部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

選挙の投票区・投票所を見直します!!

2018年10月16日 | 選挙管理委員会事務局

皆様、こんにちは。選挙管理委員会事務局の中野です。今年の夏は大阪北部地震や台風21号、豪雨などが続きましたが、ようやく秋らしいすがすがしい天候になってきました。朝晩少し冷え込みますので、皆様、風邪などにお気をつけください。

◆選挙の投票区・投票所を見直します!!
選挙の投票日当日の投票区や投票所につきましては、本市では平成22年度に一度見直しを行いましたが、その後8年が経過する中、人口の増加や高齢化の進展などの環境の変化を踏まえ、改めて現行の投票区・投票所を検証したところ、いくつかの課題がありましたので、このたび市内全域の投票区・投票所について見直しを行うこととしました。

<現状における投票区、投票所の課題>
1.投票所までの距離が非常に長い投票区がある。
(投票所までの最大距離(直線距離)が1km以上ある投票区が5箇所)
2.投票所が投票区の端に位置し、投票区内での距離の不均衡が著しい投票区がある。
3.投票所に行くまでに国道を渡らなければならない地域がある。
4.投票区内の一部地域の人口増により、投票所の見直しが必要な投票区がある。 
 
<見直しについての考え方>
上記の課題を踏まえ、次のような手法により投票区、投票所の見直しを行います。 
1.投票所までの距離ができる限り均等になるよう、投票区の境界線や投票所を変更する。
2.国道を渡らなくてすむように、できる限り国道を投票区の境界線にする。
3.投票区内の人口の多い場所の中心付近に投票所を変更する。

<投票区・投票所の見直し(案)とパブリックコメント>
投票区・投票所の見直し(案)について、9月5日から9月28日までの間でパブリックコメントを実施した結果、5名の方からご意見をいただきました。いただいたご意見に対する市選管の考え方は、現在、市ホームページ等で公表しています(11月9日まで)。今後、ご意見を踏まえ、必要に応じ見直し案を修正し、11月開催の定例選挙管理委員会で決定し、来年4月に予定されている大阪府議会議員選挙から適用する予定です。

*投票区・投票所の見直しについて(市ホームページ)

 ・投票区・投票所の見直し(素案)【地図】

 ・投票区・投票所の見直し(素案)【一覧】

 ・(参考資料)見直し前の投票区・投票所【一覧】

 ・パブリックコメント実施結果について

<見直しの効果>
見直しにより、投票所までの最大距離が、次のように短縮されます。

   

◆選挙啓発ポスターコンクールの入選作品が決まりました
前回の私の部長ブログでお知らせしました選挙啓発ポスターコンクールですが、今年は12名(8校)から応募いただき、応募いただいた作品を審査(第1次審査:箕面市選挙管理委員会 第2次審査:大阪府選挙管理委員会)した結果、次のとおり入選作品が決定されました。なお、籠谷さんの作品は、現在、第3次審査(全国での審査)で審査中です。入選されることをお祈りしています!! 

 

    

 

◆箕面東高校生徒会役員選挙で選挙啓発をしました
10月9日(火曜日)に実施された箕面東高校の生徒会役員選挙に、昨年に引き続き、市選管職員が出向いて選挙制度や投票の大切さなどについての話をしました。生徒の皆さんは、選挙の話(真剣に聞かれていました。)の後、立会演説会で立候補者の考えを聞いたうえ、市選管からお貸しした実際の選挙で使う投票箱に投票をされました。皆さん、18歳になったら、必ず選挙の投票に行ってください!!

                

    

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 

  


消防署内で「救急救命想定訓練」を開催しました。

2018年10月15日 | 消防本部・署

  皆さんこんにちは。消防本部の美谷(ミヤ)です。

 台風一過のおかげで、秋らしい季節になりました。
 これからは、秋の行楽シーズンに突入です。
 来月からは、待ちに待った滝道も復活し、いつもの紅葉シーズンに合わせ、たくさんの方々にお越し頂くことになります。
 どうか、事故やけがにはくれぐれもご注意下さい。

  

◆救急救命想定訓練を実施しました。

 事故やけがは、突然襲ってきます。
 大事に至らなければいいのですが、目の前で突然家族が倒れたら・・・
 そんな命にかかわる緊急事案の対応に失敗は許されません。
 いざというときに、皆さんが通報される119番。
 重篤な患者さんを助けるために、救急隊員は、緊急時の想定をシミュレーションし、どんな場所でも冷静に克つ適切に対応できるように日々訓練を実施しています。

