部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

箕面のゆず!地震も乗りこえて、もっと大きくなれ!

2018年06月29日 | 農業委員会事務局

こんにちは、農業委員会事務局長 野澤昌弘です。
この度の大阪北部地震で被害に遭われました皆さまに心からお見舞い申し上げます。

6月18日(月曜日)の地震発生から10日あまり、落ち着きをとりもどしつつある感はありますが、暑さも重なったりでストレスで体に不調がでている方もおられると思います。
どうぞ、体調管理にも十分にお気を付けください。

なお、引き続き、災害対策本部を設置しています。
地震に関する被害・お困りのことがあれば、災害対策本部(電話072-724-5000)までお問い合わせください。

さて、地震発生18日(月曜日)の夜ですが、とどろみの森学園(箕面北部特別対策部)につめていました。

深夜に断水のおそれもあることから、神戸や西宮など近隣自治体から続々と給水支援車両が到着し、夜遅くまで各市職員の方に給水応援をいただきました。心温まる激励もいただき、本当にありがとうございました。

 

地震発生から3日後、6月21日(木曜日)の晩には、止々呂美地区のゆず生産農家の皆さんが集まり、お互いの安否を気遣いながら、平成30年度 止々呂美ゆず生産者協議会 通常総会が無事に開催されました。

最年長で、古くから地域を見守ってこられた尾上喜治会長から
「この地区でも避難勧告、一部に避難指示がありますが、地震に負けずに力を合わせて頑張っていきましょう。」と心強いあいさつがありました。
どんな時もオフェンシブなメッセージを送り続けられる会長に、皆さん、元気をいただいたようです!

 

昔から、先輩農家さんから後進へゆずの育て方を伝授されてきた地域、バトンを渡すように綴ってきた今では ゆずともみじの里みのおプロジェクト へのゆず供給を支える産地です。

この日も、皆さんで、ゆずの育て方や施肥の勉強も行われました。
「ゆずは多肥にしたほうが、樹の生育が良好で、葉も濃緑色になる。収量も良いで!」

自然のままでは充足できない”肥え”を、年に数度、人為的に施し、”果実”というかたちで恩恵をいただいて共生してきた地域でもあります。
これからも、人と自然が足りないものを補いあってともに歩み、また、人が手を入れ続けることで 災害にも強い山を育てていくことにもなるでしょう。

 

6月のゆず畑。
万緑のなか、手を伸ばした先には、今年も新しい緑の命が輝いています。
”明日も歩いてゆこう!”と思えてくる、不思議です。

ゆずの収穫は11月。厳しい自然を乗り越え、これからもっと大きくなれです。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


地震による「家庭ごみ」は無料で収集!

2018年06月28日 | 市民部

皆さん、こんにちは。市民部の小林です。

6月18日(月曜日)の地震発生から10日以上が経過しました。昨日までに1,300件を超える問い合せが災害対策本部に入っていますが、ここ数日も毎日コンスタントに100件前後の問い合わせが続いており、今回の地震による被害の大きさを改めて痛感させられました。


<入電室の様子>

発災当初は避難勧告や避難指示の地域、避難場所や断水状況などが主な問合せでしたが、現在は罹災証明書の発行や家屋の危険度判定、ごみの排出に関する問い合わせが多くなっています。

引き続き、災害対策本部を設置していますので、何かお困りごとがあれば災害対策本部(電話:072-724-5000)までお問い合わせください。

なお、今回の地震での保険金などの請求には、原則、罹災証明書は必要ないという取り扱いがされています。罹災証明書の要否については、事前にご加入の保険会社等にお問い合わせください。


●7月8日まで地震に伴う「家庭ごみ」は無料で収集します

今回の地震の被害により、家庭から発生したごみは、7月8日(日曜日)まで無料で収集します。

指定ごみ袋や大型ごみ処理券は不要です。通常の分別方法で分別し、朝9時までに出してください。

◆燃えるごみ(通常の指定ごみ袋に入る程度の大きさのもの)
レジ袋や段ボール箱に入れて、大きく「地震ごみ」と書き、燃えるごみの収集日に出してください。

◆燃えないごみ・大型ごみ
 ・燃えないごみ
レジ袋や段ボール箱に入れて、大きく「地震ごみ」と書き、以下の収集日に出してください。


<地震ごみの出し方例>

・大型ごみ
大きく目立つように「地震ごみ」と書き(書いた紙を貼り付けても構いません)、以下の収集日に出してください。

 

地震に伴う燃えないごみ・大型ごみは、いつもより収集回数を増やしています。通常収集日に出せない方は、是非とも追加収集日に出してください。
(既に終了した収集日も記載しています。予めご了承ください。)

