部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

2学期が始まる!

2015年08月31日 | 子ども未来創造局

こんにちは 子ども未来創造局の大橋です。
いよいよ2学期です。子どもたちにとって、長いようで、短いのが夏休みだったのではないでしょうか。
宿題を早く終わらせた人、始業式前夜に宿題に取り組んだ人、部活動に日々汗を流した人、友達とお祭りや遊園地を満喫した人、家族で旅行した人、様々な夏休みを過ごしたことでしょう。

小中一貫校と中学校では、一足早く8月26日に2学期を迎えました。

中学校の始業式では、夏休みに開催された各種大会の成績発表と表彰が行われます。
第四中学校では、池田箕面大会をはじめ、豊能地区大会や大阪府大会、近畿大会などで優秀な成績を収めた軟式・公式テニス、バスケットボール、卓球、野球などの表彰が行われました。

              

また、箕面市では英語教育の充実のために、2学期から英語指導助手をこれまでの7人から約3倍の20人に増員し、小・中学校全校に1名ずつ配置しました。始業式のこの日、第四中学校にも新しくアメリカからやって来た英語指導助手のフリオさんが着任し、全生徒に英語と日本語を交えて挨拶をしました。

                   

新たに着任した他の12名の英語指導助手も、子どもたちに会うのを楽しみに胸ふくらませ、各配置校に笑顔で着任してくれました。

中学校と小中一貫校では、始業式の翌日から給食が本格始動!
小中一貫校のとどろみの森学園を訪問すると、ちょうど給食の配膳中。
この日の献立は子どもたちが一番大好きなカレーライス、それも夏野菜カレーでした。

小学2年生のクラスの給食の様子を拝見していたのですが、見事に完食!おかわりが当たらないほどの状況でした。


さて、話はちょっと変わりますが、毎週日曜日の朝に聞いているラジオ放送から流れてきたお話に考えさせられましたので、ご紹介したいと思います。

みなさんは「ウサギとカメ」の童話をご存知ですよね。そう、イソップ童話の一つです。
このお話は、ウサギに歩みの遅さ・鈍さをバカにされたカメが、かけっこの勝負を挑み、油断して昼寝をしたウサギにカメが勝つお話ですね。

日本で一般的に知られるようになったのは、明治時代の初等科の国語の教科書に「油断大敵」という意味を教えるために掲載されてからだそうです。(ちなみに、当時の教科書には「油断大敵」という題で載っていたそうです。)
確かに、私自身も子どもの頃、「休んで負けてしまったウサギと、休まず走って勝利したカメ、だから休まず努力しないとだめだ、油断していたら泣く目に合うし、自信過剰はだめだ」と教えられたものです。

                           
                          岩崎書店 蜂飼 耳(はちかいみみ) 文
                                        たしろ ちさと 絵

ラジオのお話に戻すと
   「あの時(レースの時)ウサギは何を見て走っていたと思う。カメはどうでしょう。」
と問いかけてきたのです。
何を言っているのだろうと考えていると、
   「ウサギはカメを見て走り、カメはゴールを見て走っていたのです。
   ウサギはカメを意識し、その比較の中で生きていました。

   『僕はカメよりも速いんだ』と。
   カメはウサギではなく、自分のなすべき事を冷静に見つめ、
   ゴールに向かって、一心に走っていました。

   カメがもし、ウサギと比較していたら、勝ち目のない戦いはしなかったでしょう。」
と。なるほどと感心させられ、その時は、「このカメはなかなか素敵な生き方をしているなぁ~ ついついウサギのように、周りの人たちを見ているよなぁ」と思わされました。

お買い物のついでに、本屋の絵本コーナーであらためて「ウサギとカメ」を立ち読み。(ごめんなさい)
その絵本に書かれた「ウサギとカメ」の最後は、カメがウサギに勝ったと大喜び。そしてウサギがゴールし、ウサギとカメが握手して終わりました。
ちょっと待った!私が幼いころの「ウサギとカメ」は、カメが喜びのゴールで終わりのはず・・・?
ラジオのお話にも感心させられたのですが、あらためて読んでみると、最後のシーンにも感動を覚えました。
皆さんも読み返してみては、いかがでしょうか。子どもだけでなく、大人も考えさせられると思います。