 その集大成となる訓練を、9月25日からの4日間、各所属の10隊の救急隊毎に実施しました。
 想定は、75歳男性が、コンビニの唐揚げ弁当を食べている最中に急に苦しみだして意識を失い、同席していた息子が119番通報した設定で訓練を開始。
 目撃有りの救急事案で、息子がバイスタンダーとして、心臓マッサージをしている設定で、救命処置が命を左右する、最も救命効果の高い緊迫した設定です。

 狭い食卓での事案で、家族への接し方や、臨機応変な現場処置をみんなで検証するものです。


 消防本部の食堂を狭い食卓と想定しての活動です。

 

まずは、基本の人工呼吸と心臓マッサージの実施です。
 

確実な人工呼吸のための気管挿管を実施します。
 

    点滴のためのルート確保です。

 
 活動内容について、指導員や関係職員と検証を行い、色々な問題点をその場で検討し現場活動に生かすと共に、共通した活動方針として、全救急隊と共有していきます。

 このように、救急隊員は、救える命を確実に助けるために日々訓練を実施し、救急要請に対応しています。

救急車の適正利用にご協力下さい。

 

 

◆消防学校 初任教育修了式と入校式
 
 平成30年9月21日(金曜日) 今年の4月に採用になった大阪府内の全消防士が入校した第104回初任教育の修業式が行われ、本市の榊原消防士が無事修業し、東分署警防第二室で勤務しています。

200人の新戦力が巣立った第104回の終業式 

 《榊原 佑樹消防士》

 消防学校を卒業して、不安もありますが、自分が持っている元気と若さで精一杯頑張ります。
 よろしくお願いします。


 そして、10月4日(木曜日)には、第105回初任教育の入校式があり、総勢103人の府内の新人消防士が全寮制の大阪府立消防学校に入校いたしました。

 第105回入校式。場所は同じですが、入校生の数とギャラリーの数が違います。


 本市からは、4月から市役所のそれぞれの職場で勤務してきた3名が入校いたしました。
 お世話になった前職場のみなさんに、報告を兼ねてコメントを聞いていますので紹介いたします。
 
 《榮枝 大貴消防士 元総務部 市民安全政策室》

 半年間、大変お世話になりました。
 市民安全政策室に配属いただいたことで、災害の過酷さ、災害対策本部での市の動き、消防の役目など、今後に活かすことが出来る貴重な経験を沢山させていただきました。
 消防学校も大変ですが、卒業して大きくなって帰ってきます。
 ありがとうございました。

 《稲次 亮太消防士 元市民部 窓口課》
  半年間お世話になりました。
 貴重な経験をさせていただき、とても感謝しています。
 消防学校も全力で頑張ってきます。

 《関本 光司消防士 元みどりまちづくり部 農業振興課》
 

 半年間ありがとうございました。
 初めは、なかなか一人で仕事が出来ずにご迷惑をおかけしましたが、最後の方には、一人でも出来る仕事が増え、とても充実していました。
 消防学校でも、失敗を恐れず頑張ってきます。

 3月の就業時には、一回り大きくなって帰ってきてもらいたいと思います。

 健闘をお祈りします。

 


【火災救急発生状況】  平成30年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  10月15日(月曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災    17件 (昨年同時期比較   -7件)
  ◇救急  6,310件 (昨年同時期比較 +272件)
 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 

 


~子どもだけでなく、大人にも見てほしい~スケアード・ストレート

2018年10月12日 | 総務部

こんにちは。総務部の中井です。

10月というのに日中は蒸し暑い日が続いていましたが、気象庁の近畿地方の長期予報では、10月中の気温は平年並みの確率が50%、晴れの日が少ない見込みとなっており、秋晴れの空が恋しくなりそうです。

先日来、日本列島を縦断し各地に大きな被害を及ぼした台風第24号に続いて、関西に接近していた台風第25号は日本海側を西から東に通過し、台風シーズンは終わったかのような安堵感がありますが、昨年10月22日には台風第21号が関西に最接近し、災害対策本部を設置した上、市内に避難準備・高齢者等避難開始を発令しています。

まだまだ安心はできません。今後も気象情報にはご注意ください。

 

