部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

日曜日・祝日のお出かけには 便利でお得な「オレンジゆずるバス」をご利用下さい

2018年11月16日 | 地域創造部

こんにちは 地域創造部長の小山です

皆さまは普段、移動手段として何をお使いですか。
ちょっとそこまででも自動車。どこでもバイク。できる限り自転車。ついついタクシー。基本徒歩。
さまざまだとは思いますが、市内移動には便利でお得な「オレンジゆずるバス」をご利用下さい。

 

愛称・デザインともに小学生(当時)の提案が採用され、平成22年9月に箕面市内を走り出した「オレンジゆずるバス」。
遠くからでも目立つオレンジ色の車体と箕面市のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が大きく描かれたバスを、何度もご覧いただいていることと思います。

 

この「オレンジゆずるバス」、月曜日から土曜日は、市立病院や市役所、稲ふれあいセンターなどへの移動を主としたルートで運行しています。
平成25年の本格運行開始後、おかげさまで利用者数が伸び続け、1日平均で約1,600人の市民の皆さまにご利用いただいています。引き続きご利用下さい。

 

日曜日・祝日は、お買い物バスとして、平成28年7月に本格運行を開始しました。買い物や食事のほか、図書館やレジャー施設など、さまざまな目的にご利用いただけます。
「オレンジゆずるバス」に乗って出かければ、ランチのときビールやワインが飲めますし、駐車場の空き状況や料金を気にしなくても大丈夫です。さらに1日乗車券などお得な割引券を活用して、休日をゆっくりとお楽しみいただけます。

 

休日に行きたい、市内の魅力的なエリアに直結しています。


 

オレンジゆずるバスサポーター店では、オレンジゆずるバスに乗ってご来店いただくと割引等の特典が受けられます。詳細はこちらをごらんください。

バスの運賃は、下記のとおりです。

 

バス運行情報(バスロケーションシステム)を使って、渋滞などでバスが遅れても、だいたいの待ち時間を知ることができます。ご活用下さい。

 


スマホ・携帯電話ではこのQRコードをご利用下さい


こんな感じで表示されます

 

 

そのほか「オレンジゆずるバス」のくわしい情報はこちらをご覧下さい。

日曜日・祝日のお出かけには、ご家族やお友達と一緒に「オレンジゆずるバス」をぜひご利用下さい。

 

 

箕面滝道復活祭 たくさんのお客様にご来場いただきました

前回の私のブログでご紹介しました 箕面滝道復活祭が盛大に開催されました。

 

 

約5,000本のキャンドルの灯りで幻想的な一夜を演出した「みのおキャンドルロード2018」や箕面大滝前で行われたバイオリン&ピアノのミニライブ。

 

特別企画として実施された、自動で色が変わる「箕面大滝ライトアップ」等どれも大盛況。

 

予想をはるかに上回る本当にたくさんのお客様に来場いただきました。誠にありがとうございました。

 

まだまだ紅葉シーズンまっただ中、見どころいっぱいです。皆さまぜひ箕面の秋を満喫しにいらしてください。

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


停電になると、なぜマンションが断水するの?

2018年11月15日 | 上下水道局

皆さま、こんにちは。上下水道局長の小野啓輔です。

未曾有という言葉があります。

「みぞう」と読み、
今だかつてない、極めて珍しい という意味です。
決して「みぞうゆう」ではありません。

今年は日本列島で、
ほんとに未曾有の大災害が連続しました。

つい先日も、私の妻の実家、山口県の周防大島で、
本州と島を結ぶ唯一の橋に貨物船が衝突し、
橋の下をとおっていた水道の送水管が脱落・破断する事故があり、
島のほぼ全域で、今も深刻な断水が続いています。
すでに3週間以上、約1万5千人が水道を使えない困難な生活を強いられ、
日常生活や商店、学校、病院、さらには特産のみかんや海の幸・温泉・観光などの
産業も大打撃を受けています。

