部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

明日、11月1日から箕面滝道が箕面大滝まで全区間通行できます!!

2018年10月31日 | 会計室

みなさま、こんにちは。会計管理者の斉藤です。

明日から11月です。11月の箕面といえばやはり紅葉ではないでしょうか。特に阪急箕面駅前から箕面大滝まで箕面川に沿った遊歩道の「箕面滝道」は、色鮮やかな紅葉のグラデーションが楽しめます。

この箕面滝道は、昨年10月の台風の被害により一部区間が通行止めとなっていましたが、明日11月1日(木曜日)午前11時から全区間通行可能となり、これを記念して「箕面滝道復活祭」を開催します。毎年夏の恒例となっていた「みのおキャンドルロード」や「箕面大滝ライトアップ」など、楽しいイベントを盛りだくさん開催しますので、是非ともお越しください。


もみじだより10月号

◆箕面滝道復活祭

明日、11月1日(木曜日)午前11時から箕面滝道が全区間通行可能となり、これを記念して「箕面滝道復活祭」を開催します。特に11月3日(土曜日・祝日)は盛りだくさんのイベントを開催しますので、一部の木々が色づき始めた滝道とともにお楽しみください。

○箕面滝道復活祭のイベントご紹介
 ・11月1日(木曜日)~11日(日曜日)のイベント
    「箕面大滝ライトアップ」 毎日午後5時~午後9時


光の色が3色に移り変わっていくLEDライトを使用し、秋の夜長を彩ります

・11月3日(土曜日・祝日)のイベント
   「みのおキャンドルロード2018」 午後5時~午後7時

 

   「大・大・大かくれんぼ大会」 受付午後3時~午後5時(参加無料 先着500人)
   「箕面駅周辺ゆず巡り」 午後5時~午後9時

箕面滝道復活祭の情報は、小山地域創造部長のブログこちらをご覧ください。

◆「箕面滝道めぐりマップ」で滝道散策やグルメなどを満喫

今年も紅葉シーズンの土曜日、日曜日、祝日に箕面駅改札前で見どころや駅周辺の飲食店などを掲載した「箕面滝道めぐりマップ」を配布していますのでご活用ください。

また、マップの中面にはオレンジゆずるバスを利用して、市内で買い物やグルメなどを楽しめるおすすめ3コースを掲載しています。オレンジゆずるバスは、箕面駅前ロータリー3番バスのりばから発車します。
 
オレンジゆずるバスで箕面めぐり~別ルートから帰ろう~
・牧落(リフレッシュコース)
  ワインにアロマで疲れを癒やして!牧落駅から帰ろう!!
・かやの(ショッピングコース)
  青空の下でお買い物!千里中央から帰ろう!!
・小野原(セレブコース)
  スイーツ満喫!セレブにお茶して!北千里駅から帰ろう!!

マップは箕面駅前の箕面 交通・観光案内所でも配布しています。

○色づき始めた箕面滝道(10月28日)


箕面公園昆虫館手前の時雨付近


箕面公園昆虫館付近


紅葉橋(枝先が色づいてきました)


箕面大滝手前の戻岩橋付近


箕面大滝


箕面大滝


箕面山・錦の斜面

観光情報は、こちらをご覧ください。

◆11月10日は桜井マルシェでお茶しませんか!

奇数月の第2土曜日、きれいに整備された阪急桜井駅前広場、プロムナードでは「暮らし(衣食住)」をテーマに、日々の生活を豊かにするグッズや手づくりの逸品、こだわりのフードなどの買物を楽しめるイベントが開催されています。

今年最後の開催となる11月は、珈琲・和紅茶・中国茶・・・美味しいお茶のブースが並びます。

指定のお茶を購入されたかたに、桜井のお店からお茶にあうオススメフードのミニサイズがプレゼントされます。

 日時 11月10日(土曜日) 午前10時30分~(先着50名 無くなり次第終了)、午後1時~(先着50名 無くなり次第終了)

また、和紅茶の美味しい淹れ方の実演もあります。飲み比べ・試飲など(無料)

 日時 11月10日(土曜日) 午前11時30分~正午、 午後2時~3時
                   ※各回先着30名に、和紅茶のティーバックプレゼント!

