部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

今年も新玉ねぎの収穫が始まりました。

2020年03月31日 | 農業委員会事務局

 こんにちは農業委員会事務局長の藤田です。
農業公社で栽培している新玉ねぎの収穫が昨日より始まりました。
新玉ねぎは、ご存じのように甘味があって、この時期にしか味わえない旬の野菜ですよね。
しかし、新型コロナウイルスの影響によりこの新玉ねぎも給食としての行先がないため市役所周辺で販売しています。我が家でも最近は農業公社の野菜を中心としたメニューが多く、箕面産の野菜を堪能しています。

 

 本日3月31日は令和元年度の最終日となりますが、明日から始まる新年度体制に伴う人事異動により、1年間務めさせていただいた農業委員会事務局長の職は本日で最後となります。人生初のブログとはいえ、稚拙な文書に1年間お付き合いいただきありがとうござました。
 この1年間、農業の活性化や、農地保全に向けた市の取り組みについて、このブログを通じて発信してきたつもりですが、いかがでしたでしょうか?
 この3月議会に、市議会議員の方から「農地保全の重要性」に関する一般質問があり、市としても貴重な街なかの緑を守りたいとの思いもあって農業公社による遊休地解消に向けた取り組みを推進していること等を答弁したところです。
 新年度になっても、引き続き農業の振興に取り組んでまいりますので、今後とも農業に関心を寄せていただき、市がすすめている地産地消の取り組みを応援していただきますようお願いいたします。

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


桜咲く季節に寄せて

2020年03月30日 | 市民部

皆さまこんにちは。市民部の浅井です。

3月も末となり、季節は確実に春に移り変わりつつあります。環境クリーンセンターの桜もつぼみが膨らんできています。

環境クリーンセンターの桜

新型コロナウイルス感染症に関する不安が尽きない今日この頃ですが、こうした着実な春の訪れに触れると、今年は例年以上にホッとした気持ちになるのは私だけではないのではないでしょうか。

春は出会いと別れの季節です。4月から箕面市で新生活を始められるかたも多くいらっしゃると思います。今回は新生活を始めるにあたり、とても便利なアプリや引っ越しごみを出すとき特に気をつけていただきたいことをお伝えしたいと思います。

 

●箕面での新生活と「箕面くらしナビ」
この春から初めて箕面に引っ越されてくるかたもたくさんいらっしゃると思います。引っ越し先でまず気になるのはやはり「ごみの日や出しかた」ではないでしょうか。そんなときはスマートフォン向けアプリ「箕面くらしナビ」をご活用ください。

箕面くらしナビはごみの日のカレンダーを確認できたり、事前にごみの日をお知らせしてくれたり、ごみの出しかたが確認できたりと箕面での新生活にうってつけのアプリです。市民安全情報やイベント情報等も確認できる便利なアプリなのでぜひご活用ください。

 

●春の大掃除とごみの出し方
引っ越されてくるかた、新たな気持ちで新年度を迎えるにあたり家を片付けたいかたと、春は何かとごみの量が増える季節です。いつもよりも多くのごみを通常のごみの日に出されるときには次のことにご注意ください。

  1. 燃えるごみは排出量の制限はありませんが、必ず市指定の「燃えるごみ専用袋」に入れ、袋の口をしっかり結んで出してください。
  2. 不燃ごみは市指定の「燃えないごみ専用袋」に入れて出してください。ただし1回の収集日につき2袋が排出制限であることにご注意ください。
  3. 大型ごみ(燃えないごみ専用袋に入らない大きさで長辺3メートルまでの持ち運べるごみ)は、市指定の「大型ごみ処理券」を貼って出してください。ただし1回の収集日につき1点が排出制限であることにご注意ください。なお、大型ごみ処理券は、長辺(一番長いところ)が1.5メートルまでの場合は1枚、長辺が1.5メートルを超えて3メートルまでの場合は2枚を収集作業員から見えやすい場所に直接貼り付けてください。


●特にご注意いただきたい「危険ごみ」
水銀などの有害物質を使用している乾電池・蛍光灯・水銀体温計・水銀血圧計や、ライター・スプレー缶・カセット式ガスボンベなどは、「危険ごみ」です。これらは危険ごみの日に出してください。
特に、スプレー缶・カセット式ガスボンベなどは爆発事故の原因となるので、絶対にほかのごみに混ぜないでください。スプレー缶・カセット式ガスボンベについては、箕面市では中身が残っていてもそのまま出すことができます。穴をあける必要はありません。

スプレー缶・カセット式ガスボンベは袋に入れず、かご型容器で!

