部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

消防新戦力誕生!

2019年03月29日 | 消防本部・署

 消防本部の美谷(みや)です。

 今年度最後のブログとなりました。
 花粉が飛び交う中、暖かかったり寒かったりと、季節の変わり目は体調が優れませんが・・・!
 桜前線もだんだん北上し、本格的な春爛漫が待ち遠しい時期になりました。
 人事異動の内示も終わり、いよいよ、月曜日からは新年度、新体制がスタートします。
 私自身も、この土日で気持ちを入れ替え、新たな課題に向けて最終充電を行います。

 

 今年度の消防活動の功績に対して、3/16大阪府消防表彰式が執り行われました。
 日本消防協会長表彰 勤続賞受賞の桃山副団長をはじめ、消防庁長官表彰・大阪府知事表彰・大阪府消防協会長表彰など、長年の地域貢献・消防活動に対しての表彰が行われました。
  受賞された皆さん、誠におめでとうございました。

  

◆大阪府立消防学校 初任教育の実科査閲と終業式が行われました。

 本年度採用し、市役所の行政実務を経験した後、昨年10月から消防学校に派遣していました新人消防士3人(榮枝・稲次・関本消防士)が、3月26日、第105回初任教育を無事修了し帰ってきました。
 6ヶ月間の寮生活で、団体行動と基本的な消防訓練や教育を受け、やっと一人前(まだまだ半人前?)の消防士となり、いよいよ実戦配備です。
 「箕面消防 新戦力」の誕生です。

 また、今回第105回初任教育の卒業生 102名(内女性8名)が大阪府内の市町村14消防本部に新たな戦力として旅立ちました。
 これから各所属に於いて、本当の意味での一人前の消防士に育てていきます。

    

 

◆集団救急災害訓練を実施  
 消防活動の訓練では、色々な災害現場を想定して、対応マニュアルを作成し、反復訓練を実施して、一連の流れを身につけています。
 その中でも、多数の傷病者が発生する集団災害の場合は、現場到着した時の初動時の対応が特に重要で、過去の事例でも、初期の状況把握が遅れ、結果的に対応が後手に回った事例も多くあるため、既存の計画を見直し、活動の確認を行いました。

 どうしても最先着の救急隊は、要請側の誘導で、重傷者だけに目が行きがちですが、それだけの対応では、全体把握が遅れ、その後の応援隊の判断が出来ずに活動統制が執れなくなります。
 基本的には、最先着の部隊が指揮隊を編成し、全体の被害状況に応じた増隊を指示し、総合力で対応する計画としています。

 今回の訓練は、平日の昼間、市道交差点で大型観光バスが絡む車両の多重事故が発生し、重傷者を含む傷病者が多数発生した状況を想定し、指揮隊の運用をメインに訓練を実施しました。
 消防本部の署庭で、各出動隊が現実的なタイムスケジュールで活動し、状況把握と時間差で到着した隊の役割分担や指揮隊の支援活動などをブラインド型の訓練として実際に動いて確認しました。
 訓練参加者以外でも沢山の見学者を交え、活動を検証し反復訓練の必要性を認識したところです。

 市内でも、新名神高速道路の開通をはじめ、いつ発生してもおかしくない集団災害は、本市消防本部の対応だけでは賄えない事案であり、近隣市の応援が不可欠の活動となります。
 今後とも、訓練を重ね、大規模な事故にも備えていきたいと考えています。

 

  

◆【火災救急発生状況】 平成31年1月1日からの統計です。

  3月29日(金曜日)午前9時00分現在
  ◇火災     4件 (昨年同時期比較   +1件)
  ◇救急 2,004件 (昨年同時期比較  -10件)

 

 



児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。
 


平成30年の交通死亡事故の概要

2019年03月28日 | 総務部

こんにちは。総務部の中井です。
平成30年度も3月末となり、残すところあと数日となりました。

私事ですが、この3月末日をもって定年退職を迎えることになります。38年の長きにわたり、ご指導、ご支援くださいました皆様方に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
通勤途中にあるモクレンと桜です。モクレンはつい数日前まで枝いっぱいに花をつけていましたが、昨日から桜と入れ替わるように一気に散り始め、季節の移り変わりを感じます。
 

