牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旭川らあめん こもり (高田馬場)

2007年08月31日 | 食べ歩き (早稲田・高田馬場)
高田馬場の明治通り沿いにある「旭川らあめん こもり」に行きました。

この春に開店したはずなのですが、通りの向かい側にある「北狼」に行く度に様子を伺うのですが、タイミングが悪いのか開いているのを見たことがありませんでした。四谷しんみち通りにある本店には何度も行ったことがあるのですが、高田馬場のこの店は初めてです。

券売機でメニューを確認すると、基本の正油、塩、味噌の他に新作のカレーらあめんがありました。こもりであれば基本の正油を頼むべきところかもしれませんが、暑くてスパイシーなものを身体が求めるのか、思わずカレーを頼んでしまいました。

札幌ラーメンによくある、スープをひき肉と一緒に中華なべで炒めてコクを出す手法で、手際よく調理され、数分でできあがりました。濃厚でややこってりしたアジの丸干しのスープがカレーのスパイスとよく合い、コシのある細めのちぢれ麺にからんでとても美味しかったです。

シャキシャキ感が残る程度にさっとゆでたキャベツは、ほんのり甘みがあり、豚ロースの薄切り肉とともに、全体にバランスがとれた一品だと思います。

ふとまわりを見渡すと、どこかで見たような雰囲気でした。以前この地にあった「かれー麺 実之和」の内装をほとんど居抜きで使ったのでしょうか。

かつてのお気に入りだったかれー麺の店で、カレーらあめんを食べるのは、何となく懐かしい感じがしました。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 雑貨とカフェ Cross Over/ク... | トップ | 方来亭 (若松河田) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

食べ歩き (早稲田・高田馬場)」カテゴリの最新記事