雑木帖

 ─ メディアウオッチ他 ─

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

創価学会「幹部」が「通話記録」を盗み出した「個人情報」恐怖の実態

2005-12-03 21:17:11 | 記事・創価学会
「週刊新潮」 2002.09.26号

 創価学会「幹部」が「通話記録」を盗み出した「個人情報」恐怖の実態

 新聞ではまったく触れられていないが、大変な問題なのである。先頃、男女の三角関係の果てにライバルの通話記録をNTTドコモから盗んで逮捕された3人組。単なる痴情のもつれではない。3人は熱心な創価学会員で、おまけに1人は数万人の学会員を束ねる大幹部だという。幹部が末端会員に命じて個人情報を盗み出させたという構図。そこはやはり学会組織の固い絆があったればこそ…

<わが友に贈る
 社会に迷惑を、
 学会に迷惑を、
 かけゆく愚者は
 我らの和合僧より
 断じて追放せよ!>

 創価学会の機関紙『聖教新聞」(9月14日付)の一面で掲載された池田大作名誉会長の言葉である。
 実はここで”愚者”呼ばわりされたのが、今回逮捕された3人組という。大作サン、ずい分ご立腹の様子なのだ。
 問題の3人組は、NTTドコモの子会杜『ドコモ・システムズ」職員の嘉村英二(26)、創価大学剣道部の田島稔監督(39)、同大学生課副課長の根津丈伸(41)。9月10日から11日にかけ、警視庁保安課がこの3人を電気通信事業法違反容疑などで逮捕した。
 警視庁の調べによれば、事件の発端は、田島の浮気を巡る男女の三角関係だった。
「田島は結婚しているのですが、奥さんとは別居中でした。30代前半の女性と交際していたのですが、その女性は40代前半の別の男性とも付き合っていた。それに腹を立てた田島が犯行を企てたのです」(警視庁詰め記者)
 今年4月、女性の心変わりに気づいた田島は、同じ職場の根津に相談。根津がドコモ・システムズの嘉村に、相手の女性やライバル男性の携帯電話の通話記録を盗み出すように指示したという。
 あげく、田島はその通話記録を使って男性に対し、
「お前、○時×分に彼女に電話していただろう」
 と嫌がらせ電話をかける始末。指摘された時間帯があまりに正確なため、不思議に思った男性がドコモにかけあいコトが発覚したわけだ。
 とまあ、ここまでは、男女関係のもつれが原因のよくある話。だが、問題はそれだけじゃない。新聞には一行も書かれていないが、事件の背景には、創価学会員という3人組の固い結束があったのだ。
”不倫男”の田島は95年に警視庁の巡査部長から創価大に転職した変わりダネ。警視庁時代は剣道の全国警察大会や世界大会で優勝した経験もある猛者である。
「転職したのも、警視庁内で学会活動をやり過ぎ、いづらくなったという説もあるほど、熱心な学会員。今は創価学会八王子地区の男子部主任部長として、1000人くらいの学会員を束ねる中堅幹部です。学会内でもその働きぷりが評価されていました」
 こう話すのは、学会幹部だ。
 データ盗難の実行犯である嘉村は親会社のNTTドコモのシステム部に出向していたが、実は創価大の25期卒業生。99年に卒業した。
「出身は名古屋ですが、地元では有名な創価学会員一家です。とくに母親は一目置かれている学会員で、学会活動に嫌気がさした信者などの説得に走り回る活動家。彼自身は創価大工学部で情報システム学を専攻し、NTTグループ企業に就職したが、そんな家庭に育った嘉村にとって、学会の組織は絶対的なものだったのでしょう」(事情通)
 残る根津もれっきとした創価学会員。というより大幹部である。そんな学会トリオによる電話の通話記録の盗難が表沙汰になったわけだから、大作サンの怒りを買ったのは当然かもしれない。
「大作サンの言う和合僧とは創価学会の信仰で固く結びついた組織とでも言いましょうか。そこから”追放せよ”というのですから大変なオカンムリですが、これはそうした組織の結びつきがあるからこそ起きた事件です。そこに学会の怖さがあるのです」(ジャーナリストの段勲氏)

