スイスより ☆愛☆

スイスINFO・スイス 国際結婚・フランス語・アンティーク雑貨 蚤の市・私の周りのこんなこと♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フランス人の勘違い Mickey は日本語で、、

2010-06-01 19:11:43 | France
いやぁ、お久しぶりです。
ブログを書こう書こうと思い今日まで、、、
あんなネタやこんなネタがあるんですが、
怠け者のクセがまたでました

で、そんな私を今すぐブログを書かなくては!と
思わせたネタがありまして、、、

さっきフランスのクイズ番組を肉が観ていたら
「Quoi!?(なに!?!)」と声を張り上げてました。。
何かと思ったら
クイズの問題で
「ディズニーのミッキーマウスは日本語でなんて
いうでしょう?」という問題。
4択なんですが、全て意味をなさないものばかり。

で、正解は

「Miki kuchi」

ミ、、、ミキクチ???

なにをどうしたら、ミキクチに。。。
考えた末、もしや「Mikki- kun」?
と言いたかったのだろうということに

ま、日本でもどこの国でも外国語の勘違いは
おこりますよね~ おもろかったです

ぽちっ」で応援お願いします

  
コメント (4)

パリ おすすめ日本食レストラン ラーメン屋編

2010-01-28 16:49:13 | France
今回が2度目のパリ オペラ座近郊のラーメン街
実は、1回目がかなり失敗だったので、
大好きなラーメンをお金出してまでおいしくない
ラーメンに払いたくないと思い、もう行かない覚悟でした。

でも、今回日本の友人とパリに行ったらラーメンが
食べたくなったので、前にウワサでおいしいと聞いた
ブックオフあたりの『金太郎』に行ってみることにしました。
そしたら、どこだか分からなくなり。。。
その代わり『北海道』を発見

店に入るとどうやら1番のり。。。

おいしいのか、おいしくないのか、、、


とりあえず、野菜ラーメンセットを注文

すると、「あけましておめでとう!」
と日本の中高年の男性2人組みが入店してきた!

(私たちは、この時点でおいしいと確信
長年パリに住んでそうな貫禄と常連っぽい=おいしい)

で運ばれてきたラーメンと餃子はこちら


ここ、本当においしかったです
1回目の経験で、もうパリのラーメン屋は
食べられないトラウマにかかるところだった~

「ぽちっ」で応援お願いします

  
コメント (3)

パリ おすすめカフェ

2010-01-27 10:41:26 | France
パリの2大カフェ

『CAFE DE FLORE』『LES DEUX MAGOTS』

までパリジェンヌの友人に連れていってもらい、
どちらに行こうか考えるわたしたち。。。
フィーリングがあったのが カフェ・ド・フロール
だったので、そちらに。。


パリは、死ぬほど寒くてそんな時にはやっぱり
ショコラショ(ホットチョコレート)に限ります
パリジェンヌの友だちは約7ユーロもする
ショコラショを高すぎるとぼやいていましたが
観光客気分のわたしたちは、それでも飲みたい

だってとても歴史あるカフェなんです。
1887年創業で特に有名なのは、ピカソ(画家)
サルトル(哲学者)ボーヴォワール(哲学者)などが
愛してやまず訪れていたということ。

それと、ネットを見て知ったのですが、
創業以来ずっとフランス人の腕のいいギャルソンのみで
やってきたのが、2005年から外国人男性が加わったそうです。
しかも日本人男性
すごいですね、ましてや外国での挑戦となると
果てしない努力を積まれてきたのだと思います。
こちらまでチカラをもらいますね

肝心のショコラショはこちら~
「チョコレート溶かしました!」という濃厚な味で
寒さと疲れには抜群でおいしかったです

ちなみに、LADUREEのカフェにも行って友だちが
LADUREEスペシャルのショコラショを頼んだので
一口もらいまいたが、、
個人的にはカフェ・ド・フロールが断然おいしかったです




「ぽちっ」で応援お願いします

  
コメント (5)

パリでのお土産 LADUREEの雑貨編

2010-01-25 22:31:01 | France
Ladureeといえば「マカロン

ですが、雑貨もすごくかわいいんです

キャンドル・ノート色々ありますが

今回シャンゼリゼで買いたかったのは、、、

LADUREEの小さいトート

かわいいワンコとネコ(シルエット)のデザインが片面ずつ

他のシリーズも少しずつ集めたいな~

それとLADUREEのスイーツレシピ本も発見

しかもマカロンの作り方まで

きちんと箱に入っていて、ベロア生地の趣きあるレシピ本

雰囲気が素敵だったのでゲットしました
公式ページにレシピが少し公開してありますよ~




「ぽちっ」で応援お願いします

  
コメント

あてのない旅

2006-06-07 15:52:06 | France

先日日曜、肉と「あてのない旅」に出かけることになった。

というのも、スイスには様々なタイプのトレインチケットがあり、5回までならどこへ行っても良いチケットを使って「行き先を決めずにどこかへ行ってみよう!」ってことになったのです

とりあえず来た電車を乗り継いで、「ここだ」と思ったところに行き着こうと。。。

とーこーろーがー当日朝になって年間半額パスを持っていないと購入出来ない事を知り、急遽持ち合わせたガイドブックでチェックだけどまともにチケット買うと高いからあまり遠いところもいかれないしってことで以前から行きたかった「Evian」に行くことにしました 

あのミネラルウォーターの原産地でっす

Evianまでスイスとフランスをまたにかけるレマン湖をボートで乗り継いで。。。。

Nyon(スイス)→Yvoire(フランス)→Thonon(フランス)→Evian(フランス)

乗り継ぎのYvoireは小さい村だけどほーんとかわいくておとぎ話のようなトコロ

そして、Thononへ。。。 第2弾のとーこーろーがー

ここでEvian行きのボートをミスで逃してしまい、ほんとうにあてがなくなってしましました。。。次のボートまで1時間以上あるし何もない村だし夜は肉の兄姉と待ち合わせてるから時間までに帰んなきゃあかんし。。。。っで、やっちゃいました

「初☆のヒッチハイク~~~~~

いや~最初はお兄さんがすぐ止まってくれ、次がなかなか止まらず・・

恥ずかしかったけど私もEnjoyすることにしこんなことして頑張ってみましたしばらくすると陽気な夫妻がちょうどEvian方面に行くということでついについに到着っ

 

そして念願の「これが本当のEvian」飲んできたよっ

 

おっとF田さん。いつか行こうと決めていたEvianのために空のEvianボトルをとっておいてこの日refill (笑)

「Evian社」

 

コメント (6)