部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

はじめまして。ブログデビューしました。

2019年04月26日 | 総務部

みなさん、こんにちは。
本年4月1日付けで、箕面市総務部長に就任しました北村清(きたむら・きよし)です。


年度替わりの忙しさもやっと落ち着きはじめ、箕面の山の風景も桜からみずみずしい新緑にかわる季節となりました。この時期には、ゆっくり花見をしたり、選抜高校野球を観戦したいと思いながらも、残念ながら長年実現できずにいます。

さて、平成21年(2009年)4月1日に「部長ブログ」が始まって10年が経過しました。この間、歴代の部長が市政の動きや地域のホットな話題を中心に盛りだくさんの内容でお届けしてきましたが、私もできる限り簡潔にお伝えできればと思います。
今回は、市内でも被害が多発している「特殊詐欺」について、今一度お知らせし、被害防止に努めていただきたいと思います。

 

1 特殊詐欺にご用心

みなさんも一度は聞いたことがあるかと思いますが、「特殊詐欺」という犯罪にもさまざまな手口があります。金に困った息子などを装う「なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)」、公務員などを装って医療費を還付しますとだましお金を振り込ませる「還付金詐欺」、インターネット利用料金が未納などとだましすぐにお金を支払うよう要求する「架空請求詐欺」など、昨年1年間の全国の認知件数は16,493件、被害額は約356億円に上っています。特に、「オレオレ詐欺」の昨年1年間の認知件数は、前年比7.5%増9,134件で、2010年以降で最多となっています。また、「オレオレ詐欺」は、大阪府や埼玉県、神奈川県など都市部での被害が増えており、被害額は約182億8000万円となり、認知件数、被害額ともに特殊詐欺全体の半数以上を占めています。そして、箕面市においても同様に被害が急増しています。平成30年の被害額は、平成29年の被害額3,300万円に比べて2倍以上となる7,200万円となっています。

 

2 警察庁の調査によると…

警察庁は、平成30年8月1日から11月30日までの間、『オレオレ詐欺被害者等調査』を行い、実際に詐欺に遭った「被害者」、「事業者(金融機関職員、配送業者、コンビニエンスストア店員等)の声かけによって被害に遭わなかった者」、「家族・親族が見破り被害に遭わなかった者」、「自ら看破した者」の4者に対し、それぞれの意識や置かれた環境等について調査し、結果概要を公表しています。  (http://www.npa.go.jp/news/release/2019/20190212001.html

(1) 被害に関する意識
まず、特殊詐欺の認知度については、「オレオレ詐欺」がやはりトップ。続いて「還付金等詐欺」「架空請求詐欺」となっています。被害に対する意識については、「自分は被害に遭わないと思っていた」と回答した割合は、「被害者」が78.2%、「事業者の協力により被害に遭わなかった者」が78%、「家族・親族が見破り被害に遭わなかった者」が71.5%と、「自ら看破した者」の56.8%よりも高い値を示しています。特に、実際に被害に遭われた「被害者」の95.2%が「自分は被害に遭わないと思っていた」「どちらかといえば自分は被害に遭わないと思っていた」ことが認められるなど、被害に遭う可能性を過小評価する傾向がうかがえる結果となっています。

 

 

 

(2) 見破ったタイミング・理由、だまされたタイミング・理由
犯人からの最初の接触方法は9割が固定電話への架電です。その際、オレオレ詐欺だと見破った人の約4割が、犯人側からの電話内容を聞かされる前に詐欺を見破っています。また、電話の内容が嘘だと気づいた理由としては、「息子の声と違っていたから」が最も高い割合となっています。一方、被害に遭われたかたやあともう少しで被害に遭うところだったかたの約7割が犯人側からの話を聞かされる前にだまされており、電話を受けた時点でだまされてしまう傾向にあります。その理由は「息子(親族)と声がそっくりだったから」が最も高い割合となっています。

 

 

(3) 家族等への相談状況
詐欺の電話を受けた後、詐欺を見破ったかたや家族・親族が見破り被害に遭わなかったかたの約6割以上が誰かに話をしているのに対し、実際に被害を受けたかたの75.1%、事業者の協力により被害に遭わなかったかたの59.9%が誰とも相談していないことがわかります。

(4) 被害の防止に向けて
これらの結果から、まず、固定電話にかかってくる見覚えのない電話や息子を語る電話には十分注意することが必要です。一旦だまされてしまうと冷静な判断ができなくなってしまうこともあります。少しでもおかしいなと感じたら、家族と相談し、家族が不在の場合は、一旦電話を切って、近所のかたや行政機関に相談するなどの対応も有効です。 市役所や行政機関を語り、お金の振り込みやキャッシュカードの話が出たら、まずはその電話を疑ってください。その場合は、家族やまわりの人に相談するか、市の消費生活センター(電話722-0999)または箕面警察署(電話724-1234)へ連絡してください。