 逆らえない大幹部の命令

 要するに、事件は男女の三角関係に悩んだ創価学会の中堅幹部が、大幹部に相談し、その大幹部が若手の末端会員に泥棒を命じたもの。問題は、学会員というつながりだけで、他人の通話記録という個人情報をいともたやすく人手できる怖さなのだ。
 この通話記録の盗難で、中心的な役割を果たしたのが、根津である。ある学会関係者が言う。
「嘉村に盗みを命じた根津は、全国の副青年部長という大幹部です。と同時に第2総東京副青年部長を兼務している。第2総東京とは23区以外の東京都下の地域を指すが、根津は八王子や青梅の責任者といえる。創価大のある八王子は学会内でも最重要拠点の一つで、ここらだけで学会員は1万人以上。第2総東京地域全体では数万人の学会員を率いる創価学会の実力者なのです」
 数万人の組織のトップとなれば、大銀行の頭取クラス。その根津は、嘉村より15年先輩の創価大経済学部10期生で、
「学生時代から、池田大作の信奉者でしたよ」
 と、創価大学の同窓生がこう振り返る。
「大学では、年に何度も学生主催のイベントを開き、池田さんを講演に招くのですが、根津はその実行委員みたいな仕事をやっていました。また、学生のほとんどは創価学会員でしたが、なかには違う人もいて、根津たちが折伏(しゃくぶく)する。入学時の教授面接で、尊敬する人物を池田大作と言わなかった学生に対してしつこく勧誘するのです。教科書をタダで譲ると言ったり、女子学生を使って飲みに誘ったり……。彼もそういう折伏部隊の1人でした。私なんか学会員じゃなかったから、折伏を受けた回数ではギネスブックに載るくらい勧誘されました」
 84年の卒業後、出身校の学生課に就職した。
 創価大出身のジャーナリスト、乙骨正生氏によれば、
「学会で出世する人間の第一条件は池田大作氏に対する忠誠心です。よく信者の間で”馬鹿でも愚直であれ”と言われ、池田先生がカラスの色を白と言えば納得することだとも言われました。根津容疑者もそんなところがあるから出世できたのでしょう。創価大OB会の評議員もやっているかなりのエリートです。評議員といえば、池田氏の三男、尊弘氏が就いているほどですからね」
 根津にとって、ドコモ・システムズの嘉村は大学の後輩であり、なおかつ学会組織上の部下にあたる。会社で例えたら重役と新入杜員ぐらいの関係。それほどの大幹部から命令されれば、逆らえないのは理解できなくもないが、ナントその命令が泥棒なのである。これが世間の常識では計り知れないところだ。

 事件は氷山の一角

 おまけに嘉村が勤務するドコモでは、個人の通話記録など、いつでも入手可能というから始末が悪い。
「ドコモ全体で通話記録などにアクセスできるのは2000人おり、その職員がコンピュータ上でパスワードを入力すれば個人のデータを見ることができます。嘉村はその中の1人でした」
 とはドコモ広報室だが、実態はほとんど無防備だと、ドコモの職員が打ち明ける。
「個人情報など特定データにアクセスするのは誰でもできます。アクセスするためのパスワードは、事業所内に備え付けられている帳簿を見れば誰でも分かるのです。通話記録のほかにも通話料金や自宅住所、勤務先、果ては運転免許証番号や銀行口座、クレジットカード情報にいたるまで、たいてい分かります」
 しかも、今回の事件は氷山の一角ともいう。
「たまたま被害者からクレームがついたので、コンピュータ上で誰が調べたか発見できただけ。そうでなければ闇から闇だったでしょう。つまるところ、ドコモの職員なら誰でも個人情報を盗めるが、それはモラルの問題なのです」
 創価学会の幹部たちに、そのモラルの欠片もないのだから、空恐ろしい限りなのだ。
 再び先の学会関係者の話。
「最も怖いのは、根津が学会組織の中で広宣部という部署に所属しているということです。広宣部とは、もっぱら学会と対立している宗門の僧侶や脱会者の身辺調査をおこなっているところ(注・創価学会側は否定)。水面下で組織的に情報収集活動をおこなっているのです。ときには尾行などもする。今回の事件は、その広宣部にいる大幹部が自ら指示して引き起こした。学会がその気になれば、敵対する相手の個人情報をいくらでも入手できるのです」
 公明党が個人情報保護をうったえる一方で、幹部がこんな不始末を仕出かす創価学会。
「私自身、雑誌や国会でちょっと学会批判をしただけで、何者かから尾行されたり、怪電話がかかってくる。浮気相手の身辺調査までやらかすのだから、何をされるか分かったものじゃありません」
 と話すのは日大の北野弘久名誉教授だが、政治評論家の屋山太郎氏はこう指摘する。
「これは単なる窃盗じゃない。新聞を読んでも、事件の裏のこういう組織の背景がまったく分からないというのが問題です。今回の事件から見えてくるのは、創価学会がたった3人でこれだけのことができる組織だということです。知らないうちに気に入らない相手の情報を手に入れ悪用する。なにより一般の人ではとてもこんな組織的な広がりを持ちえない。つまり、創価学会は潜在的に大犯罪を起こしえる組織力を間違いなく持っているということなんです」
 まさに他人事じゃない。
------------------------------------------