 

●臨時収集やクリーンセンターへの持ち込み
多くのごみを一度に処理したい場合は、臨時収集を依頼したり環境クリーンセンターへ直接持ち込む方法もあります。この場合は、市指定のごみ袋や大型ごみ処理券を使用する必要はありませんが、通常のごみの日と同じ方法であらかじめ分別していただく必要があります。

  • 臨時収集の場合は事前に予約が必要です。月曜日から金曜日まで受け付けています。詳しくは「臨時の収集」をご確認ください。
  • 環境クリーンセンターへ直接持ち込む場合は、火曜日から土曜日の午前9時から午後5時までにお越しください。事前の予約は必要ありません。なお、受付時に運転免許証等で箕面市内からごみが発生していることを確認します。詳しくは「ごみの持ち込みについて」をご確認ください。

 

●心あらたにそれぞれの春を!
市民部長として私がお伝えしてきたブログも今回が最終回となります。今までお付き合いいただきありがとうございました。

最後に、春の訪れを告げる写真をもうひとつ。

クリーンセンターで見つけたナミテントウとナガメ
(ナガメは菜の花につくからナガメというのです)

皆様におかれましても4月から良きスタートが切れますように!
それでは皆様さようなら。

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


comm cafe(コムカフェ)でランチはいかがですか!

2020年03月27日 | 子ども未来創造局

皆さん、こんにちは。子ども未来創造局生涯学習担当・人権文化部の小林です。

新型コロナウィルス感染症により「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催延期が正式に決定されました。

併せて、3月26日(木曜日)に福島県をスタートし、本市では4月14日(火曜日)に予定されていた聖火リレーも中止されることになりました。

聖火リレー中止に伴う詳細な通知等はありませんが、報道によると、聖火リレーは大会の延期の時期に合わせて新たな日程を定め、全国各地で走る予定だったおよそ1万人の聖火ランナーと121日間をかけてめぐる全国のルートは、新たに行われるリレーでも基本的に維持される、とのことです。

詳細等の通知があれば改めてお知らせしますが、本市で予定していた聖火リレーのコースや聖火ランナー、サポートランナー、ボランティアスタッフ、応援演舞などについては、新たに行われるリレーでもお願いしていく方向で検討したいと考えています。

聖火リレーを楽しみにされていた方々には非常に残念な結果となりましたが、世界的に猛威を振るっている新型コロナウィルス感染症の拡大を防ぐための措置であることをご理解いただくとともに、新型コロナウィルス感染症が一日も早く終息し、そしてオリンピック・パラリンピック、聖火リレーが安全かつ安心して開催されることを切に願うばかりです。


◆多文化交流センター

交通手段の発達により、人々の国を超えた往来が比較的簡単にできるようになったことで、「世界のボーダレス化」と言れるようになりましたが、皆さんは、「国際」と聞いて何を思い浮かべますか。

「国際交流」や「国際協力」、「多文化共生」という言葉がありますが、普段、耳にする機会はあっても、実際にこれらの言葉の意味について深く考えたことがない方も多いと思います。

箕面市が平成24年3月に策定した「箕面市国際化指針」の中では、これらの言葉について次のように定めています。

【国際交流・国際協力】

市民一人ひとりが、国や地域を越えた交流やつながりを広げながら、互いに学び合い、協力しあいながら活動すること

【多文化共生】

国籍や言葉などの異なる人々が、互いの文化・習慣の違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員としてともに生きていくこと

 

