部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

府内で連携強化! 救急救命技術研修会開催

2018年01月31日 | 消防本部・署

 消防本部の美谷(みや)です。
 先週は、大きな寒波の影響で、市内も雪景色になり、真っ白になった道路上では、交通事故等のトラブルも多発しました。
 27日の土曜日の朝は、雪の影響での救急要請が6件、救助要請が1件ありました。消防の出動だけで7件ですので、それ以外の事故や転倒などは、数え切れないほど発生していたのでしょう。
 車のスリップや転倒など、これからまだまだ寒い日が続きますので、雪の日は、滑り止め対策をお願いします。
 やっぱり暖かいのがいいですよね~!

 

《文化財防火デー》

 去る1月26日の「文化財防火デー」に、為那都比古神社(石丸2丁目)で、関係者とともに消防訓練を実施しました。 (詳しくはとれたてブログへ)

 箕面市内にもたくさんの重要文化財がありますので、皆さんの宝物である文化財を火災から守るために、これからも毎年訓練を実施し、意識の高揚を図っていきます。


 
◆第1回 大阪府下救急救命技術研修会

 大阪府内全域の消防本部が参加する、救急救命技術研修会が、去る1月24日(水曜日)に大阪市消防局 高度専門教育訓練センター(東大阪市)で開催されました。
 今回の研修会は初めての開催で、都道府県単位の全消防本部が一堂に会する救急隊の研修会は、全国でも初めてだとのことです。
 救急救命士を含む救急隊の活動の一連の流れを全消防本部の救急隊員が検証することで、更なる救命率の向上に繋がり、また、これから救命士を目指す若い職員の模範にもなり、府下消防本部間の連携強化と技術の向上など収穫の多い研修会でした。

 状況想定は、70歳男性、食事中に食べ物が気道に入って呼吸困難で意識を失っている状態で、3人の救急隊員が連携し、気管挿管や薬剤投与などの処置を施しながら、15分間の活動をシュミレーションするもので、その後、活動内容について参加者全員で検証し意見交換を行いました。
 気管挿管や薬剤投与などの高度な処置には、医師の指示が必要で、府内では8区域の医療圏でメディカルコントロール協議会(救急活動の質の管理体制)のもと、救命率向上のために日々活動内容を検証しています。

 今回が、第1回目の開催で、実際にどのような研修会になるのか未知の状況でしたが、最前線の救命活動を目の当たりにして、救急隊員の日々の訓練成果を実感するとともに、最高の救急活動を提供できていることの確信に繋がりました。

  「助かる命は絶対に助ける!」という信念を持って取り組んでいますので、この活動も機会があれば市民の皆さんにご披露したいと考えています。

  


 
◆第71回大阪実業団対抗駅伝競走大会

 上下水道局川添局長のブログでも、駅伝大会の報告がありましたが、消防として参加したのは、1月14日(日曜日)ヤンマースタジアム長居及び長居公園周回コースで行われた実業団の駅伝大会で、本市消防本部走友会の有志が出場しました。
 毎年、職員の自主的な体力錬成の一環で、秋頃から本格的に走り込みを開始し、一つの大きな大会として実業団の大会に出場しています。

結果、第1部で8位入賞を果たしました。
 優 勝:府警陸上部
 第2位:大阪市消防局
 第3位:パナソニックES・A
 第4位:ミズノA
 第5位:信太山自衛隊A
 第6位:大阪市役所A
 第7位:府警BT会A
 第8位:箕面市消防本部

 
 次の大きな大会としては、2月15日の消防職員駅伝大会を目標に更なるタイムアップを目指します。
  
 


◆【火災救急発生状況】平成30年1月1日からの統計です。

  1月31日(水曜日)午前9時00分現在
  ◇火災   2件 (昨年同時期比較   -2件)
  ◇救急  781件 (昨年同時期比較  +85件)

 

 

 箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。  


水道管の凍結にはご注意を

2018年01月30日 | 上下水道局

 

皆さまこんにちは。

上下水道局の川添です。

まだまだ寒い日が続いています。

インフルエンザも流行していますので、体調管理にはご注意ください。(手軽にできる予防策として「うがい」『水道水』だけでも効果がありますので、ぜひ実行してください。)

 

 

「水道管の凍結にはご注意を」

 