こだわりフードや手作りの雑貨、朝採り野菜などの販売もありますので、お茶でホッと一息ついたらお買物を楽しんでください。

 <出店予定>
   ・お芋の食べ比べができるスイートポテト
   ・焼き立てホットドッグ
   ・無農薬の唐辛子製品
   ・箕面新稲産の天然蜂蜜
   ・タティングレースのアクセサリー
   ・似顔絵
   ・ハーバリウム など
  ※箕面商工会議所によるゆずるグッズの販売もあります!当日はゆずるも遊びに来るよ~!

 

 日時 11月10日(土曜日)午前10時~午後4時 荒天中止(入場無料)
 場所 阪急桜井駅前コミュニティ広場・プロムナード

詳しくは、桜井マルシェ実行委員会 電話:072-724-3443(桜井商店会)またはホームページをご覧ください。

◆平成29年度決算が市議会本会議で認定されました

平成29年度決算は、8月31日から始まった平成30年第3回箕面市議会定例会において上程され、9月14日から20日の間に開催された4つの常任委員会(総務・文教・民生・建設水道)で決算審査が行われました。その後、10月3日に開催された本会議において各常任委員会委員長から委員会での審査の経過とその結果の報告の後採決され、一般会計ほか平成29年度決算は原案のとおり認定されました。

平成29年度歳入歳出決算書及び事業成果説明書は、こちらをご覧ください。

各常任委員会や本会議の様子は、こちらをご覧ください。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ!今週土曜日、11月3日(土)開幕です!

2018年10月30日 | 競艇事業局

こんにちは、競艇事業局の栢本です。

 10月も残すところ今日、明日の2日間となりました。クールビズが終わり、衣替えをすると日一日と秋が深まってくることでしょう。
 また、昨年10月の台風被害により一部通行止めとなっていました箕面滝道(阪急箕面駅~箕面大滝)が11月1日に復旧し、全区間の散策が可能となります。これから11月下旬にかけて見頃を迎える秋の箕面のもみじと箕面大滝。ぜひ楽しんでください。
 さて、箕面市主催の次回開催は、今週土曜日、11月3日に開幕する「デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ」です。年内の箕面市主催によるナイターレースはこの開催で一旦終了となります。ぜひ、ボートレース住之江本場へご来場いただき、カクテル光線のなか繰り広げられる迫力あるボートレースをお楽しみください。

 なお、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ 11月3日(土)開幕!

 9月から10月にかけての箕面市主催3連続開催「AUTUMNシリーズ」には、連日たくさんのボートレースファンのみなさんにご来場頂きありがとうございました。大きな事故等もなく(スタート事故は18日間で1件)、盛況裡のうちに無事終了することができました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
 さて、次回の箕面市主催の開催は、今週土曜日、11月3日に開幕する「デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ」です。11月3日から8日までの6日間開催、男女混合戦(男性40名、女性8名)で実施します。
 

 主な出場ボートレーサーは、男性ボートレーサーが、深谷知博選手(静岡)、別府昌樹選手(広島)、中岡正彦選手(香川)、樋口 亮選手(長崎)、野澤大二選手(東京)、古場輝義選手(大阪)、女性ボートレーサーが、渡辺千草選手(東京)、高橋淳美選手(大阪)、落合直子選手(大阪)、平田さやか選手(東京)です。
 なお、女性ボートレーサーは、出場する8名のうち6名が大阪支部所属ボートレーサーで、10月5日の私のブログで紹介しました新人ボートレーサー、登録番号5052番、赤井星璃菜選手と登録番号5057番、上田紗奈選手の2人がデビュー戦を迎えます。
 今回の「デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ」も、盛りだくさんのイベントやお客さまサービスをご用意してみなさんのご来場をお待ちしています。ここでその一部をご紹介します。

 ○企画レース「ナイターセブン」~ナイター7場支部選抜レース~
  予選競走期間中(11月3日~6日)の毎日第7レースにおいて、ナイターレ ースを開催している7カ所のボートレース場(桐生、蒲郡、住之江、丸亀、下関、若松、大村)を地元とする支部(群馬、愛知、大阪、香川、山口、福岡、長崎)の選手6名で編成したレース「ナイターセブン」を実施します。
  住之江ファイブ、トワイライト8と併せてお楽しみください。
 ○近畿4ボートレース場(三国、びわこ、尼崎、住之江)の「ボートレースグルメ」開発企画START!
  みんなが楽しめる「ボートレースグルメ」として、ボートレース住之江では「住之江ホルモン焼きそば(仮称)」を提案します。住之江名物のホルモン焼きをアレンジし、ニンニクベースの秘伝のタレにプリップリッのホルモンと麺を焼き上げ、やみつきになること間違いなしの一品です。
   