実は、周防大島での断水は、1月に続き、今年2回目。
1月のときは、同じ送水管の接合部が、長年にわたる車両振動で疲労破壊し、
小さな亀裂が拡大、破断に至ったとのこと。

そのとき各家庭では、断水直後から「給水容器」の確保に走り回ったそうです。
県内各地の自治体から応援給水車がかけつけたものの、
水をくむためのポリタンクが島内のホームセンターではすぐに売り切れになり、
島外に買い出しに出る人で橋は大渋滞。隣接の柳井市でも売り切れ、
長時間かけて何軒もホームセンターを回り、
遠くの町でやっと手にいれた人もいたそうです。

今年の周防大島は、
8月の2才児童の行方不明(78才のスーパーボランティア尾畠さんの活躍)や、
9月には、富田林警察から脱走した容疑者の立ち寄り先となるなど、
何回かマスコミも賑わせました。
まさかまさかの連続で、まさに未曾有の年だったと思います。

【山口県 周防大島の大島大橋(被災前)】

水道が使えない不便さ・深刻さは、今年、全国で多くの人が経験しました。
箕面市でも、大阪北部地震や、相次ぐ台風・停電で
断水を経験されたかたが多いと思います。

水は、人の暮らしにとって極めて重要なライフラインです。
まさかの事態に備えて、今こそ、すべてのご家庭で
ぜひとも、水の備蓄を実行してください。
今日のテーマは、
「災害による停電とマンションの断水」です。

●停電とマンション

今年9月に西日本を襲った超大型の台風21号は、
多くの電線や電柱をなぎ倒し、
広範囲で長期間に渡る停電を引き起こしました。

この停電に伴い、主にマンションで、
「水が出ない」状態に苦しまれたかたも、多いと思います。

では、停電になると、なぜマンションで断水が起こるのか?
案外、ご存じないかたも多いようです。

それは、超簡単に言うと、
マンション内の「ポンプ」が停電で止まるから です。

もう少し、詳しく見ていきましょう。

●マンションの「給水方式」

私たちが普段使っている水道水。
皆さまのご家庭には、どのように水は届いているのでしょうか?

市は、市内の公共道路を中心に、「水道本管(配水管)」を張り巡らしています。
一方、皆さまのご家庭では、この水道本管から分岐して、
敷地内・建物内へ「給水管」を引き込んで、水を使用しています。
この水道本管から分岐して建物に水を引き込み各戸に供給する仕組みのことを
「給水方式」といいます。

戸建て住宅の場合は、一般的に市の水道本管からの水圧によって、
水が直接、ご家庭に給水されています。

一方、マンションなど、階数が高い建物の場合には、
水圧を高めて上の階に多量の水を送る必要があるため、
マンション特有の給水方式が採用されています。

マンションの給水方式には、大きく分けて、
貯水槽を設ける『貯水槽方式』と、
貯水槽を設けない『直結方式』の2つがあります。
さらに、それぞれポンプの有無と種類で分類され、結局、
①高置水槽方式、②ポンプ圧送方式、③直結増圧方式、④直結直圧方式の
4種類の給水方式があります。



■ 貯水槽方式
 
『貯水槽方式』は、マンション敷地内に設置された貯水槽と呼ばれるタンクに
いったん水を蓄えてから、各ご家庭に給水する方式です。
マンションなどの集合住宅の場合、一度に大量の水を使うと水圧不足になって、
蛇口から流れ出る水の量が不安定になったり、少ししか出なくなったりします。
そこで、貯水槽に一度大容量の水を貯めてから、改めて各ご家庭へ送ることで、
大量に水を使っても水圧が下がらず、安定した給水が可能となります。
 
この方式は、さらに、「高置水槽方式」と「ポンプ圧送方式」とに分類できます。
 
①「高置水槽方式」
 
「高置水槽方式」は、マンション敷地内の貯水槽に貯めた水を、
揚水ポンプを使って、屋上等に設置された高置水槽に送り、
高置水槽から重力を利用して、各ご家庭に給水する方式です。
この方式は、古くから多くのマンションで採用されています。
 
