部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

住警器!  “10年たったら、とりカエル”

2018年05月31日 | 消防本部・署

 こんにちは。消防本部の美谷(みや)です。

 九州・四国では、梅雨入りが発表されました。
 そろそろ、ムシムシ、ジメジメの季節に突入です。
 個人的には、一番きらいな時期ですが、そうは言っておれません。
 梅雨時期の豪雨には事前に十分注意をお願いします。
 屋根の雨どいや側溝の掃除など、周囲の確認といざというときの対応について、毎年のことですが“備えあれば憂いなし”ですので、事前準備をお願いします。

 何事もない梅雨で終わりますように・・・!

    消防本部の玄関は、たくさんの花で一杯になりました。

 
◆平成29年中における火災の概要

 昨年の箕面市での火災件数は、25件で、残念ながらお一人の方が火災で亡くなられています。
 全国では、39,198件の火災が発生し、その内住宅火災の件数は11,337件で、火災全体の約3割が一般住宅での火災となっています。
 また、住宅火災による死者数886人は、総死者数の約6割を占め、その内65歳以上の高齢者は72%を占めています。
 全国でも火災は、少なくなったとは言え、住宅火災では、逃げ遅れによる高齢者の方が亡くなる事案は後を経ちません。

 そんな中、就寝中に逃げ遅れを防ぐ特効薬が、火災の煙を検知して大きな音で知らせる「住宅用火災警報器」(住警器)になります。

 

 

◆住宅防火対策

 平成16年の消防法改正により、住警器の設置が義務づけられました。
 箕面市では、平成23年6月1日から箕面市火災予防条例に基づき、住宅の台所・寝室・寝室につながる階段に設置が義務づけられています。

 火災発生の現状から、夜間の就寝中にいち早く火災を知らせるために、①一番火気を取り扱うところである台所 ②就寝中で気づきにくい寝室 ③煙が伝わりやすい階段に設置が必要としています。
 過去の箕面市内の火災でも、住警器が付いて入れは明らかに助かっていた事案がありました。
 市内のアンケート調査の結果、設置義務の場所すべてに付けている設置率は、約38%(どこかに付けている設置率は84%)です。
 まだまだ、設置率が低い状況ですので、全世帯を消防職員が訪問する全戸訪問事業をはじめ、100%設置をめざしPRに努めて参ります。

 住警器は、電子部品で出来ていますので、古くなると部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しなくなることがあるためとても危険です。
 日頃の点検と共に、10年を目安に交換を検討下さい。

 


◆来月から危険物安全週間・月間が始まります。

 私たちの身の回りには、色々な危険物があります。
 消防法で貯蔵や取り扱い方法などを厳しく規制している石油ストーブの灯油や自動車の燃料であるガソリン軽油などです。

 これらの危険物は、取り扱いを誤れば火災などの事故を引き起こす危険性があります。
 また、危険物による事故の原因は、不注意によるものがほとんどです。
 そんな危険物の安全に対する意識啓発を行うために、毎年6月を安全週間と安全月間に定めて、PRを行っています。

※一般家庭での注意事項としては・・・
 (1)火気の近くで保管や取り扱いをしない
 (2)必要以上に買いだめしない
 (3)地震などで倒れたり、落下しない場所で保管する
 ・・・を守って下さい。

 ◎危険物安全週間  平成30年6月3日(日)~6月9日(土)
  ◎大阪府危険物安全月間  平成30年6月1日(金)~6月30日(土)
  

 


【火災救急発生状況】 平成30年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  5月31日(木曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災    7件 (昨年同時期比較   -9件)
  ◇救急  3,198件 (昨年同時期比較 +50件)
 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018731日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


箕面市内の犯罪件数と犯罪発生率

2018年05月30日 | 総務部

こんにちは。
総務部の中井です。

一昨日、沖縄や奄美、九州南部に続き、九州北部と四国が梅雨入りしたと気象台から発表がありました。

いずれも平年より8日早く、昨年より23日早い梅雨入りとなりました。
平年の近畿地方の梅雨入りは6月7日頃で、梅雨明けは7月21日頃ですが今年は早まりそうです。
梅雨は、季節が春から夏に移行する過程で、雨日が多く、日照が少なくなる季節現象です。
今の時期、雨に備えてといってもピンときませんが、梅雨に入る前に自宅周りの側溝を清掃するなど、早い目の雨対策をお願いします。


箕面市の防犯対策


箕面市では、安全・安心なまちづくりを進めるため、自治会やマンション管理組合などの地域団体や市民の皆さんのご協力をいただき、各種の防犯対策に取り組んでいます。
平成26年度には「大阪で一番安全なまち」をめざし、箕面警察署の全面協力を得て、府内で初めて全ての市立小中学校の通学路に750台の防犯カメラを設置しました。(全14小学校区、1校区あたり50台規模)。また、以降も市内全ての公園203園に防犯カメラ300台を設置するとともに、自治会やマンション管理組合が設置する防犯カメラへの助成制度を創設し、現在、市内で合計1,900台以上の防犯カメラが稼働しています。


