牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MINATOYA/そば処港屋 (愛宕)

2006年03月30日 | 食べ歩き (その他)
神谷町での打合せの後、お昼に何を食べようかと考えたところ、「とても美味しいがボリュームがありすぎて食べきれない、有名な立ち食いそば屋がある」とその付近に勤務する家族の話を思い出しました。

お昼のピークは過ぎていましたが、立ち食いそば屋であれば空いているだろうと、記憶を頼りに噂の店を訪ねてみることにしました。
桜田通りから愛宕トンネルを抜け、道路の両脇の七分咲きの桜を楽しみながら慈恵医大の前を皇居方面へ。それらしい店はないかと探したところ、愛宕一丁目の信号の角に見慣れない黒い漆喰のモダンな店がありました。

今から20数年前の高校生の頃、基礎トレーニングのために毎日のように皇居の周りを走ったのですが、信号が赤になると少し休憩できるので楽しみにしていたポイントでした。昔はパン屋だったようなおぼろげな記憶がよみがえってきました。

小さな入口を入るとまず目に飛び込んでくるのが、黒御影石張りの大きなカウンターテーブル。中央に涼しげに水が張られ、周囲が立ち食いそばのカウンターになっています。店の奥がオープンキッチン?になっており、そこでそばを受け取る仕組みになっています。
先に並んだ人に倣い「冷たい肉そば」を注文。セルフサービスの冷茶を用意し調理の手順を見ていると、つけ汁をいれた器に、勢いよくラー油と思われるオレンジの液体をたっぷりと注入。その後、通常の2倍以上はあろうかと思われる量の茹で上げられたそばをざるで冷水で締め、大き目の丼に豪快に盛り付け、甘辛く煮た肉片、ゴマ、刻みのりをこれでもかと載せていきます。

あっけにとられつつ、こぼさないように自分の場所にそばを運び、周りの人の作法に従って注意深く食べ始めました。こぼさないように薬味とそばをつけ汁に浸しひと口食べると、初めて経験する味にびっくりしました。
甘辛いつけ汁と肉片、歯ごたえのあるそば、香ばしいゴマや刻みのりのマッチングで、いやがおうにも箸に加速度がつきました。

そばというよりは、つけ麺に近いものがあるでしょう。
つけ麺で言えば中盛りに近いボリュームだと思われましたが、あっという間に食べきってしまいました。

この味とこのボリュームで850円。立ち食い蕎麦に850円は高いようにも感じますが、新たなジャンルの創作そばと考えれば、十二分に納得できるバリューを感じました。

いつの日か、全メニューを制覇してみたい気がします。

コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« アサヒ プレミアム生ビール 熟撰 | トップ | 大分宝来軒 (高田馬場) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB (/m)
2006-03-30 04:36:30
こんにちは。



港屋、けっこう不思議でおいしいですよね。

外食における経験を形式知化する(?)Tabelog活動していますので、TB打たせていただきました。



./m
港屋! (む~とん♪)
2006-03-30 15:12:41
ここは本当に不思議なお店です。

邪道だともいえるような食べ方ですが、美味しいですよね!



暖かい鶏そばもおいしいということです。

次回行った時に食べてみたいのですが・・・また肉そばにしちゃいそうです(笑)
Unknown (nonch)
2006-03-30 15:45:57
私も感動したくちですよ~
トラバさせていただきました★ (正衛門)
2006-04-12 00:18:55
こんばんは★トラバさせて頂きました。

よろしければ当方のブログに遊びにきてくださいね★

コメントを投稿

食べ歩き (その他)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

肉そばはかつてなかった新ジャンルのそばかも... (人はパンのみにて生くるにあらず...  )
愛宕神社の傍、慈恵病院へ向かう角のところに建つ 真っ黒な要塞みたいな建物。 どう見ても蕎麦屋には見えない。っていうか、どう考えても蕎麦屋ではないと思う。 カテゴリとしては、ラーメンやつけ麺の仲...
港屋@西新橋 「肉そば」 (そんなに食うなら走らんと)
昨日のお昼のことになりますが,コチラのお店に行ってきました. 今日は「ラーメン」ではなく「日本そば」だったり. ぼぶさんの記事が気になってしまって,脳裏から離れなくなってしまったので. 路麺を食べ歩かない私は,恥ずかしながらこのお店を知りませんでしたが, そ
そば処港屋の鶏そばと肉そば@東京・西新橋 (己【おれ】)
ぶらりと自転車を走らす。 いけないとはいえ、車道を我が物顔して走るのが好きなおれ。 この日も田舎の族ばりにパラリラパラリラ♪と今にも鳴らしてしまいそうな面持ちと速度で走っていた。 東京都港区。世間からは大都会と思われがちだが、港区の全てが大都会ではない。
港屋@愛宕 (なつきの日記風(ぽいもの))
「噂に違わぬ」「想像以上」のお店。「エライもんに出会っちゃったな」てな気分で店を後にしました。事前情報を得ていながらも相当な衝撃を受けました。 兄に話を聞き、出入しているあちこちのblogで情報を観、検索するほどにあちこちから報告が飛び込んでくる ...
そば処港屋 (二郎中毒)
温かい鶏ソバ