なお、昨日の東部地域の燃えないごみ・大型ごみの収集エリアでは、多くの地震ごみが排出され、通常に比べ大幅に収集が遅れました。

本日以降も、特に東部地域での収集に遅れが生じる場合があります。市民の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いします。

地震に伴う家庭ごみの収集について、ご不明な点があれば環境整備室(電話:072-729-2371)までお問い合わせください。


●地震に伴う家庭ごみの持ち込みについて

環境クリーンセンターでは、7月8日(日曜日)まで毎日(土曜日・日曜日を含む)、地震に伴う家庭ごみの持ち込みを無料で受け付けています。

受付時間は午前9時から午後3時までです。予約は不要ですが、大変な混雑が予想されますので、できる限り燃えないごみ・大型ごみの収集日に出してください。

 

地震に伴う家庭ごみの持ち込みについて、ご不明な点があれば環境クリーンセンター(電話:072-729-4280)までお問い合わせください。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


登録医意見交換会・研修会

2018年06月27日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

6月18日(月曜日)の朝に起こった大阪北部地震は、大阪では過去最大の震度6弱を記録しました。「災害は忘れた頃にやってくる!常に防災意識を忘れずに」と言ってきましたが、大きく揺れたときは「まさか?ホンマかいな」と焦ったのが正直な感想です。

箕面市では骨折をされたかたなど、負傷者が数名ありましたが、生命に関わるような事態は生じませんでした。しかし、崖崩れの恐れがある一部の地域に避難指示・勧告を出しました。また、広範囲で断水がおこり、多くのかたが小学校の体育館等へ避難されるなど、市民生活や都市機能に混乱が生じました。

高槻市をはじめ近隣他市では5名のかたがお亡くなりになりました。亡くなられたかたがたのご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。


(たくさんの灯籠や鳥居が倒壊した「小野原・春日神社」の参道)

さて、今回は、去る6月9日(土曜日)に開催された「登録医意見交換会・研修会」について、ご紹介します。

○登録医療機関(医師)制度
箕面市では、市立病院(病)と地域の診療所(診)がそれぞれの特性を生かしつつ、病診が連携して、いわば地域全体がひとつの病院のような機能を持ち、切れ目のない医療を提供する「地域医療提供体制」を構築していると、昨年11月のブログ一昨年8月のブログでご紹介しました。

 (地域医療提供体制のイメージ「まずは、かかりつけ医へ」)

それを具体化するため、箕面市立病院と連携した医療を提供することにご賛同いただく医療機関や医師に、「箕面市立病院登録医療機関(医師)」として登録していただいています。本年5月末時点では、491医療機関、525名の医師が登録をいただいており、箕面市以外からもたくさんの医療機関(医師)が登録をされています。

○登録医意見交換会・研修会の開催
登録医療機関(医師)との連携を強化し、お互いが顔の見える関係を築くため、毎年この時期に開催しているのが「登録医意見交換会・研修会」です。今年は、去る6月9日(土曜日)に千里ライフサイエンスセンターで開催しました。以下、その主な内容をご紹介いたします。(同じ趣旨で毎年秋に箕面市医師会との共催で開催しているのが「箕面市病診連携懇談会」です。)

(市立病院・田村総長から「開会あいさつ」)

◆講演(1)~箕面市立病院の呼吸器外科の診療
本年4月1日に赴任した外科部長の徳永俊照医師から、呼吸器外科の診療内容の紹介とともに、その典型的な疾患である「肺がん」について、その進行の様子や手術の適用について紹介しました。徳永医師は「がんが治っても息がしんどくなったり、命を短くしては意味がなく、一方、治療を手控えて、がんが再発してもいけないので、がんの治療と全身のバランスが大切である」と治療方針を説明しました。

(徳永医師)

◆講演(2)~人生100年時代における新たな周術期管理
本年4月1日に赴任した副院長で消化器外科の岡義雄医師から、平均寿命の延伸とともに手術を受ける患者の年齢も高齢化しているため、術前リスク管理の重要性や、リハビリ・栄養士なども含めた医療スタッフがチームとして術後の管理をしていくことの大切さを紹介しました。当院においても、安全・効率・専門性を追求した質の高いチーム力が求められていると結びました。

(岡医師)

○北摂臨床医療研究会
毎年「登録医意見交換会・研修会」に引き続き、開催しているのが「北摂臨床医療研究会」です。これは、箕面市立病院、箕面市医師会と製薬会社が共催しているもので、タイムリーなテーマについて、医薬品の紹介と併せ、外部から講師を招き、研究・研修するものです。今年のテーマは、後期高齢者と糖尿病治療でした。