②「ポンプ圧送方式」
 
「ポンプ圧送方式」は、マンション敷地内の貯水槽に貯めた水を、
圧送ポンプ(加圧ポンプ、圧力ポンプ等とも呼ばれます)を使って、
直接各ご家庭に給水する方式です。
昭和40年代に登場し、昭和50年代後半以降、本格的に採用されています。
なお、圧送ポンプではなく圧力タンクを使用している方法もあります。
 
■ 直結方式
 
『「直結方式』は、貯水槽を設けず、水道本管から各ご家庭に直接給水する方式です。
この方式は、さらに「直結増圧方式」と「直結直圧方式」に分類できます。
 
③「直結増圧方式」
 
「直結増圧方式」は、水道本管からの水を、マンション敷地内の増圧ポンプで
各ご家庭に直接給水する方式です。
これは比較的新しい方式で、東京都が平成7(1995)年10月に初めて認可して以降、
他の自治体の水道事業者でも認める所が増え、普及しはじめました。
同時使用水量、管口径、配水管へ影響など、一定基準に合致する場合は、
10階建て程度の建物でも、直結増圧方式を採用できます。
 
④「直結直圧方式」
 
「直結直圧方式」は、ポンプなどを使わず、水道本管の水圧のみで
直接各ご家庭に給水する方式です。
通常、地上2階までの建物に採用されていますが、
これも一定の基準に合致する場合は、
3階~5階建ての建物でも、直結直圧方式を採用できます。

なお、いずれの給水方式の場合でも、法令に基づき、
給水管・給水用具は建物の所有者による設置・維持管理が大原則となっています。
箕面市の場合も、基本的には、
水道本管(配水管)から水道メーターまで(マンションの場合は親メーターまで)
(これを「1次側」といいます)の給水管・給水用具は、市が維持管理し、
水道メーターから蛇口まで(これを「2次側」といいます)の給水管・給水用具は、
建物の所有者による維持管理となります。
(厳密には、給水装置の設置状況等により維持管理区分が異なる場合があります。)

なので、マンション敷地内の貯水槽やポンプ・タンクは、すべて、
マンション所有者が設置し、適切に維持管理することが必要です。

●停電したらどうなるの?
 
さて、この①~④の給水方式のうち、
水道本管から「ポンプ」など電気で動く設備を使用せずに
直接給水している④「直結直圧方式」の場合は、
マンションで停電があっても断水せず、水道が利用できます。

一方、給水に「ポンプ」など電気で動く設備を使用している
①②③の給水方式の場合は、マンションが停電になると、
停電によりポンプなどが止まってしまうため、断水になる可能性があります。

もう少し細かく見てみると、

①「高置水槽方式」の場合は、高置水槽に残っている水は、
  停電後もしばらくは利用できますが、
  高置水槽の水を使い切り、空になってしまうと、断水になります。
 
②「ポンプ圧送方式」の場合は、停電するとポンプが止まるため
  すぐに断水となり、水道が利用できなくなります。
 
③「直結増圧方式」の場合は、停電後も低層階では水道本管からの水圧で
  水が出ますが、中高層階では増圧ポンプが止まると、断水になります。
 
なお、マンションによっては、
共用部分と各ご家庭の電力系統が異なっている場合があり、
自宅では電気がついているのに、
マンション全体が停電で断水していることもあるようです。
 
池田市上下水道部ホームページのイラストがとてもわかりやすいので、引用します。


 
●マンションは、停電断水に事前準備を!
 
