部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

箕面市農業祭が開催されます!

2019年11月14日 | 農業委員会事務局

 こんにちは 農業委員会事務局長の藤田です。

 11月23日(土曜日・祝日)に芦原公園・メイプルホールにおいて箕面市農業祭が開催されます。

 農業祭は、箕面市内で生産された新鮮で安心安全な農作物を、展示・販売を通じて広くPRし、農業者と市民の交流を通じて農業に対する市民の理解を深め、地産地消の一層の拡充、地域農業の発展を目的に実施するもので、今回で44回を迎えることとなりました。

 《農業祭のチラシ》

 

 農業祭は午前10時から開催され、箕面産新鮮野菜の直売コーナー、ぜんざいやうどん、ねぎ焼きなどのフードコーナー、箕面の特産品の実生ゆずや ゆず加工品がずらりと揃ったゆず直売ブース、子ども向け木工教室やトラクターの展示など楽しいイベントが盛りだくさんで、1日お過ごしいただけます。

 さらに各戸へ配布されたチラシの福引券を持参された方にご参加いただける福引大会(特賞は箕面産玄米30キログラム)も開催されますので、どうぞお楽しみに。

※ご来場の際にはエコバッグをご持参ください。

 《昨年度の様子》

 

 

 農業祭の前日には農産物品評会を実施しており、農業者の方々が力を注がれた農作物を披露されます。その作品は、農業祭の当日にも展示され、午後2時からは即売会が実施されます。

 《昨年度の作品》

 

 

 なお、午前10時の開会宣言のあと、アイデアメニューコンテストの表彰式を行います。このコンテストは、子どもたちに食に関する興味と関心を深める事と、箕面産の野菜を使用することで地産地消への関心を深めるために実施しています。先の部長ブログでも子どもたちが料理に奮闘する様子が報告されたところで、その結果の表彰式を農業祭の場で行うものです。どうぞ頑張った子どもたちの姿を見てあげてください。

 《昨年度の表彰式の様子》

 

 

 

 箕面市北部に位置する止々呂美地区では、特産品のゆずの収穫が始まっています。

 箕面のゆずは、実生(「みしょう」と読みます)で種から芽を出して生長したものです。 大きな実を付けるまで、長い歳月と多くの人の手がかかっています。 ゆずの国内生産量は、2万6000トン。都道府県別では1位が高知県1万4051トン(シェア54パーセント)、2位が徳島県3601トン(14パーセント)、3位が愛媛県2967トン(11パーセント)となっています(農林水産省:特産果樹生産動態等調査2016年)。 一方、止々呂美のゆずの生産量は、約7トンです。全国生産の0.03パーセントと生産量はごくわずかですが、箕面の子どもたちは、学校給食や地産地消の学習を通して、地元の特産品として認識してくれています。 止々呂美ゆず生産者協議会の尾上喜治会長は、良質の『秀』品を確保して、止々呂美のブランド価値を高めたいと考えて取り組んでおられます。

 

《収穫シーズンを迎えた止々呂美のゆず》 

 

 

《尾上会長》

 

 

止々呂美ゆず生産者協議会の方々が、慣れた手つきで次々とゆずの収穫作業をされています。木の生長に伴い、ゆずは高いところで地上から10メートルを超えるところにも実を付けています。そのため、はしごに登り、高枝切りを使っての収穫です。非常に危険の伴う作業です。

 《ゆず収穫の様子》

 

 

箕面市では、ゆずの収穫サポーター隊を募集しています。ボランティアになりますが、ゆずの収穫のお手伝いをしていただきます。

《サポーターの方々によるお手伝いの様子》

 

現在も募集中ですので、興味関心のある方は、みどりまちづくり部農業振興課へお問い合わせください。

 

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。 

 

 


ごみ減量フェアを開催します

2019年11月13日 | 市民部

皆さんこんにちは。市民部の浅井です。

めっきり寒くなり、季節は進みそろそろ冬の足音が聞こえてきそうです。 インフルエンザの流行も始まっているようですので、手洗いやうがい、予防接種など早めの対策を心がけましょう。

ごみ減量フェアを開催します

ごみ減量フェアは、「環境衛生週間(9月24日(清掃の日)から10月1日(浄化槽の日)まで)」に関連したイベントで、「ごみの減量とリサイクル」を啓発しています。 今年も箕面市農業祭に合わせて、11月23日(土曜日・祝日)に開催します。ごみ減量フェアでは古紙・古布回収、牛乳パック回収、ペットボトル回収を実施します。

●古新聞、古雑誌、ダンボールは20センチ程度で束ね、古布(綿入り製品を除く)はビニール袋に入れてお持ちください。トイレットペーパーをプレゼントします!
(1人1個。無くなり次第終了)