明日は、公立の幼稚園と小学校で始業式が行われます。これで全ての公立の幼稚園と小・中学校で2学期がスタートします。
2学期は、運動会など行事が多く、クラスや学年で力を合わせて取り組むことが多い学期です。
子どもたちには、今なすべきことをしっかりと見つめ、力を合わせ、周りと比較することなく取り組み、そして成し遂げた時、互いに認め合い、喜び、感謝の気持ちを持ってほしいと思います。

何か教訓めいた話になりましたが、ウサギとカメのお話にあらためて教えられ、考えさせられ、そしてお伝えしたかったので、お許しください。


〇今回の男料理

今回は、少し時間があったので、しっかりとお買い物に行き(お店で健康福祉部の保健師さんとバッタリ出会い、ビックリ。)、いろいろとチャレンジしてみました。
この日のメニューは、鳥と筍の炊き込みご飯、サケと鰆の西京焼き、肉じゃが、パプリカと筍の豚肉炒め、お味噌汁です。

            

今回は、レシピよりちょっとしたアイデアをお伝えします。
<アイデア1>
肉じゃがですが、牛肉、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、糸こんにゃくを炒め、お醤油、砂糖、お酒を合わせた出汁で炊くのですが、ジャガイモになかなか味がなじまず、調理直ぐより、1日置いて味がなじんだ方が美味しいことも・・・。
そこで、ジャガイモは電子レンジで15分、その間に他の具材は通常通り調理し、最後にカタクリでとろみをつけます。電子レンジでチンしたジャガイモを少しだけ崩し、そこにカタクリでとろみをつけた汁を掛けると、アン掛け肉じゃがの出来上がり。時間もかからず、アンによりジャガイモも美味しくいただけます。実はこれ、最近テレビで紹介されていました。なかなかグーですので、試す価値ありです。

<アイデア2>
炊き込みご飯ですが、そのまま食べるのは当然ですが、最後に、出汁をかけて、お茶漬けにするのも〆にはアッサリといけます。これは、ウナギのひつまぶしにヒントを得てしてみたのですが、これがまたグー!お酒の後の、仕上げに喜ばれるかも?

 

 


「ゆるキャラ(R)グランプリ2015」が8月17日(月曜日)から11月16日(月曜日)まで 開催され、市では11月16日までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

滝ノ道ゆずるは、4年連続で大阪第1位を獲得しており、各企業とコラボしたり、アプリに登場したりと活躍の場を広げています。今年も箕面市を全国的にPRするため、上位入賞をめざします。市民のみなさんの投票をよろしくお願いします。

 


平成26年度決算、議会へ上程

2015年08月28日 | 会計室

 

~乗鞍岳の主峰、剣ヶ峰の頂上(3,026m)から噴煙をあげる御嶽山を望む~

 

   おはようございます、会計管理者の南です。

   8月もあと少しで終わりですね。みなさんの今年の夏はいかがでしたか?

  熱戦が続いた夏の甲子園も東海大相模の優勝で幕を閉じ、日本で初めて開催される「野球U杯W大会」(第27回18歳以下野球ワールドカップ)が今日から始まります。


   今週末から全国各地で来春のセンバツへ向けた秋季大会が始まるとともに、日本代表が7月に行われたユニバシアード大会で金メダルを獲得して盛り上がる大学野球も各連盟(26連盟うち関西は5連盟)による秋季リーグが開幕します。
  また、プロ野球もペナントレースが終盤に差し掛かり、これからクライマックスシリーズに向けて大いに盛り上がることでしょう。


  それにしてもヤクルトの山田哲人選手の活躍は特筆ものです。8月27日終了時点で、本塁打(32)首位、打率(.330)、打点(81)でも2位と3冠王が狙える位置にいて、盗塁も26個で現在1位となっています。打者の勲章といえるトリプルスリー(打率3割・本塁打30本・盗塁30個)もほぼ手中にし、もし三冠王になればプロ野球史上初ということになります。
   彼の高校時代(履正社)をよく知っていますが、打撃センスは抜群で、足の速い大型遊撃手でした。当時これほどまでの選手になるとは思っていませんでした。今後の大いなる活躍を期待したいと思います。