このように、マンションなど高層ビルは、 
市の上下水道局からの配水が正常に稼働していても、
停電が発生した際に、断水となる可能性があります。
必ず、事前の備えをお願いします。

(1)飲み水の備蓄をしてください。
 
最も有効な備えは、飲み水の備蓄です。
断水を経験した人の多くが、備蓄しておけばよかったと後悔しておられます。
大きな災害直後、3日間は、外部からの支援が届かない事態となる可能性が高いです。
どうか、災害に備えて、各ご家庭で3日分の水・食糧の備蓄をお願いします。
特に飲料水は、ひとり一日3リットル必要なので、
「一日3リットル×3日分×家族の人数」の飲料水を
ぜひ備蓄しておいてください。

「防災~今すぐ始める家庭の備え」は、こちら



(2)生活用水も、ぜひ備蓄してください。
  
断水すると、飲料水の他にも、
トイレ、お風呂、洗濯など、水が使えずに困ることが数多くあります。
そのため、生活用水も、ぜひ備蓄してください。
お風呂の水を抜かずに、いつも貯めておく方法もあります。
この場合、小さなお子様が浴槽に落ちないよう十分注意してください。
災害による断水経験者によると、
何本かのペットボトルやポリタンクなどに水道水を入れて置いておく方法も、
生活用水の備蓄として推奨されています。

なお、災害により大規模な断水が発生した場合、
箕面市では、基本的に各避難所(主に小学校)が給水拠点となります。
もしもご家庭の備蓄水で足りなくなった場合、
給水拠点に水をくみに行くためのポリタンクも、
用意しておくと有効です。(冒頭の周防大島の教訓です。)

(3)給水方式と非常用設備の確認
 
給水方式は、マンションやビルの地形や高さ、所要水量、敷地スペース、
維持管理方針などに応じて、選択されます。
お住まいのマンションの給水方式は、新築分譲時の図面を見たり、
マンション管理会社に問い合わせたりする、とわかります。
また、敷地内に、停電時でも給水可能な「非常用給水栓」や、
「非常用自家発電機」などが設置されている場合もあります。
ご自宅の給水方式と非常用給水栓などの有無について、平常時に
マンションの管理会社に確認し、日頃から把握しておくと、
いざというときに、スムーズに行動できます。

●停電による断水が起こったら

(1)マンション管理会社への連絡・相談
 
停電断水の場合、電力供給が復旧し、ポンプなどが稼働しないと、
給水できません。
マンション管理会社へご相談ください。

(2)非常用給水栓の利用
 
市の上下水道局からの配水が正常に稼働していれば、
マンションの敷地までは水がきていますので、
停電でマンションのポンプなどが停止していても、
マンション敷地内で水道が出る可能性があります。
例えば、1階の庭や地下などにある共用の水道(洗車・散水用)や、
貯水槽付近にある非常用給水栓などです。
ただし、屋内にある貯水槽付近の非常用給水栓などは、
普段は鍵がかかっている場合が多いです。
停電断水のときにマンション管理会社が駆けつけられない場合には、
管理組合の理事などが鍵を開けられる仕組みを、
管理会社と事前に相談して対策を講じているマンションもあります。

(3)非常用自家発電機の稼働
 
マンションに「非常用自家発電機」がある場合、
マンション管理会社で稼働させてポンプなどを動かすことができれば、
各ご家庭で水道が利用できるようになります。
  
(4)停電は解消したが水が出ない場合
 
ポンプの再起動が必要な場合があります。
これも、マンション管理会社へご相談ください。

他にも、断水したときは、復旧したときにいきなり水が飛び出ないよう、
蛇口を閉めておくこととか、
断水が復旧したときは、サビや空気が入って水が濁ることが多いので、
注意が必要とか、
地震のあとは、トイレの水をすぐに流してはいけないとか、
災害に関してお伝えしたい事は、たくさんあります。

災害時のトイレに関する国土交通省の啓発動画は、こちら

この国土交通省の動画では、
地震による災害などで、排水管などがズレたり破損したりした場合に、
トイレの水を不用意に流すと、
マンションの下の階のご家庭に多大なご迷惑がかかるトラブルなど、
衝撃的な事実を提起し、注意を促しています。
この動画の内容自体は、非現実的な事や賛否両論ある事項など、
突っ込みどころも多いものですが、
問題提起のインパクトは大きいと思います。
  
