牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大分宝来軒 (高田馬場)

2006年03月31日 | 食べ歩き (早稲田・高田馬場)
高田馬場からの帰り道、早稲田松竹の向かいにできた「大分宝来軒」に寄りました。
道路に面した看板に「日本一のトンコツらーめん」と誇らしげに書いてあり、店舗の2階から1階にかけて掲げてある木製の巨大な表札には「とんこつ醤油らーめん」と書いてあるので、妙に目立つ店だと以前から気になっていました。

メニューはベーシックな600円の「大分ラーメン」をベースに各種のトッピング。人気は780円の「キャベツと肉のせ」や950円の「肉玉明太子ラーメン」とのことですが、まずは基本の大分ラーメンを注文しました。
メニューを見ると、トンコツラーメンのお約束である150円の替え玉の他に、50円でスープ足しもしてもらえるとのこと。
また、17時以降はコロッケやメンマの炒めものなどの、おつまみメニューも充実しているようです。

出てきたラーメンは、麺はとことん細く、スープは濃厚かつクリーミー。多くのトンコツラーメン店が東京風にアレンジされているのに対し、まさに本場のトンコツラーメンといった風情です。
話しによれば、九州大分を拠点に展開する人気店が東京に進出したとのこと。

スープが半分くらいいなったところで、カウンターに置かれた辛し高菜を大量に投入したのですが、辛味と少し甘めの濃厚なスープが絶妙にマッチして、至福の味を楽しめました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« MINATOYA/そば処港屋 (愛宕) | トップ | つけ麺屋 ひまわり (高田馬場) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (CIAOBRAVO)
2006-03-31 17:11:22
一応、福岡生まれな私なのです。

東京のトンコツにはちょっと辟易しちゃうんですよ。

期待してます。ここ。
Unknown (kotaro)
2006-04-01 00:59:26
最近、久々に食べた濃いトンコツでした。

クセになりそう。

コメントを投稿

食べ歩き (早稲田・高田馬場)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事