 

   甲子園が終わった後、水泳、陸上と世界選手権が続いていて、TV観戦で楽しませてもらっていますが、なんといってもこの夏の一番の思い出はとにかく暑かったことです。
   7月から猛暑日が続き、全国で「暑夏」となりました。8月1日に岐阜県多治見で39.9度を記録しました。ちなみに大阪では8月8日に最高気温38.0度を記録しました。
   1日平均気温で一番高かったのが8月2日の京都市で32.6度。その日の大阪は31.9度でした。特に暑さのピークとなった8月3日から9日迄の一週間では、熱中症の搬送者数が1万1219人にもなったようです。いやはや、それにしても本当に暑い夏とになりました。


   ただ、8月も終盤に差し掛かり、まだまだ日中の暑さは厳しいものの、朝夕はかなり過ごしやすくなってきました。森町周辺では、夜半に「リーン~リーン」と涼しげな虫の声が聞こえてきて、秋の気配が感じられる頃となりました。

   季節の変わり目は、ややもすると体調を崩すことがままありますので、体調管理には十分ご留意いただきたいと思います。

 

 

◇ 決算関係書類

  さて、会計管理者は、毎会計年度、決算を調製し、出納閉鎖後3箇月以内に、決算書類を市長に提出しなければならないと、地方自治法第233条で定められています。
  各所属長から提出された歳入歳出予算の執行実績を記した歳入歳出決算調書を受けて、会計管理者は「歳入歳出決算書」を調製し、「証書類」、「歳入歳出決算事項別明細書」、「実費収支に関する調書及び財産に関する調書」とあわせて、6月26日に市長に提出しました。その後、最終確認も含め7月中に集中して取り組み、やっとすべての決算関係書類の作成が終わりました。  → (詳細はこちら

   この後、9月2日から開会予定の箕面市議会平成27年第3回定例会に上程し、9月15日から始まる各常任委員会(決算審査)に付託され、具体的にご審議いただくことになります。  → (議会日程はこちら

  本市の決算書類の構成は次のとおりです。

1 「箕面市歳入歳出決算書」(一般会計)

  ・ 歳入歳出決算事項別明細書

  ・ 実質収支に関する調書

2 「箕面市歳入歳出決算書」      (特別会計)

  ・ 歳入歳出決算事項別明細書
 

  ・ 実質収支に関する調書
 

  ・ 財産に関する調書

  ・ 公有財産増減高調書

3 「箕面市事業成果説明書」(一般会計・特別会計)

4 「予算現額に対し収入不足額及び支出不用額に関する説明書」

 

◇ 現在の各会計別の収支状況

  会計管理者の業務として、現金、有価証券の出納及び保管(運用含む。)を行っていますが、一般会計、特別会計(4会計)、基金(22基金)の7月末現在の保管現金の状況は次の通りです。

 

 

◇ この夏の一コマ

   

   

   

 ~「第45回 みなとこうべ海上花火大会」ポートアイランドより撮影 ~

 


   

~連日、熱戦が続いた全国高等学校野球選手権大阪大会~

 

 

~冒頭の写真と同じく剣ヶ峰の頂上から西方面直下にある火口湖の権現池~

 

   最後に、余談ですが決算の打ち上げと懇親会を兼ねて、会計室職員等で、箕面の豊かな自然と箕面川の魅力を満喫 しようと「箕面川床」に行ってきました。

   

   爽やかな風と心地よい川音を聴きながら食事を楽しみ、本当に良い「納涼の夕べ」となりました。
                                                                                 「箕面川床」の詳細はこちら

 

 

 
「ゆるキャラ(R)グランプリ2015」が8月17日(月曜日)から11月16日(月曜日)まで 開催され、市では11月16日までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

滝ノ道ゆずるは、4年連続で大阪第1位を獲得しており、各企業とコラボしたり、アプリに登場したりと活躍の場を広げています。今年も箕面市を全国的にPRするため、上位入賞をめざします。市民のみなさんの投票をよろしくお願いします。

 


第30回 THE GRAND PRIXのPR活動紹介 第2弾!!