 

3 我が家にも「オレオレ詐欺」から電話が…

実は、過去に私の実家にいる母親あてに「オレオレ詐欺」の電話がありました。私になりすました詐欺師から電話が掛かり、「つき合っていた女性とトラブルになったからすぐに100万円を振り込んでほしい」というものでした。しかもその際に、「携帯電話が壊れているから折り返し掛けないでほしい」とも伝えられ、私と連絡をとらせないようにしていました。実際に母親とはしばらく連絡をとっていなかったのですが、たまたま偶然その日に実家に帰ったところ、母親が真剣な顔をして「大丈夫?」と聞いてきたことで、「オレオレ詐欺」だとわかりました。
母親によると、最初に詐欺師から電話があったときは、「お金を準備しておいて」とだけ伝えられ、詐欺師のほうから一旦電話を切ったそうです。おそらくだませるかどうか感触をつかんでいたのでしょう。私と母親が話をした翌日に、詐欺師から2回目の電話があり、母親が私の父親に電話を替わろうとした途端、詐欺師は電話を切り、その後も掛かってこなくなりました。

以上が私の経験談ですが、今回の場合は家族が気づいたことで、未然に被害を防ぐことができました。これは結果的にはよかったのですが、よくよく考えて見ると、家族のだれからも「あいつ(私のこと)に限って、女性とトラブルを起こすようなことはない!」との声がなぜ上がらなかったのか?個人的にはそれが一番気がかりでなりません。普段から家族の信頼を得ているかどうかも詐欺被害の防止に大きくかかわってくるようですね。
みなさんもお気をつけください。

箕面市では、広報紙「もみじだより」(2019年3月号)でも「振り込め詐欺」を特集していますので、ぜひ、ご覧ください。

 

特殊詐欺キャッチフレーズ
「だまされへん そんなあなたが 狙われる」
「キャッシュカード 求める電話 すべて詐欺!」
「キャッシュカード たずねられたら 御用心!」

 

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!


農業委員会事務局長を拝命いたしました

2019年04月25日 | 農業委員会事務局

 はじめまして。 4月1日の人事異動で農業委員会事務局長を拝命いたしました藤田 豊(ふじた ゆたか)です。

 本務は、みどりまちづくり部の担当副部長ですが、農業委員会事務局長も務めさせていただくこととなりましたので、よろしくお願いいたします。

  箕面市の農業に関する取り組みや情報を発信していきたいと考えていますが、人生初のブログとなりますので、優しい目で見守っていただければ嬉しいです。

 

 

 春らしく、温かい日が続くこの頃、箕面市の山は鮮やかな新緑が美しく、ハイキングに出かけたくなるシーズンですね。 そんな美しい“緑のスポット”が街中にもあります。 それは、旬の野菜でいっぱいの畑です。 箕面市ではこの時期、ほうれんそう、こまつな、たまねぎなどが収穫時期を迎えています。

 

 

 <旬を迎えた野菜>

 

<間もなく収穫時期を迎える農業公社の玉ねぎ>

 

《農業委員会》

  農業員会とは、農地法に基づく農地の売買・貸借の許可、農地転用案件への意見の具申、遊休農地の調査・指導など、農地に関する事務を執行する行政委員会です。  箕面市の農業委員会では4月の総会で今年度の事業計画などを決定しました。そのなかの一つに、「農業者と地域農業を支える活動の推進」として、課題を把握し農業の持続性を確保していく必要性があることを定めています。

 この取組みの一つとして、農業委員会では平成30年4月に農地利用の最適化推進指針を策定し遊休農地解消に取り組んでおり、農地パトロールを実施することで遊休地の早期発見と早期対策に取り組んでいます。

 具体的には、各地区を担当している農業委員の方々が現地に出向いて調査し、農地所有者と遊休農地の解消に向けた取組みについて協議し、その実現を援助しています。これまでも市内に点在するいくつもの遊休農地に対して丁寧に粘り強く協議し、解消に至った農地も多々あり、その思いと行動力には頭の下がるところです。

 

<遊休農地の調査の様子>

 

《石丸れんげまつり》

 4月29日(月曜日・祝日)に、第22回石丸れんげまつりが開催されます。 このまつりは、田植えの前のこの時期に、地域の農家さんがれんげ畑を無料解放して開催されるものです。