  今開催では、11月3日(初日)先着入場1,000名様に「グルメスクラッチカード」プレゼントし、抽選で500名様に「住之江ホルモン焼きそば(仮称)」を試食して頂きます。
 ○ボレ友(ボートレース友だち)スペシャルトークショー
  ・11月3日(土) 佐々木裕美選手 & 末武里奈子選手
            (第5・7レース発売中)
  ・11月4日(日) 喜多須杏奈選手 & 西澤日花里選手
            (第5・7レース発売中)
  ・11月5日(月) 松山裕基選手 & 松井友汰選手 & 佐々木大河選手
            (第123期大阪支部新人ボートレーサー)
            (第6・8レース発売中)
  場所はいずれもアクアライブステーションです。
 ○2人でトクする!ボレ友(ボートレース友だち)キャンペーン
  開催期間中、2人様以上の来場限定で、総合インフォメーションにおいて抽選券(模擬舟券)を配布します(各日先着300名様)。抽選券の対象レースが的中すれば「JCBギフトカード2,000円分」をプレゼントします。
 

 ○アフター6サービス
  開催期間中、午後6時以降に入場されたお客さま(各日先着100名様)に「森下仁丹 梅のど飴」をプレゼントします。
 

 ○開催期間中毎日先着入場1,000名様にプレゼント進呈!
  開催期間中毎日(11月3日~8日)、先着入場1,000名様に、ナイター7場でコラボしたオリジナルクリアファイル(下の写真)や住之江シティーナイタークオカード(下の写真)やナイター7場でコラボしたオリジナルマグカップ(下の写真)が当たる抽選券などをプレゼントします。他では手に入らないボートレース住之江のオリジナルグッズです。お楽しみに!

 上記以外にも連日盛りだくさんのイベント、お客さまサービスをご用意してボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。
 
☆毎年恒例!秋のファミリーイベント!
 「11.11を楽しみマクレ! 2018住之江フェスティバル」

 今年も11月11日(日)(10:30~15:30)にボートレース住之江におきまして、住之江競艇運営協議会主催により、毎年恒例の秋のファミリーイベント「11.11を楽しみマクレ! 2018住之江フェスティバル」を開催します。
 

 このイベントは、レース開催中における周辺住民のみなさまの日頃のご協力に感謝するとともに、ボートレース住之江及びボートレースに対して更なるご理解を深めていただくこと、また、ボートレース住之江に気軽にご来場頂く機会を提供することで、ボートレースを知って頂き、今後のお客さま層の拡大をはかるために毎年実施しています。
 また、日頃ご来場頂いているボートレースファンのみなさんにも楽しんで頂けるイベントです。当日はボートパーク住之江におきましては場外発売も実施しておりますので、ぜひご家族、ご友人などお誘いあわせのうえご来場ください(原則雨天決行)。住之江警察署、住之江消防署もコーナー出展されます。
 今回も盛りだくさんのイベントをご用意しておりますが、主なイベントをご紹介します。
 ○仮面ライダージオウショー(写真撮影会も実施)
 ○「松本梨香」ライブステージ(アニソンライブ)
 ○すみのえ“麺”フェスタ(有料)
 ○折り紙ヒコーキ教室
 ○フリースタイルバスケットパフォーマンス体験
 ○ミニ四駆工作&走行体験(作ったマシンはプレゼント)
 ○ペアボート試乗会
 ○フリーマーケット(有料)、キッズ縁日コーナー(有料)  などなどです。
 イベントのくわしい内容は、ボートレース住之江オフィシャルホームページ、折り込みチラシ等でお知らせいたします。
(写真は昨年の住之江フェスティバルの様子です)

☆災害復興支援チャリティ実施中!