先日から、「最強寒波」といわれる厳しい冷え込みの影響で、新潟県佐渡市など北陸地方では、水道管の破損が相次ぎ、大規模な断水が生じていると報道されています。これは、寒波の影響で水道管が凍結し、水が出なくなったというだけでなく、凍結して膨張した水道管の破裂があちこちで発生したため、大量の漏水が生じ、配水地での水の供給が追いつかなくなったことが原因といわれていました。これをきいて、あらためて、水道管の凍結予防対策の大切さを痛感しました。断水している地域の早期復旧を願っています。

さて、箕面市でも先週、1月25日木曜日は前日の夕方から気温が氷点下となり風も吹いていたため、当日の最低気温がマイナス2.4℃でありましたが、朝から家の中の「水が出ない」や「となりのお宅の水道管から水が噴いている」等の連絡が上下水道局に約42件ありました。その後も、金曜日11件、土曜日10件、日曜日4件、昨日月曜日2件の連絡が入っています。最低気温は氷点下を連日記録しています。これからもまだまだ厳しい寒さが予測されています。明日水曜日もマイナス3.4℃との予測がでています。くれぐれも水道管が凍結しないよう対策をお願いします。
なお、凍結予防策については、前回のブログでもお知らせしております「水道管の寒さ対策について」をご参照ください。

 

 

「大阪広域水道企業団用水供給料金の値下げについて」

箕面市の水道水のうち約87%は大阪広域水道企業団から買っている水です。
大阪広域水道企業団では、累積損失の解消をビジョンに掲げ、事業運営をすすめた結果、当初の見込みよりも早期に累積損失の解消を達成できる見通しができ、現在75円/㎥を平成30年4月から水道事業者に売る料金を1㎥当たり3円値下げし72円/㎥にするとの条例改正を昨年11月に大阪広域水道企業団議会に提案し可決されました。
この決定をうけ箕面市では、大阪広域水道企業団から水を購入する費用の減額見込み分を原資として、利用者の皆さまに還元するため、値下げのあり方について、昨年12月に箕面市水道事業及び公共下水道事業運営審議会に諮問を行い、審議・検討いただき、本年1月4日付けで答申をいただきました。

 

 

諮問書はこちら

 

会議録はこちら

 

答申書はこちら

 

  

箕面市では、この答申を踏まえ、来る平成30年第1回箕面市議会定例会に箕面市水道事業給水条例の一部を改正する条例を提案するため、事務手続きをすすめているところです。

 

~ 職員手作りの駅伝大会 ~

大阪広域水道企業団職員と市町村職員との相互の親睦を深めると共に、職員の健康保持増進を図ることを目的に、「第8回水道企業団・市町村親睦駅伝大会」に参加しました。

日   時   平成30年1月21日(日)14:00~

場   所   ヤンマースタジアム長居及び公園内周回コース

☆ チーム構成
<競技の部>
選手5名(16.9 km(1区3.7㎞2区~5区3.3㎞))

<親睦の部>
選手10名以内(10.3km(3.3㎞×3周+400m))
※ 各選手の走行距離、リレー地点は自由です。


当日は、晴れていましたが風があり少し肌寒い気候でしたが、競技の部に参加した選手5名(16.9 km(1区3.7㎞2区~5区3.3㎞))と応援職員とが一丸となって頑張ってきました。

 

リレーに参加した選手

 

 

スタート時

 

結果は46チーム中32位で、怪我や体調不良もなく翌日からの業務に支障もなく、みんな職務を頑張っています。

 

 

 

 

 箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


店主が教えて あなたが学ぶ みのおのまち商学校

2018年01月29日 | 地域創造部

皆さま、こんにちは。
地域創造部長の小野啓輔です。

新年早々、私の妻が突然、松田聖子ファンクラブに入会しました。
生まれて初めて、芸能人のファンクラブに入ったそうです。

松田聖子ファンなのは、知っていました。
普段もよく歌っているし、CDも数多くあります。
彼女の青春時代からのアイドルです。
どんな青春時代だったのか? は、あまり関知しませんが。

でも、ウン十何歳にもなって、なぜ今、ファンクラブなのか?
この当然の疑問に、彼女は答えます。
「CD買ったり、テレビを見たりしているだけでは、ファンとは言えない」
と、ある日突然、思ったそうです。

相変わらず、私の常識を越える行動をする妻ですが、
それならボクも対抗して、山口百恵ファンクラブに入ってやろうと
思ったのですが、残念ながら、今はもうかなわない無駄な抵抗でした。
ほなら、三浦友和ファンクラブにしとこうか・・。

