美容系ものかき★中尾慧里の美験

高齢育児をこなしつつ、美容系のお仕事がらみの美体験&育児体験などをぼちぼちと紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シミとりレーザー!

2018-04-07 | ビューティー
抗老化生活中の中尾です。
齢50を越え、顔もカラダもエイジング問題ばかりですが、意を決してまずは「シミとり」から始めることにしました。若いママたちに負けずに、素顔を堂々と見せられるようになりたいなーと。とはいえ、シミのおかげでさまざまなコンシーラーの秀逸品にめぐりあえたりしたんですが(苦笑)。

さっそく、お世話になっている松倉クリニックへご相談。一見して「Qルビーレーザーで」と即決。カンパンはなく、どうやら光老化によるシミだらけのようです……。しかもかなり広い範囲にたくさんあって、マーカーつけてみたら「え? こんなに?」と自分でもびっくりするほど。が、どうせなら気になるものは一気に削除したほうがいいしなぁ。




ご存知の方も多いかと思いますが、Qルビーレーザーはメラニンに反応します。ゴムでパチンと弾かれるような痛み、とのこと。20年ほど前に体験したことはあるので、なんとなく感じはわかるけれど、久しぶりなのでちょっとコワい……。

看護婦さんが丁寧に麻酔してくれて20分ほど待ってから、いよいよ先生がにこやかに登場。「きっとすっきりするよー」となぜか私より嬉しそう(苦笑)。まず一発打ってみて「こんな感じの痛みです」と。確かにパチン! 思ったより大丈夫なのでそのまま進行。パチン、パチンと軽妙に打ち進む。しかもなごやかにおしゃべりしながら。10分もかからなかったような。ショット数は80ほど。ひゃー。かなり打ったなぁ。

ヒリヒリするけど、耐えられる痛み。やけどした後みたいな感じ。でもこの痛みは1時間ほどで消えるそう。すぐに傷パワーパッドを貼ってもらう。これは2週間貼り続けておくらしい。湿潤して傷を治すことで、キレイに仕上がるらしいです。が、けっこうすごい顔だ~。




洗顔のときもはがれないようにそっと洗い、黒々してくるので外出時はマスク必須。その日はパッドが目立つくらいだったけれど、数日すると黒々してきて、シミが濃くなったような顔になりました……。






10日ほど過ぎると、「本当にシミが取れているんだろうか?」と不安になるくらいパッドが黒く膨らんでくるし、このまま実は取れていなかったらどうしようと思うことも。しかし、パッドはきっちり貼ってあってはがれることなく2週間め。

クリニックに行って、先生に「よくがんばりました」と褒められ、ピンセットでパッドをじわじわはがしてもらうと……! 「すっきりしたねぇ!」と鏡を渡され、見てビックリ! ない~! あの、大陸のようにつながった黒いシミがない! 淡いピンク色の新しい皮膚がある! 感動、感動!


こうなると、残っている小さな点々が気になる。あれもこれも取りたいと欲が出てくるんだけど、「外用薬でもかなり白くなってくるから」と言われ、レーザー治療後に塗るオリジナルの塗り薬の説明を受けました。

1本はハイドロキノン、もう1本はニューレチノイン酸。夜のケアはこれを同量混ぜて塗るだけ。レーザー後の色素沈着を防いで、傷の治りをスピーディにするそうです。レーザーをした部分以外にも塗ってよく、新陳代謝を促すので薄いシミならこの2本で解決できるとのこと。

翌朝は久しぶりにテープもシミもない顔に、嬉し笑いが出てしまいました。国内最高のUVカット値の日焼け止めを塗り、レーザー後でまだちょっと赤みはありますが、コンシーラーを使うことなくメイク完了。超時短!




これ以上、もうシミが濃くなりませんように……。新しい皮膚を大切に育てていきたいと思います~♪
コメント   この記事についてブログを書く
« 師走、シートマスクの威力を... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ビューティー」カテゴリの最新記事