交通事故の状況

交通事故は全国的に減少傾向にあり、平成29年の交通事故死者数は3,694人(前年比:-5.1%)と統計史上最小となりました。

 

大阪府は、全国でも交通事故が多い都道府県で、過去10年以上連続して全国トップ5(事故件数ワースト)に入っているものの、平成29年の交通事故発生件数は35,997件で、死者数は2年連続で減少し、事故件数と負傷者数は13年連続して減少しています。

 

箕面市の交通事故の発生割合は、大阪府内平均を大きく下回り、事故発生件数は次のように減少傾向にありますが、さらに交通安全に取り組み、交通事故の減少をめざしていく必要があります。

 

箕面市内の交通事故発生状況


        26年   27年   28年   29

総件数  660件    497件  488件  372 

死傷者数 803人    595人  590人  443

 

箕面市内の子どもの交通事故の状況(中学生以下)

      26年     27年   28年   29

合  計    39人     34人     18人     23

歩行中   14人     19人    7人     8
  自転車   25人     15人   11人   15

 

これはあくまでも私個人の感想ですが、朝晩、箕面市内を通って通勤していますが、このわずかな時間でも、見通しの悪い信号のない交差点で、左右を見ずにスピードを落とさず平然と自動車の目前を通過する自転車(全員大人です。)を見かけます。

頻繁にヒヤリハットを経験・目撃しており、いつ交通事故になっても不思議でない潜在的な事故予備軍はかなりあるのではと勝手に思っています。
市では、自転車レーンの整備や、児童・生徒から高齢者まで、各年代層に応じた交通安全教育など、ハード、ソフトの両面から交通安全対策を進めていますが、今後も箕面警察署など関係機関と協議し、交通事故の減少をめざしてより効果的な交通安全対策に取り組んでいきます。


スケアード・ストレート

箕面市は、平成22年に自転車利用中の中学生が死亡した事故を教訓に、多発重大化する自転車事故の防止に向け、教育効果の高いスケアード・ストレート教育技法を取り入れた自転車安全教室を市立中学校で実施しています。

 

これは、プロのスタントマン交通事故をリアルに再現し、事故の「怖さ」を体感、交通ルールを守る大切さや無謀運転の危険性を学ぶものです。

スケアード・ストレートは、生徒だけではなく保護者や地域のかたも見学できます。

交通事故の危険性は、子どもだけでなく、大人にも同じだけあります。

是非この機会に、一度見学してください。

 

・実 施 日   平成30年11月30日金曜日

・場所・時間   箕面市立第四中学校(運動場)1050分~1140

         箕面市立第三中学校(運動場)1435分~1525

・申し込み    事前の申し込みは不要です。(無料)

 当日、運動場に設ける受付にお越しください。

・主な内容

○乗用車と死角に入った自転車との衝突事故

  



 

○自動車が時速40キロメートルで自転車と衝突した事故


 

○歩行者と自転車の二人乗り、傘差し運転での事故 

飛び出し自転車オートバイ衝突事故
子どもの自転車関連事故で、約7割は出会い頭事故です。左右を見ることで事故は大幅に減少します。


トラック左折時の自転車巻き込み事故
その他、スマホを見ながらの自転車の衝突事故など、自転車事故が多い事例を再現します。
*
写真は、過去に実施した第五中学校などで撮影したものを掲載しています。


スケアード・ストレートは、市立中学校を対象に毎年2校~3校で実施しており、生徒全員が中学在学中に必ず1度は参加することになります。

悲惨な交通事故の被害者、そして加害者を生まないために、子どもたちはもちろんのこと、自動車を運転する大人にも交通安全についての認識を深めていただけるよう、今後も効果的な啓発を実施していきます。


スケアードストレートに関するお問い合わせ先    

   市民安全政策室 電話 724-6750

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 


 


市議会の新しい役員が決まりました

2018年10月11日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

10月も半ばに入りました。
あちらこちらの田んぼでは、昨年に続き今年も度重なる台風で倒れかけていた稲穂も刈り取られ、秋を感じさせてくれます。
また、この時期には、各地域の神社で秋祭りが行わます。
神社によっては、お店が出されている所もあるようです。
一度、お近くの秋祭りを見に行かれてみてはいかがでしょうか。


さて、平成30年第3回定例会も10日に全日程を終え閉会しました。
例年、第3回定例会は、議会での正副議長をはじめとする役員が改選される定例会となっています。
今回も正副議長を選出するために選挙が行われ、議長に林恒男議員が、副議長に尾上克雅議員が選出されました。

