中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪が増える仕組み

2018-09-15 17:31:19 | 中性脂肪

中性脂肪が増える仕組み

生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。

それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。

ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。

炭水化物(糖質)
炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。

ブドウ糖が余るとグリコーゲンとなって、肝臓などに蓄えられて中性脂肪に変化します。

タンパク質
タンパク質は、直接中性脂肪に変化するわけではなく、一旦アミノ酸に分解されます。

このアミノ酸がグルコース(糖質)となり、それが肝臓で中性脂肪となります。

脂質
脂質は、いわゆる油です。

質は、遊離脂肪酸とグリセロール(グリセリン)に分解されて吸収されます。

このグリセロールが中性脂肪となります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



絶対に痩せる無理のないダイエット方法

代謝効率のいい体質になることが、絶対に痩せる方法を考える上ではおろそかにはできません。

ゆるめの湯にゆっくりと浸かる半身浴で、汗の多く出る体質になりたいものです。

代謝を高めるために、半身浴での血行改善やデトックスが役に立つからです。

こまめに少しずつ水分を取り入れること、半身浴をすることで体内の水分の出入りを盛んにすることで、むくみの改善効果も期待できるでしょう。

老廃物の排出が促進されて疲れも溜まりにくくなり、便秘や腰痛にもいい効果があるようです。

水分を忘れずに補充すること、半身浴の習慣をつけることで、ダイエット効果の高い体質への改善が期待できます。・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 食事は腹8分目まで | トップ | 妊娠中は中性脂肪が上がりす... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事