箕面市の犯罪件数の推移


下の表は、防犯カメラ稼働前の平成26年から、実際に全防犯カメラが稼働している平成29年までの3年間の犯罪件数の推移です。

防犯カメラによる抑止効果が高いとされる街頭犯罪の減少率は大きく、さらに空き巣や事務所荒らしなどの侵入窃盗の減少率が特に高くなっています。

  ・
犯罪総数は、32.6%減少しました。
  ・街頭犯罪は、40.3%減少しました。

 ・侵入窃盗は、71.4%減少しました。

* 街頭犯罪とは、路上強盗、ひったくり、自動車盗など、主に街頭で発生する犯罪の総称で、防犯カメラの効果を検証するために、大阪府警察犯罪統計の刑法犯罪種別及び手口別発生市区町村別認知件数から代表的な7種を集計しました。街頭犯罪は、防犯カメラによる犯罪抑止効果が高いとされています。)



防犯カメラ

通学路防犯カメラ、公園防犯カメラ、自治会防犯カメラすべてが本格稼働した平成27年以降の街頭犯罪(7種)の減少率は、平成26年と比較して40%を超えており、さらに街頭犯罪の一種でもある空き巣や事務所荒らしなどの侵入窃盗は、実に71.4%も減少しています。

実際に防犯カメラの映像から、ひったくりなどの街頭犯罪、自動車によるひき逃げ、窃盗など各種犯罪で容疑者の特定につながった事例も多数あり、防犯カメラの設置が確実に犯罪の抑制、早期の犯人逮捕につながっています。

また、自治会やマンション管理組合が市の助成制度を利用し、防犯カメラを設置される場合には、団体内で設置台数や設置場所などを十分に協議されており、これらを通じて地域全体に防犯意識が高まったものと考えています。


箕面市で犯罪件数が一番多いのは自転車盗


箕面市で犯罪件数が一番多いのは自転車盗です。

平成26年は260件、平成29年は194件と25.4%の減少となっていますが、他の犯罪と比較して減少率は低く、犯罪総数819件の概ね4分の1を占めています。
自転車は身近で手軽な乗り物ですが、身近すぎるのか、被害自転車の約半数が施錠をしておらず、道路上に止めて被害に遭うなど、無防備な状態で被害に遭われるケースが多くなっています。

 

平成28年と平成29年の自転車盗の被害場所です。2年間ほとんど変化していません。
道路上での被害が2年とも4分の1近くを占めています。

 

 

 

施錠の有無についてのグラフです。2年間ほとんど変化がありません。

自転車の盗難に対して、全く無防備であることがわかります。

 

被害に遭わないために


自転車の盗難防止は、手間でも毎回きちんと施錠することが第1歩です。

そして、二重ロックなどの防犯対策を進めてください。

○スーパー、コンビニなどで買い物するわずかな時間でも鍵をかける。

 自宅や学校など自転車を駐輪する場合でも、しっかり鍵をかける。

○被害に遭いにくい丈夫なシリンダー錠などを取り付ける。

○ワイヤー錠やU字型錠を利用するなど、2つ以上の鍵を取り付ける。

○防犯登録を行う。

箕面市の犯罪発生率は、低いのか高いのか
 

犯罪の発生状況を他市と比較するため、犯罪件数だけでなく、人口1万人や、10万人当たりで、何件の犯罪が発生したか、犯罪発生率を計算し同じ条件で大阪府内各市との比較をしました。
 

10万人あたりの犯罪認知件数は、大阪府内平均の2分の1です。
 


街頭犯罪

 

10万人あたりの街頭犯罪発生率は、大阪府内平均の2分の1以下です。

  

大阪府内で一番安全な市をめざして

 

箕面市の犯罪発生率は、以前から大阪府内33市の中で低いグループに位置しており、平成20年当時は府内で7番目に低い市でしたが、この犯罪発生率は市の人口規模や人口密度、都市化の状況などが影響すると考えられ、例年順位に大きな変動はなく、半ば固定化していました。

 

しかし、「大阪で一番安全な市」を目標に、防犯カメラの設置や各種の防犯対策に取り組んだ結果、箕面市の犯罪率の低下は大きく、府内各市の低下率を上回り、大阪府内平均の2分の1、平成29年には府内で犯罪率が2番目に低い市となりました。

今後とも現状に満足することなく、市民の皆さんや警察などの関係機関とも連携し、目標である府内で一番安全な市をめざし防犯対策を充実・強化していきます。

 

 

 

統一キャンペーンのロゴマーク(箕面市ふるさと納税)