●1リットル入り牛乳パック6枚とトイレットペーパー1個を交換します!
(1人3個まで。無くなり次第終了。牛乳パックは水洗いの上、開いて乾かし、6枚を束ねてお持ちください)

午前10時からメイプルホール玄関前にて実施しますので、資源ごみのリサイクルに積極的に参加しながら、トイレットペーパーも是非ゲットしましょう。

また、農業祭の中では、環境クリーンセンターで生産している「ゆずる完熟堆肥」の販売も実施します。

学校給食の野菜くずからできた、 安全・安心・高品質の市オリジナル堆肥を販売!
 (昨年度の様子)

 

「ゆずる完熟堆肥のできるまで」も紹介
 (昨年度の様子)

 

皆さんもこの機会に「ゆずる完熟堆肥」を利用して、プランターや家庭菜園で簡単な野菜づくりを始めてみてはいかがでしょう。

箕面市農業祭では、新鮮で安全な箕面産野菜をふんだんに取りそろえて、市民のみなさんに安くご提供します。農業や食に関するイベント、おいしい屋台も盛りだくさんですので、ごみ「減量フェア」と合わせてぜひお越しください。

ご来場の際は、ごみ減量と環境問題への取り組みのため、マイバック(エコバッグ)、マイ箸、マイスプーンなどのご持参にご協力をお願いします。

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。 

 

 

 


「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」&「みのおNPOフェスタ2019」を開催!

2019年11月12日 | 子ども未来創造局

皆さん、こんにちは。子ども未来創造局生涯学習担当・人権文化部の小林です。

11月4日(月曜日・休日)、近畿地方に木枯らし1号が吹きました。例年より18日早かったそうですが、それ以降、朝晩急に冷え込むようになった気がします。まだ体が寒さに慣れていないのか、毎朝、起きるのが辛いですね。

この時期の私の悩み。通勤にコートを着るべきか、まだ我慢すべきか。どうでも良い悩みなのですが、毎年悩み、そして後悔の繰り返し。

我慢せずに寒いと感じたら着れば済むのですが・・・季節の変わり目、体調管理には十分ご注意ください。

●「箕面・世界子どもの本アカデミー賞第10回記念ベスト・オブ・ベスト」
 授賞式を開催!

箕面市では、子どもの読書意欲を高め、読書活動をさらに推進することをめざし、2010年の国民読書年に「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」を創設しました。

これまでも「大人が選ぶ」子どもの本の賞は多くありましたが、「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」はそれらの賞とは違い、「子どもが本当に支持している本を子ども自身が選ぶ」全国でもたいへん珍しい取り組みです。

今年は、開催10回目を記念して、過去9回の受賞作品の中から市立小・中学校と市内の私立小・中学校の子どもたち約1万3,000人が投票した結果、「絵本大賞」「作品大賞」「ヤングアダルト大賞」「主演男優大賞」「主演女優大賞」の受賞5作品を決定しました。

<大賞受賞5作品>

今回は過去の受賞作へ投票するため、どの作品も人気で、特に絵本大賞と作品賞は、次点作品とかなりの僅差でした。

「箕面・世界子どもの本アカデミー賞第10回記念ベスト・オブ・ベスト」授賞式は、11月2日(土曜日)午後2時から箕面市立メイプルホールで行われました。

授賞式では、司会進行から受賞作家へのオスカー像の贈呈まで、ほとんどすべての運営を市内の小中学校の児童・生徒が行います。

今年の司会は、とどろみの森学園の生徒が行い、各大賞の発表とオスカー像の贈呈を行うプレゼンターは、とどろみの森学園の児童・生徒と萱野東小学校の児童が行いました。



今年のオスカー像は、彩都の丘学園創作部の部員が制作しました。7年生4名、8年生2名の合計6名の部員全員で話し合い、最初は、粘土を用いてプラスティックでコーティングしたものに精製水を入れたスノードームに決めたそうです。

ところが、思わぬアクシンデントに見舞われあえなく断念し、最終的にはプラ板で制作してくれました。アクシデントを乗り越え、できあがったオスカー像は、どれも受賞作のイメージにぴったりの素晴らしい出来栄えでした。

<各大賞のオスカー像>

各大賞のオスカー像を、制作した彩都の丘学園創作部員の思いとともに紹介します。

(左から順に)
◆「としょかんねずみ」 表紙の絵がとても印象に残ったので、それを忠実に描きました。
 作品に出てくる本や鉛筆をゆらゆらさせました。

◆「おれがあいつであいつがおれで」 二人が慌ててる様子を再現しました。表情の対比
 が面白く描けました。

◆「グレッグのダメ日記」 グレッグの日記を表現するために、白と黒を多く使って表現し
 ました。日記や鉛筆など細かい部分にも気を付けて作成しました。

◆「君の膵臓を食べたい」 あらすじを忠実に再現してみました。桜やきらきらしたものを
 揺らしているのが気に入っています。

◆「怪盗レッド」 本の挿絵を参考に忠実に描きました。自信作が出来上がりました。


授賞式後、作家の杉山亮さんをゲストにお招きし、自作のストーリーや昔話を杉山さん流にアレンジして語るトークライブが開催されました。

杉山さんは、「もしかして名探偵」で主演男優賞を受賞された平成22年の第1回以降、毎年欠かさず箕面市でオーサービジット(受賞作家などの学校訪問)を行っていただいています。

