中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症

2018-08-12 14:31:00 | 中性脂肪

中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症

中性脂肪は、生命維持活動に必要な細胞や血管を構築するための栄養素になりますので、少なすぎても問題になります。

偏頭痛や目まいなどが起こる場合もありますが、通常、基準値以下でも普通の生活している場合であれば、問題ありません。

ただし、ホルモンのバランスが崩れる甲状腺機能亢進症という病気になっている場合や、肝臓の病気になっている場合もありますので、その辺りは注意が必要です。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



目尻のしわのケアと予防

目尻のしわのケアと予防についてご紹介します。

目元は筋肉が最も激しく収縮する場所のひとつです。

顔の中でも特に目は繊細な部位で、保湿が足りなくなったり乾燥することが起きやすい場所です。

目のまわりの筋肉は、表情の変化に伴ってよく動きます。

そのため、俗にカラスの足跡といわれるしわやちりめんじわがついたまま消えなくなるのです。

化粧水や保湿ジェルなどで、しわが気になる目尻にたっぷりと潤いを与えることで肌の弾性が蘇り、しわが目立たなくなります。

目尻にマッサージを施すことによって代謝を高め、新しい肌ができやすい皮膚にすることで乾燥を防いだり、化粧水や美容液で水分を補うとい・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アルコール量を減らす | トップ | 中性脂肪、別名「トリグリセ... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事