中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝

2018-05-18 12:38:19 | 中性脂肪

具体的食事方法
一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝は、20歳をピークに徐々に下がっていきます。

普段食べ過ぎてなくても、若い頃を同じボリュームの食事を取り続ければ、体重が増え、中性脂肪の値も高くなります。

食事メニューは和食中心に
和食は栄養バランスの取れた理想的な食事と言われています。

洋風のおかずは、脂質が多く、その分カロリーも高くなります。

脂っこい食べ物や揚げ物などは、たまに楽しむ程度にして、普段の食事は主菜、副菜のそろった和食メニューを食べるようにしましょう。

腹8分目を心がける
食事を食べ始めてから、脳が満腹感を感じるまで、20分かかると言われています。

食事はよく噛んで、ゆっくり食べることで、食べ過ぎを防ぐことができます。

家族と会話を楽しみながら、ゆったりと食事を摂りましょう。

おやつの選び方に注意
女性は甘いものが好きな方が多いですが、おやつには和菓子や果物を選ぶことで、摂取カロリーを抑えることができます。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



レーザー美顔器の注意点

レーザー美顔器は個人が使えるよう様々な工夫が施されていますが、レーザーを用いる上では気をつけたいポイントがあります。

真っ先にあげられるのは目に注意することです。

皮膚のしみやくすみの原因となるメラニン色素が黒いことを利用し、黒に反応するレーザーが使われています。

しかし日本人は一様に目の色は黒で、これはメラニン色素によるものです。

美顔器使用中にレーザーを覗き込まないなど、目の付近などに使用する時は特に注意が必要です。

アトピー疾患やアレルギーなど皮膚疾患がある人や薬を服用中の人も気をつけましょう。

レーザー美顔器を初めて使う時は、二の腕の内側などにまずあててみて、・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中性脂肪・動脈硬化が引き起... | トップ | 中性脂肪はどこでチェックで... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事