 林議長

 

 尾上副議長


また、議会選出の監査委員に中嶋三四郎議員が選任されました。

 中嶋監査委員


その他、各常任委員会などの委員の選任が行われ、次のような委員構成となりました。


【議会運営委員会】

 委 員 長 神代 繁近 議員
 副委員長 川上 加津子 議員
 委  員 村川 真実 議員
 委  員 中井 博幸 議員
 委  員 尾﨑 夏樹 議員
 委  員 岡沢 聡 議員


【総務常任委員会】

 委 員 長 神田 隆生 議員
 副委員長 藤田 貴支 議員
 委  員 中嶋 三四郎 議員
 委  員 楠 政則 議員
 委  員 尾﨑 夏樹 議員
 委  員 林 恒男 議員
 委  員 神代 繁近 議員

 

【文教常任委員会】

 委 員 長 上田 春雄 議員
 副委員長 今木 晋一 議員
 委  員 中西 智子 議員
 委  員 堀江 優 議員
 委  員 二石 博昭 議員

 

【民生常任委員会】

 委 員 長 中井 博幸 議員
 副委員長 村川 真実 議員
 委  員 増田 京子 議員
 委  員 田中 真由美 議員
 委  員 内海 辰郷 議員
 委  員 尾上 克雅 議員

 

【建設水道常任委員会】

 委 員 長 岡沢 聡 議員
 副委員長 武智 秀生 議員
 委  員 名手 宏樹 議員
 委  員 川上 加津子 議員
 委  員 牧野 芳治 議員

 

【彩都・森町地域整備特別委員会】

 委 員 長 牧野 芳治 議員 
 副委員長 堀江 優 議員 
 委  員 名手 宏樹 議員
 委  員 増田 京子 議員 
 委  員 川上 加津子 議員
 委  員 田中 真由美 議員
 委  員 藤田 貴支 議員 
 委  員 二石 博昭 議員 
 委  員 岡沢 聡 議員
 委  員 神代 繁近 議員
 委  員 武智 秀生 議員

 

【交通対策特別委員会】

 委 員 長 内海 辰郷 議員
 副委員長 尾﨑 夏樹 議員
 委  員 村川 真実 議員
 委  員 神田 隆生 議員
 委  員 中西 智子 議員
 委  員 中嶋 三四郎 議員
 委  員 楠 政則 議員
 委  員 中井 博幸 議員
 委  員 今木 晋一 議員
 委  員 上田 春雄 議員
 委  員 尾上 克雅 議員
 

 


地域別の意見交換会を開催します

前回もご案内いたしましたが、11月に入りますと恒例となりました市民のみなさんと議員との意見交換会を萱野小学校、豊川北小学校、箕面小学校の3小学校区で開催します。
当日は、各地域の課題などについて、意見交換をさせていただく予定です。特に、申し込みは要りませんので、直接会場にお越しください。たくさんの方の参加をお待ちしています。
開催日程等は、次のチラシのとおりです。

 

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、12月1日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは10月31日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

 

                                   → 応募の詳細はこちら

 

 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 


放置自転車防止絵画について

2018年10月10日 | みどりまちづくり部

こんにちは。
みどりまちづくり部長の肥爪です。

放置自転車対策の一つとして、箕面市内の市立小学校の生徒から放置自転車の防止などをテーマにしたデザイン絵画を募集し、入賞作品を路面シート化して放置自転車が多い道路上に貼り付けを行います。

小学生からの放置自転車防止メッセージを路上から発信することで、自転車利用者へのモラル・マナーの向上を図るとともに、小学生に放置自転車について考えてもらう機会をつくるために実施しています。

デザイン絵画の募集は夏休みの自由研究の宿題の一つとして、平成30年7月20日(金)から平成30年9月3日(月)まで募集しました。

心をこめて作成された力作で、329作品もの多数の応募をいただきありがとうございました。

 今後、選考委員会で、最優秀賞1名、優秀賞5名を選考します。

優秀作品の表彰式や、優秀作品等を路面シートに加工し、入賞者のみなさんと放置自転車の多い箇所に貼付していくイベントを予定しています。また、ホームページやメイプルホールのロビーでみなさまの力作を展示します。

日程や場所等については、後日、ホームページや学校を通して、お知らせします。みなさま、どうぞご期待ください。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。