扁鵲(へんじゃく)のつぶやき

東洋鍼灸専門学校 鍼灸科50期卒業生の同窓ブログです。
日頃の不安、悩みを率直に語り合いましょう。

”糖質制限が老化を促進”に反論!

2018-03-29 21:47:59 | 栄養
最近、週刊誌の中吊り広告でタイトルのような
アンチ糖質制限の記事がでかでかと出てますね。

これは3月16日に東北大学大学院の発表した
下記の記事が元ネタのようです。


「ご飯、うどん・・・ 炭水化物減らすダイエット 
60代後半で老化顕著に 糖質制限ご用心
3/16(金)

糖質制限ダイエットは老後にしわ寄せも──。
ご飯やうどんなどの炭水化物を減らした食事を長期間続けると、
高齢になってから老化が早く進み、寿命も短くなるとの研究を
東北大学大学院がまとめた。
糖質制限は「内臓脂肪を効率的に減らす」と話題になっているが、
マウスを使った試験では人間の年齢で60代後半からの老化が顕著だった。
研究内容は名古屋市で15日から始まった日本農芸化学会で、
17日に発表する。・・・」


これに対して糖質制限の生みの親である京都の江部医師が
自分のブログで下記のように明確に反論しています。

結論からいうと、マウスとヒトでは食性が異なるので
消化器系も異なり、マウス実験の結果をそのまま
ヒトに当てはめるのは大きな間違いということです。

僕も約5年間緩めの糖質制限生活を継続してますが、
マラソンも走れるし、老化が促進されたという
実感はないですね!(^^)!

(以下、江部医師のブログを引用)
「こんにちは。
複数の読者さんから、上記の記事について
コメントを頂きました。

まず、東北大学大学院・農学研究科のグループ は根本的な間違いを犯しています。

「そもそもマウスの食事実験の結果はヒトには当てはまらない。」
という基本的なことをご存じないようです。

どんな研究でも手軽なので、マウスやラットが実験動物として使われやすいです。

しかし、マウスやラットで糖質制限食(高蛋白・高脂肪食)の実験をすること自体が、
根本的な間違いです。

なぜなら、マウスやラットなどネズミ類は、
本来の主食は草の種子(即ち今の穀物)です。

草原が地球上の有力な植生として現れる鮮新世(510万年前)以降、
ネズミ科の動物が出現して爆発的に繁栄します。

510万年間、草原の草の種子(穀物)を食べ続けてきたネズミに
高蛋白・高脂肪食を与えれば、代謝が破綻するのは当たり前です。

ネズミの主食はあくまでも「穀物=低脂質・低蛋白食」なのです。

ネズミは、「穀物=低脂質・低蛋白食」に特化して、
消化・吸収・代謝システムが適合しているのです。

この実験は単純に、
マウスの代謝に合わない(主食でない)糖質制限食(高蛋白・高脂肪食)を
マウスに与えて寿命や老化を観察するという実験です。

全ての代謝が狂って老化が進み寿命が短くなるのもいわずもがなです。

例えば、ゴリラの主食は「棘の多い大きな蔓や大きな草」です。
このように、超低脂質・低蛋白食が主食であるゴリラに
糖質制限食(高蛋白・高脂肪食)を食べさせたら、
代謝はガタガタになり、マウスやラットと同様、
老化も進み、寿命も短くなるでしょう。
この東北大学の実験は、わかりやすく言うとゴリラにステーキを食べさせるというイメージです。
ゴリラだと、糖質制限食(高蛋白・高脂肪食)を食べさせることの間違いが、
マウスやラットよりわかりやすいですね。