2015年08月27日 | 競艇事業局

 こんにちは、競艇事業局の栢本です。
 早朝からのセミの鳴き声も少なくなり、朝夕はいくぶん過ごしやすくなってきた今日この頃です。
 暦のうえでは「処暑」を過ぎましたので、そろそろ夏の終わりごろ、だんだんと暑さがおさまるころになっているのでしょうか。
 一方で、先週には台風15号、16号が同時に発生し、一昨日には15号が九州地方に上陸し、大阪でも終日強風が吹くお天気となりました。今年はすでに16の台風が発生していますが、例年では台風の発生が多くなるのは、8月下旬から10月ごろにかけての時季です。今後も万が一の時に被害を最小限にするために日頃からの備えを心掛けましょう。
 ボートレース住之江では、現在ナイターレースを開催しています。秋の風が吹き抜けるボートレース住之江で迫力あるボートレースをお楽しみください。





 また、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ミニボートピアりんくう、ミニボートピア大和ごせは、連日午前10時からオープンしています。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。


☆第30回 THE GRAND PRIXのPR活動紹介 第2弾!!

 12月18日から23日までの6日間にわたり開催する第30回 THE GRAND PRIX。前回のブログでは、動き始めたPR活動の一部をご紹介しましたが、今回は第2弾として、今月からスタートした取り組みをご紹介いたします。

1.「Road to THE GRAND PRIX獲得賞金ランキング全国PRボックス」を設置
 8月24日に、「Road to THE GRAND PRIX 獲得賞金ランキング全国PRボックス」を全国24のボートレース場に設置いたしました(ボートレース鳴門は休催中のため、「エディウィン鳴門(外向発売所)」に設置)。


 直近に開催されたSG競走のダイジェストVTRの放映のほか、SG競走ごとに大きく入れ替わる賞金ランキング一覧、SG競走優勝者のサイン入りグッズが当たる「賞金ランキングクイズ」等、第30回 THE GRAND PRIXに関する情報が満載です。
 THE GRAND PRIXは、獲得賞金ランキング上位18名による6日間のバトル。賞金ランキング18位のボートレーサーが賞金王になる可能性も十分にあります。SG競走ごとに変動する賞金ランキング上位18人に注目です。また、ここでの「賞金ランキングクイズ」でしか手に入らないボートレースグッズにもぜひ注目してください。

2.第30回 THE GRAND PRIX公式サイトを開設
 第30回 THE GRAND PRIXに関する各種情報を盛り込んだ「第30回 THE GRAND PRIX公式サイト」を開設いたしました。



 今年の賞金ランキングはもちろん、第1回大会から昨年の第29回大会までの優勝戦ムービーや昨年から変更になった勝ち上がり方式の解説、各種お客さまサービスのお知らせなど、こちらも第30回 THE GRAND PRIXに関する情報が満載です。今後もTHE GRAND PRIXに関するお知らせやイベント情報などを随時更新していきます。
ぜひ一度ご覧ください。
公式サイト:http://www.suminoe.gr.jp/toku/15grandprix/index.htm
 
 開催まで113日。現在、全国各地でのキャンペーンや各種イベント、お客さまサービスの具体案について検討しています。また随時このブログでもご紹介させていただきます。





☆次回のペアボート試乗会は9月26日、27日!

 毎回多くのボートレースファンのみなさんに大変ご好評をいただいております「ペアボート試乗会」の次回日程をお知らせいたします。

 ○9月26日(土曜日) 午前10時15分から
   (第2回ヤングダービー 場外発売日)
 ○9月27日(日曜日) 午前10時15分から
   (第2回ヤングダービー 場外発売日)

 定員は各日30名(7歳以上、身長120㎝以上)で、応募多数の場合は抽選により決定いたします。
 応募は、ボートレース住之江総合インフォメーションセンター窓口、またはボートレース住之江オフィシャルホームページ(http://www.suminoe.gr.jp/)の応募フォームからお願いいたします。






 

 締切は、9月9日(水曜日)です。
 ボートレース住之江のレース水面を疾走するペアボートに試乗し、ボートレーサー気分を味わってみませんか。
 ただし、天候等の影響により中止させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
 たくさんのみなさんのご応募お待ちしています。


☆SG第61回BOATRACE MEMORIALが只今開催中!!
 
