中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ

2018-07-14 21:30:15 | 中性脂肪

ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ

基礎代謝を上げるためにおすすめの無酸素運動に、ダンベル運動があります。

ダンベル運動の目的は、筋肉量のアップです。

筋肉量がアップすれば、その筋肉を動かすために体のエネルギーを使います。

ですので、基礎代謝量がアップするわけです。

最初は無理してはいけません。

女性は0.5キログラムから1.0キログラムのダンベルを使いましょう。

男性は1.5キログラブから2.0キログラムで問題ありません。

慣れてきたら多少重さを増やすと、効果がどんどん大きくなります。

ダンベル体操での基礎代謝量のアップですが、いままで使っていなかった筋肉を鍛えることにもなりますので、かなりの数字になります。

ダンベルを使って、スクワットなどをすると脚の筋肉もつきますので、1日当たり、100キロカロリーや200キロカロリーほど代謝量がアップすることもあります。

個人差がありますが、誰でも筋肉が付きますし、ダンベル運動は40代や50代、それ以降の方にも効果が表れやすい基礎代謝量のアップ方法です。

毎日続けるための方法ですが、運動のパターンを変えましょう。

今日は腕、今日は脚、といったように、ダンベルによって鍛える部位を変えるわけです。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



セルライトを消滅させよう!

女性の敵、「セルライト」をご存知でしょうか?セルライトという言葉を皆さんは聞いたことがあるかと思いますが、皆さんの二の腕やお腹、そしてお尻や太ももに…憎きセルライトがボコボコ出てしまっていませんか?私はダイエットがそれなりに成功したと油断していた時に、脂肪の厚みが多い部位を「ぐっ」と掴んでみると、大きなグレープフルーツの皮の表面のように、肌の下で何やら大小さまざまな固まりがボコボコと存在感を出していました。

初めてセルライトを意識した時です。

まだ見た目的には何も無いように見えるので大したことないと安心していると、あっという間に掴まない状態でも常にボコボコと見えてしまう大きなセルライトへと成長してしまうので要注意ですよ。・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 妊娠で増えた中性脂肪 | トップ | 中性脂肪(TG)値が低い場合... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事