中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

脳梗塞とは、動脈硬化の進行により

2018-05-19 17:53:17 | 中性脂肪

脳梗塞

脳梗塞とは、動脈硬化の進行により、血栓などが脳の血管に詰まり、血液の循環が妨げられ、神経麻痺などの症状があらわれる病気です。

治療としては血液のかたまりを溶かす薬や、脳細胞を保護する薬などによる投薬治療が行われます。

投薬により血栓が溶ければ、一週間ほどでベッドから起き上がれるようになります。

その後、リハビリ治療を経て退院となりますが、退院後も再発を抑えるためのケアが重要となります。

脳梗塞を起こしやすい人は、血管の状態が悪く血栓が出来やすいと言えます。

そのため、退院後も血液がさらさらになる薬などを服用し再発のリスクを抑えます。

しかしこの血液をさらさらにする薬、血小板凝集抑制剤などは日常では問題ありませんが、出血が止まりにくくなりますので、手術などの際には服用を止める必要があります。

抜歯などをする際にも服用を一時的に止める必要があります。

そういう場合には医師と相談の上、いつから服用を止めるのか決める必要があります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



太ももが太る原因を知ってダイエットしよう

太ももをスリムアップすることは決して容易なことではありませんが、適切な情報があればダイエットができなくはありません。

太もも太りには何パターンかかあります。

それぞれの理由に対応するダイエットに取り組めば、自然と太ももは細くなるでしょう。

どうして太ももは太くなってしまうのでしょう。

一番よくあるケースが、皮下脂肪が溜まって太ももが太くなるというものです。

脂肪が溜まるのは、使わなかったカロリーが次々に蓄積されるためです。

食べ物で得たカロリーと生命維持や運動で使うカロリーの釣り合いが取れていなければ、余ったカロリーが脂肪になります。
・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心筋梗塞は血中脂質の中性脂肪で | トップ | 中性脂肪が増える仕組み »

中性脂肪」カテゴリの最新記事