 今月、8月25日から、平成27年のSG競走シリーズ第5戦、第61回BOATRACE MEMORIALがボートレース蒲郡においてナイターレースで開幕しました。
 BOATRACE MEMORIALは、ボートレーサーの最上位級であるA1級のボートレーサーの中から、全国24か所のボートレース場がそれぞれボートレーサーを推薦し出場選手が決まる、いわゆるボートレース界の「真夏の甲子園」といわれる競走です。今年度唯一のナイターSG。夜王の称号は誰の手に。また、年末のTHE GRAND PRIX出場をめざすボートレーサーにとっても重要な戦いです。

 大阪支部からも4人のボートレーサーが出場しています。
  太田 和美選手(3年連続17回目)
  石野 貴之選手(4年ぶり4回目)
  松井  繁選手(10年連続22回目)
  丸岡 正典選手(3年連続5回目)

 7月のOCEAN CUPで優勝した石野貴之選手がSG競走2連勝にチャレンジ、また、賞金ランキング第4位の太田和美選手、第15位の松井 繁選手、第21位の丸岡正典選手はTHE GRAND PRIX出場に向けて賞金の上積みをはかりたいところです。
今開催も大阪支部のボートレーサーの戦いに注目です!
第61回BOATRACE MEMORIALは、ボートレース住之江、ボートピア梅田をはじめ、全国のボートレース場、ボートピアにて場外発売を実施いたします。
 8月30日の最終日、優勝戦まで、ボートレースファンのみなさんの熱いご声援をよろしくお願いします。

 8月24日に終了しました2015ダイスポジャンピーカップ。東京支部の村田修次選手の住之江初優勝で幕を閉じました。



 この開催をもって、今年度の箕面市主催競走84日間のうち35日間の開催が終了いたしました。35日間の総売上額は、115億9,917万5,200円となり、目標額(当初予算額)に対する達成率はほぼ100%(正確には99.99%)となっています。今後の開催におきましても、お客さまにボートレースを楽しんでいただくことを第一に、競艇事業局職員一同精一杯努力し、6億円の収益確保に努めてまいります。

ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページ(http://www.suminoe.gr.jp/)やボートレース住之江公式フェイスブック(https://www.facebook.com/boatrace.suminoe.jp)において随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。


 「ゆるキャラ(R)グランプリ2015」が8月17日(月曜日)から11月16日(月曜日)まで 開催され、市では11月16日までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


いよいよ「新地方公会計」制度が導入されます

2015年08月26日 | 市政統括

皆様こんにちは。市政統括の稲野です。

蝉の声がいつの間にか静かになり、鈴虫やコオロギに変わっています。朝夕はとても過ごしやすくなりました。季節はもう"秋"といってもよいくらいです。しかし、まだ厳しい残暑もあるそうです。体調管理にはくれぐれもご留意ください。

また、太平洋上では次々と大型の台風が発生しています。今回は、本市への影響はほとんどありませんでしたが、いつ被害をもたらすか、たいへん心配な状況です。運動会、文化祭、秋祭りなど、子どもたちが楽しみにしているイベントが、それぞれ晴天の秋空の下、無事に開催されるよう祈ります。

 
(ピンクもきれいな「サルスベリ」の花)


さて、今回は、ようやく導入されることになった「新地方公会計」制度について、ご紹介します。

○地方公共団体の会計制度
いま地方公共団体の会計制度が大きく変わろうとしています。民間企業では当たり前ですが、これまでほとんどの地方公務員には無関係な領域であった「複式簿記」による会計制度が新たに導入されようとしています。これを称して「新地方公会計」制度と呼んでいます。

民間企業では、全体的な財産の状態と損益の状態を把握できる「複式簿記」による「発生主義会計」を採用されています。しかし、地方公共団体における予算・決算は、水道・病院等の地方公営企業を除き、資金の収支を基本とした「単式簿記」による「現金主義会計」を採用しています。

地方公共団体の活動は、基本的には営利を目的とする民間企業とは異なり、市民福祉の増進を目的として、その原資である税をいかに民主的に配分するかにあります。このことから、現金収支に主眼を置き、議会の民主的統制下で予算の適正・確実な執行を図るという観点が重要で、そのためには「単式簿記」の方が確定性、客観性、透明性に優れているからです。