市役所近くの共同住宅の道路沿いの花壇です。

ごく自然に何気なく花で彩られている、そんな箕面の風景が好きでした。

 

 

 

春の全国交通安全運動

~今年は511日から~

 

昨年は46日から開催され、例年4月の恒例となっている「春の全国交通安全運動」が、今年は約1月遅れの511日土曜日から520日月曜日までの10日間にわたり実施され、期間中の520日は「交通事故死ゼロをめざす日」となっています。  

希に、交通安全運動の期間中や、交差点で警察官の姿を見かけたときだけ、慎重な運転を心掛けるかたがおられますが、交通事故は何が原因でいつ発生するのか予測がつきません。日頃からの安全運転を心掛けましょう。



 

飲酒運転は重大事故に繋がるため、運転免許の取り消しなど厳罰化されています。今の時期、送別会や歓迎会があちらこちらで開催され、特に飲酒の機会が増えます。必ず「飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。」を実行しましょう。

 

平成30年の交通死亡事故の概要

 

警察庁から,平成30年の全国の交通死亡事故の特徴が公表されました。
平成30年の交通死亡事故の特徴として何点か挙げてみました。

①高齢ドライバーによる死亡事故の増加

・交通事故件数そのものは減少傾向にあるが、全国では高齢者運転者による死亡事故件数は75歳以上、80歳以上でいずれも増加

・しかし、大阪府では高齢者ドライバーの事故件数はほぼ横ばいで、死者数は平成29年の28人から25人に、10.7%減少

・事故の原因は、ブレーキとアクセルを踏み間違えるなどの「操作不適」や、集中力や注意力が低下した状態で運転を行う「漫然運転」が多い


②死亡者のおよそ半数が歩行中と自転車乗車中

・全死者のうち、約7割が高齢者
高齢者の歩行中の事故では約6割が横断違反等の違反により発生

・高齢者の自転車事故では、約8割が安全運転義務違反や信号無視など違反により発生


③後部座席のシートベルトの着用率が一般道で低い
・一般道において非着用時の致死率は着用時と比較して約3.5

・ちなみに、全国と大阪府の後部座席のシートベルトの着用率を比較すると、

 大きな差が出ていました。(平成304月警察庁・JAF合同調査)

     一般道    高速道路  
全 国   38.0%     74.2%   

大 阪   23.5%     59.1%  
 

 

交通事故件数は、愛知県、大阪府、福岡県が全国ワースト3の固定メンバーになっており、3府県の住民の半数以上が交通マナーも悪いと感じておられます。
箕面市内、特に国道や府道を通過する自動車の大半は大阪府内のかたと思いますが、自動車事故に遭う歩行者や自転車運転者のほとんどが箕面市民です。


市では、箕面市民が交通事故の被害者、加害者にならないため、ソフト対策として保育所・幼稚園児、小中学生、ドライバーから高齢者に至るまで、年代に応じた内容や方法で交通安全教育などを、またハード対策として自転車走行レーンの整備などを実施しており、府内平均を大幅に上回るペースで交通事故発生件数等が減少しています。今後とも、現状に満足することなく交通安全対策の充実・強化に取り組んでいきます。

 

 

私の部長ブログは今回が最終です。これまで健康福祉部や総務部でブログを掲載させていただきました。5年にわたった総務部では、防災対策、犯罪率や防犯カメラを中心とする防犯対策、そして交通安全など、いずれも市民の皆様に直接かかわる可能性があるものを定期的に紹介してきました。興味がわかない内容もあったと思いますが、ご覧いただきました皆様方に大変感謝しています。

本当にありがとうございました。

追伸  G20大阪サミット

6月28日金曜日、29日土曜日の2日間、大阪で「G20大阪サミット」が開催され、開催日とその前後の4日間は、高速道路や大阪市内を中心に大規模な交通規制が行われます。

この期間中は、自動車の使用の自粛と、公共交通機関のご利用をお勧めします。

 

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 

 

    


