中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ

2018-08-14 20:48:38 | 中性脂肪

ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ

基礎代謝を上げるためにおすすめの無酸素運動に、ダンベル運動があります。

ダンベル運動の目的は、筋肉量のアップです。

筋肉量がアップすれば、その筋肉を動かすために体のエネルギーを使います。

ですので、基礎代謝量がアップするわけです。

最初は無理してはいけません。

女性は0.5キログラムから1.0キログラムのダンベルを使いましょう。

男性は1.5キログラブから2.0キログラムで問題ありません。

慣れてきたら多少重さを増やすと、効果がどんどん大きくなります。

ダンベル体操での基礎代謝量のアップですが、いままで使っていなかった筋肉を鍛えることにもなりますので、かなりの数字になります。

ダンベルを使って、スクワットなどをすると脚の筋肉もつきますので、1日当たり、100キロカロリーや200キロカロリーほど代謝量がアップすることもあります。

個人差がありますが、誰でも筋肉が付きますし、ダンベル運動は40代や50代、それ以降の方にも効果が表れやすい基礎代謝量のアップ方法です。

毎日続けるための方法ですが、運動のパターンを変えましょう。

今日は腕、今日は脚、といったように、ダンベルによって鍛える部位を変えるわけです。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



お腹ダイエット運動

ダイエットのために体を動かすことは、お腹の脂肪対策にはとても有効な方法です。

お腹のダイエットを目指すなら、まずは体を動かすことです。

運動量の少ない生活は体脂肪の蓄積される温床になりますので、まずは体を動かしましょう。

まず筋肉を強化することを考えてください。

エクササイズの教室や水泳教室で汗を流すという方法もありますが、家でできる運動を毎日続けてもいいでしょう。

誰でも簡単に実行できるお腹ダイエット運動として、ウォーキングや椅子を利用した運動が注目されています。

体に優しくダイエット効果が高いウォーキングは、継続して続けやすく効果もなかなかのものです。
・・・つづく
コメント

中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症

2018-08-14 18:08:32 | 中性脂肪

中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症

脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。

高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。

このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。

中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。

脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足や脂肪分の多い食事、喫煙、アルコールの過剰摂取などによって起こります。

しかも自覚症状がないまま状態が悪化し、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

病状を改善するためには、食生活の改善が求められます。

カロリーコントロールをし、脂肪分や糖質などを摂り過ぎないよう留意します。

その上で、ビタミンや食物繊維、ミネラルを多く摂ることが必要です。

さらにウォーキングや水中歩行などの適度な有酸素運動を継続し、脂質の代謝を促すのも効果的です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



骨盤ダイエットとは

骨盤ダイエットとはどのようなダイエットなのでしょうか。

骨盤ダイエットでは、体の中心にある骨盤の歪みを正常の状態に戻すことによって、体型を整え血の巡りを良くするダイエットです。

股関節や骨盤の運動によって、体幹に近い筋肉の運動にもなります。

自然と無理なく体の内側から痩せる事が出来、太りにくい体質作りが出来ます。

骨盤は膀胱や腸などの内臓や、内臓周辺の太い血管や神経をカバーしています。

尾骨の上にある仙骨、座った時に椅子に当たるお尻の坐骨、ウエスト部分にある腸骨、膀胱の下の恥骨の4つで構成されています。

また、骨盤は骨だけで形成されているのではなく、腰の深い部分にある深層・・・つづく
コメント

中性脂肪を下げる運動方法

2018-08-14 15:13:44 | 中性脂肪

中性脂肪を下げる運動方法

中性脂肪値を下げるには、食事によって余分に摂取したエネルギーを消費させる必要があります。

脂肪を効率よく燃やすには、有酸素運動が有効です。

運動は、一週間分をまとめて行うよりも、日々行う方が効果的とされています。

中性脂肪の値を下げるために、毎日30分程度の運動を取り入れましょう。

以下に、生活に運動を取り入れる具体的な方法を挙げていきます。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



ビタミンサプリメントで口内炎対策を

サプリメントでの口内炎対策を考えている方には、マルチビタミンはどうでしょうか。

生活習慣や食習慣にある傾向がある人は、口内炎になりやすいようです。

口内炎になりやすい方は、ストレス過多な生活やたばこを吸う人、食事に問題があり体内のビタミンが足りていない人などのようです。

ビタミンB2は細胞が酸素を取り込みやすいように補助する性能がありますが、これらの成分が少なくなると、皮膚が荒れて口内炎ができやすくなります。

ビタミンB2不足の体は細胞の酸素呼吸がスムーズにいっていませんので、口の中に問題が生じた時に口内炎になりがちです。

緑黄色野菜や乳製品にビタミンBは特に多く存在し・・・つづく
コメント

運度や食生活の改善は中性脂肪を落とすためには大切です。

2018-08-14 12:26:19 | 中性脂肪

運度や食生活の改善は中性脂肪を落とすためには大切です。

しかし、毎日となるとなかなか実行できないというのが本音ではないでしょうか。

あまり自分だけでがんばりすぎずにサプリメントの力を借りるのも無理なく上手に下げるためのコツです。

DHAは安全性が高い成分なので積極的にサプリメントで摂っても副作用の心配もありません。

中性脂肪を下げるには、食生活を変えたり運動を始めたりといった、生活を変える決心が必要です。

ですが、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

まずは体にいいものを取り入れていくことから気軽に始めて、不安を解消していきましょう。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



フェイスリフトアップに効果的な成分

どんな種類の美容成分が、フェイスリフトアップに役立つといわれているのでしょうか。

肌のたるみとは、肌が自重で垂れ下がる現象です。

肌を支えている成分が減ったことが要因なので、肌を支えている物質を補充すれば、リフトアップが可能です。

肌を支えている成分とは、主にコラーゲンやヒアルロン酸です。

これらの成分は若い頃は豊富で、いわば自前でフェイスリフトアップをしている状態です。

ところが年齢を重ねると共にその成分は失われ、だんだんと肌のハリがなくなって薄くなり、顔の皮膚はたるんでしまいます。

フェイスリフトアップにとって大事なことは、コラーゲンやヒアルロン酸を含・・・つづく
コメント

中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症

2018-08-14 10:05:11 | 中性脂肪

中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症

脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。

高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。

このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。

中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。

脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足や脂肪分の多い食事、喫煙、アルコールの過剰摂取などによって起こります。

しかも自覚症状がないまま状態が悪化し、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

病状を改善するためには、食生活の改善が求められます。

カロリーコントロールをし、脂肪分や糖質などを摂り過ぎないよう留意します。

その上で、ビタミンや食物繊維、ミネラルを多く摂ることが必要です。

さらにウォーキングや水中歩行などの適度な有酸素運動を継続し、脂質の代謝を促すのも効果的です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



洗顔とスキンケア化粧品

スキンケア化粧品の中でも人気商品の1つに数えられているのが洗顔用品です。

スキンケアの基本は一般に洗顔とされています。

肌トラブルの原因のひとつである洗顔の際に残る汚れなどをきちんと落とすことが重要です。

肌を悩ますにきびや吹き出物も洗顔を行き届かせることで改善されます。

正しい顔の洗い方はぜひマスターしましょう。

洗顔アイテムはスキンケア化粧品の中でも種類が多いものの1つです。

オイル状やクリーム状、粉末タイプの洗顔料など、形状も香りも価格も色々です。

特にダブル洗顔が必要とされています。

一口に洗顔といっても洗顔用の石鹸やクリームなどで・・・つづく
コメント