また、地方公共団体は、徴税権という永久不滅の債権を有しており、民間企業のような債権・債務を把握するよりも、現金収支をしっかりとチェックすることの方が重要であるといった考え方もされてきました。道路や公園を廃止して、売却できる訳でもなく、民間企業の資産と同様に扱っても意味がないとも言われてきました。

しかし、地方自治を取り巻く厳しい財政状況の中で、「単式簿記」では市全体の資産・負債の状況が把握できず、説明責任を果たしきれていないとの批判もありました。「単式簿記」の会計制度は、「大福帳」とも揶揄され、自治会やサークル活動など小規模な組織には有効であっても、億単位を遙かに超える資金や資産を管理運営する地方公共団体の会計制度としては「あまりにも時代遅れ」と言われてきました。

 

○「新地方公会計」制度とは
このような状況の中で、登場してきたのが「新地方公会計」制度です。財政の透明性を高め、説明責任をより適切に図る観点から、「単式簿記」による現金主義会計では把握できない資産・負債や、見えにくい減価償却費等のコストを明確化するため、長年に亘り、「複式簿記」による発生主義会計の導入が検討されてきました。

国においては、さまざまな検討を重ねられ、平成13年度(2001年度)に「地方公共団体財務書類作成にかかる基準モデル」、いわゆる「旧総務省方式モデル」が公表されました。平成18年(2006年)5月には、総務省の研究会において、大学教授や公認会計士等により、「新地方公会計制度研究会報告書」がまとめられるとともに、旧総務省方式モデルを改訂した「地方公共団体財務書類作成にかかる総務省方式改訂モデル」が公表され、各地方公共団体へ、その導入を促されました。

各地方公共団体においても、東京都方式や大阪府方式など、独自にいろいろな手法が開発されてきました。本市においても、平成13年度(2001年度)決算から、旧総務省方式モデル、平成20年度(2001年度)決算からは総務省方式改訂モデルにより、現金主義の決算資料を加工して、「貸借対照表」や「行政コスト計算書」などの財務書類を作成してきました。

 

○いよいよ始まる「新地方公会計」制度の導入
このような国の動きを受け、一部の地方公共団体においては、東京都方式や大阪府方式など独自の方式による「複式簿記」を導入し、財務書類の作成を試みる動きがあったものの、ほとんどの地方公共団体においては、本市と同様に、現金主義の決算資料を加工した財務書類の作成に留まり、本格的な「複式簿記」の導入には至りませんでした。

その原因は、先進的に取り組まれた地方公共団体の財務書類の作成方法が、それぞれ微妙に異なり、せっかく作成した財務書類が他の地方公共団体と比較できないことでした。各地方公共団体の財政状況、特に危険度は、現行の「単式簿記」会計においても、従来からの「健全化判断比率」や「資金不足比率」などで把握できます。より一層の説明責任を果たす意味からも、他団体と全国的に比較ができない「複式簿記」の導入は、手間がかかるだけで、ほとんど意味がなく、それで導入が進んでいませんでした。

その状況を打開するため、総務省が平成26年(2014年)4月に「今後の地方公会計の推進に関する研究報告書」を公表し、同報告書において、「固定資産台帳の整備と複式簿記の導入を前提とした財務書類の作成に関する統一的な基準」を示されました。その後、「今後の新地方公会計の推進に関する実務研究会」を設置して実務レベルでの議論を進め、平成27年(2015年)1月に「統一的な基準による地方公会計マニュアル」を取りまとめられました。また、この統一的な基準による財務書類等を、平成29年度(2017年度)までにすべての地方公共団体において作成するよう要請がなされました。

 
(総務省ホームページから)

このことを受け、本市においても、平成27年度(2015年度)当初予算で、「複式簿記」導入の前提となる固定資産台帳の整備に係る予算を一部、計上し、市議会でお認めいただきました。また、この9月2日(水曜日)から始まる平成27年第3回箕面市議会定例会へも、必要な補正予算を提案することとしています。

