日大豊山 卓球部

日大豊山卓球部のブログです。
ここには、試合の結果や日常のことを掲載していこうと思っています。

目標は全国入賞!

三送会

2016-02-28 11:52:36 | 日記

昨日は三送会でした^ ^

会の前に現役と練習試合をするという初めての企画でしたが、なんだか緊張感もでて良い内容の試合が見られました。

この3年生はもともと人数が少なく、6人での三送会でした。
コーチが入ってきたときの1年生で、個性が強いというか、ワガママというか、、コーチと日々悩まされることが多かった代だなと今になっては思います笑

インターハイには行けなかったものの、新人戦はなぜか優勝w
続く関東選抜は5位で通過ww
全国選抜では岡山の関西高校さんに、いい試合となるところまでやりました。

ダブルスは本当に強かったです。
それと、3番手、4番手が必要なところだけなぜか番狂わせで勝ってきて、3-2勝ちみたいなことが本当に多く、驚かされることばかりでしたf^_^;)


本当に今までになく色々なことがあった代で、思い出というか、死闘の日々というか、は語りつくせません。でも終わってみれば良い代だったと思います。
いつか彼らともお酒なんかを交わしながら、楽しく話せる日がくるのを心待ちにしています^ ^

明後日は卒業式。
おめでとう!
ありがとう。



げんた



p.s
記念品として素敵なボールペンをいただきました^ ^
ありがとうございますm(__)m

オンリーワン卓球選手権

2016-02-21 08:36:20 | 日記


昨日はオンリーワン卓球選手権に参加してきました!
この大会は障がい者卓球の周知とパラリンピックのチャリティ等も含めた大会で、大会前に障がい者卓球の理解を深めるためのイベントがあり、パラリンピック日本代表の選手と日本リーグ選手や福澤アナのゲーム練習も行われていました。
大変素晴らしい機会で、ご紹介頂いた朝日大学監督さんや主催の立石さんには大変感謝いたしますm(__)m

いい機会だったので、OB達と一緒に自分も試合に出てみました^ ^


今日は岐阜の中京高校さんと千葉商科大学付属さんと練習試合です。
今は台との距離感とそのための細かい動作について全体に言っています。

疲れがあるのか朝一はよかったのですが、だんだんと集中力に欠ける試合が見られました。
午後はそんなときにひと頑張りしてほしいです。


げんた

大阪オープン

2016-02-14 11:20:10 | 日記

惨敗です(-。-;

東海大高輪台

2016-02-12 07:09:29 | 日記
昨日は東海大高輪台さんと練習試合でした。
東洋大学にいったOBもきてくれていました。
中学生の練習がなかったため、12台を使ってほぼフル稼働で多い選手で17試合くらいやれていたようでした。

内容はそれぞれに成長は見られました。全体的に以前に比べ動けるようになった印象です。

試合の合間に、今の試合の自分の内容がどのくらいのレベルであったか、東京の予選を考えたら何回戦くらいの内容であったか聞いていました。
聞いてみるとなかなか目標とする内容に達していないことに気づくようで、それぞれの中でイメージする"何回戦くらいの選手"と今の自分。そう考えていくと勝ち負けではなく力が足りていないことに気づくのではと思いました。

相手がミスをしての得点が、実は返ってきていたら何も準備ができていないこと、予測ができていないことが多くある気がします。
そして勝っていても、自分のミスの多さ。そんなに失点するべきであったのか。


最近、卓球の練習内容はレベルの上も下もそう大差はなく、その精度の差なのだとつくづく感じています。コース、長さ、回転、打球点、、打てるところにきてしっかり打てることは当たり前で、ずれたとき、動いたときにもこれらを正確にイメージ通りにコントロールできているかがレベルの差なのだと。

11点しかない。ナイスボールで2点3点くれるわけでもない。ラケットに当たってしまえば返ってきてしまう。

やはりミスが命取り。

その上で相手とのやりとりができる選手になること、駆け引きをできる選手になれなければ、、

それこそが練習試合の意味だと感じ考えています。





もうひとつ、

東洋大学にいったOBがエースと試合をしてくれました。
結果は3-2でOBだったのですが、戻ってくるなりフェンスを蹴ってひどく怒っていました。

エースの態度が悪かった。


普段物静かな、あまり感情的になることのない温厚な彼がこんなに怒っているのは僕も初めて見ました。

本当に申し訳ないことをしました。。


話を聞いても、「自分はいいですけど、、」と。

きっと後輩がそんなで、怒りというより、悔しさや、やり切れなさ、、もしかしたら僕に対しての感情もあったかもしれない。
がっかりさせてしまったかもしれない。。

とにかく僕も謝っていました。


当のエースは怒らせてしまったことで、どうしたらいいか、やってしまったいう動揺もあるのか、出るに出れずで。コーチや3年生から話してもらいながら、最後は僕からいい加減にしなさいとも言われ、謝りに。


OBは話してくれました。

それでは大学も含めどこでも練習は受け入れてもらえないこと。チームとしてのこと。もろもろ自分が損をすること。自分はOBだからこれで済むけど、、と。

コーチからも、
今までの様々な人達、大学生も先生方もOB達も、みんなが大人な感覚で、気を使って我慢してくれていること。このOBの反応が普通で、こうした感情を多くの人が抱いていること。その我慢に甘えてきていること。これはいつかこうなると日々話されていること。



気付いてくれることをただただ祈ります。



そうでなければ我々はチームとしてひとつひとつ失っていってしまう。


良くも悪くも彼と共に我々はあり、チームはある。

彼がひとりではできないように、我々も彼を含めてチーム。これは全ての部員がそれで、
スタッフ、OB、保護者、関わってくれる全ての人々、

どれを欠いてもチームは欠ける


ひとつになれた時、そのときにだけ何かを成し遂げる






僕にとってチームは家族。


楽しく嬉しいときもある。辛く悲しいときもある。

我慢をしなくてはならないときもある、断腸の思いでも我慢をさせなくてはならないときもある。


良いときも悪いときも逃げずに向かい合い、永い人生を共に生きる。


僕は逃げない。
覚悟を決めている。


信じて付いてきてほしい。




げんた