中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症

2018-07-13 17:40:24 | 中性脂肪

中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症

脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。

高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。

このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。

中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。

脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足や脂肪分の多い食事、喫煙、アルコールの過剰摂取などによって起こります。

しかも自覚症状がないまま状態が悪化し、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

病状を改善するためには、食生活の改善が求められます。

カロリーコントロールをし、脂肪分や糖質などを摂り過ぎないよう留意します。

その上で、ビタミンや食物繊維、ミネラルを多く摂ることが必要です。

さらにウォーキングや水中歩行などの適度な有酸素運動を継続し、脂質の代謝を促すのも効果的です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



縄跳びすれば貴方も美ボディ!

小学生時代には体育の授業に「縄跳び」は必ずありましたよね?成人された皆さん、縄跳びに触れたのはいつが最後でしたでしょうか?思い出すにも時間がかかるくらいに、はるか昔の記憶ではないでしょうか?健康維持のために縄跳びを選択される方も少ないと思います。

ダイエットのために縄跳びを選択されるのは10代までではないでしょうか?20代を超えてからのダイエットの選択としては、ジョギングなどのポピュラーな有酸素運動や単純な食事制限に走りがちですよね?どのようなダイエット方法でも正しい意識で行っているのであれば問題ないです。

有意義なダイエット生活を送っていらっしゃるならばそれで良のです。

しかし、ダイエットはたくさんの方法・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中性脂肪(TG)値が高い場合... | トップ | 動脈硬化が引き起こす狭心症 »

中性脂肪」カテゴリの最新記事