 ボートレース住之江では、全国各地の地震や自然災害等による被災地の復興の支援に役立てて頂くための募金活動を行っています。
 ボートレース住之江開催日には、場内(インフォメーションセンター、アクアライブステーション、有料席カウンター)に募金箱を設置しています。
 ぜひ、ボートレースファンのみなさんのご協力をお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただきました募金、オークションの売上金は、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。

☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

 ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


秋らしくなってきました。

2018年10月29日 | 子ども未来創造局

こんにちは。子ども未来創造局 高橋 です。

めっきり朝晩は涼しい、日によっては寒くなりました。ついこの間までは暑かったと思うのですが、あっという間に季節は秋になりました。各地の紅葉情報もテレビなどで流れるようになりましたね。


☆働き方改革の取組研修
 10月18日(木曜日)に、「学校における働き方改革研修」を実施しました。
 箕面市では、平成28年度より、研究部長や、生徒指導部長などのミドルリーダを学校に配置し、教職員の役割分担や、授業準備の効率化などを図る「学校力向上パイロット校」として3校を指定し実施しています。
 指定されている学校の1つである箕面市立南小学校のこれまでの取組と実績についての発表と、南小学校の取組に関わっていただいている先生の幸せ研究所代表 澤田 真由美先生からの講評をいただくという内容で実施しました。

 南小学校からは、1年目は、担任任せではなく、学校全体で教育活動を支える組織作り、2年目は、担任が行っている事務作業を事務職に移管、事業時数管理を教務部長などに移管するなど事務作業を担任から引きはがすといった取組を行い、この2年間でミドルリーダーがどういう仕事をするのかが明確になり、実際の担任の事務量が軽減され、負担感が減少したという成果があったとの報告がありました。
 さらに今年度は、教職員の意識改革を行い教職員自ら業務改善を提案できる組織作りに取り組んでるとの報告がありました。

 澤田先生からは、
・学校の働き方改革とは、業務削減が目的ではなく、「教育の質の向上」であること
・管理職やミドルリーダーだけが頑張り、他の教職員がお客様意識では改革は進まない。
 管理職やミドルリーダーは周りを巻き込む役割
・教員が外に出る時間も大切。子どもたちがいずれ出て行く「社会」を教員が知らなければ子どもに教えられない。
・地域や保護者も巻き込むことが必要。学校が守りの姿勢ではダメ。対等でパートナーとして子どもを一緒に育てていくなどのご指摘をいただきました。

 南小の事例と澤田先生のお話を聞いていて、教職員の皆さんの「よし!やろう!」「やなければ!」といった意識改革がこの取組の鍵なのではないかと思いました。
 また、この改革はどうしても業務をどう効率化することに一生懸命になりがちで、やらされ感が生まれるけれども、それがいずれは子どもたちのためであるという点については、参加した多くの先生方も大きな気づきだったようで、自分の学校でもできるところから取り組んでみたいといった声が多くアンケートに寄せられました。

 自分がやるという意識がないと物事がうまく進まないのは何事にも通じますね。

☆小中学校で運動会・体育祭が開催
 季節は秋。運動するにはいい季節です。小中学校では運動会・体育祭が開催されており、私も何校か行きました。
 久しぶりに運動会を見ましたが、走る競技は変わりませんが、中には最近の流行の曲に合わせてダンスをするなど、私が小学校や中学校の時とはずいぶん様変わりしたなと思いました。
 もう1つ気がついたことが・・・。先生方やPTAの方々が休む間もなく本当によく動かれているなということです。先生方は、競技終わったらすぐに次の競技に移れるよう、子どもたちを誘導したり、道具を運んだり、片付けたり、トラックのラインが消えそうになったら引き直したり、徒競走での順位の記録などなど、本当にいろんな業務をてきぱきとこなしていました。PTAの方々は、来校者の受付や、写真撮影など
多くの方々が分担しながらされていました。
 私の小学校・中学校の時の運動会には先生方やPTAの方々の支えがあって楽しい運動会ができていたんだなと数十年後の今になって感謝の念を持ちました。

ある学校の運動会当日のきれいな青空

競技終了後の子どもたちの姿

☆箕面市民展表彰式
 秋と言えば、芸術の秋でもあります。10月28日(日曜日)に第61回箕面市民展表彰式に出席しました。
 絵画・彫塑、写真、工芸、書の部に分かれており、52名の方が表彰されました。その表彰された方の中には10代の方もいて、改めて箕面市の芸術に対する層の厚さを実感しました。
 今回応募された方の作品を全て拝見させていただきましたが、芸術の才能が全くない私にとっては。色の使い方や線の使い方、文字の表現の仕方などすべてが勉強になるものばかりでした。
 中でも、本当に素人レベルですが、少々写真だけはかじっているので、写真の作品については、構図や光の入れ方など本当に勉強になりました。