箕面市では、平成4年から市立小中学校への専任学校図書館司書の配置を始め、平成10年には全小中学校への配置を完了させました。「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」」は、図書館司書が日頃から子どもの読書活動をサポートし、全国に先駆けて子どもの読書活動を推進してきたからこそ実施できる取り組みです。

私は、初めて授賞式に参加させていただきましたが、子どもたち自身が大きな声でしっかりと進行している姿に感動させられました。受賞された作家や翻訳者、画家の皆さんからも多くの喜びのコメントもいただきました。

次の10年に向けて、これからもしっかりと読書活動を推進していきたいと思います。


●「みのおNPOフェスタ2019」を開催!

10月27日(日曜日)、箕面市立みのお市民活動センターにおいて「みのおNPOフェスタ2019」が開催されました。

このイベントは、平成16年以来毎年開催しており、16回目の開催となる今回のテーマは「自分スタイルの社会貢献を見つけよう」で、多くの方々にご来場いただきました。

市内で活動している25を超えるNPOやボランティア団体が、みのお市民活動センターとかやのさんぺい橋にブースを出展し、それぞれの活動内容をパネル展示や体験コーナーなどを通じて、来場者にわかりやすく伝えていました。

まつぼっくりやどんぐりなどを使った「自然工作教室」、本物のクワガタが対決する「クワガタバトル」などを楽しむ子どもたちのにぎやかな声が響き、秋の一日を楽しんでもらえたようです。

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。 

 


ひとつずつ いいね!で確認 火の用心

2019年11月11日 | 消防本部・署

消防本部の美谷(みや)です。

朝晩、めっきり涼しくなり、秋の紅葉の季節が始まります。
滝道のもみじも色付き始めてはいますが、見頃はもう少し先のような気もします。

ところで消防本部庁舎では・・・  

夏休みに募集しました、防火作品(図画・習字)の展示を消防本部玄関ロビー(箕面5丁目)で行っています。
11月18日まで展示していますので、是非見に来てください。
 

 

◆秋の全国火災予防運動

先日の沖縄の首里城火災は衝撃的で、火災の恐ろしさと無念さを感じました。
火災は、みんなの心も気持ちも奪い去ります。
これから年末にかけて、空気が乾燥し、火災が発生しやすい時季を迎えますので、しっかりと大切な命や財産を火災から守っていきましょう。


11月9日から11月15日まで秋の全国火災予防運動が始まっています。

防火作品の優秀賞を箕面市オリジナルの防火ポスターにして市内各施設でPRしています。
このポスターは、関西学院千里国際中等部7年 桂 りりさんの作品です。

火災予防運動をきっかけに、今一度、住宅防火のポイントを確認ください。
 (くわしくはこちら)

〔3つの習慣〕
(1)寝たばこは絶対やめる。
(2)ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
(3)ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

〔4つの対策〕
(1)逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
(2)寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
(3)火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。
(4)お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 

11月8日の朝には、予防運動に先駆け、阪急電鉄箕面駅で、学生消防隊“MATOY”の皆さんと街頭啓発を行いました。







この機会に、住宅用火災警報器の点検をお願いします。

 

◆新名神高速道路合同防災訓練

去る11月7日(木曜日)に新名神高速道路 高槻インターチェンジ内 管理ヤードで合同防災訓練が実施されました。

管轄消防本部(高槻市・茨木市・池田市・川西市・箕面市)とNEXCO西日本、大阪府警察本部高速道路交通警察隊、医療機関(三島救命救急センターDMAT・高槻赤十字病院医療チームドクターカー)が参加し、多重事故を想定した交通事故の対応について、関係機関相互の連携を確認する訓練内容で行われました。
高速道路での事故は、走行する車両のスピードが速いため大きな事故になりやすく、また、進入経路が限られるため、それぞれのインターチェンジからの管轄区域があらかじめ決められており、災害規模に応じた応援隊の出場区分が共有されています。  
今回は、観光バスを含む多重事故を想定し、負傷者が多数発生した場合の連携活動を確認するもので、多重事故の対応が最も混乱しやすいため、一般道でも起こりうる現実感のある訓練となっています。

平成29年12月の開通以来、箕面市担当区域では大規模な事故は発生していませんが、単独事故などはちょくちょく発生していますので、高速道路上での運転は特に気をつけて走行ください。 

 