実際に定義を聞いても、分かったような分からないような、やはりイメージしにくいと思いますので、実際に箕面市でどのような事業を実施しているのか、簡単にご紹介します。


<多文化交流センター>

箕面市の東部(小野原西)にある多文化交流センターは、国際交流及び多様な文化が共生する地域社会の発展を目指し、市民の交流及び相互理解を促進することを目的に、平成25年に設置されました。

現在は、(公財)箕面市国際交流協会が指定管理者として、施設の管理・運営と上記の目的を達成するための様々な事業を行っています。

多文化交流センターの事業のひとつに、日本語学習支援事業があります。これは言葉から想像しやすいかと思いますが、「日本語教室の開催」です。

皆さんも、仕事やそのほかの理由で外国で暮らすことになったとき、言葉ができないと困りますよね。言葉ができないと、その国では当たり前のことが難しかったり、周りの人とコミュニケーションが取れず孤立してしまったりと、生活する上で大変なことがたくさんあると思います。

箕面市には、現在約3,000人の外国人市民が暮らしていますが、中には日本語が分からずに困っているかたもいます。そこで、多文化交流センターでは、日本語教室を開催し、外国人市民が日本語を学習できる機会を提供しています。

外国人市民の増加により、日本語教室のニーズはますます増加しています。また、日本語教室に通いたくても、距離的・時間的な問題で多文化交流センターに行きにくいという声もありました。そこで、来年度からは、多文化交流センターだけではなく西部地域でも開催したり、平日だけでなく週末にも開催するなど、日本語教室の拡大を図っていく予定です。

もう1つ事業をご紹介します。
多文化交流センターには、comm cafe(コムカフェ)というコミュニティカフェがあるのはご存じでしょうか。


<comm cafeの様子>

多文化交流センターが開設されてから、外国人市民の社会参画を目的に、外国人市民がシェフとなり、日替わりで母国の料理を提供しています。

外国の料理を気軽に楽しめるということで、大変好評です。また、「自分のお店を持ちたい!」という目標をもつ外国人シェフにとっても、この経験によって自信をつけることができ、中には豊中でレストランをオープンする夢を実現されたかたもいます。

ベトナムや中国、タイ、インドなど、様々な国・地域の料理を気軽に楽しむことができますので、comm cafeの近くにお越しの際は、ぜひ、ランチを召し上がってみてください。


この日は、メキシコ料理でした

  場所:多文化交流センター(箕面市小野原西5-2-36)1階 comm cafe 
  時間:ランチ11時30分~14時(売り切れ次第終了)
  詳しくは、国際交流協会のホームページをご覧ください。

現在は、コロナウイルスの感染拡大を受け、多文化交流センターのイベントも中止になっていますが、今回ご紹介した事業以外にも、楽しいイベントを実施していますので、ぜひ、ホームページをチェックしてみてください。


◆ハット市とクエルナバカ市との交流

最後に、国際交流の事業についてご紹介します。
箕面市には、2つの姉妹都市があることはご存じでしょうか。国際協力都市提携を締結しているニュージーランド・ハット市と、国際友好都市提携を締結しているメキシコ・クエルナバカ市です。

2都市との交流については、以前、この部長ブログでご紹介させていただきましたが、ハット市とは、教員の交流をはじめ、学校間のスカイプ交流、青少年の受け入れなどを、クエルナバカ市とは、クエルナバカ市にあるモレロス大学の学生を受け入れるなどの交流を実施しています

ハット市の青少年の受け入れや、モレロス大学の学生の受け入れ時には、広くホストファミリーを募集しています。

今年もモレロス大学からの学生の受け入れを予定していますので、ご興味のある方は、もみじだよりや市のホームページをご確認ください。(例年7月に募集していますが、変更になる場合もあります)


<令和元年度のモレロス大学研修生4名>



児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


三代目 救助工作車 発進!