災害は、忘れた頃に やってくる。備えあれば、憂いなし。
未曾有の災害が続いた今年こそ、
ぜひ、各ご家庭での備えを強化していただきますよう
お願いいたします。

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


多民族フェスティバルで国際交流&人権週間

2018年11月14日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは。子ども未来創造局(生涯学習担当)担当部長・人権文化部長の浜田です。

早いものでもう11月も中旬に入りました。ほんの少し前までは、暑さにまいっていたのが嘘のようです。季候の良い時期はほんのわずか、この時期を十分に楽しみたいと思います。

さて、所管の生涯学習・人権文化の分野では、さまざまな催しが行われています。

まずは、国際交流・国際理解関連の催しをお伝えします。

◆多民族フェスティバルが多くの参加者のもと開催されました。

国際交流協会が豊川支所から現在の小野原西にある多文化交流センターに移って、早くも6年目となりました。豊川支所にあったときには、外国人市民や国際交流関係の団体を中心に開催されていた多民族フェスティバルも、今では地域の皆さんも大勢参加される、地域の一大イベントとして定着しつつあります。

今年も、秋晴れの爽やかな天候のもと、多くの皆さんに参加いただき、盛大に開催されました。このようなイベントを通じて多文化理解が進んでいくことが期待されます。


世界の遊び体験


世界の屋台村で、さまざまな食文化体験

◆国際交流員による異文化理解ワークショップ、第2弾を開催します。

国際交流員による異文化理解ワークショップを開催します!

このブログでも以前ご紹介しましたが国際交流員による異文化理解ワークショップの2回目が、12月19日(水曜日)に西南生涯学習センターで開催されます。
8月に初めて開催した際も、すぐに定員に達するほど大好評で、「次はいつ開催しますか?」と言ったお問合せもいただき、今回2回目を開催することになりました。


前回のワークショップの様子

今回のワークショップでは、文化を言葉や習慣、料理など異なることが認識しやすい部分と、価値観や考え方など認識しにくい部分の2つに分けて、改めて「文化」とは何かを参加者の皆さんと一緒に考えてみるそうです。

文字で読むと難しそうですが、世界のジェスチャーやニュージーランド文化の紹介など、身近なことやゲームなどを通じて考えてもらおうと国際交流員の2人も企画していますので、是非、気軽にご参加ください。

なお、11月19日(月曜日)から申込み開始で、定員25人(申込み順)となっております。ご興味のある方は、お早目にお申し込みください。

日時:平成30年(2018年)12月19日(水曜日)午後6時30分~
場所:西南生涯学習センター
問合せ・申込みは、文化国際室まで(電話:072-724-6769、ファクス:072-724-6010)

◆人権について考えましょう。

基本的人権尊重の原則を定め、初めて人権保障の目標や基準を国際的にうたった「世界人権宣言」が、昭和23年(1948年)12月10日、国連第3回総会(パリ)で採択されてから今年で70周年。この機会に、もう一度、人権について考えましょう。

○人権フォーラムに参加して、人権の大切さを考えよう

毎年12月4日から12月10日は「人権週間」です。12月8日(土曜日)、9日(日曜日)には、「第33回みのお市民人権フォーラム」が開催されます。

今年の人権フォーラムは、全体会で、中山千夏さんをお迎えし、「人権で考え 人権を生きる」と題した記念講演をはじめ、子ども(教育)や部落、障害者など5つの分科会が開催されます。

この機会にさまざまな人権について考えるきっかけになればと思います。

○北朝鮮人権侵害問題啓発週間

毎年12月10日から12月16日は、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。

平成18年(2006年)6月には「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され、国民の間に広く拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題についての関心と認識を深めるために、毎年12月10日から16日までを、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされました。

