部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

来年の保育園・幼稚園の入園に向けた手続きが始まっています!!

2018年11月30日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

明日からは、早いもので12月です。
平成30年も残すところあと1ヶ月!

平成最後の年末を、幸せな気分で迎えられるように、仕事にプライベートに、悔いのない1日1日を過ごしていきたい!
と考えています。  ・・・と思っています。   ・・・と願っています。

さて、保護者のみなさんの中には、来年4月に、保育所や幼稚園などの入園を迎えられるかたも多くおられると思います。
今週月曜日から保育所への入所申込みの期間に入ったことから、私のフロアーにある「子ども総合窓口」にもたくさんの保護者の皆さんが、申込みや相談に来られています。
来年の公立幼稚園と公民保育所の入園手続き等について簡単にご紹介します。


市役所別館2階のこの看板を目印にお越しください


●公立幼稚園について

■入園の対象
・4歳児:平成26年4月2日から平成27年4月1日までに生まれた子どもさん
・5歳児:平成25年4月2日から平成26年4月1日までに生まれた子どもさん
・申込時において、保護者・幼児ともに箕面市内に居住し、住民票のあるかたが申込対象となります。ただし、住民票などはないが実際に箕面市内に居住している場合は、民生委員・児童委員の居住証明書を添えて申し込むことができます。
■保育料など
・保育料は月額10,000円を上限に、世帯の所得やお子様の人数により決定します。
・入園料無料
・入園時に約20,000円(通園服、用品代など)、入園後の諸費用月額約2,000円(教材費、遠足代など)が別途必要です。
■願書配布
・配布場所:各公立幼稚園及び子ども総合窓口(市役所別館2階)
■所在地及び連絡先
・かやの幼稚園 箕面市萱野2-7-16 072-722-7790
・せいなん幼稚園 箕面市瀬川3-2-3 072-723-8101
・なか幼稚園 箕面市箕面5-10-23 072-722-8503
・とよかわみなみ幼稚園 箕面市小野原東4-27-43 072-727-2577

 

幼稚園 も 保育所もみんなで楽しく日々過ごしていますよ!!

 


●公民保育所(園)について

■入所申込書の配布
:配布場所
・箕面市役所別館2階子ども総合窓口
・箕面市内の市立保育所、民間保育園、認定こども園、地域型保育事業所、豊川・止々呂美支所、総合保健福祉センター、箕面森町地区センター
  (市のホームページからもダウンロード可能です)
■書類の受付について
:受付日時  平成30年11月26日(月曜日)から12月18日(火曜日)
         午前8時45分から午後5時15分まで
           (日曜日、祝日を除きます ・土曜日も受け付けています)
:受付場所   箕面市役所別館2階子ども総合窓口
■その他、ご注意いただきたい点
:公民保育所の入所選考については、先着順で、選考されると誤解されているかたもおられますが、皆さんから提出いただいた各種書類に基づき、市の入所選考委員会で厳正に入所していただくかたを選考します。
:来年4月のお子さんの保育所(園)選びについては、焦らず、しっかりと各保育所(園)の下見やご自分の通勤経路などを勘案されて、希望園を記入してください。
なお、希望園は、希望順に複数(数に制限はありません)記入いただけますので、入所可能な園は遠慮なくご記入ください。

公立幼稚園及び公民保育所(園)について、何かお聞きになりたいときは、子ども未来創造局 子ども総合窓口まで、 072-724-6791

 


保育所 幼稚園のご案内です 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


 


平成31年は選挙Year!

2018年11月29日 | 選挙管理委員会事務局

皆様、こんにちは。選挙管理委員会事務局の中野です。11月下旬となり、大阪府内でも最低気温が5℃を下回るなど、すっかり寒くなってきました。インフルエンザが流行する季節です。皆様、うがいや手洗いを励行するなど、お気をつけください。