平成最後の定例会が閉会しました

2019年03月27日 | 議会事務局

こんにちは。 議会事務局の中井です。

平成31年第1回定例会も昨日、全日程を終え閉会しました。平成31年度の当初予算をはじめとする新年度事業の開始に向けた準備も整い、すぐにも新年度を迎えますが、いよいよ5月からは新天皇が即位され元号も新たにかわり新しい時代の幕開けとなります。 市議会も昨年、これまでの議会改革の集大成として議会基本条例を制定しました。これからはさらなる改革に向けて出発することになりますが、これまで以上に市民に開かれ信頼される議会をめざして取り組みを進めていきます。

平成最後の定例会となる今定例会の閉会時の議長挨拶では、着々と進む北大阪急行線延伸工事や都市計画道路の整備と併せての市内全域を俯瞰した道路網の見直し、まちの発展を踏まえた消防拠点施設の充実などのインフラ整備だけではなく、児童相談支援センターの人員確保や待機児童対策、大人のスポーツ人口を増やし健康で豊かな生活を支えるための取り組みなど、あらゆる世代の市民生活を支える多くの重要な事業が予定されている。これらの事業を推進するため箕面市政で最大の予算規模となった平成31年度にあっては、特に、職員には、これまで以上に知恵を出し合い、一丸となって数々のビッグプロジェクトを進めてもらうようにお願いをされ閉会となりました。

 

 また、各議員から次のような一般質問がされました。      → 視聴はこちら

 

大阪維新の会箕面 武 智 秀 生 議員

1 自転車関連事故「ゼロ」のまちづくりに向けて

 

自民党市民クラブ 藤 田 貴 支 議員

1 学校へのスマートフォン等の持ち込みについて

2 部活動のあり方について

 

大阪維新の会箕面 今 木 晋 一 議員

1 「全市一斉総合防災訓練」について

 

大阪維新の会箕面 尾 上 克 雅 議員

1 「ランドセル重~い」について

2 違法薬物大麻について

 

大阪維新の会箕面 神 代 繁 近 議員

1 学校における働き方改革と地域連携について

 

大阪維新の会箕面 尾 﨑 夏 樹 議員

1 豪雨時の河川の氾濫について

2 箕面森町地区センターの医療機関について

3 小中学校の教室の冬季の温度設定について

 

無所属 増 田 京 子 議員

1 箕面市のまちづくりについて

 

箕面政友会 川 上 加津子 議員

1 箕面市の学校給食について

2 学校図書館司書の役割等について

 

無所属 中 西 智 子 議員

1 箕面市の子育て支援と教育、子どもの人権について

 

日本共産党 神 田 隆 生 議員

1 チャレンジテストについて

 

箕面政友会 内 海 辰 郷 議員

1 コミュニティ政策の総括と推進について

 

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、5月号の表紙写真を募集しています。

募集は、3月31日までです。

多くの方のご応募、お待ちしています。

                                   → 応募の詳細はこちら

 

今回のブログが私の今年度最後のブログとなりました。新年度も市議会の動きをブログなどを通してみなさんにお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


箕面森町に新たな道路が開通しました。

2019年03月26日 | みどりまちづくり部

こんにちは。 みどりまちづくり部長の肥爪です。

もうすぐ4月ですが、まだまだ肌寒い日々が続いています。 今日は、大阪府内の桜開花予想日で、ちらほらと咲いていました。

 

 さて、3月19日、箕面森町の都市計画道路 止々呂美吉川線(府道豊能池田線)の工事が完成し開通式典が催されました。この幹線道路の開通に伴って、周辺の市道も3月29日に供用開始する予定です。

このエリアは大阪府が実施している、北部大阪都市計画事業水と緑の健康都市特定土地区画整理事業の第3区域で、新名神高速道路I.C.から約3分、大阪市中心部へ約30分で直結する抜群の交通アクセスを活かし、物流施設、商業・業務施設などの企業用地として整備が進められていました。すでに、一部の区画では建築工事が始まりつつあります。

 

最後に、本日は平成31年第1回定例会の最終日で、みどりまちづくり部関係では、

 1.市道路線の認定及び廃止の件

 1.箕面市建築基準法施行条例改正の件

 1.北部大阪都市計画萱野中央地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例改正の件

 1.箕面市都市計画法に基づく開発行為の許可の基準に関する条例改正の件

 1.平成30年度箕面市一般会計補正予算

 1.平成31年度箕面市一般会計予算

 全ての議案について、可決ご決定いただきました。

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


新年度も健康長寿に取り組みます!

