジオ体操、そして新人教育

2012-10-29 07:48:29 | バンビーノ!カバの新人教育
ラジオ体操を始めて16日目。
今日は7人。
このところ、最低でも6人、10名を超えることもあります。
皆さんが、身近な人に声をかけてくれているようで、毎回新しい人が一人二人います。

ラジオ体操をただ真面目にやるのもいいですが、私は何でも面白おかしくしないと気がすみません。
そこで、先週アイデア会議をして「MHKラジオ体操」と正式に名称を決めました。
そう「NHK」ではなく「MHK」です。
実は、「メッチャ本気倶楽部」の略です。

たかがラジオ体操、されどラジオ体操。
ラジオ体操を徹底的に楽しみ、将来どんどん進化させていくことを社内で宣言しました。
そして、ルーキーの中島君をそのリーダーにしました。
まずは、ポスターを作りました。
それがこれです。
イラストは、中島君の作品です。



ちょっとパロってみました。

当面の目標も立てました。
来年の4月には100人突破。
発火点は30人が目安で、年内には達成したいです。
目標を立てたら、それを達成するために何をすべきかが見えてきます。
まずは、ポスター。
A3ポスターを春日部東口の店舗20カ所に掲示します。

次に、熱心な参加者には周囲の人への声かけをお願いします。

次は、プラカードを制作し、毎朝、会場入口に設置します。

マスコットキャラクターもデザインし、立体マスコットに!
メッチャ本気倶楽部の専門サイトの立ち上げ、テーマソングやアニメーションも入れて楽しく演出。
できれば、着ぐるみまで制作しようと思います。

たかがラジオ体操を、徹底的に面白くするために真剣にに本気で取り組むこと。
そこには、必ず奇跡が起きます。
そのことを、ゼロから始めて形にしていくこと。
新入社員に自信をつけさせるには、これが一番だと思います。

62歳の私と22歳の新入社員の世代を超えた二人が始めたプロジェクトが、どう発展していくか楽しみです。

私は、ラジオ体操をただのラジオ体操に終わらせずに、様々な発展形を考えています。
まずは、高齢者の社交の場として、友達づくり、同好会の募集などに活用してもらう。
朝食弁当を持ち寄ったり、移動カフェによる朝食パーティ。
人数がもっと増えたら、もぎたて市や手づくり市などの朝市も考えられます。

後は、実行あるのみ。
それと、最後の最後まであきらめないこと。

事業立ち上げのノウハウを実体験で学べる、二人だけの早朝ビジネスセミナーの開講です!

身近なライバルを持とう!

2009-04-30 19:58:41 | バンビーノ!カバの新人教育
世界で1位と2位、日本で1位と2位が兄弟姉妹であったりすることがよくありますよね。

マラソンの宋兄弟。
スキージャンプの原田兄弟。
レスリングの伊調姉妹。
ボクシングの亀田3兄弟や江藤3兄弟。
ゴルフの尾崎兄弟や宮里3兄弟。
ファッションデザイナーのコシノジュンコ、コシノヒロコ、コシノミチコの3姉妹と母の小篠綾子。

兄弟以外にも、同郷出身であったり、同じ会社から独立した人などもよく聞きます。
まるっきり知らない人がすごくてもピンと来ませんが、身近な人がすごいと「アイツには負けるわけにはいかない」と闘争本能が湧いてきます。

私もその意味では宿敵のライバルが身近に何人かいます。
高校時代の同級生。
親しい同業者や取引先。

社内や出身学校の同級生などでライバルになると燃えます。
自分を燃やし、プレシャーをかけて成長する。
お互いがいい刺激をし合い、切磋琢磨する関係。
よく探せば必ず近くにいるものです。
しかも、「自分でコイツには絶対負けないゾ」と勝手に決めればいいのです。
それだけで、闘志が湧いてやる気満々になり、明日からの行動に変化が出てきます。
早速やってみましょう!

