中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪の値が低い場合の病気

2018-05-20 10:04:46 | 中性脂肪

中性脂肪の値が低い場合の病気

中性脂肪は、生命維持活動に必要な栄養ですので、この値が少なすぎても逆に不健康です。

栄養素が足りない状態なので、細胞を作ることができなくなり、中性脂肪が高い場合と同様、今度は栄養素不足で動脈硬化になる可能性があります。

(栄養欠乏による動脈硬化)めまいや片頭痛を引き起こすこともあります。

また、極端にTG値が低い場合には、肝臓や腎臓の機能低下や、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などの病気の疑いもあります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



バランスボールを使う痩せる体操

ダイエット効果のある体操としては、バランスボールでの痩せる体操があります。

バランスボールとは60センチくらいの弾力性フィットネスボールのことです。

このバランスボールに座って片足を浮かせてみたり、両足を浮かせたりという運動が基本的なものです。

重心がズレるだけでバランスボール上での姿勢は保てなくなりますので、なかなか大変です。

腰痛や肩こりに悩まされている人は、体の軸が歪んでいる可能性があります。

筋肉を鍛えて歪みを正すことで、症状の改善が見られます。

バランスボールでの体操で骨盤の歪みを正しい状態に直すことができれば、血流もスムーズになって痩せる他にも数々・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加