まず最初に、一般演題として、当院の糖尿病・内分泌代謝内科の河田慶太郎医師から、糖尿病で入院された当院の高齢の患者さまのデータに基づき、治療の経過とともに生活の質の変化について説明しました。

その後、特別演題として、大阪大学大学院医学系研究科老年・総合内科学助教の赤坂憲医師から、「フレイル・サルコペニアをふまえた高齢者糖尿病治療」と題し、ご講演いただきました。

「フレイル」とは、加齢とともに運動機能や認知機能等が低下し、複数の慢性疾患などの影響もあり、生活機能が落ち、心身の脆弱性が出現した状態です。しかし、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態でもあり、健康な状態と介護状態の中間を意味します。

「サルコペニア」とは、筋肉量が減少し、筋力又は身体能力が低下した状態です。 加齢によるものと、不活動・疾患・低栄養などによるものがあり、運動・身体機能に障害が生じたり、転倒・骨折の危険性が増大し、自立した生活を困難にする原因となります。
高齢者には糖尿病など、単に疾病だけの治療を施すのではなく、これらへの早期対応を行うことにより、生活の質や自立性の維持・向上を図ることが大切であると説明されました。

(赤坂医師)

○意見交換会・懇親会
これら研修会終了後は、登録医30名、市立病院関係者53名の計83名で、意見交換会・懇親会を開催しました。市立病院の医師と開業医さんとは、普段は電話でのやり取りが中心ですが、直接顔を合わせて、忌憚のない意見交換ができるのはとても貴重な機会です。登録医さんお一人お一人からも、自己紹介や近況報告をいただき、とても和やかなうちにお開きとなりました。


【たなばたコンサートのお知らせ】
 日時 平成30年7月6日(金曜日)午後3時~4時
 場所 箕面市立病院リハビリテーション棟1階ロビー
 内容 米阪隆広さんのギター演奏

*申込は不要です。ぜひ直接、会場へお越しください。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


震災から1週間がたちました

2018年06月26日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

18日(月曜日)に起こった地震から、1週間がたちました。
昨日25日(月曜日)には閉園していた私立幼稚園が開園されたことから、現在、市内すべての小中学校・幼稚園、保育園が再開し、元気に子どもたちが通学・通園を始めています。

 
公立幼稚園4園の子ども達は元気に楽しく過ごしています。

 

震災後の混乱した日々から日常生活に戻りつつあるかたも多いのではないでしょうか?
ただ、家屋に被害を受けられたかたや、家具や食器等が破損されたかたなど、これからその対応をされるかたもおられると思います。
気温も上がってきています。
水分補給など体調管理には、十分気をつけて作業等を行ってください。

 

さて、震災以降、私は生活支援対策部(避難所・物資輸送などを担当)の一員として、災害対策本部で、多くの時間従事していました。

震災直後から、14ヶ所の避難所を開設し、一番多いときには200人を越える避難のかたが、小学校の体育館等に避難されていました。
25日(月曜日)の朝9時には、避難所の避難者がゼロになったことから、すべての避難所を閉鎖しました。
しかしながら、今後も、余震等の恐れがあることから、引き続き、緊張感をもって職務にあたりたいと思います。


●クモノスコーポレーション株式会社さまからご寄附をいただきました!!

少し、明るい話題を・・・・・・
クモノスコーポレーション(株)さまから、「稲保育所」に通う子どもたちに、一輪車と絵本のご寄附をいただきました。
クモノスコーポレーション(株)さまからは、昨年10月の「東保育所」への一輪車等のご寄附に続いて、公立保育所2所目のご寄附となります。


 


ご寄附いただいた一輪車です


ご寄附いただいた絵本です

クモノスコーポレーション(株)さまは、紀陽銀行が行っておられるCSR私募債の発行記念として、紀陽銀行で発行した起債額の一定額を発行した会社が指定する公立保育所、幼稚園、小中学校等に遊具や教材などを寄贈する制度を活用され、今回、稲保育所にご寄贈いただいたものです。

6月8日には、稲保育所において、クモノスコーポレーション(株)の光平総務部長さま、紀陽銀行江坂支店の杉原支店長さまを初め両社の関係者の皆さまにより、一輪車及び絵本のご贈呈をいただきました。


光平総務部長さんから目録を子ども達に


子ども達から手作りの感謝状をデニス国際課長さんに


稲保育所では、5歳児のみんな、職員でお迎えし、感謝の気持ちをお伝えしました。

昨年度にご寄附いただいた東保育所以外の保育所には、一輪車がなかったことから、子ども達は早速、楽しく一輪車の練習に取り組んでいます。

東保育所にご寄附いただいた時に、クモノスコーポレーション(株)の中庭代表取締役社長さまからは、できれば毎年、保育所・幼稚園に寄贈したいとの、うれしいお言葉をいただき、今回は、そのお言葉どおり2所目のご寄附となりました。

クモノスコーポレーション(株)のみなさま、いろいろとお手続きをいただいた紀陽銀行のみなさま、本当にありがとうございました。

稲保育所では、園庭で一輪車を楽しむ子ども達の声が響き、そして、いただいた絵本を読む子ども達の笑顔で溢れています!!