ということで、今日のテーマは、
お店のファンを生み出す「みのおのまち商学校」の取り組みです。


●店主が教えて あなたが学ぶ みのおのまち商学校

箕面市内を舞台とした”まちゼミ”「みのおのまち商学校」が
箕面商工会議所の主催で開催されています。

「みのおのまち商学校」は、「店主が教えてあなたが学ぶ」ゼミナールです。
箕面商工会議所の会員を中心とした市内各商店の店主が講師となり、
プロならではの専門的な知識や情報、コツを受講者(お客様)にお伝えする、
少人数制のユニークなゼミナールです。

気軽に学べるとともに、お店とのコミュニケーションをとりやすく、
受講者は、これまで知らなかったお店のことや特徴を直接知ることができ、
商店側は、お店のファンを増やし、新規顧客の獲得にもつながるという
メリットがあります。

もともと、愛知県岡崎市で取り組み始めた事業が全国に広がったもので、
箕面では既に11回目の開催を迎えており、毎回30以上の事業所が参加され、
400人以上のかたが受講されています。

「みのおのまち商学校」のキャッチフレーズは、

「得するまちのゼミナール
  ~『お客様』『お店』『地域』〝三方よし〟の活性化事業」

この事業は、お客様にお店の存在や特徴を知っていただくとともに、
お店(店主やスタッフ)とお客様のコミュミケーションの場から、
信頼関係を築くことを目的としており、
実際にお店のファンになるかたも増えています。

学費は無料ですので、
普段気になっているお店や、興味のある分野のお店のゼミに
気軽に参加することができます。
また、安心して受講していただくために、
お店からの販売・勧誘はありません。

こだわり店主が教える わくわくドキドキを、あなたも一緒に学びませんか?

現在、「第11回 みのおのまち商学校(箕面まちゼミ)」を開講中です。

【開催期間】  1月19日(金)~2月28日(水)

【申込み受付】 1月15日(月)から各お店ごとに受付中。

【学 費】    無料

         内容によっては材料費がかかるものもあります。
         材料費は原則として授業当日に各お店で徴収します。
         お申し込み後の欠席は、別途材料費を頂戴する場合が
         ありますので、ご了承ください。

【受講方法】 受講は事前に予約が必要です。
         お申し込みは、各お店へ!
         「みのおのまち商学校の申し込みです。」とお電話ください。
         受付日時、方法が異なる授業もあります。
         各お店にご確認の上、お申し込みください。

     定員になり次第締め切りさせていただきます。 
     申し込みは各お店の受付時間内にお願いします。
     各授業の詳細(持ち物など)はお申し込みの際に
       各お店にご確認ください。
     
【主 催】  箕面商工会議所
【共 催】  箕面市商店会連合会
【後 援】  箕面市、池田泉州銀行

 

●わくわくドキドキ 魅力の74講座 

今回は、市内各地の26会場で、74講座(ゼミ)が開催されます。
その内容は、とても多彩。

「つくる」・・・作品制作をおこなうゼミ
「けんこう」・・健康に過ごすためのゼミ
「たべる」・・・料理に挑戦してみるゼミ
「きれい」・・・美容・キレイを追求するゼミ
「まなぶ」・・・新しい発見があるゼミ

箕面商工会議所ホームページの「みのおのまち商学校 マップチラシ」で
5つの分野に色分けで整理されて、紹介されています。
また、お子さんも受講できるマークもあります。


ここで74講座すべてを詳しくご紹介したいのですが、
スペースの都合もあり、講座の内容・雰囲気をお伝えするために
食いしん坊の私が、「たべる」をチョイスして、少しだけご紹介します。
ただ、いずれも人気講座ですので、既に定員に達しているものもあります。
その場合は、ごめんなさい。次回をご期待ください。

<1> 箕面 伝統銘菓 もみじの天ぷら体験

ご存じ箕面の伝統銘菓「もみじの天ぷら」を、
明治の森箕面国定公園内にあるお土産物屋「紅葉」さんで、
自然を見ながら実際に自分で揚げることができるゼミです。

【日時】 2月4日(日曜日) 13:00~14:00

【会場】   もみじ天ぷら専門店 紅葉(こうよう) <箕面公園1-10>
【講師】   松井 千代子さん 
【材料費】 900円(もみじ天ぷら材料、包材)    【定員】 2名   
【対象】   小学校中学年以上(保護者同伴)    【持ち物】  エプロン、タオル
 

<2>カクテルづくり体験

本物のバーカウンターに立って、カクテルを作ることができます。
プロのバーテンダーさんが、親切に教えてくださいます。
ノンアルコールもOK!