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018731日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 


第2回定例会がまもなく開会

2018年05月29日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

先週の後半ぐらいから気温もグッと上がり暑くなってきました。
いよいよ蒸し暑い梅雨の季節。既に、沖縄・奄美・九州・四国地方と次々に梅雨入りし、平年より早い梅雨入りとなっているようです。近畿地方の平年の梅雨入りは6月7日頃。全国的に早めということになれば、近畿地方の梅雨入りも近いのかもしれません?
今のうちに冬物の洗濯と衣替えを済ませておきたいものです。
また、季節の変わり目のこの時期、体調を崩されないよう十分にご注意ください。

 

平成30年第2回定例会がまもなく開会

さて、平成30年第2回定例会が6月8日から6月29日までの22日間の会期で開会します。

会期等の日程は、次のとおりです。

 6月 1日    招集告示(議案送付)
        6日    第4回議会運営委員会
         8日      本会議(第1日)  条例、補正予算等上程・説明・質疑・付託
     12日     
    ~      常任委員会
   15日
      25日    第5回議会運営委員会
   28日   本会議(第2日)  委員長報告・討論・採決、一般質問
   29日   本会議(第3日)  一般質問

これらの会議は、市のホームページで動画を配信しますのでご覧ください。
                                          → 動画はこちら

 


議会基本条例(案)のパブリックコメントを7月に実施

市議会では、これまで市民に開かれ信頼される議会を目指し、議会のインターネット中継や市民との意見交換会の開催など、様々な議会改革に取り組んできました。また、その取り組みの現時点での集大成として、平成28年11月に議会基本条例制定作業部会を設置し、議会と議員の役割や基本的な事項を定める「箕面市議会基本条例」の制定に向けても議論を進めてきました。作業部会では、この間17回部会を開き条例の素案の作成に向け議論をしてきましたが、今般、作業部会での議会基本条例(素案)が完成しました。この後は、全議員で構成する議会改革検討会議での議論を経て最終的な条例案としての決定を受けた後、7月2日から7月31日までパブリックコメントを行い、第3回定例会(9月議会)での議決を目指して進めています。

 

 

 


この条例は、議会と議員の活動の原則や基本的な事項、これまで議会が取り組んできた事項を例規として定めたもので、条例制定後は、この条例をベースに様々な活動がされることになります。議会の改革は、この条例が制定されたことで完了するというものではありません。この条例の趣旨や目的を踏まえたしっかりとした活動が求められることはもちろんのこと、時代の変化に応じてその内容の見直しも行いながら、市民に開かれた信頼される議会を目指してこれからも取り組んでいきます。

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、8月15日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは6月30日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

 

                → 応募の詳細はこちら

 

 

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


6月は環境月間です。

2018年05月28日 | みどりまちづくり部

こんにちは。
みどりまちづくり部長の肥爪です。


6月は環境月間で6月5日は環境の日です。
そこで、今回は環境に関して掲載します。

政府はこのほど、環境基本法に基づき、政府全体の環境保全施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、総合的かつ長期的な施策の大綱などを定める「第五次環境基本計画」を閣議決定しました。
第五次環境基本計画は、「持続可能な開発目標(SDGs)」「パリ協定」採択後に初めて策定される環境基本計画です。SDGsの考え方も活用しながら、分野横断的な6つの「重点戦略」を設定し、環境政策による経済社会システム、ライフスタイル、技術などあらゆる観点からのイノベーションの創出や、経済・社会的課題の「同時解決」を実現し、将来に渡って質の高い生活をもたらす「新たな成長」につなげていくこととしています。また、その中で、地域の活力を最大限に発揮する「地域循環共生圏」の考え方を新たに提唱し、各地域が自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合う取組を推進していくこととしています。

 

箕面市での温室効果ガスの削減計画
箕面市では、第5次箕面市総合計画後期基本計画において、国が掲げる「2030年までに2013年度比で26%削減する。」と言う目標を基準に温室効果ガスの削減目標を掲げています。
2015年度は、2013年度と比べて9.5%削減しています。

 


箕面市の環境の取組について「クールビズ」と「環境学習」について紹介します。

クールビズの取組み
市では、エネルギーの消費量を減らしたエコオフィスの推進を図り、市公共施設において市民・事業者に率先して環境に配慮した行動を実践する取り組みの一つとして、クールビズを実施しています。
これは、市の省エネ対策の一つで、職員が軽装・ノーネクタイを業務を行うことによりエネルギーの削減をおこなうものです。
市職員は暑さをしのぎやすい服装を心がけ、原則上着やネクタイを着用しないなどの軽装で執務していますが皆様のご協力と、ご理解をお願いします。

 


環境学習について
市内小学校を対象に環境に関する授業を行っています。
この環境学習は、平成14年から始めて今年で17年目を迎えます。平成20年には環境大臣から地球温暖化防止活動環境大臣賞をいただきました。
昨年までで延べ16,000人の児童達が参加し、今年も9月頃から実施する予定です。


授業では、地球温暖化のメカニズムやエネルギーの削減などの方法がわかりやすく表現された「地球防衛手帳」を使います。

発電実験の様子

 

 

 

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


女性は近畿1位、男性は近畿3位 これからは全国1位をめざして!