2020年03月26日 | 消防本部・署

消防本部の美谷(みや)です。
今年度では、最後のブログとなります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、遂に東京オリンピック・パラリンピックの開催が延期となりました。
全世界を震撼させているコロナ旋風。甲子園の野球大会や様々なイベントまで巻き込み、社会経済に与える影響も含め、想定外の目に見えない大規模災害?となってしまいました。

皆さん冷静に、感染拡大を防ぐための3つの条件に注意し、冷静に対応してください。
 1.密閉空間
 2.人の密集
 3.近距離の会話


・・・そんな中、桜の開花の便りが届きだしていますが、極寒の大阪のてっぺん(能勢町)では、春の訪れを待ちわびてか、季節外れのような花が咲いていました。(3月初旬の写真)

    ・・・実は、冬に咲くアヤメだそうです。(寒咲菖蒲:カンザキアヤメ)

 

さて、本年度の消防本部の主要施策だった救助工作車の更新整備も無事完了し、操作訓練や走行訓練を重ね、3月17日より、正式に運用を開始いたしました。
 (三代目の車両紹介は、取れたてブログで確認ください。) 

救助工作車は、本市消防署の象徴たる車両で、助けを求める声にすぐさま飛んでいく、昔のテレビドラマの国際救助隊:サンダーバードの様な存在です!

◇初代救助工作車 昭和63年~平成15年

 

◇二代目救助工作車 平成15年~令和2年

 
◇三代目救助工作車 令和2年3月~
 
三代目は、いち速く飛んでいくイメージを翼で表現し、MINOHの文字をあしらったウイングで素速く現場に駆けつけるスピード感をボディに描きました。

 

これからも、皆さんのSOSに対応できるように、チーム一丸となって頑張りますのでよろしくお願いします。

また、令和2年度も「消防の動き」について紹介いたしますので、引き続きよろしくお願いします。

 

 

【火災救急発生状況】 令和2年1月1日からの統計です。

  3月26日(木曜日)午前9時00分現在
  ◇火災      4件 (昨年同時期比較    ±0件)
  ◇救急  1,898件 (昨年同時期比較      -40件)

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


令和2年第1回定例会もまもなく閉会

2020年03月25日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

東京オリンピック・パラリンピックが今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって1年程度延期されることが決定したとのこと。
確かに、これだけ世界的に感染が拡大すれば、やむを得ない判断だと思います。この決定に対して色々な思いや考えが報道されていますが、ただただ一日も早い感染の終息を願うばかりです。

さて、今年度も残すところ後わずか。
市議会も明日、明後日の本会議を残すのみとなりました。
明日は、令和2年度の当初予算、令和元年度の補正予算、その他条例改正等の採決が行われ、その後の議員による一般質問を終えると閉会となります。
なお、今回提出されている一般質問は次のとおりです。

大阪維新の会箕面
武智 秀生 議員
1.高齢ドライバーの事故撲滅に向けて
  ・本市の現状について
  ・発生原因の分析と防止対策について
  ・本年度の重点施策について

大阪維新の会箕面
神代 繁近 議員

1.「スポーツ振興」の取り組みについて   
 ・オリ・パラふれあいイベントについて   
 ・大人のスポーツ・トライアル事業について   
 ・スポーツボランティアについて   
 ・障害者スポーツの取り組みについて    
 ・今後の課題と取り組みについて

大阪維新の会箕面
今木 晋一 議員
1.市民の安全対策(otta)について
 ・児童生徒の見守り端末(otta)所持率について
 ・検知器の検知精度について
 ・見守りアプリについて
 ・高齢者見守りについて
 ・高齢者のotta利用者の拡大に向けた取り組みについて
 ・近隣自治体へのottaの拡大について

大阪維新の会箕面
尾上 克雅 議員

1.障害者グループホームについて   
 ・これまで国が行ってきた施策について   
 ・箕面市の取り組みと運営状況について   
 ・市内東部での運営計画と進捗状況について   
 ・知的障害者、精神障害者に対する市民の理解と広報活動について

自民党市民クラブ
中井 博幸 議員

1.箕面市の農政について    
 ・生産緑地制度について    
 ・農地転用の抑制策について    
 ・農業公社について    
 ・農地の新たな活用策について

箕面政友会
内海 辰郷 議員

1.箕面市指定ごみ袋の製袋事業について  
 ・製袋事業の沿革について  
 ・指定ごみ袋改善の取り組みについて  
 ・あかつき福祉会との連携協議について  
 ・製袋事業とワークシェアを受ける事業所への対応について  
 ・市民部と健康福祉部の連携について  
 ・地方自治は利他の精神にあり    
 ・災い転じて福となせ