【日時】 1月28日(日曜日)は、終了。
           次回は、2月7日(水曜日)、2月17日(土曜日)
           いずれも、15:00~16:30

【会場】    bar  K  spir its  <箕面1-2-6 箕面駅前ビル204>
【講師】    池田 圭一さん 
【材料費】 500円(カクテル材料代)    【定員】 3名   
【対象】    成人の方    【持ち物】  特になし


<3> 色んな料理に大活躍!! 万能ダレ教えます♪~

今年度の「みの-1グランプリ」で優勝したyakinikuキッチンあさちゃんによる
「万能タレ」。“しょうが焼き”“鶏の照り焼き”“親子丼”などなど、
色々な料理に使える万能ダレの秘伝を教えてくださいます。

【日時】 2月1日(木曜日)、2月7日(水曜日)、2月13日(火曜日)
           いずれも15:00~16:30

【会場】   yakinikuキッチンあさちゃん  <西小路4-4-33>
【講師】   杉本 俊介さん 
【材料費】 500円(たれ調味料、食材)    【定員】  5名   
【対象】   どなたでも    【持ち物】  持ち帰り用の容器 500mlくらい


<4>ワイスタイル人気のマカロンの作り方

パティスリー ワイスタイルさんの名品「マカロン」の秘密を
教えてくださいます。講師の横山シェフは、まちゼミのベテラン。
シェフ直伝のお菓子づくりは、毎回超人気のゼミナールです。

【日時】 2月20日(火曜日) 14:00~15:30

【会場】   パティスリー ワイスタイル  <桜4-15-40>
【講師】   横山 由樹さん 
【材料費】 1,500円(マカロン材料、包材)    【定員】  6名   
【対象】   大人    【持ち物】  エプロン
 

<5>家でも簡単に作れちゃう! おとうふの作り方

新鮮な豆乳とにがりと水でおいしい寄せ豆腐がつくれます!!
お豆腐屋さんのお話とお豆腐作りの1 時間!

【日時】 2月9日(金曜日) 13:00~14:00

【会場】    ちまちま工房  <桜井2-8-15>  
【講師】    永田 千砂さん 
【材料費】 300円(豆乳500ml220円、パック80円等)
【定員】    6名    【対象】  どなたでも
【持ち物】  エプロン、タオル、持ち帰り用保冷バック


【「みのおのまち商学校 マップチラシ」の掲載例です。】


いかがですか。
これだけでも、なんかワクワクしますね。

このほかにも、喫茶セントポーリアさん、合同会社アヌさん、
インテリア館リノプラスさん、ゆらぎスタイル箕面さん、
マドンナ鍼灸整骨院さん、(株)ケイ・ジェイ・ワークスさん、
メナードフェイシャルサロン ウェリアイナさん、(株)モリタさん、
フェイシャルサロン スイーツさん、健康サポート専門店さん、
きららリハビリ訪問看護ステーションさん、箕面駅前整骨院さん、
よしだ鍼灸整骨院さん、(株)公益社 就活広場さん、コレクトフォームさん、
Green note・・・グリーンノートさん、+Comfort(プラスコンフォート)さん、
夢を叶える保険屋さん、日本アジア証券株箕面支店さん、スマイル・ユーさん、
箕面司法書士事務所さん、メガネのサンクスさん、ほけんチェック箕面店さん、
メナードフェイシャルサロン マザーリーフさん、みのおガーデンさんが、
それぞれ、生活に役立つ渾身の講座を提供してくださいます。

プロが直接教えてくれて、学費も無料。
とてもぜいたくな、豊かな時間を過ごせそうです。
それだけに毎回大人気のゼミも多く、既に定員に達しているものもあります。
希望されるかたは、お早めにお店にお問い合わせください。

もう一度、全講座を詳しく紹介した
「みのおのまち商学校 マップチラシ」は、こちら。

 
●商店街活性化の三種の神器

「みのおのまち商学校」は、試験的に開始した平成24(2012)年度当時は、
参加事業所は12事業所でした。
それが、平成25(2013)年度からは参加事業所が倍増し、
現在は、夏と冬の年2回開催、
それぞれ約30~35事業所が積極的に参加しています。

この「まちゼミ」は、「100 円商店街」と「BAR(バル)」とを合わせて、
商店街振興の「3 種の神器」と言われているそうです。

店主の皆さんは、お客さんに楽しんでいただくために、
日本のまちゼミの創始者「松井洋一郎氏」による事前勉強会をはじめ、
この事業への参加回数を重ね、ノウハウを蓄積した事業所数社が
リーダーとなり、参加事業者同士でゼミの内容をブラッシュアップする
通称「うらゼミ」と呼ばれる、事業者向けのまちゼミを自主的に開催して
交流を深めるなど、様々な工夫と努力をされています。