 個人的な話になりますが、写真作品の中に、私のふるさとである富山湾で撮影した作品があったので、うれしかったです♪

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


大変お待たせいたしました 箕面滝道 復活祭 の開催です 

2018年10月26日 | 地域創造部

皆さまこんにちは 地域創造部長の小山です

箕面滝道がついに復活します

昨年10月の台風21号で大規模な崖崩れが発生したほか、本年9月の台風21号においても多数の倒木被害を受け、滝道の一部区間が長期通行止めとなっていました。

大阪府による復旧工事が進められた結果、このたび、来訪されるお客さまが安全に通行できるようになりましたので、11月1日に通行止めが解除されます。
本当によかったです。

滝道の通行止め解除を記念して、11月1日から箕面市PRキャラクター滝ノ道ゆずるプロデュースによる 「箕面滝道 -復活祭-」 を開催します。
「箕面大滝ライトアップ」、「みのおキャンドルロード2018」、「はしご酒番外編 箕面駅周辺ゆず巡り」などなど、楽しいイベントがいっぱいです。

<箕面大滝ライトアップ>
平成30年11月1日(木曜日)~11月11日(日曜日)17時から21時まで
例年夏季に実施するライトアップ企画に加えて、滝道復活祭特別企画として、自動で色が3色に変わるLEDライトを使用し、箕面大滝を美しく演出します。

<みのおキャンドルロード2018> 
平成30年11月3日(土曜日・祝日) 17時から19時まで
阪急箕面駅前から箕面大滝までの滝道を、約5000本のキャンドルの灯りで幻想的な箕面公園の一夜を演出。併せて、復活祭特別企画として、箕面大滝前でバイオリニスト吉岡邑玲さんらによるバイオリン&ピアノのミニライブを開催します。

<大・大・大かくれんぼ大会>
平成30年11月3日(土曜日・祝日) 15時から箕面駅前広場で受付
受付で「探偵手帳」を受け取り、滝道に隠れている「滝ノ道ゆずるの分身」を全て探し出した人に復活祭限定マグカップをプレゼント。先着500人 参加無料です。

<箕面駅周辺ゆず巡り>
平成30年11月3日(土曜日・祝日)  17時から21時まで
箕面駅周辺の「はしご酒」参加店舗が、箕面の実生柚子を使用した1日限定の特別メニューをドリンクとセットで提供。600円から楽しめます。
主催:箕面はしご酒実行委員会

<山とみどりのフェスティバル>
平成30年11月3日(土曜日・祝日) 10時30分から15時30分まで
瀧安寺前広場や箕面駅前ステージで、自然素材を使った工作や体験コーナー、滝ノ道ゆずるのしおりがもらえるポイントラリーなどが楽しめます。
主催:NPO法人みのお山麓保全委員会、箕面市

<折紙のもみじでギネス世界記録に挑戦>
平成30年11月3日(土曜日・祝日)14時30分から大阪青山大学でギネス認定式を開催
市民が折った3,004(みのおし)枚の「もみじ」が彩る世界でひとつだけのアート作品が誕生します。
完成した作品は、阪急箕面駅前ステージに17時から19時まで展示されます。
主催:箕面青年会議所

皆さまお誘い合わせのうえ、楽しいイベントと箕面の秋を満喫しにぜひいらしてください。

 

ゆるキャラグランプリ2018 滝ノ道ゆずる 現在全国5位にランクイン!

8月1日から始まった ゆるキャラグランプリ2018
箕面市のPRキャラクター滝ノ道ゆずるは、皆さまのご協力を得て現在全国5位にランクインしています

投票は11月9日(金曜日)まで
今日を含めてあと15日間です
皆さま最後の最後までゆずるへの投票(ゆずポチ)をよろしくお願いします。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


平成29年度 公共下水道事業会計の決算概要について

2018年10月25日 | 上下水道局

皆さま、こんにちは。上下水道局長の小野啓輔です。

世の中には、いろんなファンがあるもので、
アムラー(安室奈美恵)、シノラー(篠原ともえ~知らんかなあ)、
サユリスト(不滅やね)、ハルキスト(村上春樹)、さらには、アラシック(嵐)、
モノノフ(ももクロ)、ベイビーズ(ドリカム)、魚民(サカナクション)・・・。
野球では、カープ女子、浜っ娘、TORACO、オリ姫、
趣味では、鉄子(鉄道)、宙ガール(宇宙)、スー女(相撲)なんてのもあります。

では、「蓋女(ふたじょ)」は?

