中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪が高くなるいろいろな原因

2018-07-31 20:14:54 | 中性脂肪

中性脂肪が高くなるいろいろな原因

中性脂肪は、上に挙げたような食事、アルコールの摂取の仕方以外にも、次のような原因で高くなります。

当てはまる人は改善していきましょう。


中性脂肪が高い人の行動パターン肉の脂身が好きで、とんかつや焼き肉をよく食べる
アルコールを頻繁に飲む。

特に酔っぱらうまで飲んでしまう
お腹がいっぱいになるまで食べる
甘い飲み物をよく飲む
おやつをよく食べる、寝る前にアイスを食べるなど間食がやめられない
夕食の時間が決まっていない、または21時以降の深夜になってしまうことが多い
お腹が出てきた
野菜を1日に350g食べられない
ファストフードやコンビニでおにぎり、お弁当、ハンバーガー、菓子パンを買うことが多い
通勤や買い物といった日常的な外出以外で運動をする習慣が特にない
料理が面倒で、ついつい外食で済ませてしまう





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



しそ酢ダイエットと運動について

ダイエットを補助するドリンクとしてしそ酢があります。

しそ酢ダイエットは、しそ酢単品で脂肪が燃えるわけではないことに注意しましょう。

ダイエットを成功させるには、しそ酢を飲むだけであとは何をしてもいいということにはなりません。

ダイエットの基本は運動によって脂肪を燃焼させることです。

しそ酢ダイエットには、食事改善だけでなく運動の習慣をつけることも重要です。

ダイエットに適した運動とはどの程度のものでしょうか。

運動慣れしていない人が急にきつい運動をしても辛いばかりですから、まず30分ほどの有酸素運動をしてみましょう。

脂肪は運動開始後から20分・・・つづく
コメント

中性脂肪が増える仕組み

2018-07-31 17:52:15 | 中性脂肪

中性脂肪が増える仕組み

生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。

それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。

ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。

炭水化物(糖質)
炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。

ブドウ糖が余るとグリコーゲンとなって、肝臓などに蓄えられて中性脂肪に変化します。

タンパク質
タンパク質は、直接中性脂肪に変化するわけではなく、一旦アミノ酸に分解されます。

このアミノ酸がグルコース(糖質)となり、それが肝臓で中性脂肪となります。

脂質
脂質は、いわゆる油です。

質は、遊離脂肪酸とグリセロール(グリセリン)に分解されて吸収されます。

このグリセロールが中性脂肪となります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



イライラの原因とサプリメント

サプリメントで、イライラの原因は解消できるのでしょうか。

今世の中の多くの人が抱えているのがストレスからくるイライラした気分です。

そのイライラの原因は千差万別です。

いろいろとイライラの原因はありますが、栄養不足や、睡眠不足、過労、日常生活での様々なストレスが要因ということが多いでしょう。

日々の精神的ストレスや更年期などの加齢や病気などが要因のイライラもあるかもしれません。

食生活の改善は、栄養不足の人に最も重要なのものです。

必要な栄養をサプリメントで補うのが、毎日の食事のバランスを考えるのが困難な場合は最も手軽で効率的だといえます。

カルシ・・・つづく
コメント

中性脂肪の値が高い場合の病気

2018-07-31 15:19:23 | 中性脂肪

中性脂肪の値が高い場合の病気

中性脂肪値が高い場合に引き起こされる病気は、大きく2つの系統に分かれます。

①動脈硬化とそれによる病気
中性脂肪による動脈硬化中性脂肪値が高い場合は、まずは「脂質異常症」と診断されます。

脂質異常症になると、LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。

そして、この動脈硬化が様々な重大な病気につながっていくことになります。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など血管が細くなることによって引き起こされる病気にかかりやすくなります。

②脂肪肝
もう一つの系統は、肝臓への中性脂肪の蓄積による脂肪肝です。


中性脂肪が脂肪肝を生じさせる理由と対策

脂肪肝は、肝臓が、いわゆるフォアグラ状態になることですが、これにより肝臓の機能の低下を招きますので、肝硬変、肝臓がんにつながる可能性が出てきます。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



男のダイエットと女のダイエットの違い

男性もダイエットに関心を持つ人が、最近では増えています。

ダイエットの話は女性だけのものであると思いがちですが違うようです。

厚生労働省の報告では、女性の肥満は40代で約2割です。

5人のうち1人ということになります。

しかし、男性は3割も肥満がいるといいます。

つまり、女性より男性の肥満率が高くなっています。

それだけでなく、男性の肥満率は上昇しており、女性の肥満率は数十年で減少し続けていると言われています。

ダイエットに関しては女性よりも男性のほうが必要とされていると言えます。

男性の場合、中高年になりますと中年太りの体型・・・つづく
コメント

中性脂肪だけ低いが悪玉コレステロールは高い。

2018-07-31 12:50:54 | 中性脂肪

中性脂肪だけ低いが悪玉コレステロールは高い。

どうしたらいい?
→痩せ型の人に多いです。

対策が必要です。

 

脂肪の貯えが少なくても、血管壁に悪玉コレステロールがへばりつきやすい体質の人がいます。

コレステロールを下げる食物繊維や、動脈硬化を防ぐポリフェノールなどを積極的に摂って動脈硬化を防ぎましょう。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



肥満防止の栄養素とは?

あなたは肥満を防止する為にどんな事に気を配っていますか?

「もちろん、ひたすら食べるのをガマンよ!」

「一生懸命運動しているわ。」

さてこれらのご意見をどう思いますか?

食べるのをガマンは、太りやすくなる!ってことを懸命な読者の皆様であれば

ご存知ですね。

これは読者の皆様も賛成ではないでしょう。

では、「一生懸命運動している」はどうでしょうか?

一生懸命運動は素晴らしいのですが、運動しているから大丈夫!って油断して消費分以上に食べてしまうって事はないですか?

例えば

「今日は沢山、運動したわ~だからケーキとジュース・・・つづく
コメント

中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える

2018-07-31 10:13:36 | 中性脂肪

中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える

飲酒よく「飲酒が中性脂肪の原因だ」と言われますが、アルコール自体は、中性脂肪にはなりません。

肝臓で分解されるアルコールは、肝臓がアルコール分解を優先するために、肝臓の脂肪酸を分解する力を奪ってしまいます。

それに伴い、中性脂肪の前身である脂肪酸の蓄積が起こるという流れです。

脂肪酸の蓄積が起こるのと同時に、脂肪酸から中性脂肪の合成を促進する酵素が働きだすので、中性脂肪の合成が促進してしい、結果的に、アルコールの摂取、飲酒で中性脂肪が増えるということになります。

これが、禁酒・節酒が中性脂肪を減らす対策の一つとなる理由です。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



ダイエットに成功する食事

ダイエットに成功する食事のためには、自分の食習慣を知る事が大切です。

自分が日々食べた食事内容を書き出してみましょう。

大体自分が食べた食事くらい分かっていると思うかもしれませんが、意外なウィークポイントが書き出してみるとわかるかもしれませんね。

レコーディングダイエットといって話題になったものがこれです。

無駄に食べていた間食を、食習慣を客観的に観察し減らす様に心がけるだけで、ダイエットの効果があるという方法なのです。

食習慣を改善するだけで見事にダイエットに成功する可能性があります。

食事方法の中でもダイエットの成功に結びつかないものの1つはストレスです。・・・つづく
コメント