箕面まちゼミについては、箕面商工会議所 専務理事の秋田英幸さんが、
経営指導の専門家の観点から、箕面市の健康長寿のまちづくりとも絡めて
箕面商工会議所のコラムで分析・解説されています。
秋田さんのコラムは、こちら。

お客様に、お店の専門性の高さや特徴、魅力を伝えることができる、
お店とお客様の交流と信頼感が生まれ、仲間もできる、
お店の強みやアピールを考える場にもなっている、
「うらゼミ」でも参加事業所の交流や連携が生まれている、
まちの課題解決にもつながっていくなどなど、

『お客様』よし、『お店』よし、『地域』よし

箕面商工会議所の「みのおのまち商学校」は、
まさに〝三方よし〟の素晴らしい事業として
箕面のまちに着実に根ざして発展しているのです。

 

 箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


明日来るかもしれない大災害に備えて ~全市一斉総合防災訓練~

2018年01月26日 | 総務部

こんにちは、総務部の中井です。

今週1月23日火曜日に、草津白根山の本白根山(群馬県草津町)が噴火しました。報道によると、噴火による噴石や近くのスキー場で起きた雪崩で1人が死亡し、11人がけがをされたということですが、同山の噴火は前兆が見られず、噴火警戒レベル5段階のうち最も危険度が低いレベル1(活火山であることに留意)のまま発生しました。

 

30年以内の発生確率が70パーセントと想定され、倒壊家屋数や死者数まで想定されている南海トラフ地震や、より甚大な被害が予想される有馬高槻断層帯地震などは、明日あるいは今発生してもおかしくありません。

定期的な訓練で「明日来るかもしれない大災害」に備えましょう。


全市一斉総合防災訓練を実施しました

平成7年1月17日に阪神・淡路大震災が発生しました。

本市でも震度4を記録し、死者1人、重軽傷者63人という人的被害に加え、全壊8棟95戸、半壊122棟186戸、家の傾きや屋根瓦の崩落など一部損壊が3,289棟の家屋被害などが発生しました。

 

前回のブログでもご紹介しましたが、箕面市では、阪神・淡路大震災が発生した1月17日に、毎年曜日にかかわらず防災訓練を実施しており、今回は平日の水曜日が訓練当日となりました。

 

各地域では、黄色いハンカチを使った安否確認訓練を始めとして、備蓄食糧の一つであるアルファ化米を作って試食したり、マンホールトイレを組み立てたりと、それぞれに工夫を凝らした訓練を実施されており、その様子を一部ご紹介します。

撮れたて 箕面ブログ でも既に紹介されていますので、併せてご覧ください。

 

○自治会などで安否確認した結果を避難所に報告し、集約しています。


○各避難所では、備蓄物品を保管しています。避難所の状況に合わせ、屋内の一室を利用したり、屋外に専用の倉庫を建てるなどして、必要な備蓄物品の保管を行っています。
  

○備蓄食糧の一つであるアルファ化米を作る様子です。梱包されている段ボールをそのまま鍋代わりに利用し、アルファ化米とお湯または水を入れます。 

 

○出来上がったご飯に、添付されている具材(これはわかめで、アレルギー対応となっています。)を入れて混ぜます。 


○容器や割り箸も同梱されているので、1人分ずつに小分けして出来上がりです。 

 

○アルファ化米は、わかめご飯の他、海鮮おこわ、梅がゆなどを備蓄しており、同じ作業手順で作ることができます。


○小学校でも避難訓練が実施されました。しっかり頭部を守りながら避難する様子が分かります。 

○この避難所では、マンホールトイレの組み立てと展示などがあり、小学生も訓練に参加し、3つのブースで防災器具を使う体験をしていました。

○避難所には、停電に備えて発電機や照明器具も配置していますが、多くのかたは発電機を使ったことがないため、実際に動かす訓練をしていました。

         

○車いすの誘導などをスムーズに行うための体験訓練です。

 

阪神・淡路大震災発生から23年、東日本大震災発生からまもなく7年を迎えようとしていますが、「前兆のない災害」、「想定外の災害」は毎年のように各地で発生し甚大な被害をもたらしています。