 箕面市は、街なかで農地の美しい景色を楽しめることができるという特徴を持ち合わせており、皆さんもこのような景観が大好きなのではないでしょうか。 ちなみに、箕面市では、農景観作物としての れんげの種子代金に対する助成制度があり、この農地の美しさに少しでも貢献できればと実施しています。

 

 

 <石丸れんげまつりの様子>

 

 今年のゴールデンウィークは10連休の方も多くいらっしゃると思いますので、お出かけの際に、箕面市の街中にある“みどりのスポット”にも注目してみてください。 そして、旬の美味しい箕面産野菜を朝市などで購入し、たくさん食べて頂けたら地産地消も進み、箕面市の農業の発展にもつながると思いますで、よろしくお願いします。

 これからも箕面市の農業に関する情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

  

箕面市では”日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買いものはもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!


4月7日大阪府知事選挙が無事執行されました。

2019年04月24日 | 選挙管理委員会事務局

みなさん、こんにちは、選挙管理委員会事務局長の浜田です。

3月13日付けで、子ども未来創造局担当部長、人権文化部長に併せて選挙管理委員会事務局担当部長となり、この4月1日付けで、前任の中野事務局長の退職の後を受け選挙管理委員会事務局長を拝命しました。これから選挙に関する情報などをお伝えしてまいりますので、よろしくお願いします。

4月も後半に入り、暖かくなりました。健康診断で受診に行ったライフプラザの周りでも瑞々しい青葉が目に鮮やかでした。

さて、選挙管理委員会での最初の仕事は、年度をまたいでの統一地方選挙。 箕面市では、もともと予定されていた大阪府議会議員選挙(箕面市及び豊能郡選挙区)は定数2名に対し、立候補の届け出が2名で公職選挙法の規定により無投票となり、府知事の辞職に伴う大阪府知事選挙のみが執行されました。

今回の選挙でも、多くの市民のみなさまにご尽力をいただいています。投票所の管理者や立会人など、長時間にわたって従事いただいた多くの市民のみなさまに感謝申し上げます。

また、投票所として自治会館をお貸しいただいた自治会のみなさまをはじめとする施設管理者のみなさまに対し、改めて感謝申し上げます。

◆選挙結果の概要

今回行われた大阪府知事選挙の箕面市での投票の概要をお知らせします。


*表中(  )内は、前回平成27年に行われた大阪府知事選挙の概要

《参考》

箕面市の投票率は48.29%で、前回平成27年11月に行われた知事選挙と比較すると、1.43ポイント上回りました。また、政令市を除く府内全市の平均投票率47.66%より、0.63ポイント上回っています。今回は、同時に行われる予定だった府議会議員選挙が無投票になったこともあって、選挙への関心が低くなり投票率が大きく落ち込むのではないかと懸念していましたが、僅かながら前回(平成27年執行の大阪府知事選挙)を上回る結果となりました。

過去10年間に執行された選挙における箕面市の投票率を見ますと、衆議院議員や参議委員議員の選挙、いわゆる国政選挙では、50%から60%を維持していますが、国政より身近な大阪府や市の選挙では、投票率の低さが目立ちます。

選挙は、みなさんの思いを政治に届ける絶好の機会です。今年7月には参議院議員選挙が、来年には、箕面市長・箕面市議会議員の選挙が予定されています。この機会にみなさんの思いを政治に届けるため、是非に関心を持っていただき、投票をお願いします。

◆投票区の見直しについて

箕面市では、昨年、人口の増加や高齢化の進展などの環境の変化を踏まえ、投票区・投票所の検証を行い、いくつかの課題が明らかになりました。

《明らかになった課題》
1.投票所までの距離が非常に長い投票区がある。
 (投票所までの最大距離(直線距離)が1km以上ある投票区が5箇所)
2.投票所が投票区の端に位置し、投票区内での距離の不均衡が著しい投票区がある。
3.投票所に行くまでに国道を渡らなければならない地域がある。
4.投票区内の一部地域の人口増により、投票所の見直しが必要な投票区がある。

これらの課題をできる限り解消するため、以下の方針で投票区・投票所の見直しを行いました。

《見直しについての考え方》
1.投票所までの距離ができる限り均等になるよう、投票区の境界線や投票所を変更する。
2.国道を渡らなくてすむように、できる限り国道を投票区の境界線にする。
3.投票区内の人口の多い場所の中心付近に投票所を変更する。

(詳細は、前事務局長の平成30年(2018年)10月16日の部長ブログを参照ください。)