 

 ◆歳末警戒部隊合同発隊式

毎年恒例になりました、箕面警察署と箕面市消防本部合同の歳末警戒部隊の合同発隊式を11月30日(土曜日)10時から芦原公園で開催します。

 

今年は、1日警察署長・消防長として、アーティスティックスイミング元日本代表選手 吉田胡桃(よしだ くるみ)さんを迎え、歳末の安全確保に向けて、警察消防が一体となって警戒部隊を発足いたします。

 


吉田さんは、箕面市在住でご存知の方も多いと思いますが、リオデジャネイロオリンピック団体で銅メダルを獲得されました。
《シンクロナイズド(同調する)スイミングは、平成30年4月1日から、国際水泳連盟(FINA)の決定でアーティスティック(芸術的な)スイミングに名称が変わりました。》

また、今年のチアリーディングジャパンカップ2019 日本選手権大会で見事優勝されました、梅花女子大学チアリーディング部“レイダース”の皆さんをお迎えし、日本一のパフォーマンスを披露していただき、発隊式を盛り上げていただきます。

 是非皆さん、芦原公園までお越しください。

 

 

【火災救急発生状況】 平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  11月11日(月曜日) 午前9時00分現在

  ◇火災     21件 (昨年同時期比較    +2件)
  ◇救急  7,156件 (昨年同時期比較 +260件)  

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。 

 


地域別意見交換会を開催します

2019年11月08日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

ここの所、朝夕めっきり寒くなりました。 急に朝夕の気温が下がったためか、秋をとおり越して一気に冬になったように感じます。
体が昼と夜の気温差にまだついて行けていないようで、ちょっと油断すればすぐにでも体調を崩してしまいそうな今日この頃ですが、みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。

さて、先にもご紹介いたしましたが、東小学校区、中小学校区、南小学校区の地域のみなさんと市議会議員との意見交換会を今月開催します。
既に、東小学校区の地域みなさんとはコミュニティーセンター東小会館(みどりの家)で、11月6日(水曜日)に意見交換会を開催しました。
当日は、議員が3グループに分かれ、それぞれのグループで来られた方と特にテーマは決めず自由に意見交換を行いました。

 

 

今回の意見交換会の各グループで話し合われた主なものとしては、クラブ活動と暑さ指数に関するもの、体育館の使用料に関すもの、コミセン前の道路と自転車専用レーンに関するもの、ゆずるバスの便数に関するもの、人間力を付ける教育に関するもの、社会福祉協議会の体制に関するもの、災害時の安否確認のあり方に関するもの、公園の管理に関するもの、東図書館のリニューアルに関するものなどについて話し合われました。これらの他にもにもたくさんの意見や要望が出され、有意義な意見交換会になったと思います。

この後、11月13日の水曜日午後7時からコミュニティーセンター中小会館(四季彩の家)で、また、11月22日の金曜日午後7時からコミュニティーセンター南小会館(桜のまちの家)で開催します。

いずれの意見交換もグループディスカッション方式で実施します。
各会場で出されました意見や要望については、市議会でとりまとめ、議会としての考え方や執行部の考え方・方針などを公表します。
また、これまでも意見交換会で出された意見や要望を各議員がそれぞれの視点から市議会などで取り上げ議論されたものや施策に反映されたものもあります。
この機会に地域における課題や要望など、議員のみなさんと話し合ってみてはいかがでしょうか。
特に、事前の申し込みは要りませんので、直接会場にお越しください。
たくさんの方の参加をお待ちしています。

令和元年第4回定例会が、11月29日から12月19日の21日間の会期で開催されます。
会期中の日程は次のとおりです。

11月22日  第4回定例会招集告示
11月27日  第10回議会運営委員会
11月29日  本会議(条例、補正予算等上程・説明・質疑・付託など)
12月  3日  常任委員会
12月  4日  常任委員会
12月  5日  常任委員会
12月  6日  常任委員会
12月16日  第11回議会運営委員会
12月18日  本会議(各常任委員会の委員長報告・討論・採決・一般質問)
12月19日  本会議(一般質問)

是非一度、傍聴にお越しください。
また、市議会のホームページで、会議のライブ中継や録画放映も行いますので、そちらもご覧ください。


また、11月5日に大阪府市議会議長会が開催され、大阪府内選出の国会議員のみなさんに対して要望活動を行いました。
毎年この時期にその年々の課題を国会議員を通して国に要望をしています。
今年は、「児童虐待から子どもを守る対策について」要望しました。


今年度の要望書

 

箕面市議会だよりの表紙写真を募集

「ささゆり」の表紙写真を市民のみなさまから募集しています。

 

次号、2月号の締切は、1月15日です。 たくさんのご応募をお待ちしています。
なお、12号にご応募いただきましたみなさん、ありがとうございました。

応募の詳細はこちら

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。