各ご家庭でも、家具の固定や食糧の備蓄など、ちょっとしたことから防災の備えを始めることができます。

広報紙「もみじだより」には、毎月、防災の特集ページを掲載していますので是非ご覧ください。

 

    お問い合わせ  市民安全政策室  電 話   072-724-6750

                                    ファクス  072-724-6376

 

 

 

 

  

 箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 

 


来月には第1回定例会が開会

2018年01月25日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

1月も終盤に入りました。今週は非常に強い低気圧の影響で、日本列島に今季最強クラスの寒気が流れ込み各地で大雪が降るなど、先週とはうってかわり寒い1週間とないました。これからも、まだまだ寒い日が続きます。また、インフルエンザも流行っているようです。お体には十分ご注意ください。

 

平成30年第1回定例会がまもなく開会します

さて、2月9日に平成30年第1回定例会の招集が告示され、平成30年度施政及び予算編成方針やそれに基づく平成30年度当初予算(案)などの当初議案が提出される予定です。
また、19日の本会議初日には、倉田市長から平成30年度施政及び予算編成方針演説が行われ、この演説に対して、28日と3月1日の両日に各会派の代表者による代表質問が予定されています。

今定例会の会議日程については、次のとおりです。

  2月15日 午後 1時  第1回議会運営委員会
  2月19日 午前10時  本会議(第1日) 平成30年度施政及び予算編成方針演説
                                平成30年度当初予算上程・説明
  2月26日 午後 1時  第2回議会運営委員会
  2月28日 午前10時  本会議(第2日) 各会派代表質問
  3月 1日 午前10時  本会議(第3日) 各会派代表質問
                                 平成30年度当初予算質疑及び付託
                                 条例、補正予算等上程・説明・質疑・付託
  3月 5日 午前10時  文教常任委員会
  3月 6日 午前10時  民生常任委員会
  3月  7日 午前10時  建設水道常任委員会
  3月  8日 午前10時  総務常任委員会
  3月20日 午後 1時  第3回議会運営委員会
  3月23日 午前10時  本会議(第4日) 各委員長報告・討論・採決・一般質問
  3月26日 午前10時  本会議(第5日) 一般質問

これらの会議は、市のホームページで動画を配信しますのでご覧ください。
                                                 → 動画はこちら

 


全国市議会議長会の国会対策委員会が開催されました

1月16日、全国都市会館で開催されました全国市議会議長会の国会対策委員会に内海議長と一緒に出席しました。


会議の中で、総務省大臣官房審議官(税務担当)の稲岡伸哉氏による「平成30年度地方税制改正について」の説明がありました。その中で、新たな森林管理システムを構築していくための財源確保を目的とする(仮称)森林環境税の創設とそのシステムを実行していくための仕組みとして(仮称)森林環境譲与税が設けられるとのことでした。
内容としては、国税として個人住民税の均等割に1,000円を上乗せをするというものです。実施の時期は、現在、全国で実施する防災施策対応のための財源として個人住民税の均等割に1,000円の国税が上乗せされていますが、それが平成35年度まで続くことから、それが終わった後の平成36年度から実施されるとのことでした。
また、森林環境譲与税については、森林環境税として徴収された国税を全額地方譲与税として林業の成長産業化と森林資源の適切な管理を図るために地方自治体に交付するもので、都道府県に1割、市町村に9割が交付されるとのことです。(ただし、制度創設当初は、都道府県に2割、市町村に8割が交付される。)
なお、新たな森林管理システムについては、平成31年度から実施されるそうで、森林環境税の課税徴収が始まる平成36年度までは、国が資金を借り入れて交付するとのことでした。
一部の地方自治体では、既に、独自に森林を含む環境の維持保全等を目的とした地方税(法定外税)を賦課徴収しているところもありますが、この国税の創設に伴う自治体独自の法定外税の取り扱いについては、課税自主権の関係もあり、その存廃等については、各自治体の判断に委ねるとのことでした。
そのほかにも「たばこ税」の見直しについて説明があり、たばこ税の税率を平成30年10月1日から国と地方をあわせて1本あたり1円ずつ3円、段階的に引き上げるとのことです。
併せて、加熱式たばこについては、紙巻きたばことの均衡を図るため、喫煙用の製造たばこの区分に新たに加熱式たばこの課税方式を定めた区分を設け、10月1日から5年間かけて段階的に移行するとのことでした。

 

議会だよりの表紙写真を募集しています 

2 月15日号にご応募くださいましたみなさま、ありがとうございました。

現在、5月15日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは3月31日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

 

                → 応募の詳細はこちら

 

 

 

 

 箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。