この週間に合わせて、箕面市では、市役所本館1階ロビー(12月7日から12月16日)や市民活動センター付近(11月30日から12月6日)で、啓発のためのパネル展示を行う予定です。

政府の取り組みなどについては、コチラを参照ください。

○女性に対する暴力をなくす運動啓発講演会

毎年11月12日から11月25日は、「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。市では、この運動の関連として啓発講演会を11月29日(木曜日)午前10時から箕面市立箕面文化・交流センター4階会議室1で行います。是非ご参加ください。

今回の講演は、「『モラハラ』ってなに? ~家庭や職場でしんどい思いをしていませんか~」です。家庭や職場で起こるモラハラ被害の現状と、被害を受けた場合、どのようにこころや身体をまもればよいかについて学びます。

問合せ・申込みは人権施策室まで(電話:072-724-6943、FAX:072-725-8360)

◆(公財)箕面市メイプル文化財団の設立30周年記念式典が開催されました。

11月11日(日曜日)箕面市立市民会館(グリーンホール)で、公益財団法人箕面市メイプル文化財団の30周年記念式典が、多くのご来賓や市民の皆さんをお迎えし、盛大に催されました。

メイプル文化財団は、昭和63年(1988年)に、市民文化の高揚を図り、市民の文化活動の推進に寄与することを目的に、財団法人箕面市文化振興事業団として設立され、公益法人制度の改正に併せて、平成25年(2013年)に公益財団法人に移行、箕面市メイプル文化財団と改称されました。

現在は、箕面市立メイプルホール、グリーンホール(箕面市立市民会館)の指定管理者として、また、箕面の文化の牽引役として活躍されています。

最近では、箕面市立中央生涯学習センター、箕面市立西南生涯学習センターの窓口業務や生涯学習講座(春と秋の講座)、箕面シニア塾を箕面市から受託され、その活動を生涯学習分野全体に拡げられています。

地域密着の中、文化振興と生涯学習を両輪に、積極的な文化サービスをこれからも期待されています。

記念式典で一息つきましたが、これからも30周年を記念した取組は続きます。

○南こうせつ&ウー・ファンのスペシャルステージ、箕面にて開催!

来年2月8日(金曜日)にグリーンホール(箕面市立市民会館)で、「宝くじまちの音楽会 南こうせつwithウー・ファン 心のうたコンサート」が開催されます。

南こうせつさんといえば、「神田川」や「妹」といったミリオンセラーを数多く発表したバンド「かぐや姫」での活躍を知らないかたはいないのではないでしょうか。まさに私たちの世代や少し上の世代には、とてもなじみ深く思い出深いグループです。

また、「かぐや姫」解散後も独特の音楽性で「夏の少女」「夢一夜」などヒット作品を数々発表され、現在も年間80本をこえる全国ツアーをおこなっているバイタリティの持ち主です。

ウー・ファンさんは中国・上海のお生まれです。9歳から中国古箏を学び始め、1990年に中国最難関の上海音楽学校を首席で卒業し、来日されました。

日本における現在の中国楽器ブームの先駆けとなったことは記憶に新しいでしょう。南こうせつさんをはじめ数々のアーティストと共演され、意欲的な演奏活動をおこなわれています。高度なテクニックと美しい音色を奏でる独自の音楽世界<ウー・ファンワールド>に皆様も魅了されるはずです。

「宝くじまちの音楽会 南こうせつwithウー・ファン 心のうたコンサート」は、南こうせつさんが発表した数多くのヒット曲の中でも、世代、時代を超えて共感される歌をスペシャルバンドと共におくるステージです。ウー・ファンさんの演奏や、地域の合唱団・コーラスグループとの共演、会場との大合唱など、他のコンサートにはない盛りだくさんの内容となっています。南こうせつさんのユニークなキャラクターと巧みな語り口で、歌はもちろん、曲間も楽しめること間違いなしのコンサートです。

皆様が聴きたいあの名曲も、きっと演奏していただけますよ!