2019年03月25日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。
今年度も残すところあとわずか。
平成最後の箕面市議会本会議「一般質問」が今日と明日と行われます。
平成の約30年間を振り返ると、本当に激動の30年間だったように思います。
その約半分にあたる14年間を健康福祉部で仕事させていただき、
介護保険制度や障害者支援費制度(その後、障害者自立支援法、そして現在の障害者総合支援法へと変更)の立ち上げに関わり、健康増進法や高齢者等医療確保法の制定に伴う健康増進施策の実施などなど、本当に少子・超高齢社会の到来に向けた社会保障基盤の整備に関わらさせていただきました。
新たな元号となっても、市民福祉の向上、健康長寿のまちづくりの実現に向けて、一層汗をかいてまいりますので、皆さまのご理解とご協力、ご支援をお願いいたします。

去る3月16日、恒例の「春のこどもフェスティバル」が盛大に開催されました。
開催直前の雨(止々呂美では雪だったとか!?)にもかかわらず、多くの方々にご参加いただき、盛況のうちに無事終了することができました。

   

滝道を中心とした「謎解き滝道ウォークラリー」には約900人のかたが挑戦されました。
阪急箕面駅をスタートして、箕面龍安寺から箕面大滝、大滝で折り返し、ゴールの芦原公園まで約6キロのウォーキング(中には走った方もおられました)。各所におかれたチェックポイントでなぞなぞを解き、すべての謎解きが終われば、豪華賞品が当たる抽選会。子どもから大人まで楽しみながらウォーキングをされたのではないでしょうか。

      

芦原公園では、子ども会などが屋台を出店され、ミニトレインやふわふわエアマットなどのアトラクションもあり、子どもたちの大きな歓声が聞こえました。

      

メープルホール内では、バルーンアートやクラフトコーナーに長蛇の列。



本物の白バイにまたがり、消防士になれるコーナーでは子どもたちも大喜び。
見ていた大人も「白バイに乗ってみたいな~」とポロリ。

また、骨密度や血管年齢の測定コーナーには、高齢者のかたのみならず、若い子ども連れのお父さんお母さんもお越しいただきました。

フェスティバルにご尽力いただきましたこども会育成協議会やスポーツ推進委員協議会、青少年を守る会、シニアクラブ連合会など関係団体の皆様に厚くお礼申し上げます。
また、フェスティバルの開催趣旨にご賛同いただき、協賛いただきました多くの企業、地元事業者の皆様にもお礼申し上げます。本当にありがとうございました。


さて、本市では、これまで「健康長寿のまちづくり」を重要施策に位置づけ、シニア塾をより健康を意識した内容に見直すとともに、シニア塾受講終了後も継続して取り組めえるよう改変するなどし、介護予防や認知症予防の各種教室も充実を図ってきました。
また、高齢者の皆さま自らが地域で仲間づくり、グループ作りを行い、活動が継続できるようシニア活動応援交付金制度を創設するなど、取り組みを進めてきました。

本年度実施した「高齢者健康基本調査」の結果では、高齢者の皆さまのお出かけ先に「スポーツ施設」とお答えになった方の割合がなんと2割!
皆さまの健康、スポーツに対する意識の高さに驚きました。
そこで、来年度はシニア塾や各種教室の充実はもとより、新たに「スポーツ版シニア塾」や「大人のスポーツトライアル事業」を実施する予定です。

2020年度には東京オリンピックが開催され、さらには2025年に健康をテーマとした「大阪・関西万国博覧会」が開催されます。
新たな元号がスタートする新年度、皆さまに改めて健康長寿、健康スポーツを考え、また「昔取った杵柄」ではありませんが、昔していたスポーツをリスタートするなど、健康維持、向上に向け、何か取り組んでいただければと思います。

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。