そして、平成28年度(2016年度)末までに、道路・公園等の法定台帳のGIS(地理情報システム)化や各種土地・建物等の固定資産台帳の整備と新財務会計システムの導入を進め、平成29年度(2017年度)からの「新地方公会計」制度の運用をめざします。

なお、「複式簿記」による「新地方公会計」制度は、あくまで現在の「単式簿記」会計の補完としての位置づけです。地方公共団体の予算・決算書類が「複式簿記」のみに変わる訳ではありません。市民福祉の増進という観点からは現金収支に主眼を置いた現在の会計制度の方がわかりやすいことから、これを基本としながら、これまでの課題を克服して、より一層、説明責任を果たしていくため、「複式簿記」が導入されるものです。

 
(総務省ホームページから)

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2015」が8月17日(月曜日)から11月16日(月曜日)まで 開催され、市では11月16日までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


「子育てしやすさ日本一」をめざす箕面市で保育士として働きませんか!

2015年08月24日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

非常に強い台風15号の影響で、大阪府では今日の夕方から明日の明け方にかけて局地的に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。今後の気象情報など情報収集に努めていただき、早めの対策をお願いします。


さて、来週で8月も終わり、9月を迎えます。
私の所管する幼稚園では、夏休みも終わり登園がはじまります。
子ども達は、日に焼けた笑顔で、先生と友達と、夏の思い出に話が弾むことでしょう。

私はといえば、この夏、特に旅行することもなく、里帰り(箕面が里ですが・・・)することもなく過ぎていきました。
子どもが大きくなってからは、夏に旅行することも少なくなりましたが、9月の連休には、どこか、秋を感じれる涼しいところに行けたらいいなあ  と密かに企んでいます。

ところで、今日は、即席ラーメン記念日だそうです。
1958年の今日、世界初のインスタントラーメン、皆さんご存じの「●●ラーメン」が●●食品(大人の事情により商品名・企業名は想像してください)から発売されました。
日本人の栄養状態が完全ではなかった時代、厚生省は、このラーメンを妊産婦の健康食品として推奨し、1960年には、このラーメンにビタミンB1、B2が添加されるようになり、厚生省から「特殊栄養食品」との認可を受けたそうです。


(注:写真と先ほどの商品は一致しません)

私は、無類の麺好きで、昼ご飯は、ほとんど毎日麺類を食べています。ラーメンはもとより、蕎麦・うどん・そうめん何でもこいです。
ただ、子どもの頃から食べ親しんでいるこのインスタントラーメンだけは、必ず家に常備し、たまに無性に食べたくなって深夜に食べてしまうのは、私だけでしょうか?


「子育てしやすさ日本一」を目指す箕面で保育士として働きませんか!
箕面市は彩都地区や森町地区のみならず、市内全域で就学前児童が増加しています。
その受け皿として、箕面市内には、公立保育所4カ所、民間保育所が小規模な保育所も含めて19カ所あります。

本市では、待機児童対策として、平成22年の保育定員1325人から平成26年には1740人に415人分拡大しましたが、未だに待機児童の解消には至っていません。
待機児童解消に向け、第3次箕面市子どもプランでは、今後、5年間で485人分の保育所定員の拡大を行う予定ですが、いくら保育所を作っても、子ども達を見守り、保育を行う保育士のかたがいなければ、この計画は絵に描いた餅になってしまいます。

そこで、保育士を目指す学生さんや、既に保育士資格をお持ちのかたで一旦退職したが再度保育士として働きたいと思っておられる方に対し、是非、箕面市内の保育所で働いてもらおうと、本市独自の2つの支援制度を作ることとしました。


●学生支援補助金制度
 将来、箕面市で保育士として働いてくれる学生の皆さんを対象に財政的支援を行います。
  :補助額
        ・2万円/月  (補助の決定から卒業まで・最大4年間)
  :補助対象のかた(以下、3点をすべて満たすかた)
    1.現在大学や専門学校で保育士養成課程を学んでいるかた
    2.箕面市に住民票がある、又は、下記箕面市の提携大学等に在学しているかた
    3.卒業後、市内の保育所(公民を問いません)等で保育士
     (常勤・非常勤は問いません)として最低でも5年間働く意思のあるかた