日時:平成31年(2019年)2月8日(金曜日) 開場18:00・開演18:30
チケット発売日:平成30年(2018年)11月16日(金曜日)
会場:グリーンホール(箕面市立市民会館)
料金(全指定席):一般2,000円

※宝くじの助成による特別料金です
※未就学児の同伴・入場はご遠慮ください。
※この公演は、メイプルフレンド会員特典はありません。
※チケットのご購入は、お一人様5枚までです。
※ご入場に際し、車椅子をご利用、または介助者が必要な場合はチケットを購入前にグリーンホールまでお申し出ください。

主な予定曲目:神田川 妹 夢一夜 ほか
共演団体:地元合唱団・コーラスグループ
(萱野北小PTAコーラス、北小PTAコーラス ドルチェ・ママン、西南小PTAコーラス、西小PTAコーラス、南小PTAコーラス、箕面学園附属幼稚園PTAコーラス、箕面市少年少女合唱団、箕面市民合唱団、箕面小PTAコーラス(50音順))

※公演詳細は、こちら

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


11月23日(金・祝)第43回箕面市農業祭! 食育フェア・ごみ減量フェアと同日開催します!

2018年11月13日 | 農業委員会事務局

こんにちは、農業委員会事務局長 野澤昌弘です。

しだいに深まっていく秋を感じます。
新稲地区では、冬の風物詩である特産品の葉ボタンも色づき始めています。

まっ直ぐに続く畝(うね)に 規則正しく等間隔の株間でならぶ葉ボタン。
畑の向こうには、広い大阪都心の平野部も眺望でき、はるか遠くには大阪湾がギラギラと輝き見えることもあります。どの花も陽当たり良く、風通し良く育てられています。

7~8月に種まきして植えていくので、酷暑の夏の“水やり”は大変だったそうです。
アブラナ科植物なので害虫もつきやすく、冬にあわせて発色するように窒素分(肥料)を調整することも難しいそうですが、今年もどの畑も見事に色づき始めています。

 

これから冬の寒さにも負けず、緑の葉っぱを大きく広げ、その中央には赤、白、ピンク、紫と鮮やな色の花が咲き誇っていきます。

 農業祭・食育フェア・ごみ減量フェア 同時開催します!

朝晩の冷え込みとともに、畑ではキャベツや白菜もそろそろ収穫の時期です。

11月23日(金・祝)第43回箕面市農業祭が開催されます。「箕面食育フェア」と「ゴミ減量フェア2018」も、芦原公園・メイプルホール・中央生涯学習センターを会場にして同日開催します。

1.第43回箕面市農業祭

採れたての新米、葉っぱ付きダイコンやキャベツなど採れたての野菜、特産品のゆずや”原木栽培の椎茸(しいたけ)”など、箕面のこの秋の味覚が大集合します。

 

農業祭当日は、午前10時の開会宣言に引き続いて、芦原公園の真ん中で 箕面アイディアメニューコンテストの表彰式も行います。
小学校5年生~中学生を対象とした箕面の秋野菜をつかった料理コンテストには95組(121人)の応募がありました。どの作品も食材の良さを活かして趣向をこらされ食べてみたくなります。当日は、その中から最優秀賞など7組(9人)の方が表彰されます。

是非、若い勇姿もご観覧ください。


 

2.第8回箕面食育フェア

大人も子どもも楽しめる体験や試食などが企画されます。

大阪青山大学健康栄養学科の皆さんによる栄養バランシュラン!
昨晩のご飯から栄養価やカロリーなど栄養バランス度がチェックできます。(好成績がでたかたには「ゆずるボールペン」「ゆずるシール」を進呈!)
ご自身の食生活のこと、また自宅で介護を受けているおじいちゃん、おばあちゃんの食に関する相談もできます!

