大きいワンと小さいワン

ジャックラッセルテリア専門犬舎REV.LIMIT KENNELの日常。北海道からお届けします。

兵庫県のパティちゃん

2011年08月04日 16時47分35秒 | 親戚わんこ

2011年5月19日生まれ

ルカトニとカサちゃんの子です。

他の兄妹たちより 一足先に 新しいオーナー様のもとへ 行きました。

おっとりとした かわい子ちゃんです。

 

新しいパパとママの元で 愛情たっぷりで 育っているようです。

聞き分けもよく でも ジャックらしいやんちゃさもあり

おすわりもできるようになったとか

愛情を貰えばもらうだけ 言葉をかけてもらえばもらうだけ 子犬の脳も働きます。

知育 という言葉があります。

徳育・体育に対して、知識の習得によって知能を高めることを目的とする教育。

よく人間の子供を育てるうえで 使われる言葉ですが

仔犬を育てる時も 同じだと思います。

言葉をかけて ひとつ ひとつ 教えてあげることによって

手をかけてじっくり育てることによって その子犬の能力を どんどん引き出していけると思います。

焦らず ゆっくりと 子育てをしてくださいね。

いつも仔犬は 飼い主さんの様子を じっと見つめています。

 

早速 様子を教えていただきありがとうございました。

幸せそうな姿をみて ほっといたしました。

これからも 家族の一員として 可愛がってあげてください。

 

今週末には 札幌から 来週には 神奈川県から わざわざ仔犬をお迎えに 新しいオーナー様が

来てくれます。

そして 来週には 飛行機に乗って 数頭の子犬たちが 旅立ちます。

どのオーナー様も 一生懸命に 仔犬を飼う準備をされているようです。

仔犬たち 毎日 遊びながら元気に育っています。


 

 

 

コメント (1)

ボルゾイ ザンちゃんの凱旋帰国

2011年08月03日 12時09分58秒 | 親戚わんこ

今年 4月に ボルゾイナショナルに 参戦するため アメリカへ 旅立ったザンブロッタ。

ナショナルでは 初めてのアメリカでのショーで チャンピオン以外の牝100頭の出陳の中で RWBを獲得。

原田さんととても 素晴らしいショーを見せてくれました。 

 

そして ザンは そのまま アメリカに残り カルフォルニアのバレリーさんのもとで アメリカチャンピオンを

目指すことになりました。

その後 ミッションサーキット という4連続のショーもいれて たった2週間で チャンピオン完成。

5つのメジャーカードを とっての 堂々のフィニッシュでした。

 

その後 ザンは さらに グランドチャンピオンを目指し 挑戦を開始。

なんと 先日 グランドチャンピオンの完成の知らせが 来ました。

たった2か月の間に アメリカチャンピオンと グランドチャンピオンを完成。

予定より ずっと 早く帰国することになりました。

 

ザンを評価してくださったジャッジの方 多くのブリーダーの方 そして この機会を与えてくれた方々に

本当に 感謝しています。

たくさんの方から 応援のお言葉をいただいたり アドバイスをいただいたり

こころから 感謝しています。 本当に ありがとうございました。

 

日本では 昨年8月末から12月中まで 原田ハンドラーさんと共に プチキャンペーン(プチとはいえ内容はものすごくハードで濃かったような)

を 行い インターチャンピオン  シュープリームドッグ  ペディグリーアワード  たくさんの称号をいただきました。

 

オーナーハンドラーで チャンピオンを完成させ そのあとは ショーにも 出さないで

普通に過ごしていたザンちゃんが 素晴らしいプロのハンドラーさんの元で 成長していく姿は

見ていて とても うれしい半面  いろいろが葛藤がありました。

 

 

ザンちゃん 9月には 日本に戻る予定です。

また どこかのショー会場で みなさんに お会いする機会があるかもしれません。

来年は 北海道でも 走るかもしれません。

その時は また 温かい応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

コメント