    (注)但し、保育士資格を取得しなかった場合や、卒業年の翌年の4月までに箕面
       市内の保育所等に就職しなかった場合、5年間箕面市で勤務しなかった場合
       などは補助金の返還が必要となる場合があります。

    <箕面市の提携大学等・ 以下の大学の短期大学部を含みます>
      ・大阪青山大学・箕面学園福祉保育専門学校・大阪成蹊大学・千里金蘭大学
      ・武庫川女子大学・園田学園女子大学 ・神戸親和女子大学

●新規採用保育士生活支援補助金制度
  :補助額
     ・2万円/月
  :補助対象のかた
    ・箕面市に住民票があり、市内の民間保育所等に平成27年10月1日以降に
     採用される正規雇用の保育士のかた
  :補助期間
    ・上限3年間

箕面市は、保育士をめざす学生さん・そして新規に保育士として働く保育士の皆さんを支援します。
「子育てしやすさ日本一」をめざす、緑豊かな・すばらしい環境の箕面市で保育士として楽しく働きませんか。
皆さんの申し込みをお待ちしています。

 

  


なお、詳しくは、9月号の広報紙・市HPをご参照ください。
また、疑問点などがあれば、子ども未来創造局 幼児教育保育室(072-724-6737)までお問い合わせください。

 

子ども達のためにたくさんのおもちゃや椅子を寄贈いただきました!
株式会社日本育児さまから、箕面市の子ども達の為に、おもちゃなどを寄贈したいとの申し出をいただきました。
日本育児の社長さんは、前消防長の室留さんのご友人で、その紹介で、今回寄贈いただくこととなりました。

色々と検討した結果、この夏、私の執務している前の別館2階のキッズコーナー横の飲食コーナーでたくさんの親子連れが、お昼ご飯を食べているのに、その横にあるテーブルに子どもさん用の椅子がないことに気づきました。中央図書館やライフプラザにあるキッズコーナーの机にもないとのことで、この椅子や子育て支援センターや出張子育て広場で遊ぶおもちゃを寄贈いただくことにし、日本育児さまに申し入れたところ、快く寄贈してくださいました。

親子連れが楽しくお昼ご飯を食べたり、飲み物を飲んだり、これからたくさんの子ども達がこの椅子に腰掛け、満面の笑顔を私たちにも見せてくれるのではないかと楽しみにしています。
株式会社日本育児さま 本当にありがとうございました。
寄贈いただいた物品は大切に使わせていただきます。

 
(早速、キッズコーナーに置かしていただきました)
  
 
(モデルは、室留さんの初孫 室留光希(こうき)ちゃん10ヶ月です)


 
(前消防長室留さん・(株)日本育児石迫専務さま・私)

 


おやしらず!
先週の火曜日、既に就職し、結婚もしている●●歳(個人情報です)の長女が、おやしらずを抜く手術をしました。
既に、上のおやしらずは、抜いているのですが、下の2本が歯茎の中で横向きに生えており、このままでは、支障(すいません何の支障があるのかは知りません)があると行きつけの歯科の判断で抜くこととなりました。

何か、手術が難しいらしく、総合病院で全身麻酔の上手術とのこと、その日ちょうど夏休みを取っていたので、父親の株を上げるために (いや娘のことが心配で・・・)、手術に立ち会うことにしました。

手術室へは、1時30分に入り、なんと出てきたのが5時

その間、私は控え室で爆睡していましたが・・・・・

この爆睡は、娘に妻が告げ口しており、父親の株は残念ながら少し下がりました。

翌日には、ほっぺたが腫れて、ドングリをいっぱい口に入れたリス状態となっていました。

 

 

 

(すいません、そんなにかわいくありません)

入院も1週間・・・・・・その間のご飯も流動食・・・・抜いたとこも痛いとのこと。

実は、私も下のおやしらずが娘と同じく横を向いて生えており、歯医者さんからは、毎年レントゲンを撮るたびに、まだ、手術はいいか・・・・・と言われてきました。

娘の姿を見て、歯医者さんがどう言おうと、このおやしらずは墓場まで持って行こうと、心に誓った娘のリス顔でした。

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2015」が8月17日(月曜日)から11月16日(月曜日)まで 開催され、市では11月16日までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。