自民党市民クラブ
林 恒男 議員

1. 30年、40年後の箕面森町について    
 ・グリーンロードの避難トンネル活用について
 ・自動運転による新交通システムの導入について
 ・亀岡市、南丹市、能勢町、豊能町と力を結集して北大阪急行線の延伸を
2.議会棟の設置について    
 ・議会開会中のセキュリティー対策について    
 ・議場、委員会室等の老朽化について    
 ・委員会室の利用方法等について
 ・グリーンホール跡地に議会棟の設置を

大阪維新の会箕面
堀江 優 議員

1.次世代教育の充実について    
 ・オンライン教育について    
 ・タブレット学習について
2.民間の力と学校施設を使用した学力、体力の向上について    
 ・学校施設利用の現状について    
 ・民間塾等への貸し出しについて

箕面政友会
川上 加津子 議員

1.箕面市教育センターについて    
 ・教育センターの設置目的    
 ・教育センターの役割    
 ・事務機能を市役所別館へ移動させる内容と理由    
 ・今後の教育センター構想  
2.小中一貫教育について
 ・これまでの小中一貫教育の取り組み
 ・これまでの小中一貫教育をどう評価しているのか
 ・今後の小中一貫教育について

無所属
増田 京子 議員

1.自然豊かでみどりと歴史文化を育むまちづくりについて    
 ・西の池埋め立てについて    
 ・森林譲与税について    
 ・箕面新稲の森について    
 ・快適環境づくり計画について    
 ・歴史施策について    
 ・新たな文化ホールについて

箕面政友会
中嶋 三四郎 議員

1.箕面市における若者支援の取り組みについて
 ・若者支援における課題について
 ・具体的な実態把握について
 ・箕面市におけるこれまでの取り組みについて
 ・箕面市における今後の取り組みについて

無所属
中西 智子 議員

1.ノーマライゼーションを推進するための市の取り組みを問う 
 ・2004年の人権施策審議会提言を受けた市の具体策について
 ・2019年のグループホーム設立をめぐる地域住民の対応と、これまでの市の取り組みについて
 ・公共施設におけるバリアフリー対策について

日本共産党
村川 真実 議員

1.箕面市での働き方について    
 ・箕面市の働き方の種類について    
 ・会計年度任用職員制度について    
 ・休暇取得について    
 ・人事評価制度について    
 ・研修について    
 ・権利救済制度について    
 ・窓口業務委託について

日本共産党
名手 宏樹 議員

1.新型コロナウイルス感染症対策について    
 ・情報収集と伝達について    
 ・マスクの配布について    
 ・学校休校中の対応について  
    開設している学童保育室について      
    自習などで受け入れを行うなど柔軟な対策について      
    支援学級の子どもたちについて      
    休業補償について      
    学校給食の食材について      
    入学式など行事について      
    学校再開について
 ・市の事業を実施している事業者の影響と対策について    
 ・保育園、学童保育室など正確な情報伝達と丁寧な聞き取り
    支援策について    
 ・中小業者に対し、必要な融資や助成などの支援策について    
 ・障害・高齢者施設への影響と支援策について    
 ・緊急の財政措置について

これらの会議の様子は、市議会のホームページでライブ中継しますのでご覧ください。

 

さて、私事ですが、今年度をもって定年退職いたします。

ブログも今回が最後になりました。

なにぶん市議会は、事業を執行する機関でないこともあり、イベント情報や事業内容の紹介などといった市の動きをブログでお伝えするものもさほどなく、ブログが回ってくる度に何を書こうかと頭を悩ませました。議会事務局長として5年4ヶ月、ブログを書かせていただきましたが、特にこの2年ほどは、3週間に1回ぐらい回ってくる(今月も2回目です)のですが、議会の開催も年に4回とブログのネタにはかなり苦労し、結果として、同じような内容が多くなってしまったことをお許し願いたいと思います。

新年度からは、局長も代わり新たな視点でブログを書かれることと思いますので、ご期待ください。

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。