◆平成31年は選挙Year!!
来年、平成31年は、12年に一度、統一地方選挙と参議院選挙が重なって実施される、選挙Yearです。任期満了の日は、府議会議員(任期4年)が4月29日、参議院議員(任期6年、3年ごとに半数改選)が7月28日、府知事が11月26日で、それぞれの任期満了日の30日前から任期満了の日までの間に選挙が実施されます(※参議院は、国会の会期延長により任期満了日以降に実施される場合があります。)。
現在国会において、統一地方選挙にかかる特例法が審議されています。この特例法は、地方選挙に対する国民の関心を高めること等を目的に、3月、4月、5月に任期が満了することとなる全国の地方公共団体の議員や長の選挙の期日を統一するもので、昭和22年以来、4年ごとに制定されています。従前は、4月の2週目の日曜日が都道府県、指定都市の選挙、4週目の日曜日が指定都市以外の市町村の選挙とされていましたが、来年の統一地方選挙は、4月の4週目の日曜日がゴールデンウィークの初日となる(28年に1回、前回は平成3年)ことと天皇退位、即位の式典があることから、前回(平成3年)と同様に、4月の1週目の日曜日が都道府県、指定都市の選挙、2週目の日曜日が指定都市以外の市町村の選挙となります。

◆箕面市での選挙日程は?
*大阪府議会議員選挙 ⇒ 「投票日は4月7日日曜日」の予定(統一地方選挙特例法が適用) ※選挙日程については、特例法を受け、大阪府選挙管理委員会が正式決定されます。
*参議院議員選挙 ⇒ 7月実施予定(国会会期延長の場合は8月となる可能性もあります。)
*大阪府知事選挙 ⇒ 11月実施予定(統一地方選挙特例法は適用されません。)
の予定です。(※箕面市長、市議会議員の任期満了は、平成32年8月のため、統一地方選挙特例法は適用されません。)
大阪府議会議員選挙等の詳細につきましては、日程が正式に決まり次第、広報紙もみじだよりや選挙特集号などによりお知らせいたします。

◆大阪府議会議員選挙のこれまでの投票率
投票率につきましては、立候補の状況など様々な要素が影響しますが、箕面市においては、全国、大阪府平均を下回っています。
4月の選挙では、大切な一票を無駄にすることなく、ぜひ、投票をお願いいたします!

 

 ◆全国都市選挙管理委員会連合会理事会・研修会
去る11月15日に、名古屋市で開催されました全国都市選挙管理委員会連合会理事会・研修会に、選挙管理委員さんとともに参加しました。研修会では総務省選挙部選挙課長さんから、最近の選挙制度をめぐる諸問題についての講義がありました。講義では、国政選挙の一票の格差をめぐる訴訟や制度改革(参議院の比例代表の一部見直し、郵便投票の対象範囲の拡大など)、憲法改正国民投票の動向や選挙の適正な執行管理に向けた取り組み等について詳細な説明があり、大変参考になりました。

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


大阪府内の消防本部が集う“警防技術指導会”が行われました。

2018年11月28日 | 消防本部・署

 消防本部の美谷(みや)です。

 朝晩はめっきり冷え込むようになり、もみじの季節から師走へと変わりつつあります。
 秋の火災予防運動は終わりましたが、これから歳末にかけて、空気の乾燥する時期でもあり、火災の多発シーズンに突入です。
 今年の火災件数は昨年を下回ってはいますが、油断は禁物です。
 特に歳末にかけて、火の用心をお願いします。

 火災予防運動期間中、11月15日(木曜日)大阪国際空港で総合訓練が実施されました。 (くわしくはこちら)
 

 
◆大阪府下警防技術指導会
 昨日の11月27日(火曜日) 第6回目になる府内27消防本部が対抗する、消防活動の指導会が大阪市消防局高度専門教育訓練センターで開催されました。


 この訓練は、各消防本部とも多くの団塊の世代が引退し、火災件数も減少する中、若手職員が増える一方で、現場活動のレベル維持と共通の消防戦術の強化を目的として、平成25年度から府内の消防本部対抗で技術を競い合う指導会として開催してきました。
 出場する選手はもちろんのこと、各消防署内でも全職員がこの訓練を繰り返すことにより、より確実で迅速な活動ができ、統一したレベルの高い技術を磨く絶好の警防訓練となっています。

 想定は、最も一般的な住宅火災のケースである、木造2階建て一般住宅の2階から出火。2階ベランダに逃げ遅れ1名がいる状況で、先着した消防隊がいかにして人命を救助し消火するまでの一連の流れをタイムと確実な動きの減点方式で審査するものです。

