見ル前ニ跳ベ

バイきんぐ小峠の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夜のピクニック

2006-10-26 13:34:29 | 日常
どうもみなさんこんにちは、ノーサック岡崎です。

”夜のピクニック”という本を読みました。

タイトルがええでしょ。
カバーのデザインも良い。

本屋さんがお客さんに是非お薦めしたいという基準で選ばれる”本屋大賞”というのを受賞したという作品。青春モノ。

めっちゃ良かった。
あー良かった。

修学旅行のない高校の全校生徒全員で、朝から次の日の朝まで80キロをただひたすら歩くという学校行事”歩行祭”の話。

温かい本です。
青春時代のほろ苦さ、初々しさ。
ニヤニヤにながら読んでしまいました。

確かにお薦めです。
短いからすぐ読める。
時間ある人なんか一日で完読出来ます。

これ読んだらね、めっちゃ歩きたくなるんですよ。
もう歩かずにはおられへん思う。

そやから今度後輩と山登りに行くことにしました。

桜前線・渡辺、ジェニーゴーゴー・川原、オテンキ・江波戸というメンツで、行って参ります。

キラッキラーズのジャックには断られました。

もう一生、誘う事はないでしょう。

ちなみにジャックと言ってもジャック・ニコルソンではありません。

面白くないですか。

そうでしょう、そうでしょう。


「伊豆ケ岳」という山を登ってきます。

下手すりゃ山火事起こします。

山火事起こす方向で行きたいと思います。

いや、やっぱり山火事起こす前提で行ってきます。

行く前、参加者全員に必ず”夜のピクニック”を読んでもらい、俺と同じ気持ちになってもらいます。

もし本を読んで感銘を受けなくても山登りには参加させますが、有無を言わさず”山に火を着ける係”に任命されます。

渡辺は読まなくて結構です。

なぜなら彼には、人間の心がないからです。

五歳の頃、親に無理やり”涙腺摘出手術”を受けさせらたそうです。

それ以来、涙を流した事がないと言っておりました。

川原は太ってるので、自動的に”おやつ係”です。

おやつと肉を持ってきてもらいます。

何故おやつだけではなく、肉までか。

答えは簡単です。

川原は太っているからです。

江波戸は特になにもありません。

別に来なくても良いと思っています。


昨日、レンタカーを予約しました。

俺、本気です。

渡辺、川原、江波戸。

↓にアクセスして、俺達の挑戦する山を観て、テンション上げといてください。


http://yujiwww.web.infoseek.co.jp/o-m-05424.htm


俺、本気です。


ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 理由 | トップ | 明後日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山登り (うどん)
2006-10-26 16:32:44
いいですねー。山登り。

子供の頃は家族でよく行きました。

懐かしい。

気を付けて、行ってきてください。
Unknown (小峠)
2006-10-26 17:36:19
いいでしょー。山登り。

家族でよく行ってたというのは微笑ましいですな。

安心してください。

江波戸は責任を持って、山に捨ててきます。
Unknown (桜前線渡辺)
2006-10-27 01:27:48
僕、熊倒すまで帰りませんから。



Unknown (小峠)
2006-10-27 09:14:59
おお、渡辺。

書き忘れとったけど、頂上でお前と江波戸のコンビ時代”ガスマスク”のネタやってもらうからな。

伝説のヒットマンのネタ。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事