中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

心筋梗塞は血中脂質の中性脂肪で

2018-05-19 15:13:40 | 中性脂肪

心筋梗塞

心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行し、血管内のプラーク脂肪などの、固まりが破れて血栓ができてしまうことです。

血中脂質の中性脂肪が150mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下で、血圧は最高血圧が140/最低血圧90以上であるかで動脈硬化のリスクが高くなります。

心筋梗塞の検査では、心電図、血液検査、心筋逸脱酵素で調べます。

心電図のST上昇や数時間後の異常なQ波の出現や、数日後の深い冠性T波の出現でその病名が付きます。


1964_69心筋梗塞の症状は、胸の痛みや呼吸困難、冷や汗、肩や背中の痛み、吐き気等が現れます。

病状を改善するには、まず動脈硬化を予防し、血圧、肥満、酒、タバコなどを控え、ストレスをためないようにします。

食事などの生活習慣を改善することが必要です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



セラミドサプリメントと美肌効果

サプリメントでセラミドを補給する人は多いようですが、セラミドとは角質の細胞と細胞の間に存在し、肌に潤いと弾力を与えるという物質です。

肌の角質層は非常にデリケートなので、洗顔後にタオルでこすっただけでも剥がれ落ちてしまうほどです。

顔の汚れを洗い流した後は、タオルで水気を吸い取るように拭います。

角質が取れても皮膚の新陳代謝機能が新たな角質を修復してくれますが、準備が十分でないままに角質を作ると、完璧な角質にはならないといいます。

セラミドをサプリメントで取り入れ続けたとしても、角質層のケアに問題があっては美肌になるものもならなくなってしまいます。

セラミドは角質層に存在し・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 妊娠中の適度な運動は、中性... | トップ | 脳梗塞とは、動脈硬化の進行... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事