1.まず、出動指令が入り、現場装備に着替え出動態勢を取ります。

2.現場到着後に消火栓に水利部署し、ホース延長を開始します。

3.2階の開口部からの火炎を鎮圧し、要救助者の安全を確保します。

4.2階ベランダへ梯子を掛けて、要救助者を救出します。

5.要救助者(青色の隊員)に命綱を付けて救出します。

6.救出後は、2階内部の火勢鎮圧にかかります。

7.空気呼吸器を着装して屋内進入し、火点を検索し完全鎮火を図ります。

 本年度は、箕面消防署警防第一室東分署の若手メンバーが出場。
  分隊長 松田士長
  機関員 井手消防士
  隊員1 髙橋消防士
  隊員2 横尾消防士 

 結果、26チーム中(1本部辞退)、見事、優勝(最優秀)することが出来ました。
 昨年度は、惜しくも5位に終わり、悔しい気持ちを本年度に引き継ぎ、是が非でも優勝をと、4月の人事異動後は、ひたすら訓練に打ち込み、技術の錬磨に明け暮れました。

 いつもどおりの活動をすれば結果はついてくることを信じ、最高の結果を出すことが出来ました。

 

 この結果は、出場選手の努力はもちろんのこと、東分署をはじめ消防署、消防本部全職員の協力と団結の賜と感謝しています。

皆さんありがとうございました

 

 
◆歳末特別警戒部隊合同発隊式

 毎年恒例となりました、歳末特別警戒を箕面警察署と消防本部で合同開催し、師走の安全に向けて強力にタッグを組んでいく発隊式を12月1日(土曜日)午前10時~ 芦原公園で開催いたします。
 もみじだより11月号でもお知らせいたしていますが、1日警察署長・消防長として、元サッカー日本代表選手 加地 亮さんをお迎えし、盛りだくさんの内容で行います。

 警察犬のパフォーマンスや警察音楽隊とカラーガード隊の演技、はしご車の試乗体験や放水体験などのコーナーや、パトカーや消防車が集合いたします。
 是非ちびっ子達に集まっていただければと思います。

 

 駐車場がありませんので、電車やバスでお越しください。
 ゆずるも待ってまーす!!


  

 

【火災救急発生状況】 平成30年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  11月28日(水曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災    19件 (昨年同時期比較  -8件)
  ◇救急  7,231件 (昨年同時期比較 +299件)
 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


防災対策の強化 ~高性能型スピーカー~

2018年11月27日 | 総務部

こんにちは。総務部の中井です。
箕面の山を彩った紅葉の季節はまもなく終わりますが、市内の花木はすでに冬の支度を始めています。

写真の椿は気の早い一輪だけ早咲きしていますが、一面につぼみをつけ始めています。

 

 

ところで、話は飛びますが、2025年国際博覧会が「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとして大阪で開催することが決まりましたが、大阪万博は1970年以来55年ぶりになります。

大阪万博といえば私が小学生の時なので、若い人は当然ご存じありませんが、当時は国民的歌手と呼ばれた三波春夫の万博音頭がテレビやラジオで流れ、どこどこのパビリオンは何時間待ちといったニュースが連日のように報道されていました。また、海外、特にアメリカ、ロシア(当時はソビエト連邦)のパビリオンで展示されていた「月の石」見たさに何時間も並んだり、企業のパビリオンでは、未来の映像として今では街中でも見かけるマルチビジョンなどが紹介されていたことを今でも覚えています。
今回は「いのち輝く未来社会のデザイン」のテーマに沿って、人工知能(AI)や仮想現実(VR)など21世紀の最先端技術を活用した医療・健康、スポーツや娯楽、新ビジネスを一堂に集め、人々に経済・社会の未来像を示すとされており、大人だけでなく子どもが見ても楽しめ、刺激を受ける内容であってほしいと思います。

防災スピーカー

 

夕方、市内におられるかたは、5時にミュージックチャイム「家路」を聞かれたことがあるかと思います。(日常生活に支障が生じないように音量を絞っていますので、聞こえない地域もあります。)

これは、緊急時に重要な情報を市内全域に一斉に伝達するために、市内の公園や学校など44カ所に設置している防災行政無線の大型スピーカーから流れているものです。



高性能型スピーカーの設置


市内には、土石流などにより家屋が倒壊する恐れがある土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)や、家屋倒壊の恐れはありませんが、何らかの被害をうける恐れがある土砂災害警戒区域(イエローゾーン)があり、緊急時には確実にこれらの地域にお住まいの方に情報を届ける必要があります。