正解は、
「マンホール」のファン。
全国各地のマンホールの蓋の写真を集めてSNSにアップするなど、
マンホールをこよなく愛する人たちです。
性別限らず、総じて「マンホーラー」とも言うそうです。

今、全国の自治体で、歴史や名所、文化などを蓋にデザインしたマンホールが
増えており、SNSをはじめ、写真集、グッズなども結構ブームになっています。
各地で写真を撮ったり、絵柄からその土地の歴史や文化に思いをはせたり、
各自治体発行のマンホールカードを集めたりと、楽しみ方は人それぞれ。
マンホールから見える世界は、とても奥が深いようです。

マンホールは、下水道管などの地下埋設物を管理(点検・修理・清掃・排気など)
するため、作業員が地上から出入りできるように地面にあけられた縦の穴です。
いわば、地上と地下を結ぶ扉。下水道の他、消火栓や防火水槽、ガス、
電気・通信ケーブルなどのマンホールもあります。

箕面市にも、素敵なマンホールがあります。

           
私の最近のお気に入りは、これです。

 

折しも11月3日(土曜日)に、北九州市で「マンホールサミット」も開催されます。

マンホールサミットについて、詳しくは「下水道広報プラットホーム」。


普段、あまり気づかれず、車のタイヤや人の足で踏まれているマンホール。
まさに、縁の下の力持ちです。
マンホールを通じて、地味な分野の下水道に少しでも関心を持っていただけたら、
関係者としてはとても嬉しいです。
忙しい毎日ですが、たまにはちょっと立ち止まって、
足元を見つめてみませんか。

今日のテーマは、「公共下水道事業会計の決算」です。
前回の水道事業会計に引き続き、
平成29年度の決算概要をご報告いたします。

●平成29年度 公共下水道事業会計 決算

平成29年度「箕面市水道事業会計」及び「箕面市公共下水道事業会計」の
決算については、10月3日の箕面市議会本会議で、無事、認定されました。

公共下水道事業は、地方公営企業法に基づき、
下水道を利用したかたから下水道使用料をいただき、
そのお金などですべてまかなう「独立採算」を基本としています。
ただし、公共下水道事業のうち、雨水(うすい)処理に要する費用については、
下水道使用料からではなく、公費(税金)でまかなうことが原則となっており、
雨水処理経費や雨水施設整備費は市の一般会計が負担し、
公共下水道事業会計に繰り入れを行っています。

これは、下水道の基本的性格として、
台風や大雨の時の浸水を防ぐことや、
河川・海など公共用の水域の水質を保全するなどの「公的な役割」と、
生活環境の改善の一つとしてトイレの水洗化等の「私的な役割」があることから、
これに対応して、下水道事業の経費も、「雨水分」については、公費負担、
「汚水分」については、公費で負担すべき部分を除いて私費(使用料)負担 
が大原則となっているからです。

また、新たに施設を整備したり更新したりするときには、多額の費用がかかるため、
国等からの借り入れ(企業債など)によって事業を進めており、
借り入れたお金は、利息を付けて返済しています。

そして、このような経営状況を的確に把握・公表できるよう、
特別会計「箕面市公共下水道事業会計」を設置し、
複式簿記・発生主義による企業会計方式をベースに、
損益勘定である3条「収益的収入・支出」と、
資本勘定である4条「資本的収入・支出」に区分されています。

(1)業務量
  
◯水洗化人口は、前年度(平成28年度)と比較して、909人増加しています。
◯年間汚水量は微増、1人1日平均汚水量は、横ばいの状況です。

  【業務量】


(2)収益的収入・支出
 
収益的収支とは、地方公営企業の経常的企業活動に伴い、
年度内に発生すると見込まれるすべての収益と
それに対応するすべての費用をいいます。
1年間でどれくらい収入があり、どれくらいの支出があったのかを示すものです。
減価償却費のように、現金支出を伴わない支出についても費用に含まれます。

【収益的収入・支出】

◯収入、支出、利益とも、前年度(平成28年度)と比較して、微増しています。
◯損益は、約2億4,900万円の黒字です。
   前年度(平成28年度)と比較して、2,500万円増加しました。
◯減価償却費や修繕・工事費が増加する中、維持管理費の節減に努めるとともに、
   資金残高等を勘案し新規発行企業債の償還年数を短縮するなどで
   支払利息を約1,350万円減少させるなど、経営努力を進めました。

