中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪

2017-09-06 18:32:33 | 中性脂肪

健康診断時に採血して計測されるのは、食事から取り込まれた中性脂肪(外因性トリグリセリド)ではなく、余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪が再び血液中に分泌された血中中性脂肪(内因性トリグリセリド)の値です。

健康診断の前日から当日にかけて食事制限をするのはこのためで、絶食によって蓄えられた中性脂肪が血中に放出される際、どれくらいの量が出てきているかをチェックするのが血液検査の目的なのです。

再検査になる場合は、当日に朝食を摂ってしまい、外因性の中性脂肪により検査値が高くなったケース、というのが多いようです。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



朝バナナダイエットの効果

よく耳にする朝バナナダイエットは、バナナがスーパーから消えるという現象が起きたほど、人気があるダイエット方法です。

毎朝バナナを食べて水を飲むだけという簡単なダイエット方法ですが、果たして効果のほどはどの程度なのでしょう。

酵素の存在が、バナナでダイエットができる決め手だといわれているそうです。

体内で脂肪などの分解を促進する成分が、酵素というものです。

エネルギー代謝を酵素が促進することで、ダイエット効果があがります。

バナナに含まれているのは酵素だけでなく、たくさんのダイエットに優れた成分です。

適度な満腹感をもたらし、腸を刺激して便秘解消に効果がある食物繊維、・・・つづく
コメント

中性脂肪が多くなると脂肪肝

2017-09-06 14:50:57 | 中性脂肪

中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝、いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。

こうなると肝臓の機能(肝機能)が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。

「肝臓の病気」というとアルコールが原因のように思われますが、上記のように中性脂肪が原因になる場合もあります。

肝臓の病気は、食べ過ぎでの肥満、炭水化物や糖分の摂りすぎによっても引き起こされる可能性がある、ということです。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



ダイエットと足痩せ方法の違い

足痩せの方法を駆使しても、足だけはなかなか痩せないことが多いようです。

足痩せは思うようにいかない部位のようです。

ダイエットを続けて頑張ってははいるのに、足だけは太いままで困っているという人も意外と多いようです。

健康的なダイエットを達成するためには、取り入れるカロリーを抑え、運動でカロリーを消費し、全体を調節しながら減量をしていくことでしょう。

この方法では、足痩せを集中的に行うことは難しいようです。

足痩せと体重減少のダイエットは決して同じものではなく、方法を兼用できないということは知った上で取り組んでください。

足痩せには、むくみのために太く見えるという・・・つづく
コメント

中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは

2017-09-06 11:25:52 | 中性脂肪

中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。

主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

いわゆる、体についたぶよぶよ贅肉、皮下脂肪が中性脂肪です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



スキンケアの化粧品を使用する目的

スキンケア用品を使って日々お肌の手入れをしているという方は少なくありませんが、どうして化粧品を使う必要があるのでしょうか。

スキンケアに化粧品が重宝されるわけは、3つです。

それは、外界の刺激から肌を守ること、乾燥させないこと、汚れを落とすことです。

お肌は生来のダメージ修復作用がありますが、環境の変化や精神的な負担、加齢などの影響によってダメージからの回復が遅れ、張りを失ったり乾燥しやすくなるようです。

肌へのダメージを抑え回復効果を高めるものが基礎化粧品です。

洗顔料で顔をきれいに荒い、汚れを落としましょう。

肌の状態や日頃の環境は人によって違いますので・・・つづく
コメント