この見直し後、初めての選挙が今回の選挙でした。投票日当日には、投票所の変更をご存じなく以前の投票所に行かれたかたもいらっしゃいました。大変ご迷惑をおかけしましたが、今後とも投票しやすい環境を整えていきたいと考えていますので、ご理解と協力をお願いいたします。

◆スムーズに進んだ開票作業

さて、選挙に関わるのは、本当に久しぶり。開票作業の流れは概ね以前と大きくは変わっていませんでしたが、一部業務で機械化がされ、正確性とスピードアップが図られ、今回は、午後10時24分に開票が終了しました(ここ10年間の選挙の中では、最も早い終了時間でした。)。開票事務に携わっていただいたみなさんに感謝申し上げます。

開票作業は、開票所に運ばれた投票箱から投票用紙を取り出すところからスタートします。箕面市では、当日の投票所と期日前投票所分併せて42の投票箱から、開披台(開票作業を行うテーブル)に投票用紙を取り出します。

次に開披台に広げた投票用紙を整え、ある程度の固まりにして、読み取り分類の担当へ運びますが、この作業のとき、投票用紙の裏表や上下を整えて回付(この整える作業が意外と時間がかかったと記憶しています。)していたと記憶していましたが、今では上下も表裏も整える必要がないことに驚きました。

この読み取り分類機が、開票の正確性やスピードアップに貢献しています。

投票用紙の表裏や上下は関係なく辺の長短だけそろえてまとめられた投票用紙をセットすると、機械の中を通っていく中で、記載内容を読み取り、候補者ごとに分類して出てくるという優れものです。

一方、この開票や分類作業で活躍するのは、最新の機械だけではありません。昔から活躍しているのが「カゴ」、軽くて、大量の投票用紙を落とさず運搬するには最適です。また、スーパーの野菜売り場や果物売り場などで見かける透明のイチゴパックなども、票の分類や運搬に活躍します。各選挙管理委員会でも、身近にある既存のものを工夫して使っているのを見受けます。

 
(あらゆる作業に活躍する「カゴ」)

◆直近の箕面市での選挙日程

ようやく、統一地方選挙は終了しましたが、今年7月28日で参議院議員の半数が任期満了となることから、7月には参議院議員選挙が実施予定(国会会期延長の場合は8月となる可能性もあります。)されています。

連休明けには、この選挙に向けた準備が本格化していきます。 参議院議員選挙の詳細につきましては、日程等が正式に決まり次第、広報紙もみじだよりや選挙特集号などによりお知らせいたします。

また、よく問合せをいただく、箕面市の市長選挙・市議会議員選挙については、来年令和2年の夏に実施予定です。

こちらについても詳細が決まり次第、お知らせします。

選挙は、みなさんの思いを政治に伝えるチャンスです。是非とも投票をお願いします。

箕面市では、”日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

 


新任のご挨拶

2019年04月23日 | 市民部

皆さま、お初にお目にかかります。 4月1日付けの人事異動で、市民部長を拝命しました浅井文彦(あさいふみひこ)と申します。 これから1年、皆さまの暮らしに密接に関わりのある市民部情報あるいは市役所情報について情報提供させて頂きます。何分ブログを書くのは半世紀余りの人生で初めてのこととなりますので、温かい目で見守りください。どうぞよろしくお願いします。

 

●まもなくゴールデンウィーク突入

皆さまもご存じのとおり、今年のゴールデンウィークは10連休となりますが、ごみ出しや住民票の写し・印鑑登録証明書などの証明発行業務についてはご心配なく。通常どおりの収集や図書館等発行拠点での発行を行います。

 

1.ゴールデンウィーク中のごみの収集

 

2.ゴールデンウィーク中の環境クリーンセンターへのごみの持ち込み可能日

なお、環境クリーンセンターへのごみの持ち込みについては、本年4月1日から、受け入れ日を火曜日から土曜日に変更していますので、ご注意ください。 ゴールデンウィーク中も日曜日と月曜日を除いて、持ち込みが可能です。

 

3.ゴールデンウィーク中の住民票の写しや印鑑登録証明書の発行業務

図書館などの証明書発行拠点は、5月1日(水・祝)は改元に伴うシステム改修作業のため、10時から14時まで各種証明書の発行業務を臨時休止しますのでご注意ください。それ以外の日については、10時から17時の間で発行が可能です。

なお、コンビニでの証明書交付サービスに付いては通常どおりご利用いただけますので、この際便利なマイナンバーカードを作られてはいかがでしょう。 マイナンバーカードの取得については、マイナンバーカードの交付申請についてをご覧ください。

 