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


消防団のポンプ操法訓練 本格始動!

2018年06月25日 | 消防本部・署

 消防本部の美谷(みや)です。
 先週は、地震に始まり、災害対応で終わった1週間でした。

被害に遭われた皆さんに心からお見舞い申し上げます。

 突然の震度6弱! 最悪の事態を想像していましたが、幸い箕面市では大きな救助事案もなく緊急出動も一段落いたしました。
 発災当初は、けが人の通報やエレベーターの閉じ込め事案が複数発生する中、煙が上がっているとの情報が飛び込んできました。
 調査の結果、煙は、急遽始動したビルの自家発電機の黒煙で、火災ではなく、ほっと胸をなで下ろし、次々入電する通報を整理し、職員総員配備で対応に望みました。
 消防団の皆さんも、平日仕事がある中、即刻参集され、管内パトロールでいち早く管内状況の把握に努めていただきました。

 災害対応も一定落ち着いてはいますが、余震も続いており、まだまだ復旧に向けて災害対策本部は継続しています。 
   

 
災活動に消防団も活躍しています。

 発災直後に消防団の皆さんもそれぞれの詰め所に参集し、計画に基づき管内の状況把握のため巡回パトロールに従事していただきました。
 幸い、消火や救助活動を行う事案はありませんでしたが、夕方まで各詰め所で警戒を続けていただきました。
 また、18日の夜には、東部地域で断水が発生し、6ヶ所の避難所で給水活動が行われ、消防団もその活動支援に当たっていただきました。(急遽の活動のため映像がなくてスミマセン!)
 地域に直結した防災組織として、実に頼もしい存在であり、我が家の被害もあったにもかかわらず、地域活動に努めていただきました。

本当にお疲れ様でした。

 

◆ポンプ操法訓練が本格始動!!

 消防団の本年度の訓練もいよいよ本格化してきました。

 春からは、大阪府立消防学校で、新入団員さんを対象に、基礎教育訓練が実施されました。


 消防団の基本的な知識から、規律訓練、傷病者搬送法、火災現場での基本操法など、盛りだくさんの教育訓練が行われました。
 この訓練で、消防団員としての基本的な知識と技術を身につけて、今後、色々な訓練を積み重ね、現場経験を経て、地域を守る立派な消防団員に成長していただきたいと思います。 

  せっかくのお休みのところご参加ご苦労様でした。

 また、本年度のポンプ操法訓練として、萱野方面隊 稲分団が本市消防団を代表して、8月5日(日曜日)箕面市立第二総合運動場で開催されます、第74回豊能地区支部総合訓練大会「ポンプ車操法の部」に出場いたします。

 すでに5月22日から、自主訓練を積み重ね、6月14日に本訓練の開始式を迎えられました。操法も順調に仕上がってきており、訓練場所をスカイアリーナに移し8月まで本格的な訓練が始まります。
 選手の皆さん、仕事でお疲れだと思いますが、くれぐれも怪我の無いように頑張って下さい。

 毎年の恒例行事ではありますが、スカイアリーナ周辺にお住まいの皆様には、夜間、訓練に伴いかけ声やエンジン音等でお騒がせして申し訳ありません。
 消防団は、地震をはじめ色々な災害から地域を守るため、本業を持ちながら活動されていますので、何卒ご理解をいただきますようお願いいたします。

 明日26日から8月2日まで、火曜日・木曜日を中心に約13回訓練を実施します。
 午後10時までの訓練となりますので、ご支援ご協力をお願いいたします。

 


◆学生消防隊“MATOY”に新入隊員が加わりました。

 昨年12月発足した、面市消防団 学生消防隊「MATOY」(マトイ)に新しく新入隊員が加わりました。

 大阪青山大学女子ソフトボール部の4回生が引退し、新たに8名の新入部員が加わり、総勢24名の学生消防隊で本格始動いたします。
 

 

 
【火災救急発生状況】平成30年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  6月25日(月曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災     8件 (昨年同時期比較   -10件)
  ◇救急  3,690件 (昨年同時期比較 +25件)
 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。