 子育てママ・パパは、子どもの食に関する悩みがまったくないというかたは少ないのではないでしょうか。好き嫌いをしたり、食べ遊びをしてしまったり・・・
保育所調理員のみなさんによるアレルギーのお子さんにも安心な手作りの簡単なおやつや野菜料理の試食ができます。実際に保育所で園児が食べているメニューを体験できます。
お箸で豆つかみ体験では、学校栄養士のかたが、優しく“お箸の使い方”を教えてくださいます。

  


 
どのブースも、皆さまのご来場を心よりお待ちしています!

箕面市農業祭の市ホームページはこちら

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


ご存じですか?~第三者交付に係る本人通知制度~

2018年11月12日 | 市民部

皆さん、こんにちは。市民部の小林です。

先週の11月7日(水曜日)は立冬。秋が極まり冬の気配が立ち始める日とのことですが、先週は最高気温が20℃を超える日も続き、冬の気配はどこへやら?!日中は非常に過ごしやすかったのではないでしょうか。

今週から少し冷え込む予想となっています。季節の変わり目、体調管理には十分ご注意ください。

 


●第三者交付に係る本人通知制度

「誰かが勝手に私の住民票を取ったりしていない?」と不安になったことはありませんか。

委任状を偽造して代理人になりすまし住民票の写しなどを不正に請求することや、使用目的を偽って証明書を不正に取得することを抑制し、個人の権利の侵害の防止を図ることを目的として、平成22年(2010年)2月1日から「本人通知制度」を実施しています。

この制度は、あなた以外の人が、あなたの住民票などを取得した場合に、あなたにお知らせする制度で、平成30年9月30日現在、箕面市では321人のかたが登録されています。

事前の登録は無料で、しかも簡単な手続きですので、是非この機会に事前登録をお勧めします。


<本人通知制度のフロー図>


◆通知の対象となる書類
 ・住民票の写し
 ・住民票記載事項証明書
 ・戸籍附票の写し
 ・戸籍謄本(抄本)
 ・戸籍全部(個人)事項証明書
 ・戸籍記載事項証明書
   ※除票・除籍などを含みます
   ※コンビニエンスストアで交付された住民票の写しは通知の対象外です

◆お知らせする内容
 ・交付した日にち
 ・交付した書類
 ・交付した件数
 ・交付請求者の種別(本人の代理人か、それ以外の人か)
   ※郵送でお知らせします
   ※交付した相手方の氏名を知ることや交付を止めることはできません

◆事前登録できるかた
 ・現在、箕面市に住民登録や本籍があるかた
 ・過去、箕面市に住民登録や本籍があったかた
   ※死亡したかた、失踪宣告を受けたかたは登録できません

◆手続き窓口
 ・箕面市役所窓口課(101番窓口)、豊川支所、止々呂美支所

◆事前登録に必要なもの
 ・本人通知制度登録申請書(様式第1号) ※ダウンロードはこちら
 ・窓口に来られるかたの本人確認書類
   1種類の提示で良いもの・・・・・マイナンバーカード、運転免許証など
   2種類の提示が必要なもの・・・健康保険証、年金手帳など
 ・代理人による申請の場合は委任状
 ・法定代理人(未成年者の保護者、成年後見人の場合など)による申請の場合は、
  戸籍謄本など資格を証する書類


<本人通知制度登録申請書(様式第1号)>

◆登録期間
 本人通知制度登録申請書の受付日の翌日から3年間

◆登録の継続
 引き続き継続を希望されるかたは、改めて申請が必要となります。登録満了日の
 1ヶ月前から登録期間満了日までに申請してください


事前登録や継続の手続きは郵送でも可能です。封筒に「本人通知制度登録申請書在中」と記載のうえ、本人通知制度登録申請書(様式第1号)と本人確認書類のコピーを下記宛先までお送りください。
  
  送付先:〒562-0003 箕面市西小路4-6-1 箕面市役所 市民部窓口課


本人通知制度について、分からないことがあれば、いつでも窓口課(電話:072-724-6726・FAX:072-724-0853)にお問い合わせください。

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。