 「しんぶん赤旗」2003.05.15~17

 侵された通信の秘密
 ──創価大事件の背景

 異様な法廷
 創価学会系弁護士ずらり


 全員有罪で決着したはずの事件が再び燃え始めました(一面所報)。創価大グループによる携帯電話通話記録盗み出しは元学会員らの告発で、対立団体にたいする組織的犯行の疑いに発展してきました。事件の背後に隠されてきたものとは…。


 異様な光景でした。昨年十一月五日、東京地裁四一九号法廷。被告席には創価大の学生課副課長と剣道部監督(元警視庁巡査部長)、同大学出身でドコモシステムズの嘉村英二社員(以下、肩書は事件当時)。監督の女友達の異性関係を探るため、共謀して女性の通話記録を不正入手した、という事件でした。

 “浮気調査”で

 通信の秘密侵害という重大な事件とはいえ、いわば“浮気調査”という単純な動機のこの事件に、創価学会が異様な対応を示しました。

 その一つは、こんな裁判の傍聴に学会関係者が詰めかけたこと。抽選で傍聴券を手に入れた彼らは、開廷するや真剣にメモをとり始めました。手にしているのは同じ大学ノート。

 もう一つは十一人もの大弁護団。しかも創価学会副会長である福島啓充、松村光晃、築地伸之氏ら全員が学会系弁護士。創価学会あげての対策という感のある布陣でした。

 ところが、被告も弁護団も、犯罪事実については全く争わない。ひたすら「反省している」「私的で一過性の事件だ」と繰り返しました。

 2時間で判決

 事件をこれ以上拡大させない。その意図が露骨に見える法廷戦術。それは逆に「何かを隠している」という疑いを深めることにもなりました。

 起訴状朗読から論告求刑、即日の判決言い渡しまでわずか二時間余り。全員有罪(執行猶予つき)が決まると、被告と傍聴者が歩み寄り、手を取り合い、“感涙”の場面も。そこには隠しようのない“安ど感”すら漂っていました。

 事件発覚後ドコモシステムズを解職された嘉村被告はすでに再就職先が決まっていました。弁護団のあっせんです。

 そこまでして、そして三人の有罪を盾にして守らなければならなかったもの。その一端が今回の元学会員らの告発で水面に姿を見せ始めました。――“浮気調査”の不正は余罪、本体はより組織的で根の深い犯罪ではないかという疑惑です。

 告発状は指摘します。

 「本件は、たんに電気通信事業法等に違反するだけでなく、本質的には、憲法の保障する信教の自由、通信の秘密を侵害する悪質な犯罪である」


 教唆・共謀者
 脱会者、敵対者を追跡


 告発人の二人が、創価大グループの携帯電話通話記録盗み出し事件を捜査中の警察から「あなたの記録も調べられている」と知らされたのは昨年九月。「心当たりは?」、刑事の問いに「大いにある」と答えました。

 知り得ない情報

 告発人の佐藤せい子さんは、創価学会が「撃滅」の対象にする日蓮正宗の信徒団体・妙観講の副講頭。学会批判の記事を載せている月刊誌『暁鐘』編集長でもあります。「身辺を探られている」という体験を何回もしています。当事者以外は知り得ない電話の内容が学会系文書に載るというような例もありました。

 もう一人のAさんは学会退会後「一緒には住めない」という夫と離婚。彼女が経営する学習塾の父母の間に「Aは精神病」といううわさが流されました。学会男子部員が自宅に侵入しようとしたり、買い物先で「先生(池田大作名誉会長)を信じないのか」とどなられたことも。あるジャーナリストの取材を受けると、学会外郭組織の幹部職員である前夫から「ブラックジャーナリストにかかわるな」と電話。前夫がなぜそんな情報を知っているのか、「ぞっとした」といいます。

 『脱講闘争マニュアル』という学会内部文書があります。脱会者(死亡しておればその家族)のカードを作り、「原本は地区教宣部長が保管し、コピーを県に提出」すること。転居すれば「移転先の住所を確認」することなどと書かれています。「教宣部」とは、脱会者や敵対者の動静調査を専門にする部署。告発人の二人は、その主要ターゲットの立場にあるのです。

 創価大グループ

 ところで―。実行犯として告発されたドコモシステムズの嘉村社員は二人の通話記録を盗み出すことはできても、二人の存在を知る立場にはありません。彼に二人の名前を教えたのは誰なのか。

 そこで浮上するのが昨年、別件の通話記録盗み出し事件で有罪になった創価大グループ。このとき、嘉村被告に犯行を指示したのは創価大学生課副課長でした。創価学会全国副青年部長という要職にある同副課長のもう一つの肩書。情報収集機関「教宣部」(前出)メンバーという肩書です。

 告発状は「嘉村に本件の実行をそそのかして共謀した人物が(同副課長ら)であることの蓋然性(確実性)はきわめて高い」としつつ、仮に別人物だったとしても「学会関係者の範囲内に属することは疑いがない」と述べています。

 事件を解くキーワード、それは「創価学会」です。


 不可解な捜査
 「調書」はどこへ?