(3)資本的収入・支出
  
資本的収支とは、収益的収支に属さない収入・支出のうち現金の収支を伴うもので、
主に施設や設備の整備・更新といった、支出の効果が次年度以降に及ぶものや、
企業債の元金償還などの支出と、その財源となる収入を表しています。
資本的収入には、企業債、国庫交付金、負担金等を計上し、
資本的支出には、建設改良費、企業債償還金等を計上しています。

【資本的収入・支出】


◯資本的収入は、雨水建設改良工事などの経費が増加したことによる
  一般会計からの負担金や企業債が増加しています。
◯資本的支出は、管路の耐震化を図る管路更新工事などの建設改良費や
  流域下水道建設負担金が増加、償還年数を短縮したことによる企業債償還金が
  増加しています。

資本的収支の不足額は、
(1)前年度からの繰越工事資金、
(2)前年度までの収益的収支において、減価償却費などで費用化しているが
   実際には現金の支出を伴っていないため内部留保されている「損益勘定留保資金」、
(3)消費税の収支調整額
で補てんできています。

●決算に見る「計画」の推進状況

箕面市では、「箕面市上下水道事業経営改革プラン」(平成23年度に策定)で、
上下水道事業の「めざす姿」として、
  「料金を値上げすることなく、
   施設・管路の耐震化・更新事業を実施するための資金を確保する」
ことを基本方針としています。、
そして、この目標を実現する具体的な実行計画として、
「箕面市上下水道施設整備基本・実施計画」を定めています。
この計画のポイントは、下水道の場合、現行の下水道使用料の範囲内で
次の2項目を実現することです。
 ※経費回収率100%を維持する。
 ※平成27(2015)年度以降の20年間で、施設・管路の耐震化・長寿命化等を着実に
   実施するための資金として、建設改良費約180億円(うち汚水費約147億円)を
   確保する。 

(1)経費回収率の状況
 
「経費回収率」とは、汚水の処理原価に対する下水道使用料単価の割合です。
処理原価(汚水処理に要する費用)が、どの程度、使用料単価(下水道使用料収入)に
より回収されているのかをみるもので、下水道経営でとても重要な指標です。

 ※ 経費回収率(%)=(使用料単価/汚水処理原価)×100
           
この回収率が高いほど、下水道使用料の収益性が良く、
100%を下回っている場合は、汚水処理にかかる費用が、
下水道使用料による収入以外に、他の収入で賄われていることを意味します。
平成29年度決算における経費回収率は、106.92%となり、
計画の目標値を上回っています。

【経費回収率の推移】

 
(2)建設改良事業の実績
 
また、平成29年度決算で実施できた施設・管路の耐震化・更新事業は、
次の表のとおりで、計画に基づく管渠の地震対策や長寿命化、
桜井排水区の汚水管渠布設替などを施工しており、
下水道使用料を値上げすることなく、計画的に工事を進めています。

【平成29年度の主な建設改良事業の実績】

(3)まとめ
 
このように、下水道事業についても、水道事業と同様、
平成29年度も前年度に引き続き黒字決算を実現できました。

今後も、上下水道施設整備基本・実施計画に基づき、
下水道施設や管路の老朽化対策や耐震化をさらに進めていく必要があります。
そのためには、長寿命化を図るための管路調査・健全度判定に基づき、
修繕・更生・改築工事を、国庫交付金等を最大限活用しながら適切に進めるとともに、
建設改良積立金などの資金を確保し、効率的・計画的な事業運営に努め、
安定した健全経営を継続していくことが不可欠です。

箕面市の下水道事業は、事故等の様々なリスクを評価し、
ライフサイクルコストの最小化を見据えて、点検・調査・診断・計画的工事を進める
「ストックマネジメント手法」を導入した施設管理に既に取り組んでいます。
また、利用者のサービスの質と独立採算の両方を重視した効率的な経営の観点から、
平成28年4月から、下水道使用料の値下げも実現しています。

今後ともさらなる経営基盤の強化に努め、
箕面市上下水道施設整備基本・実施計画に基づき、
安全・快適・強靱な下水道事業をライフラインとして推進できるよう、
全力で取り組んでいく所存です。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。