チョー楽しいメンタルフローな組織創り

元気とハイパフォーマンスが両立した組織創りのお手伝い、ストレスチェック、フロー、社員研修、アドラー心理学などを中心に投稿

『成長ホルモンの分泌を意識して生活する!Ver1.02』

2020年08月15日 | 脳科学

   
参考文献:樺沢紫苑 著「神・時間術」 木村泰子 著「美しい脳図鑑」 
     西野精治 著「スタンフォード式最高の睡眠」      ※画像にリンクを貼っています!


『成長ホルモンの分泌を意識して生活する!』

僕は、4時間睡眠でも眠くて辛いなんてっことはないんだけれど、

10年くらいこの生活を続けてきて、言えるのは、間違いなく、

老化、体を傷つけて来たんだなーという結果が、体に出始めていること、

集中力が持続する時間が、段々短くなってきて、

頭がぼーっとしている時間が多くなり、アイデアが浮かばなくなったり、

作業が非常に遅くなったり、弊害が多くなってきている。

睡眠負債は溜まってしまったが、残りの人生を使い切るためにも、

睡眠時間は一日6時間以上取ると決める!、

さらに、成長ホルモンを始めとして、ホルモンの分泌状態を常に意識して

生きることを習慣づける!


      
参考書籍:梶本 修身著「すべての疲労は脳が原因、2、3」      画像にリンクを貼っています!


ここで、ホルモンと、睡眠、披露、集中などの分野で、3冊ほど本を紹介すると、

疲労研究の専門家、梶本 修身先生の著書、『すべての疲労は脳が原因』

アウトプットブームの火付け役、精神科医、樺沢 紫苑先生の『神・時間術』

睡眠関連の代表的なベストセラー、スタンフォード大学医学部教授、西野 精治先生の著書

『スタンフォード式 最高の睡眠』

3人共、ドクターで、それぞれの分野の専門家だが、

多少意見に違いがあったりするところも、面白い!

1つ紹介すると、運動についてだが、

樺沢先生は、脳のゴールデンタイムを、午後以降に創るために、

運動を推奨している。

もちろん脳を活性化することに違いはないのだが、

梶本先生は、別の視点でこんなふうに、書いている、

『体の疲労を感じている時は、自律神経が疲れている、運動をすることで

疲労を回復できるというが、運動をすると、さらに自律神経を疲れさせてしまい、

疲労の改善にはつながらない!』



僕は実際に行動してみて、自分の身で感じたことから、

こんなふうにとらえている、長期的には、運動が脳の細胞を活性化して、

うつ病や、認知症の予防、パフォーマンスのアップに繋がることは間違いないが、

体に『疲労感が出ている』ときは、鶏の胸肉を美味しく調理して食し、

上質で、十分な睡眠を取ることが必要。

少し眠くなる、飽きたなーと感じたり、少し集中力が落ちたり、作業の効率が低くなったら、

仮眠を取るか、軽い運動、体操、深呼吸、などをして休養を取ることが
大切であると。



勝間和代の、成長ホルモンを運動と睡眠でもっと分泌させることが、最強のアンチエイジングです。


==============================================

【チョー楽しいメンタルフローな組織創り】
元気とハイパフォーマンスの両立した組織創りのお手伝い

 『起業家マインドを持った優秀な右腕社員を育てることで
  社長のビジョン達成を加速する!』

【 右腕創りコンサルタント 】

コンサルティンググループ 大分メンタルフロー研究所 匠

      代表  石川 保幸

 連絡先 : 携帯電話 090-1366-4882
Email      : mflowrabo@gmail.com

ブログ  【チョー楽しいメンタルフローな組織創り】

      http://blog.goo.ne.jp/c3421yxy

==============================================

   

ブログランキングに参加しています、下のバナーを『ぽちっと』クリックしていただけると助かります!(^_-)-☆ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 


脳科学ランキング


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『声という楽器を使って言葉... | トップ | 『常識の外側を生きることを... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

脳科学」カテゴリの最新記事