NTTドコモ情報システム事務所があるビル。1階出入り口は厳重なチェック体制が敷かれています=東京・江東区

 自分の通信の秘密が侵されたと知ったとき─

 「言葉が出なかった。電話を手にするのも怖かった」と佐藤せい子さん。もう一人の女性Aさんは「娘のおびえが激しく、しばらくタクシーで通学させた」と言います。

 ドコモシステムズの嘉村英二社員や創価大の副学生課長らが別件の通話記録盗み出しで逮捕されたことは、新聞や週刊誌で知っていました。

 警察はそれを確認したうえで「あなたの記録も調べられている」と通告。Aさんは副課長の名前も聞かされています。彼女の記録を盗まれたのは(昨年)三月七日で、同日から約二か月前までの記録がそれでわかることも警察で聞きました。

 Aさん親子はそれぞれ、深川署で事情聴取に応じました。Aさんは問われるままに、創価学会入退会や結婚と離婚のいきさつから学会による仕打ちまで克明に説明。四時間余の調べの後、続きは明日A宅で、となりました。

 様子が急変

 翌日、刑事の様子が急変していました。「状況が変わった」などとし、前日の調書に押印させ、世間話だけで引き揚げました。「調書はほぼ私の言った通りにまとめられていた」と言います。

 佐藤さんも同じ。前日の電話では「捜査に協力してくれるか」と熱心だったのに、深川署では「刑事事件にならない」。佐藤さんがアクセスされたのは料金システムではなく電話の持ち主などを調べる顧客システムで、これは犯罪にならないという理由でした。

 しかしNTTドコモ広報部の説明でも、両システムは互いに独立した仕組み。取り違える可能性はまずありえません。

 警察はその後も、Aさんに創価大卒業名簿など資料提供の協力を求めています。佐藤さんやAさん以外にも多数のデータが引き出されているとも言われています。にもかかわらず、立件したのは創価大剣道部長の“浮気調査”にかかわる事件だけ。

 本当の解決を

 それにしても--

 「私と娘のあの詳細な調書はどうなったのだろう」。Aさんの疑問は深まるばかりです。

 佐藤さんは言います。

 「宗教上の感情からではない。国民として、こんな人権侵害を許すことはできない」

 そしてAさん。

 「告発人になればどんな仕打ちを受けるか。恐ろしく、ちゅうちょもした。でも泣き寝入りばかりでは本当の解決はできないと思ったのです」
------------------------------------------

 「しんぶん赤旗」2003.05.15

 創価大グループを告発 通話記録盗まれた元学会員ら

 携帯電話の通話記録盗み出しで有罪になった創価大グループの一員が、それ以外にも対立団体幹部らの通話記録を盗んでいたとして、被害者で元創価学会員の女性ら二人が十四日、東京地検に告発しました。

 告発したのは東京在住の佐藤せい子さんとAさん。告発されたのはNTTドコモの子会社ドコモシステムズの嘉村英二元社員と氏名不詳の創価学会関係者。告発人と同代理人の松井繁明弁護士らが記者会見して明らかにしました。

 告発状によると、嘉村元社員は昨年三月ごろ、東京・江東区のNTTドコモ情報システム部の料金明細システムを不正に操作して佐藤さんらの携帯電話三台の通話日時・時間、通話先などのデータを入手。これが電気通信事業法違反(通信の秘密侵害)と窃盗に当たる、としています。

 佐藤さんは日蓮正宗の信徒団体で創価学会批判をしている妙観講の副講頭。Aさんは学会外郭組織の幹部職員の夫と離婚後、いやがらせを受けています。

 告発状はこうした背景にふれ、「告発人らの反創価学会活動を嫌悪し(その)交友ないし活動関係に関する情報を把握するため」の犯行であり「本件をそそのかし共謀しうる人物」の存在を指摘しています。

 事件発覚のきっかけは創価大グループの別件の事件。同大学学生課副課長(当時)が後輩の嘉村元社員に指示して同大剣道部監督の女性友達の通話記録を盗み出したもので、三人とも有罪が確定しています。

 その捜査段階で警察が佐藤さんらに「あなたの通話記録もアクセスされている」と告げて、Aさんの長女を含む三人から事情聴取し、Aさん親子の調書も作りました。ところがその後、警察は調べを中断。告発状は「何かの圧力が加わり、捜査方針が急変したとみるのが、最も合理的な推測であろう」と指摘しています。
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世紀の悪法・盗聴法、自自公... | トップ | 創価大グループが盗み出した... »
最新の画像もっと見る

記事・創価学会」カテゴリの最新記事