新入社員教育は社長の仕事

2009-03-22 23:36:03 | バンビーノ!カバの新人教育
社員を育てるのは、社長の一番の仕事です。
中でも新入社員を育てるのは夢があって、手応えも大きくて一番楽しいです。
特に入社して3ヶ月から1年は、音を立てて成長していきます。
逆にあきらめてしまう人も3ヶ月から半年位が多いようです。

どんな職についても、学生時代とは環境が180度大きく違うので、最初の半年から1年間はちょっとしんどいのは当たり前です。
マラソンで言えば、最初の10キロ地点が一つの大きな山場というか試練ですよね。
当の本人は、一杯一杯で崖っぷちに立っているようなもの。
ちょっとしたことがキッカケであきらめてしまったり、逆に目覚めたように変身したりします。
新入社員がやる気になったら、社内の雰囲気も急に盛り上がり活気が出てきます。
その意味では、社長の責任は重大です。
手間をかけたらかけただけ反応があるし、短期間でたくましく育て行くのでやりがいがあります。

この前ある偉い人が、「人は育てるものではなく、育つものだ」と言っていました。
なるほど。
その人が育つ土壌さえ提供してあげれば、勝手に育つのかも知れません。
そんな感じもします。

新入社員と同じ目線に立って、自分も一緒に成長していく感じが毎日すごく楽しいです。


新入社員教育~掃除篇~

2008-09-08 12:53:33 | バンビーノ!カバの新人教育
当社では、「掃除」と「整理整頓」を一番うるさく言います。
すべての仕事の基本だからです。

掃除と整理整頓で、その人の性格や仕事への姿勢が手に取るようにわかります。

・きれいな所(やる必要のない所)だけ掃除する人。
・見える所だけ掃除する人。
・大ざっぱであちこちにやり残しがある人。
・隅から隅まで念入りに掃除する人。

これは、仕事にもはっきりと反映されます。
はっきり言って、きちんと掃除のできない人は、仕事でも使えません。
そんな人は、何年やってもあまり成長が期待できません。

また、掃除の程度が人によってまちまちです。
それは、自分の仕事に求めるレベル(追求心の程度)の違いがはっきりと現れます。

実は、掃除には、職場をきれいにするという事の他に、もっと大きな意義があるのです。
落ちているものを見て、いろんなことがわかります。
ゴミの中に、大事な道具や部品、材料などが混ざっていることがあります。
これは、社員の中に大切な道具を粗末にしている人がいるという赤信号です。
タバコの吸い殻が混じっていたら、マナーの悪い人、火事の危険性に気付きます。
社員たちの捨てたものではない空き缶や食べかすがあったら、外部の人のいたずらでしょう。

掃除を通して、見てなかった一日のさまざまな出来事が想像されます。
ですから、ただ機械的に掃除をするだけでなく、「何でこんなものがここに落ちているのだろう」と問題意識を持つことが、いろんな問題の解決やトラブルの予防につながるのです。

そして、このように日常の中に問題意識を持つことが、仕事の改善や技術力のアップ、市場開拓、新しいビジネスの発想・・・・等々、会社のそして何よりも本人の成長・発展につながるのです。

結論。
掃除をバカにする人は、使えない人です。




キミはまるでストップモーション

2007-06-04 23:29:38 | バンビーノ!カバの新人教育
新人の動きって、先輩社員からはスローモーションに見えるようです。
私から先輩社員の動きを見てもスローモーション。
ですから、新人社員の動きは正にストップモーションです。
たぶん外部の人から見たら、アルバイトにしか見えないんでしょうね。
まあ、あまり気にしないで。
誰でも最初はそうなんですから。
でもどうすれば機敏にスマートに仕事できるか、研究しましょう。

仕事が遅いといっても、いくつかのパターンがあります。
・とりかかるまで時間がかかる。
・おっかなびっくりで、逃げ腰になっている。
・動作が鈍い。
・考え込んで、手が止まっていることが多い。
・頭の回転が遅い。
・事前の計画や段取りが悪い。
・仕事と仕事の間に連続性がなく、ブツ切れになってしまう。
・作業手順が悪い。

それにはいくつか原因があります。
・仕事の内容(目的)を理解していない。
・やり方がわからない。または、自信がない。
・仕事と仕事の間の因果関係がわからない。
・先が読めない。
・作業の順序や優先順位がわからない。

原因がわからないまま、焦ったり落ち込んだりしないことです。
原因を考えてみましょう。
原因がわかればどんなことでも、もう怖くはありません。
時間をかけて努力すれば、克服するのは時間の問題です。