現在の防災スピーカーは、平成23年度に既存のアナログ方式をデジタル化し一斉更新したもので、市内全域を網羅するよう設置しています。当時としては府内でも最新の機器を導入した先進的な取り組みでしたが、自動車の通行量の多い地域や雨風の強い日には聞こえにくいという声が寄せられることがあり、現状のスピーカーの性能では、そのときの気象状況などによりどうしても生じる課題でした。

近年の全国的な自然災害の多発などを受け、メーカーでは明瞭な音声を遠方まで届けることができる高性能型防災スピーカーの開発が進んでおり、数社から市販も始まっています。

そこで、まずイエローゾーンのハイリスクエリアには高性能型防災スピーカーを、レッドゾーンの人家のうち、戸別受信機の電波の到達範囲内にある戸建て住宅に戸別受信機を設置し、避難情報などの情報伝達の強化を行います。また電波の到達範囲外などについても確実に情報提供できるように対策を進めていきます。
 

この一環として、高性能型全方位スピーカーを市役所屋上にモデル設置し、全市展開に向けたテストを行います。テストは当初6月末を予定していましたが、地震や相次ぐ台風などにより現在まで延期となっていました。市役所周辺地域にお住まいの皆様には、大音量で大変ご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解いただきますようお願いします。

詳しくは、市民安全政策室のホームページをご覧ください。


数種類テストする高性能型全方位スピーカーの一種です。これも屋上に設置しテストします。


高性能防災スピーカーの設置は、防災体制の強化の一環です。

今後とも、市民の安全・安心を図るため、本年度に発災した地震、台風、風水害の振り返りも行いながら、さらに防災対策の強化を図っていきます。

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 

 

 

 

 


第4回定例会がまもなく始まります。

2018年11月26日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

11月も終盤に入り、日中も寒くなってきました。
札幌では、この冬最初の雪が20日午前1時前に降ったそうで、これは、128年前の1890年11月20日に並びもっとも遅い初雪だそうです。
これもまた、近年の異常気象の影響なのでしょうか...。

さて、11月30日からは、平成30年第4回定例会が開催されます。

今定例会の日程は、次のとおりです。

11月30日  本会議(条例、補正予算等上程・説明・質疑・付託など)
11月28日  第8回議会運営委員会
12月  4日  文教常任委員会
12月  5日  民生常任委員会
12月  6日  建設水道常任委員会
12月  7日  総務常任委員会           
12月18日  第9回議会運営委員会
12月20日  本会議(各常任委員会の委員長報告・討論・採決・一般質問)
12月21日  本会議(一般質問)

 


全国競艇主催地議会協議会の総会に出席

11月15日、林議長と全国競艇主催地議会協議会の総会に参加しました。


総会では、総務省自治財政局地方債課長、国土交通省海事局総務課長さんなどからの挨拶の後、平成30年度の事務事業や競艇事業の現況についての報告、平成29年度の歳入歳出決算の報告、平成30年度の歳入歳出補正予算などについて協議がされ、いずれて提案のとおり承認されました。

 


大阪府市議会議長会の議員研修会に参加

11月20日、大阪府市議会議長会主催の議員研修会が開催されました。

講師は、読売テレビ放送報道局解説委員の高岡達之氏で、「ニュースの裏側からキーワードで日本の今後を読む」という演題で講演がありました。
講演では、冒頭に最近の話題となっている万博の誘致に関してのロシアの動きや日産自動車の問題が大阪の企業等に与える影響などについて、話がありました。その後、「交代や代替」をテーマに、平常時には多くの住民がそれほど大切だと思っていないものが大規模災害時において非常に役に立つ。今回の西日本の豪雨災害時には、陸の交通網が寸断された。その時にそれに代わる住民の交通手段として島を結んでいた船が大活躍した。愛媛では、次を見越て非常に多種の柑橘類が栽培され、成果を上げている。また、石油からLNGやシェールからの液化ガスにエネルギー源が代わっていく。そうなった時の世界の流れや日本の位置など、色々なエピソードや事実を交えて、代替物や代替手段の必要性について話されました。

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、2月15日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは12月20日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

                                   → 応募の詳細はこちら

 

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。