●婚姻届を2人の一生の思い出にしませんか。

箕面市では、市民の皆様からの熱いご要望を受け、箕面市オリジナルの「滝ノ道ゆずる婚姻届」を平成26年12月から配布しています。 今回なんとこの婚姻届が複写式になりました。1枚目は通常の婚姻届、2枚目が滝ノ道ゆずる婚姻届となっているすぐれものです。1枚目を届出書として提出し、2枚目は2人の大切な思い出としてとっておくことができるようになりました。 もし夫婦喧嘩したときにはこの婚姻届を二人で見つめ直し、初心を思い出し仲直りのきっかけにしていただければと思います。

新しい婚姻届は、令和元年5月7日(火)午前8時45分から市役所戸籍住民異動室、豊川支所、止々呂美支所で配布します。 お二人の新生活を応援するとともに、新しい門出を箕面市も祝福します。

  

婚姻届1枚目(提出用)

 

婚姻届2枚目(保存用)

 

現在市役所ではゴールデンウィーク期間中の対応や改元対応に万全を期すべく一同鋭意取り組んでいるところです。 今後も皆さまの生活に支障の無いよう職員一丸となって頑張ります。

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!


「箕面手づくり紙芝居コンクール」作品募集中!

2019年04月22日 | 子ども未来創造局

皆さん、こんにちは。子ども未来創造局生涯学習担当・人権文化部の小林です。

4月1日付けで市民部から異動となりました。市役所生活27年目で初めての教育委員会です。

友人から「お前が文化・芸術とは?柄にもなく!」と言われる始末。自分自身でも「確かに」と思うところもあるのですが・・・

新年度早々、息子が福岡に引っ越すため、その手伝いのため福岡に。帰りの飛行機まで少し時間があったので観光がてら太宰府へ。

太宰府と言えば、あちらこちらに万葉集の歌碑があり、最近では新元号「令和」のゆかりの地である「坂本八幡宮」も。文学にふれ合える絶好の機会!

と思いながら車を走らせると、なんと平日にも関わらず大・大・大渋滞。帰りの飛行機が間に合わないため、結局、太宰府天満宮のみのお参りとなってしまいました。残念!

           
                       <太宰府天満宮>

改元発表から4日目だったので、ある程度の渋滞や人混みは覚悟していましたが、まさかここまでとは。改元パワー恐るべし。

文学にふれ合える絶好の機会は逃しましたが、「柄にもなく」とは言われないように、機会あるごとに文化や芸術にふれ合っていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

●「第29回箕面手づくり紙芝居コンクール」作品募集

今年もやってきました!「箕面手づくり紙芝居コンクール」

毎年好評をいただいています「手づくり紙芝居コンクール」ですが、昨年は、北は宮城県から西は熊本県まで、102作品の応募がありました。

紙芝居は日本の伝統文化であり、世界最小の演劇です。紙芝居の質的向上と新しい創造に向かって手づくり作品を募集します。

締め切りは令和元年5月15日(水曜日)必着です。どしどしご応募をお待ちしています。

 ◆応募期間 平成31年4月16日(火曜日)~5月15日(水曜日)必着
 ◆応募資格 小学生から大人まで(アマチュアに限ります)

 紙芝居コンクールの募集要項はこちら↓      
   https://www.city.minoh.lg.jp/library/kamishibai/kamishibai28.html

「箕面手づくり紙芝居コンクール」について、分からないことやお問い合わせは、いつでも西南図書館2階にある「人と本を紡ぐ会」(電話072-725-1022・FAX:072-725-6722)までご連絡ください。

 

 

●「美協展」が開催されます

第45回箕面市美術協会会員展「美協展」が令和元年6月9日(日曜日)から16日(日曜日)まで開催されます。

昨年度は100名を超える会員から200点近い作品が展示されましたが、今年度も同規模の作品が展示される予定です。

毎年、会員の力作が揃いますので、是非この機会にご来場ください。

 ◆日時 令和元年6月9日(日曜日)~16日(日曜日)
       10時~17時(16日のみ16時まで)
 ◆場所 箕面市民ギャラリー&多目的室1・2・3
       みのおサンプラザ1号館地下(箕面文化・交流センター) 

 

先日、箕面市美術協会の総会・懇親会にご招待いただいたのですが、新年度は新たに14名の会員が加わり、総勢135人でスタート。

懇親会では、老若男女を問わず、和気藹々と芸術談義している姿は本当に皆さん輝いていました。好きなことができるって本当に幸せですね。

                   
                      <懇親会の様子>

私の趣味と言えば、甲子園でのプロ野球観戦なんですが・・・トホホ!令和2年度に期待ですね。。。

 


箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!