人類の主食が何であったかはともかくとして、
農耕が始まる前の700万年間は、穀物ではなかったことは確実です。

そして歴史的事実として、農耕の前は人類皆、糖質制限食でした。

またヒトの進化の過程で脳が急速に大きくなり、
シナプシスが張り巡らされるためには、EPAとDHAの摂取が不可欠でした。

EPAとDHAは地上の植物性食品には含まれておらず、
動物性食品にしか含まれていません。

従って少なくとも、肉・骨髄・昆虫・地虫・魚貝・・・などの高脂肪・高蛋白食を、
脳が急速に発達した20万年前頃、必要充分な量、食べてたことは間違いないでしょう。

このように人類は本来、高蛋白・高脂肪食には慣れているので、
糖質制限食の安全性は高いのです。

マウスやラットやゴリラと、ヒトの食性は全く異なっているのです。

結論です。

薬物の作用や毒性をネズミ類で動物実験するのは、
研究方法として特に問題はないと思います。
(動物実験自体の是非はおいておきます)。

しかし、本来主食が全く異なるマウス・ラットなどネズミ類で、
人類の食物代謝の研究をおこなうのは、
出発点から根本的に間違っている可能性が高いので注意が必要です。

研究者の皆さん、「薬物の動物実験」と「食物の動物実験」は、
全く意味が異なることを認識してほしいと思います。


なお、私、江部康二は68歳です。
まさに、この記事のいう
「60代後半から老化が顕著」 にピッタリの年齢です。

52歳から続けているスーパー糖質制限食のおかげで
皮膚の糖化は52歳相当と好ましいです。
歯は全て残っていて、虫歯はありません。
背は縮んでおらず、夜間の尿もありません。
目は裸眼で広辞苑がみえ、聴力も低下していません。
階段は駆け上がります。

一般に老化現象と言われる事柄に関して
私の場合、スーパー糖質制限食で、
かなり好ましい状態が維持できているのだと思います。


江部康二
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 終活始めました!(家系図の... | トップ | さくら宇宙公園(茨城県高萩市) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (越後屋)
2018-03-30 12:39:57
へんじゃく先生

こんにちは

ご意見は全くそのとおりと思ます。でも、メディアは儲け主義でキャッチ―なタイトル使いますよね。それに引っ掛かってクリックしてしまう越後屋ですが。。。

自ブログでも書きましたが正確な発表内容を知りたいです。単なるマウスでの実験結果報告なら納得なのですが、こんな記事がありました。
-------------
同グループは「長期の糖質制限はマウスの皮膚や見た目の老化を促進し、寿命を短くする」と結論付けた。
准教授は「極端な食事スタイルは健康維持に有益ではないと発信し、誤った食生活を見直すきっかけにしてほしい」と期待する。
-------------
(越後屋)1行目はマウスに特化した話で問題ないと思いますが、2行目は、どうみても人の食生活に言及してますよね。もしこの記事が本当ならこの准教授ってどうなんでしょう。
Unknown (へんじゃく)
2018-03-30 20:08:34
越後屋さん、コメントありがとうございます♪

この場合は1行目のマウスの実験結果をヒトに
当てはめたらという文脈でしょうね。

でもベジタリアンならいざ知らず糖質制限食は
理論無視の極端な食事スタイルとは思いません。
江部医師も自分のブログで述べていますが、
生理学の教科書にも載っている厳然たる生理学的事実に基づいているわけですから。

何よりも自分である程度の期間試してみて、
いまのところ問題ないのでこのまま
続けようと思っています。

食事療法は最終的には自分の
身体で確かめるしかないと
思いますね(^^♪
Unknown (みよこ)
2018-04-04 19:51:37
研究の背景をしっかりと知らないと結果を鵜呑みにしてしまい勝ちですね。
卵を食べるとコレステロールが上がるというのも草食動物である兎での実験結果であり、人間には当てはまらないのにずっと信じられて来たと熊谷先生がおっしゃっていました。
Unknown (へんじゃく)
2018-04-04 21:46:52
みよこさん、コメントありがとう
ございます♪

この手の情報は巷にごまんとあふれている
ので、根拠を確認するくせをつけて、
それで良さそうと思ったら試してみる
しかないでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

栄養」カテゴリの最新記事