中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなる

2018-09-15 19:37:47 | 中性脂肪

妊娠中(20代~40歳くらい)

妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなるので、心臓や肺などの循環に負担がかかり、出産時のリスクが増す危険性があります。

妊娠中も中性脂肪をきちんと管理しましょう。

具体的食事方法
妊娠中の体重増加は、胎児、胎盤や羊水分は7kg、脂肪分は3kgの合計10kg前後の増量が望ましいとされています。

妊娠中に体重が増えすぎると、その分血中の中性脂肪も増える原因となり。

妊娠中は10~12kgの増加を目安に体重管理していきましょう。

妊娠中の食事摂取カロリーの目安
妊娠初期(妊娠0~4カ月)
:+50kcal
妊娠中期(妊娠5~7カ月)
:+250kcal
妊娠後期(妊娠8~か月)
:+450kcal

妊娠中は、「2人分」の食事を食べる必要はありません。

妊娠中の体重管理のポイントとしては、妊娠後期になると、赤ちゃんの体が大きくなり体重も増えるので、この時期までの体重を増やし過ぎないことが大切となります。

妊娠中は、安定期を過ぎると食欲がわきますが、お菓子などの甘いものを食べるのは控え、食事は伝統的な和食、おやつは果物など、栄養バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



年齢に立ち向かおう!


皆様の身の回りで、年齢を重ねてもいきいきとしていて、若々しい人はいらっしゃいますか?
逆に、お若いのにも関わらず、老けてしまっている人もいるのではないかと思います。これはとても勿体ないケースですね。
前者の様に、いきいきとした人でありたいものです。

年齢を重ねた体にとって、アンチエイジングを日々の生活に取り入れることはとても大きな力となります。体の健康だけではなく、心の健康をも大事にした日常生活全体でアンチエイジングを進めたいものです。

残念ながら、一度過ぎた時間は戻りません。
しかし年齢を重ねたからといって、あきらめてしまう必要なんて全くないのです。
日々を若々しく生きるためには、日々のちょっと・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中性脂肪が増える仕組み | トップ | 男性の中性脂肪が上がる原因 »

中性脂肪」カテゴリの最新記事