2018年05月25日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。

「女性は近畿1位、男性は近畿3位」皆さんは、この順位が何の順位かお分かりですか?
実は、先日厚生労働省が発表した平成27年における市区町村ごとの平均寿命の順位です。
箕面市の女性は88.2歳で近畿1位(全国20位)、男性は82.5歳で近畿3位(全国7位)だったのです。

市区町村ごとの平均寿命は、国勢調査が実施された年ごとに発表されています。
前回の平成22年の統計では、箕面市の平均寿命は、女性が87.0歳、男性が80.7歳で、全国平均(女性86.4歳、男性79.6歳)は上回っているものの、女性男性とも全国上位50位以内にも入っていませんでした。

しかし、この5年間で、男性が1.8歳、女性が1.2歳も平均寿命が延び、今回の結果となったものです。
この要因として、本市では特定健康診査やがん検診の無料実施など、他市に先駆けた健康施策を実施してきましたが、市の施策以上に、何よりも市民の皆さまの健康に対する意識の高さが、今回の結果に繋がったと考えています。


今日、その「意識の高さ」を示すイベントが、箕面市シニアクラブ連合会(箕面市老人クラブ連合会)主催で開催されました。そのイベントとは、「健康ウォークラリー大会」です。

  

「ウォークラリー」は、健康志向やアウトドア志向の高まりにともない、歩く楽しさをもとに、町の文化や自然を発見できる健康的なコミュニケーション・スポーツとして親しまれています。

「コマ図」と呼ばれる独特のコース図をもとに、グループで町を探険しますが、コース図を見ただけではどこがゴールかわからず、図をたどって歩いていくうちに思いがけない所に出てくるという意外性もウォークラリーの魅力です。
勝敗のみを競うスポーツでなく、歩くことを通しての健康づくりやグループでコミュニケーションを図ることを目的として行われています。

  
競技方法は、1チーム4~6人でゴールを目指し、「時間得点」と「課題得点」の合計点で順位を決めます。

コマ図(コース図)には交差点や分岐点での道の選び方しか書かれていません。また、地図のように必ずしも上が北とは限らず、距離の表示もなく、すべての交差点や分岐点が描かれているわけではありません。

  

グループごとに、配られたコマ図を頼りに、設けられたチェックポイントでの課題を解きながら、コース中の自然を楽しんだり、史跡、施設、文化財などに親しみながら、メンバーが協力しゴールをめざします。

今回の大会には、箕面市のシニアクラブの方だけでなく、豊中市、池田市、豊能町のシニアクラブの方々も含め、総勢31チーム、150名を超える方が参加され、2コース約4キロの設定で開催されました。

こうしたシニアクラブの取組が平均寿命はもとより、健康寿命の延伸に一役かっていることは間違いありません。
今日のイベントを拝見し、箕面市シニアクラブ連合会の奥田会長様はじめ、「ウォークラリー大会」の準備を進めてこられた実行委員会の皆様のご尽力に頭が下がるばかりです。本当にありがとうございます。


健康意識の高さは、高齢者の皆さまばかりではありません。
近年、お口の健康が生活習慣病の予防や認知症予防に欠かせないことが学術的にも叫ばれ、子どもから大人まで、お口の健康に対する意識が高まっています。

箕面市では、箕面市歯科医師会主催のもと、毎年「歯っぴい 健康フェスタ」が開催されています。
今年も、6月9日(土)午後2時から、総合保健福祉センター(みのおライフプラザ)で開催されます。

  

「歯っぴい 健康フェスタ」では、例年、子どもたちによる「図画・ポスターコンクール」が行われていますが、今年は下は3歳から上は小学6年生までの、なんと1,351作品の応募がありました。
この応募数は子どもたちの「お口の健康」に対する意識の高さを物語っているのではないでしょうか。
ちなみに、歯医者さんにお伺いすると、子どものむし歯は、近年激減しているそうです。

また、前回のブログでお知らせさせていただいた「歯の健康川柳コンクール」には、8歳から92歳までの幅広い方々から、98作品の応募がありました。ありがとうございました。

  

今年の「歯っぴい 健康フェスタ 2018」では、「図画・ポスターコンクール」と「歯の健康川柳コンクール」の入選作(市長賞・歯科医師会長賞・優秀賞)の表彰式とともに、様々な体験型イベントなど様々な催し物が行われますので、是非ともお越しください。

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。